ブログパーツ

Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ 電子たばこ

Powered by Ayapon RSS! オススメ 電子タバコ キャッシング比較

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やる夫が鉄血宰相になるようです 間幕第二部の補足説明

2009.11.14(10:00)

487 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:06:56.67 ID:cHC9ok2o


   ふふふ、初のゲリラ投下だぜ……

   ひっそりと、こっそりと……





489 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:08:35.17 ID:cHC9ok2o


      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|     >>1の能力不足のせいで、いろいろと説明されていない、
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |     あるいは触れなきゃいけない部分に触れられていない
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |    という事がありまして、まことにスミマセン。
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´
         ',ノ.  レ



            /  !/.'      '  /     /  ヽ      ヽ
          ′ | '    /  /    /__ス_!      |
         |  |/   .-‐ァ 丁  ̄| ̄ト、 、    \     |
         |  |  イ   /  |、   代丁\卞、十  ヽ.     |
         | /  /!=≠ト   i/ヽ.| ×テ=<Ⅵ  !一     |     間幕ってのは、本編に関係あるけど、本編の流れ的に
         レ'   | イ V,テ::ミ     \  ff:::うバ |/       |
         'ーイ 从 | 'イ ん::ハ        弋z少 |  '|        |     説明しづらいから、番外編という形を使って説明しよう
         ∧  |jハ  ら少   ,           |  :|        |
         i \い '.              |  :|        |     としたモノなんだよ……
         |  | ∧               |  :|       |
         |  | イゝ      '⌒      イ  :|       |     ぶっちゃけ>>1はシロウトだから、間違ったりするワケ。
         |  | |:.:.:.:> .._ _ _ ._ '´_| :∧     \!
         |  | |/:.:.:.:.:「 ┴… '´  / | :i: :|       \    あくまでも>>1はこう考えていると思ってね。
         |  | |:.:.::.:.:.:ハ     /: : : | :| ヘ       ヽ.




491 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:10:06.33 ID:cHC9ok2o


  ――やる夫が鉄血宰相になるようです――

       間幕第二部の補足説明





493 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:11:40.53 ID:cHC9ok2o


/ /  /  / / .∧、v´'ハ |     ハ    | |
|/l   | _|_ .| |     | |  |   .|    .| .L
 |   |  「`≧ト、   /,/,斗≧、_ |   | .|
 ヘ=-r'ーr 〉'⌒ヽ   ´' 、ィ=ミ、,_  ,イ   / |_      プロイセン参謀本部ってヤツは、いくつかの時代区間に
.   |  |〃   l:|    〃   ハ 「'‐-、._/ | `
.    |  l l:l  ,リ.    |:|    ,リ.|       /       分かれていると思うんですよ。
   |  l ゙'‐‐'"      ゞ、__彡' |     ハ¬
   | .l XXX       XXX/    / ノ       シャルンホルストの最初期-クラウゼヴィッツの哲学期-
   |  ヽ、     ゚         /    /イ
   |   `l‐-=、,____________,../    /  |        大モルトケの変質期……そしてここからドイツ参謀本部
   |    | | | / | `'ー‐'" ./    /  |
   |    | | ゙|ヘ \   ,./    ハ  |        にバトンタッチというわけです。



       ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.-ヘ、 
     /   /    ,  , `  ヾヽ
    /     /    / /  ,' ', ∧l  ` ヘ 
    /   /     ,' l l l゙‐-‐'| l    ', 
   ,'     ,'    , l ,斗ト,|   ト-、l , ハ
   {`ーー '|    l | ハ ハ|   リ |. l |  l|
   ト- 、_ |l    l | | '-' '   '└r','  ハ
   ,l、ヽ `ハ  ___,|r´ ┃    ┃r‐l‐'''´     本編でやるので、ここでは詳しく言えないのですが……
  ,' `ヽ、γ| ̄ | |  ┃    ┃l |
  ,'  ,'  /ヽ.|  ', .|         ', |       プロイセンとドイツは別物だと考えてください。
 ,'  ,'  /  ハ.  ', |     _  _,ノ |
. ,'  ,' /  ,' ',   |`ニ、r‐、‐ T´  |       詳細は本編でお願いします。
.,'  ,' /   レヾ,   |',=ニ|  /ス|    |
,'  ,' /  / ` '、  ',.', | // ハ   |
  l /   ,'   ',`ヽ、ト', レ'/.  |    |





495 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:13:06.25 ID:cHC9ok2o


     r'ニイ : r=〈、: : ,、: :く^; : : :ヘ : :ヘ  l
      |: :ヽ} : :ヽ: :>ヽ`: : .:J、: : ⌒ヽ. ヘ l
      l:.:.:*ゞx : : (: : `ヽ、: : :.ヽ_: : ヽ、} l
      ト- ': : :._ > ― f' ¨下. ̄.ト、 ̄` ヽ、 }
     ノー'´ ̄ / l.  ,ィ !   } ヽ._レ}-ir' i ,>      シャルンホルスト、クラウゼヴィッツ、大モルトケ。
   ∠ィ 「` 7 十ァ-j、/l イ!   ヘlニj_ハ. ハ | !
    / i .i ,' ,ィt7示x jノ j'   '行h;} jノ!| ソ .l      参謀本部の御三家だね。
     { ハノV / ト'じ_;:}     弋tタ ! !i i |
    ゝ}  | 乂クソ    、    、、 ! i.| ',  !     グナイゼナウはシャルンホルストの後継者であると
     ,'-|   ト, 、、               ! ! l  ', !
.   人ニ!  |         - 、   / |l  ',. i     同時に、忠実な実践者だったから、本当のところは
   , ``|  |ヽ、      '´     イ.|  !|  ヘ V
   ,' i  !   |.  `   、     r'  ! |  | .|  、. ヽ\   シャルンホルスト・グナイゼナウで一つなんだよ。
  ,'  | i|  |`丶 __ _フ ´) V  || ! .|  i   ヽ
  ,'   レ'T.  |         /  \_l| |__|  ',   /
 ,'ー-イ  i   |、         /    / `| |/`ヽ   /




       ,..-、_‐',..-、 ̄_.._゙'¬-.、
     /  ,  ´  `´  ヽ-‐-.、`ヽ、
   / / /  / ∧ ,ィヘ       \ ヽ
  /  / /  /l /‐ヾ--| l   l    ヘ
.  |  l  |  ハ |    | |    |    | ',     最初期の参謀本部がどんな事をしたかは
  | l |  | ,.斗ヒ'|  ヽL_l.   |   l |
  | ハ |  | ,ィくヾ,    ''_,.≧‐.|   イリ`ヽ     間幕で書かれましたが、あれは純軍事的
  `' ゙-,ヽ_|〈イ::l ゙    '_ノハヽl'‐-、/レ'ミ
    |.  l マリ     l::{゚ハ::l ,〉    |_,     .なモノなんです。
    l  l `´ 、   .込イソ |     |  |
    | .ヽ、   __  `´  |    |  .|      シャルンホルストやグナイゼナウは実に
    〉  レ゙、-.、.'、_,)___,..、イ    |  .|
   / |  |  ヽ、 `´  ノ ハ| l   ||  l      政治的な分野にも手を出しました。
   /  |  |   ヘ`゙'ー'" , |l|   | | |
.  / //〉、.|   ヽ   /  ハ  _lノ | |





496 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:14:37.10 ID:cHC9ok2o


   シャルンホルストはナポレオンの国民軍に対抗するために、プロイセンも徴兵制を敷いて

   国民軍を創る事にしましたが、これには農奴の解放以外にも、プロイセン国民の政治に

   参加する権利――参政権を認める事も必要でした。


             ,,.-‐─-:..、
           /   ;;;;;;;;;;ヽ
          /      ;;;;;;;;;;;;;、
          l       .;;;;;;;;;;;;ヽ
          {0}/¨`ヽ{0}    ;;;.;;;;;ヽ
           ヽ._.ノ       i;;;;;;;;ヽ、  チョリッス !
            `ー'′  ;;;;;;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_          オレたちの国は、オレたちが守るんだぜ!
        /)    ヽ、;;;/;;l;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
   _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
  ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
  ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
  l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
  (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
     \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;i

            プロイセン郷土軍



          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',    こういう想いがあるからこそ、国民軍は今までの
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`    常備軍+傭兵よりも強かったんです。
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |    常備軍と国民軍の違いは、極論すると参政権を
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |    持っているか、いないのかの違いでした。
   |   |`         ´ |    |





499 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:16:09.37 ID:cHC9ok2o


   そんな中でシャルンホルストが理想とした参謀とは、軍事技術や戦史に精通

   している事は元より、お互いがお互いを理解しあっている、共同体としての
  
   理念を共有している事でした。ある程度、現場にいる指揮官に自由な行動を

   させるために、随伴する参謀は指揮官と共同責任を負いながら、他の部隊

   にいる参謀と連携できるようになっていました。――訓令戦法ですね。


          __
  __    /  ../)         .__
/  ../)   三三)/)        /  ../)
三三)/)   ∧,,∧   ∧,,∧   三三)/)
三三)/   (´;ω;)   (;ω;`)  三三)/
   ∧∧  と  φ)  .( つφノ  ∧,,∧    __
  ( ´;ω)/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄(ω;` )  /  ../)
  / _∧,,∧口  ∧,,∧ ⌒   □と_ ヽ  三三)/)
  (/(  ´;)η口(;`  )/⌒/  /_ノ  三三)/)
 ∥ ̄(l    ノ  ̄(   ノ ̄ ̄ ̄||       三三)/
  __`ー‐'    `ー‐'
/  ../)      __
三三)/)     /  ../)
三三)/)     三三)/)
三三)/      三三)/

     プロイセン参謀本部


       _,. _-_‐_‐-、
    ,.-<' ` 、  \ ヽ
   r'l  ' r、、 ヽ ヽ ヽ'_´ヘ 
  /  l |`‐ヘ', ハ__ヽ ヘ ∧             理想の参謀の条件には、実はもう一つありまして。
. /  l l ヘ  サ´‐'´',´`<、、 \
/l  ', ',,ィヘ   ィ彡 ∨'ヽ' `ヽ ヽ、   _,、    それは政治にも精通しているというモノでした。
| l ヽヽ∧ z彡      ∨ `ヽ、  `ニ`ニ´∠
 ` `゙`T ハ    _ ,.ィ','ヽ  Y´`' ‐-、    /    これは作戦立案の仕事を受け持っている参謀本部が
     } , ト‐‐ッ'´`ノl  ヽ'   `ヾ、ヽ,/
    /, ',l, / l  | /  ヽ     >      現実の国際情勢を無視した作戦を立てて、政治的に
    l、l、_/トv'´ハ  `'´   ,.>、 /
     l / ´   ヘ    / ∨         本国を危険にさらさないようにするための工夫でした。
     レ    l   {,.,.-r‐'〈_X |
      |,.--、ハヽ‐'゙'''l-7'´  `'
               





501 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:17:37.13 ID:cHC9ok2o


             ,. ' ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
           /    /          \
          /     /             \
         /     /―――――――――イノ
         /     /: : : : : : : : : : : :| |
        ,'    ,∠ __________/ |
        |   <__:.:.イ:.`メ、/|:/ |:./\レ:.:.〈 |
        ノ!     |/リレ',ィrそド"´ レ ィチxV:.!:.V}    つまり、シャルンホルストは参謀本部が将来的に
       /|    /!:.:.! 〈. トzリ     トzリ }:!::Nリ
     /     /ソ:.:.i xx`¨´    , `¨x{:从 }     作戦を優先させて、政治的・外交的な危機を招く
    /      //|:.:.込、         /:.|.ハ∧
    /     /厶|:.:.|\ ヽ、  r つ ,. く:.:.:! ∧ ヽ   恐れがある事を理解していたんだね。
   /    /    |:.:.|::::::> ミ  、 <}  |::.:|   ヽ. }
  /i   〃     レ‐‐く\   ̄´ /::!  !:.:<フ二ヽリ
./   //     / /⌒く:\  イ:::::|  |:. 厶--、 }
   / /     (   /,. ┤:::::ヽ /::::::|  |:.厶--、 /



       _,.-‐' ´___ ̄ ̄ `゙ ''‐-、
    ,.‐-, '´ `ヽ/  `ヽ'`'ヽ、__  \
  /       ,、   `  ´ ヘ   ヽ
  /  /  / /` '-|  l  l     ',  .ハ
 /  l  l  l   |l  |  |  l    l   l
 |  |  | |   |l  | __ l  l   |_, -彡
 |  l  `l'‐ト、  ,リィヒT´_|   l   |_,/ }      参謀本部の始祖は本当に偉大な人物だったんです。
 `‐r-゙-r-ィヾ、    ィヽハヽL_l__|   |  ,.<|
   | |   '{うハl     ら'::ハ' |  'Tヽ´/ .l|      そして、その危険を避ける唯一の方法が、教養ある
   | ,|  | マ:リ    辷'ソ |   | l  l   l|
   | |.  l   '      u|   l イ   l   l|     政治将校を育てる教育だったんです。
   | |   ヽ、  -    __,l   | .|   l   |
   |  |   | `゙フ、'''"´  ,'   l、|   l  |
   |  |   l / , リ __,. -イ   ,' ヘ    l  |





502 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:19:09.25 ID:cHC9ok2o


   だからこそ、途中で彼が亡くなったのはプロイセンにとっては
   
   痛恨の出来事でした。

             , --.. 、   ___
          ,. .:´.:.:.:ニニヽ\´.:‐‐:.`ヽ
        ,. '´. : : :彡´: : : :`:.:.:.:´¨¨ ヽ、ヽ
       /. : : ::/: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.\: `ヽ、
     / . : : :〃. /.:.:.:.,.:.:.::/: : }:.: : l: : ',: :.\: : :\
     ,' . : : //: :/: :.::/:.:.:/: : :.ハ:.:.. |: : :ト、: : :ヽヽヽ\
    ,′. : :l/: /: : ::/::.:./l: : :/ 1.:.: |_: :ハ.:}: : : :', i: :',
     i:.l:.: : : :.:.:|: : :.:|.:七 T´/ /'|:.:/l.`メ、l.:}.:.: : :i l: :.:',
     |.:l:.: : :l:.{.:|: : :.:|/ __|/ ′|/ l/,,_ lハ: : :.l:.l:.:.:.:l
     |:.l:.: : :l∧|:.:|:.:.|>七ミヽ  ′ 仁ヽ、1.:.:〃.:/lハ!
     l. l:.l: : :/`ヽ|:.:.|ト1rイ!     トrイ1ミ} 〃.:/.:!  ′
      ',l.:l: :〈  ハヽ|V沙ソ      似ツノ〃 .:/.l/
      ヽ: : :Y´{ V1  '''''''   ′ '''' j.:.レ'.:.:.|      ← 何気に偉大だった教育者
        ヽ从 } {:i       _ _     ノ.:.:.:.:.:.:j
       `{  L_ノ:L      ´     /.l.:.:.:,.:.:.;′
        { |\.:.:.:| >  _, . イ´`ヽj.::/.:/,′
      ,. イL」  \:|    /   \  l/:.//
    ,. イ、\     ヽ      |   `77.:/、
  /´.:::`ヽ\\    \    |  .///.:.:.:.:\
 ./.:::::::::::::::.\\\     \  ノ|  ///.:::::::::,. イ
 \「  ̄ ̄ ``ヽ ヽ\    V⌒) ///.:::::::/  i
   l       \\\  / /⌒V.:::::/   |

   ゲルハルト・フォン・シャルンホルスト



       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |     しかし幸いな事に、シャルンホルストは忠実な
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{     後継者を得ていました。
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈      グナイゼナウです。
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     '





504 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:20:38.20 ID:cHC9ok2o


   グナイゼナウは戦勝の暁には、ナポレオンを戦争犯罪人として銃殺刑にするべきだと

   考えていました。更に帝政フランスを完膚なきまでに無力化するべきだとも。

   まぁ、流石にメッテルニヒに止められましたが。


  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |   も    う    .|
  |           .|
  |  だめぽ!! |   ,. . _
  |_______| --' 、   ̄ ̄ヽー- 、
       | |  ヽ ̄7 , , \  、   「 ̄ 7
       | |  ヽ / /_ /ハ |ヽ、\ V ./
       | |    i il/> ヽl <\ヽ. V
      ,. -{-、 __ .| ii i!  ,. ─‐ 、 | il |
       {   Y/  l il |、 {    }  | li |
      `t-く   ヽN ` `--- ' <リiレ'
       | | `ー-- 、  /    ヽ  `丶、
       | |       ̄ヽ    ノ >-'   !
       | |      ,.ィ`=== r'^ヽ、_,/- 、
       | |   ,  '"  //  !'~`V-─ 、 )
       | | < _,/ / /  /i   \ (_ノ
       i_j    /ヽ '  /  / !    ,>
            /_ > 、 」__/ _」, ィ'´ 「
          :::`ー':::::::::::::::::::::::::::::ヽこノ:::

          ナポレオン・ボナパルト


       ,..-、_‐',..-、 ̄_.._゙'¬-.、
     /  ,  ´  `´  ヽ-‐-.、`ヽ、
   / / /  / ∧ ,ィヘ       \ ヽ
  /  / /  /l /‐ヾ--| l   l    ヘ
.  |  l  |  ハ |    | |    |    | ',    グナイゼナウはシャルンホルストと違って
  | l |  | ,.斗ヒ'|  ヽL_l.   |   l |
  | ハ |  | ,ィくヾ,    ''_,.≧‐.|   イリ`ヽ   かなり目立つ人物で、参謀らしくなかったん
  `' ゙-,ヽ_|〈イ::l ゙    '_ノハヽl'‐-、/レ'ミ
    |.  l マリ     l::{゚ハ::l ,〉    |_,    ですよ。それでも私情を殺してシャルンホルスト
    l  l `´ 、   .込イソ |     |  |
    | .ヽ、   __  `´  |    |  .|    の理想を守り通しました。
    〉  レ゙、-.、.'、_,)___,..、イ    |  .|
   / |  |  ヽ、 `´  ノ ハ| l   ||  l
   /  |  |   ヘ`゙'ー'" , |l|   | | |
.  / //〉、.|   ヽ   /  ハ  _lノ | |





505 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:22:12.60 ID:cHC9ok2o


      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「      他にもドイツ統一問題やプロイセンの
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |
   /  ,∧l  |          { l|       半絶対主義的な国家体制……
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |       これらの改善に積極的に関わろうとしましたし、
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |      実際に関わりました。
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'      だから戦後の反動体制から追放されて
        ',゙T'''''''T'7´
         ',ノ.  レ            しまったんですね。




                   /⌒ヽ        /:´`ヽヽ,. -- 、
                   ,.イ  , : `ー 、   フ三ミミヽV/ ミミヽ: :\
                / ノ     ,:   L/: : : : : : : : : : : :``ヽ: : `ヽ
                ,′       '´ }: : : : / /:/ノ: :l :l:.l: : : ヽ: : : ',
                〈         , イソ: : : :/ :/://: /.l: l.:l.:l.: l : ',: : : ',
               ハ         ノ:!.:!.:.:./.::///.:./:/l.:.l:.l.:l:. l : :l l: :l l
                _ノノ      ,.ィ´l.:.:l.:l.:.:メ、///.:./://l__Ll:.L:l : :l:.l: :l l
             「く: /       ∠エⅥⅥ:lV行メ、l/l/<仁/リ: :l. ://: /,′
            ! `ー─一 '´   /:/ト、ト{.りソ   弋辷ソチl: /://: //
            !`ー====== ¨´/ ̄``ヽ小' ' `    ゝ‐く,.ィ介V: :/:/
            / `ー--------‐'7     い`ヽ 「 _) ' '/>介く: /:/
             人         /      い  ,ゝ-- < ,fソ:::{ }.:イイ
            //;′`ー─---イ `ヽヽ   ハ!/'´: : : : ,.イfソ:::::{ }.:!!   ← 何気に過激な参謀だった人
           /: /:;′       !  .: : //: : :: : :; ィ´  / / l:.!!
        /: : /.::;         ハ  ! j/: /:: : :; ィ´ 〈   / / /.::!!
         /::〃: : {         l! ,.イ: / : :::/  \_ \/ /./. .: !!
      /./ l: : : :ハ          ノノ/ l/: : ::::(    ``Y´ /`ヽ: :ヽ\
       /:/ ∧: :./.:ハ      //!  l:ト、: : : : : : : : :フ ノ 「|: : : \: \\
      〃 // V:/: : ヽ     ,. ィ´: : _」  l:! ヽ: : : : : : : : : 二フト、: : : :\: \\
     〃.//  l:ト、ト、,r‐`ー'´ー =ニニニニ リ   \: : : <ノ  ノ1 /ユ、: : : \: \
     l//∧  l:!__ゝ      .., _ __ _      Q/: : /1 /ハヘヘ: : :ト、.\
       l/ ヽ、 .リ: : :, ゝ-ー              ノ : ィ´、  | |い ヽ l: :.l \
       |  「 : : : : |                 ノ: :,イ  \」」> ‐イ: :.l
       |  l二ニ : :|          . : : : : : :/: : :/ ハ        /: :/
     !_ノ: : : : : :|       . : : : : : : : :/: : :/: ノ: :.`ヽ     /: :/

               アウグスト・フォン・グナイゼナ





506 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:23:39.45 ID:cHC9ok2o


        ,.-,=ニ_´,.-'´`ヽ,-'ヽ、_,..、
     ,-´/   `           ヽ
    / /     /   ,、  ,、 l    ヽ
   /  /  /  /   / `´ l  l   ハ
  l   /   |  |   |_,    リ  |    |
  |__/   |   | '''''''T´   `メ、_ |    |
  〈、、 リ   └r‐'──'    '└-ハ__  _|    さて、上記の二人が活躍した参謀本部を
  〈 `ヾT¬' | ======    ==== | _ニ,」
  |`ヽ l´|   |           |´l |      最初期とします。
.  |  ∧.|   |  γ'''¬‐-、    ', l|
  |  /   l   |  ',    ノ    ノ .l|      .残された参謀たちはせっせと、二人が残した
 | /   |    |'、‐-゙、.__, ィ、. -‐イ  l|
. | /    l    | `ヽ   ノ ハ  |   リ|      遺産ともいうべき教育を引き継ぎましたが
.|/   |   ヘ  l   `   , ', |  リ |
l'   |  |/ \ l        l ',l  ノ l|      ここで問題が起こってしまいました。
'    |  /   /`       l  l'´   l|




       ,、  ,.‐、 _,.-‐ 、_  :
     r‐-'  `'   `   ヽ`ヽ :
   : /     ,  l    l  ハ  ヽ :
.  : /  l  lヽ-' |    l   ',   ハ :
 : /   |  l |   | |  _,|  l ト- 、 l       なるほど、確かにシャルンホルストが示した
 :,'    l、 リ   斗ヒ´__|___l |、  `'} :
 └┐__ r' _`二   =r==r'| └r' ` ミヽ| : .    軍事のエキスパートとしての参謀と、政治を
.    : |`', " ̄     l  | |   |`l   l :
     | l |ll  r‐¬ ゝ‐' |   レヘ   l、     知る政治将校としての参謀――これを両方
     |. l u   |   |   |   | | ',  |l : 
     |  `ヽ,、,_-‐_ニ_,. -オ.  | |  ',  |.l :   とも学ぶ事ができればいいのですが、それを
     |   | | | /〈 ´ ノ ,|  ,|. |  ',  l ヘ :
     |   r'' |/ l ` ´ /└'´ l |   ',  l ヘ :  学ぶ教材がなかったんです。
    └' ´ | l  |   /    l |   ',   ヘ





507 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:25:07.43 ID:cHC9ok2o


     /          `ヽ、
    /           丶  `ヽ、
    /           `丶_|ヽ、  >
  ,..⊥r─‐r‐‐r─--、、    \_ k'-、              ナポレオン戦争後のヨーロッパでは、何人もの
/  / '≧|  | ,≦ヽl `丶、,_  `フ  `ヽ
ヽ_,、L,..-ヘリ   ヽヘ--、゙ ___ YLニ=' {゙ー'"  ´ .         軍事評論家が、ナポレオン研究をしていました。
  ゝ, '| ┃     ┃ ´ | `├.、'" `゙¬ー--、、
   / l ┃     ┃  l   | .ノ、        `ヽ、     . どうやったら彼みたいな軍事の天才を生み出せる
  ,' .リ xx     xxx /   「´  `ー------  、._ 、ヽ
  ,'   ゝ、    _   _ /   ハ      、      `ヽrミ    のかとういう命題の研究ですね。
  リ、 | ヽ`7l^′´/〃   /,.-、     \ `ヽ、   /
  ´ ヽ_|  `|ヘ lニ'/└-r、イノ____〉_    、ヾ、ヽヽ/      そんな中、スイス人のジョミニが面白い学説を発表
         | lγ /,  ノ| 丶. |  __,.-' `' ` '゙
     _z== (7_'、ィ'" ´イ'  ヾ、 /"´               しました。
    l( ̄、`ヽ、ヘ’  __    ヘl'-┐
.   lヽ、ヽ 、._ヽ }}     ノニ´-‐-'               曰く、ナポレオンは天才ではない――というモノです。
   |  `゙'¬-,/T冖7'''"´
   ヽ、    / ,l /
     `゙ ー '′ `'′



        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}    ナポレオンの戦術や戦略を見るに、彼は
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ     『機動』で敵の態勢を崩し、
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|        『火力』の集中で突破口を開き、
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _-     /         『打撃』でもって決定的勝利を得る。
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./          その後、勝利をより確実なものとするために
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /           .『追撃』を行なった。
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、

       アンリ・ジョミニ





509 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:26:36.85 ID:cHC9ok2o


          _,;r''"                      ゙i
         ,r'' 〈;;K〕       _,,;::ニ-ー-----=ニ::,,_ ,ノ
         {         ,,:ニf'l"    ;; :, ,,     `l;,
         ゙:、,,,___,,;r''i" i l | li   li li; li;;,,     ゙ii;
         _;f     ゙ツ,川;  l l l llli;i,  'lii;llliilllllliii;;;;;;;;,,,,liiiii}
          ら'"~  _,,ツ 川トミヾミミト,llllliii;;,''llliiillllllllllllllllllliiillll}     戦術には五つの動きがある。
          {i" 〃ア~;;;ニ._゙ヾ__三ニ=-゙ミミ゙;iillllllllllllllllllllllllllllli}
          ゙i,{ ,{{ ゙i "モji:、 ;'" -''モj-=;,   ji;lllll''""゙;;llllllllllツ     『発見』『拘束』『かく乱』『機動』『打撃』……
           ゙ヾミ、゙l;  ̄ l:: ::..'  ̄ ̄   ,ノツツ i'" ,ノlllllllツ
             ゙リ':l;  l: :::::;,_       ,;ツ' i ノ;illllli;'      この組み合わせによって、戦場は動くわけ
               'l ゙:,__:-''        _,il-''";llllli;'
                'l; ー─--     ,,r''ノ ゙ミ;illlllli;;ミ;、      だが、時代が変わってもこの原則は変わらない。
                ''i;, ゙"""    ,,;r'' ,/  ツ'llliiツ l
             _,;:-''"~''i:,    _,::r'".:::: '_,;ニ-''''~~   :l
       _,,,,,,;;;:-ァ"ヽ  /~'===テ"ー、r''''""   _,:-ーi  :|゙'-::,,_
    ,-ス"    ,/,i' ゙i /   ,イ;"  ィ;i⌒l   r"_r=i-l  jL_  ゙'''ー-
   ,/",i'        ,;i'j  ,}    ,;f ノ  ,i' ノ ∥   レ-'''""    ゙''ー-
  ,/' ;l       ,l,j r'"l,    ''   ,:トツ  ∥   ,;:r''




    /        ,  iii ゙!,ヽ,  ,ヽ, ゝ、.. ;;;, ゙ヽ,
    i゙       ,  ,! , ili l i., l;, i, l;;;;,`ミ゙ヾ';;;, ゙i i
    !i゙ ;'   ,i  ,! ,/!,i,iハト, i, !! |i', ゙i; i;;;';';,,_ミ:: ;;, リ     ナポレオンはハンニバルやフリードリヒ大王
    lv',ィ' ,;;;i 〃;/ リ.リl| !l゙:,ト,゙:、li;'、 i:.゙i;..;;;;;;;,ヾ ;;:〈
   ,ィ,ィ/ ,,;;:;;イ,/シノン' ノ ゙l! ゙'いミ`ミゝミゝ、゙';;;;;;;;;;;;;'v;;;i     の戦史に学び、この諸法則を見出した。
  '" / ,;;-''シr--=、∠,,__゙、 ゙ゝ,;≧-─ミーi;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
   i゙i゙  ;;ヘ | ーt‐:ァミ:`、` ' '<"t::ラー- |;;;ハ;;;;;;;;;;i゙    彼は芸術家のような天啓を得るタイプの天才
   ゙;゙、 ( ハ,!  `""´'  ゙:   `' ` ´   ノ;リ ,i;;;;;;ノ
    ゙:,゙:、.ヽ,ミト:       ,  :.      ケノ./;;ャ'′     ではなく、数学を解く科学者のような、優れた
      `:、`ー;      ,'.  :::,     '゙フー';;l゙
       ノ,;;;;゙ト     `ー-‐'゙     /};;;;;;;l、       応用家だったんだ。
      ,ィ'ス、;;;|`、   -‐ - ─-   /,.};;;;;;;;;;「
      _」 ゝ、;;;l ;゙:、   '''''''   ,ィ゙ 'ク;;;:;:;;;;」       彼の勝因は、先制攻撃や連絡路・補給路の遮断、
  _//   `:'、 ゙; ゙' 、      ,ィ'゙ ;'ク:::::::::::;`;、_
 '"/  l    r‐`i゙:,  `ー---‐''゙  「..:::::::::;ィ^!;;;;;;;;;;;;    機動戦や火力の集中、追撃戦といった諸要素の
     ゙!   |:::::P"⌒`ヽr~''⌒`く! ::::::::i゚_ノ,;;;;;;;;;;;;
      |   ,l:::::::|   / バ    ,l :::::;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;    組み合わせがうまかったからだ!
      ゙: /:::::::::゙i    ヽノ    l ::;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;





510 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:28:07.35 ID:cHC9ok2o


                ッ-‐…ー-、
               , -'゙. : :: :::::: :: .`ヽ
             / . : :: ::;:::::::::::::::: : ト      r、.,.、
             { : : ;;、厶ヘヘ;;、、;: : ゙!     ゙! ゙i、 >:、   
            ラ _;「´セT' f゙セト ):: {      ゙! !i-タ┐ 
           ,r‐ ゙! l、';   ; !、  Tフ:;!.._  r‐、 l,  <,.イ|      テレビの前のみんな!
            /   ゙!;:::゙!   ,ニ、 /゙:;(  ヽ ヽ.`ー'、、 '  {
         /     ,〉::l゙ 、 `ー' ,:'}:::{    ', `ヽ、 ! ,、 >、     君たちもこうした戦術の諸要素を勉強すれば
         ,'    ,」∧ヽ_`ー‐''゙_ノi::::ト、_  _',__  `Fニノ゙.::..`、
        _l__,,.、-''"...:::::`'| i_| i」 l/::lコ:.`ー""ニ':, ̄`゙';:::::::::::::::..`、   ナポレオンになれるんだよ!
      ,r''" .....::. ...::::::::::::!、  ノ ,|::::::::;' .::::::::::::::::::::::::::::';:::::::::::::::::..゙:、
      / .::::::::::::::::::::::::::::::_:;;:二ニニ,::::,=、:::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::. ゙:、
     ,' :::::::::::::::::::;、-ニ"`ュ_  _,.、-'゙l, }-{ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.゙i
     ,' :. ::::::::::::::/,: -'ニニァ' ̄ _,..l,リ | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ボクが書いた『戦争術概要』を呼んで
    / ::: ::::::_;:/ '  ,、<- ''::"::::::::::{ /::::::::::::::::;r──t─-- 、、;;;:、'゙
    / ::::_;、-''゙.:::!、_ /.:::::::::::::::::::::::::::::レ'゙:::::::::::::::;'/    ',             みんもナポレオンになろう!!!
   ,/ -''"....:::::::::::::.. ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'.;'     ',
  / .::: ..::::::::::::::::::::;;::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;' ,ハ      i




       ,.-‐' ´フ^ヽ,`イ´ヽ,.-ヘ、 
     /   /    ,  , `  ヾヽ
    /     /    / /  ,' ', ∧l  ` ヘ 
    /   /     ,' l l l゙‐-‐'| l    ', 
   ,'     ,'    , l ,斗ト,|   ト-、l , ハ    このジョミニの『戦争術概要』は各国の軍人にウケました。
   {`ーー '|    l | ハ ハ|   リ |. l |  l|
   ト- 、_ |l    l | | '-' '   '└r','  ハ    なにしろ、戦術の諸要素の組み合わせでナポレオンのように
   ,l、ヽ `ハ  ___,|r´ ┃    ┃r‐l‐'''´
  ,' `ヽ、γ| ̄ | |  ┃    ┃l |      なれるというのは、実に魅力的だったからです。
  ,'  ,'  /ヽ.|  ', .|         ', |
 ,'  ,'  /  ハ.  ', |     _  _,ノ |      この『戦術の諸要素の組み合わせ』というのは、早い話が数学
. ,'  ,' /  ,' ',   |`ニ、r‐、‐ T´  |
.,'  ,' /   レヾ,   |',=ニ|  /ス|    |      .のように、『1+1=2』という公式が戦争にはあるという考えから
,'  ,' /  / ` '、  ',.', | // ハ   |
  l /   ,'   ',`ヽ、ト', レ'/.  |    |      発生したモノでした。





511 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:29:36.33 ID:cHC9ok2o


/ /  /  / / .∧、v´'ハ |     ハ    | |
|/l   | _|_ .| |     | |  |   .|    .| .L
 |   |  「`≧ト、   /,/,斗≧、_ |   | .|    当時はフランス革命以来、『自然科学』と呼ばれる学問が
 ヘ=-r'ーr 〉'⌒ヽ   ´' 、ィ=ミ、,_  ,イ   / |_
.   |  |〃   l:|    〃   ハ 「'‐-、._/ | `   ヨーロッパでは流行していました。
.    |  l l:l  ,リ.    |:|    ,リ.|       /
   |  l ゙'‐‐'"      ゞ、__彡' |     ハ¬   自然科学とは一見して無秩序に思える現象にも、ちゃんとした
   | .l XXX       XXX/    / ノ 
   |  ヽ、     ゚         /    /イ   .  科学的な法則があるという考えです。
   |   `l‐-=、,____________,../    /  |
   |    | | | / | `'ー‐'" ./    /  |     迷信の否定ですね。
   |    | | ゙|ヘ \   ,./    ハ  |



     i         i c  r、  (_ノ v/ )_ノ r メ、
    |      { / ( _/ソ/ _ > T´  ヽ、
    l.       /ー-t―.T´7i ̄,i  ハ.トi-r‐'、 「`
.     ',       / ー/-ァ=l7´ | ./l ,' j,rVヘ. 「ヽ}
     i   ∠ =イl /! /|ニ示`l/ i/  伝T | |
     ,!     | Y レ行し::;}      じ;ソ l|     まぁ、一応は説得力あるよね。
    /i      l | '弋クzソ       、`"   !,'
    ,' !      i   !                  ハ      各国の軍人にウケたって事は、プロイセンでも
   ,'  |  ヽ、  !、 |ヽ、       _,    イ l
   /   !   \ l V ',  ` _         イ i l  !     ジョミニさんの学説を受け入れたの?
.  /        ト ヘ. ト-ニ_`7ーェ‐</ !川 ハ
  {         ヽ ヽ\    ̄`7、 .i/  i!ノノ {|





512 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:31:07.45 ID:cHC9ok2o


 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |     プロイセン軍部はそうだったかもしれませんが
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ   参謀本部は違います。
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.   彼らはこの当時、ようやっと自分たちの教育に
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:   用いる教科書を手に入れたんです。
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|       それがクラウゼヴィッツの『戦争論』です。
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|



                _         ,..ヘ
                /::\       /:/ \ヽ
                  /:/ヾ\.     /:/   |::|
              /:/    ヾ\  /:/   :|::|
                /:/     '、:∨:/    |::|
                |::|      ヾ:V      |::|
                |::|   __ V ___ |::|
                l::| '´ : : : : : : ` ´ : : : : : `l:ト、
             , イ| : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:l:|: \
           /: :l:|: : :/ : :/: : : : : : : \ : : リ: : : :\
            /.:.:.:.: ヾ.:./ :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.: !.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.         / :.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.: l.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:丶
.       /::::::::::: /::::::::/:::::::::/:::::::|::::::::::::::| ::::::::| :::::::::::::::::l:::::::::::ヽ
      /:::::::::::〃:::::::::| ::::: /:::::::/|::::::::::::::| ::::::::| ::::::::::::::::::l ::::::::::::',    シャルンホルスト閣下の言ったように
      ,′::':::::::l{:::::::::::|::::::∧:::_/│l:::::::::::| :::_:::|ヽ:::::| ::::::::|::::::::::::::l
      l:::/ ::::::::l|:::::::::∧斗七! | |ハ:::::::│:::::`ト |::∧ ::::::|:::::::::::|::|    戦争は変わった。
      |::| :::::|:::::|:::::::::| Ⅵ_ ハ| l{ ヽ ::::|\::::| |:ハ|::::::,' ::::::} :|::|
      |::| :::::|:::::|:::::::│,ィ仟乞トヽ   \|  テ外、|:: /::::: /| :|::|    新時代の戦争とは? これからどうなるのか?
      |∧::::ハ::::ヽ ::::l癶ぅi::::j |          iぅl:.::::j癶/:::::::/7::|リ
         ヽ:{ \::\{! {^して         |^iして i}:::: イ:::{:/|     私たちはどうするべきなのか? 
        \/::::ト、::\ V少''        `ヾ:少 彳´ } :::::l:|
            /::/::\_l ̄ ヽヽ     '     ヽヽ   /_,/ ::::::l:|     本を書いてみよう。
        /::::{:::::::::∧          -        厶:::::: {::::::八

          カール・フォン・クラウゼヴィッツ





513 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:32:39.73 ID:cHC9ok2o


      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l    ジョミニの戦争術概要は、こう戦えば勝てるというハウ・トゥ本
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |     だったのに対して、クラウゼヴィッツの戦争論は、戦争とはなに
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|  .   か? という思考の本なんです。つまり哲学書だったんですね。
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |     これを参謀本部は教科書としました。
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l    参謀本部-クラウゼヴィッツの哲学期の始まりです。
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´
         ',ノ.  レ



./ |   |. |    ヤ.|     |/   |   |
|  .| .ヽ. | |    Ⅵ   / |    .|   |
|  |  ヽl |     ヘ,イ、ー.、-、 _  .|l  ./
|  .|,..../ ハト   "/|,_ノ_::::ハ ヾ゙T l、/ ヽ    フランス革命によって『制限戦争』は終わりました。
`'7 ̄ヘ{ |"r、ハ     .|:::f. .ハ:::::l リ.|
./   ベ ヤl:ハ:l    ヤ弋_ノ o:l  |         これからは『全面戦争』とか『総力戦』とか呼ばれる、
|    |ヘ. マz'リ     ゝ=ニ::::ソ   ∨
|    ヘ l `´  ,..-‐-、      ∨       国民を主権者とする国家間の戦争が到来する事を、
\   ヘl.   l´     ヽ     ,ィ゙ヽ
  \  、-ゝ、.__ \     ),、--'"-、| \    クラウゼヴィッツは予想しました。
   <´ ̄   | ̄|、 ̄ ̄´ノ >  .ヽ  \
   `l >-、  .|  |   ̄ <´      ヘ     
    ∨ > |   ̄ 。 ̄  >     ヘ
     <   |   ゚γ'ヽ゚ ,>'"    ヘ





514 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:34:08.35 ID:cHC9ok2o


          ,.-''"´ ̄ ̄ ̄`゙ヽ、
        / ,.ィ _,..r---r-、   \
      ./ /.イ´ | |  | .| `lヽ、 .ヘ        戦争が王様の所有物でなくなるという事は
     lヽv ,.イ ⊥_  | |   | .| ,.斗、 ヽ ゙l,),.‐;
     ヤノv' | .j,..≧トッ  ,.ィ''ァ'、  | .〉l /      今までと違って、戦いを始める理由も、終わ
    |  ∨ 〉イrl゚ハ::l   l乍リバl,// ゙'.}
    ヘ  ヘィ'弋乞:ソ   弋_チ:ノ '.ハ  .∧      らせる理由も変化する事になります。
      〉  / l "´ _,....--、 `゙  l .ヘ l ヘ
     ∧/  |  ./     ヘ  |l  .Y ', ヘ      制限戦争と違って、国家は徴兵制の無尽蔵
     / /  .人  |      | ノ |  ヘ ', ヘ
   / /    / ゝ.ゝ、.______,...イ<´ .|   ヘ ', ヘ   .  ともいうべき動員力によって、いつまでも戦い
  / /l   /   / '----'-' ヘ  〉   ハ ', ヘ
 / /.〈   ∧  /  γ⌒ヽ  ', ∧   ノ ', ヘ   つづける事ができるからです。
./ /  \ /  ∨    ゝ-‐'   ∨ l__,.イ   ', ヘ



     ,..-''"´ ̄`¨゙'_‐-.、
.   /        `゙ヽ `ヽ、
  /   __,.二ニ====、_  ヽ〔 ヘ
 /,ィ''7´l |  | |  |  l.\ \l、
 | | |、 L|  L|.,.ィ'l´  | lト、ヽ Y      ゆえに、今後の戦争には『社会学』とか『論理学』
 | | |->'   '" ̄ `゙l‐'、ノ| `ヽ|
.└l´ | ≡≡ ,   ≡≡|  .├─‐{      とかが必要になるだろうとされました。
.  | |          |   |) l .|
.  | |   、-‐─┐  |   |  | |      自己の生存を賭けて戦う戦争は、よりグロテスクで
. .| .ゝ,、.,_ ヽ-‐'"__,..ィ   |   | |
. ||  | ,lィ'7二´-/´7|   |l   | |      大規模になる。そのため市民社会の新しい戦争には
 |.|  |' / ゙''''''''''" | |   | |   | |
 | |  |'   ( )   ト|_,...イ |   | |     そういった学問が必要になるという事です。
 l└‐イ         |/ ./ |   | |
 |   |   ___,ト、/ |  |   | |                  ――たぶん。
 |   |´ ̄     r'〔   |  |   | |





515 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:35:36.93 ID:cHC9ok2o


                     ____________
                  . ´            `
                     r ´                \   o
     O     o    r┴───┐                ヽ
               | ./:.:/⌒/:.。:!                  |   ○
               |/.:./:.:_/.:_.:._|                 |
       O         ノ丁/ 、_j__、j `ゝ              |  o      た、たぶんってかなり曖昧なんだよ。
                 ネ/V ∩V\|                  |
                      l ∪  ||                 |        それっていいの?
                     ノ    '''' ||    (         |
                   (       |ト、    \          ト、
               o     ヽ  ⊂⊃||=|     \       \
                    ` ー‐<ヽ.         \        )
                    {OY ⌒ヽ         `        ´\
                          |    \                \



    _ ,..-_'"´ ̄ ̄`゙ヽ、
  r-/ `‐" `ヽ  _ =-_>、
  /     l  ヽ l /´ , ヘ〉           世間一般では戦争論は、戦争に勝つためのハウ・トゥ本だと
 /  l l   l   l l  / ,イヽ
 l  l ゙ハ | _,|l  ハ| レ' / ヘ.ヽ         思われているようですが、実際は『戦争とはなにか?』という
 ヽ lヘ レイ_l L/レ l`レ'ヘ   ヘ. \
  `゙`ヘ ィ彡、|  レ{ ヾ、  ヽ  \      事を考えた哲学書なんです。結果、読み手によっては意味の
.     ヽ ゝ ' |  l.|.ヘ ヘ \  ヽヘ ヽ
      l  ,.. _|  l.|/ヽヘ   ヽ  、 ヽヘ    理解に差異が生まれるんです。しかも未完ですし。
        ̄「 | ,リ   `ヽ、  、  ヽ.ヽト、
       └' レ'/  ,.、  ヽ、ヘ   lヘ ヘ   >>1は目に付く限りの戦争論系の本を読みましたが、たぶん
         //  / ,〉    ヽ,ヘ  | r'´
         // /  l、____,.イ´ヘハ  _|'    こんな感じなのではないかと。間違ってたらスミマセン。
        'ー'="    ゙ー'-=ニニニヾ´





516 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:37:06.92 ID:cHC9ok2o


         ______          
        /         \          
      / ________ ヽ、       
.     /  |  ____  |  \.      
     | /:`7 /-lハ∧: : |\トヽ:\  |           腹筋でかんべんしてもらえるといいね。
     |,厶: :Ⅳ.二.._ \|_..二く|∧_>|      
     | {:人{ 弋_フ  弋_フ }八:}: 八     
     ノ_./ヽ{`        ノイ\ ;'_ヽ   
   /   ,二`>-へ 二、 -<´       ヽ  
   ヽ、 く/_ \ \>J)           ノ  .
二二二二二,二二二二二二二二二二二二二二二
     /   /     ,.へ      ヽ   ',
| ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| | ̄| |




      / ,.‐-y'´'ヽ/ ヽ-゙-ヘ
     /  / , / ∧∧ ',  ',ヽ
    ,'  /  l l l ,'‐-' | | |  l 'ハ
    ∧' ,'  l | ,リ  _リ l l  l l l     気を取り直して……
    ト、 'l   l`ニ´   ` ̄-r'___「
   / ヽl ̄'l ====  === ,'´ |       戦争論は他にも特徴があります。
   /  ,∧l  |          { l|
  ,'   /  ', lu_   ,、 _,.ノ ,'|      それはジョミニとは決定的に違う点でした。
  ,'   /   ', .lヘ ',三|{=', |   'l |
 ,'  ,'    ', ', ヘ ', |,l ,}|  ,'.l |      すなわち、戦争には勝利の方程式なんて
 |  l  l   /ヽ | ヘlレ'',´ l-‐' l |
 |l  L._ハ_ }-‐',=l<,ヘ.ヽ{  l   l l     モノは存在しない、大変、不確実なモノだと
 `ヽ.|   `'、_  `   ´ ',´ ̄ `レ'
        ',゙T'''''''T'7´          いう考えです。
         ',ノ.  レ





517 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:38:38.81 ID:cHC9ok2o


/    l   l     | |
|  / .γL_  |     .|├──
|  |  l .「Tド、,|    l / L__   『戦争とは敵を屈服せしめて、自己の意思を実現するために
∨ | .| ,リ、ノ/   /_/ .|
 ゙ー'ゝ| ´ |ヾ T´ ̄   「ヽ┬─   用いられる暴力行為である』――戦争論内の言葉です。
.    l. .l゚l リ.|       l .l  |
     l  リ  |      .|ノ   |    つまり、お互いが自分の目的を押し付けあって、それを実現
   〈    |     |    |
    ヽ、ィ.__|     ハ    |   させるために、戦争は苛烈の一途を辿り、その相互作用に
        |     l-‐∨  |
         |    /   ヽ   |  よって、究極までエスカレートするという考えです。




        /            、     ヽ
γヽ⌒)   /              \  、_  ヽ
(   ´>  | _,.--‐r―ーr-- 、_      〉ヾ  \
(_,ノヽ'_,.ィ<´ |、 l |   ',. 、  , `ヽ,、   \ヽ,/       相手を屈服させるために戦う以上、敵も味方も
     ̄フ  | .メ、|_   _,斗匕. _ >、ヘ\   .ヽl
.    ∠、  レ' ´    `´ `´ | ,`'  |\  ゙,〉         戦争経過によって流動的に、意思決定するわけ
      ヽ、〈 ====    ===| ,'   .|´ヽヽノ
         |`ハ xxx     xxx l'    | ノ´_ ヽ、       ですから、確定されている事象は存在しません。
        | ' l           l    |´   `゙'''`---------―_ッ
        レ' ゝ、   -┤  __,|    |         ̄ ̄ヾ ̄、
       |   ∧`7Tニ''' " ´,ィ|    |               _ヽ   つまり、相手を倒すために戦っている以上、
       |   | `l ', ヘニニ´/イ    |                ∧
       |   |   ', `l ゚ ゚ ゚./ |.    ,'\   `ヽ、       ,r'" .  勝つためにその場の状況に合わせて臨機
       |l  _,l  ', ヘ  / .|   ,リ-,r'      ヽ、    ノ
       ゞ'´    l  l /  / ̄ ノ∧ \       ハ\ヽ'       応変に動くワケです。





518 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:40:07.59 ID:cHC9ok2o


      |      |/)+}∠..ノ: :+:∠: : +: ∠: :+:!: :.!   |
      |      Lノノ: :+: :(.../ゝ: : /_:_:_:_.ノ∠L  |
      |      ノ 厂 ̄ ̄ ̄厂 ̄ノ ハハ:.!ヽ: : : : :\|
.         |/  ー=彡' : : : :/: : :/:.:./  !  `トハ l: :.厂 !     まぁ、確かに将棋の駒なら決まった動きしか
.       /    /: : ノ: /: :∠../∠厶イノ   」ノ__」ハハ. |
      /    厶イ: ://______ー    ´弋ン{ |/     しないけど、人間なら何をするかわかったもん
.     /         |: : {  ヽ  弋Zソ     ー''^|  |,′
    /         /|: : |   ^''ー一'     ,    八 .!      じゃないよね。戦争ならなおさらなんだよ。
.   /         /‐|: : |      /、___,     /  ヽ',         __ .、
 {`ヽ`ヽ.       /ム|: : |`ト .  {    ∨   ..イ |   !  /)  // ノ
. (`ヽ「ヽ \i`ヽ /く:.:.:!: : !、\` ヽ..__,ノ  .イヽj: |    |/ ムイ/ /)
  \ | i ヽ \ \.> |: : |:.\ ` ーニ二厂「 r=ミ.|: |   /      ' //
  /∧ ゝ、      ヽ.!: : ! :.:.:.\   イ:.: :|  Vノヘ: !   ,'         /
. //  \         }: : l:.:.:.:.:.:.:.\ ノ:.:.:/ i ヽ. || j       /




  /\  ヽゝ  /                `ヽ
  \  ヽ,   /                 、ヽ
.    \/  /                   _} \
 ┌‐┐   /_,..-―='7''¬ー- 、._      ヽ.ヽ ヽ
  L,/   ,ィ''"´ l  ,..-、l |  | ハ,=、_ `゙'ヽ、_   ヘ├'´    こういった不確実性を『戦場の霧』と言います。
      / /   | ´  ハ |   | .ハ ,.`   \  ヘ|
.     / /   リ  、| | |   |リ l、| .|    |.  \ ∧     他にも『摩擦』という言い方もされます。
    ヾ、l    _|゙ー ハ ヽ'   '" ハ└-、_ リ  l ヽ /
      T冖''「    |::|        |:::|  | ``゙ヽ'|ヽ`{     『全面戦争』と『不確実性』を見出した事は、とても
       |   l    |::|        |:::|  |  l   |ヽニ}ヽ
       | / ,l   ー'       ー'   | l   | ノ ヘ___l   素晴らしい事だと思います。
       レ  { XXX       XXX レ   |'  ヘ
       |   ヽ、      _        /    .|  、ヘ
       |    |`7‐ッr-、ー',----,='"'"⌒ヽ__,ハ.   ∧
       |     |/ / | ゝ  __,.-'"     ヘ  ヘ   ∧
     ,.-| l   |''´  | _,l-'"         ヘ ヘ   ヘ





519 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:41:35.88 ID:cHC9ok2o


       _,.-‐' ´___ ̄ ̄ `゙ ''‐-、
    ,.‐-, '´ `ヽ/  `ヽ'`'ヽ、__  \
  /       ,、   `  ´ ヘ   ヽ
  /  /  / /` '-|  l  l     ',  .ハ
 /  l  l  l   |l  |  |  l    l   l
 |  |  | |   |l  | __ l  l   |_, -彡    そしてクラウゼヴィッツは、将来的にドイツが直面
 |  l  `l'‐ト、  ,リィヒT´_|   l   |_,/ }
 `‐r-゙-r-ィヾ、    ィヽハヽL_l__|   |  ,.<|    する戦争の中で、一番恐ろしいのが多正面作戦
   | |   '{うハl     ら'::ハ' |  'Tヽ´/ .l|
   | ,|  | マ:リ    辷'ソ |   | l  l   l|    だとしました。いわゆるヨーロッパの中間点に位置
   | |.  l   '      u|   l イ   l   l|
   | |   ヽ、  -    __,l   | .|   l   |   するがゆえの弱点ですね。
   |  |   | `゙フ、'''"´  ,'   l、|   l  |
   |  |   l / , リ __,. -イ   ,' ヘ    l  |




       ,..-、_‐',..-、 ̄_.._゙'¬-.、
     /  ,  ´  `´  ヽ-‐-.、`ヽ、
   / / /  / ∧ ,ィヘ       \ ヽ
  /  / /  /l /‐ヾ--| l   l    ヘ
.  |  l  |  ハ |    | |    |    | ',     この中間位置の問題は、これからの
  | l |  | ,.斗ヒ'|  ヽL_l.   |   l |
  | ハ |  | ,ィくヾ,    ''_,.≧‐.|   イリ`ヽ     参謀本部にとって、解決せねばならない
  `' ゙-,ヽ_|〈イ::l ゙    '_ノハヽl'‐-、/レ'ミ
    |.  l マリ     l::{゚ハ::l ,〉    |_,     命題となりました。
    l  l `´ 、   .込イソ |     |  |
    | .ヽ、   __  `´  |    |  .|
    〉  レ゙、-.、.'、_,)___,..、イ    |  .|
   / |  |  ヽ、 `´  ノ ハ| l   ||  l
   /  |  |   ヘ`゙'ー'" , |l|   | | |
.  / //〉、.|   ヽ   /  ハ  _lノ | |





520 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:43:06.32 ID:cHC9ok2o


/ /  /  / / .∧、v´'ハ |     ハ    | |
|/l   | _|_ .| |     | |  |   .|    .| .L
 |   |  「`≧ト、   /,/,斗≧、_ |   | .|
 ヘ=-r'ーr 〉'⌒ヽ   ´' 、ィ=ミ、,_  ,イ   / |_    さて、参謀本部はクラウゼヴィッツの戦争論を
.   |  |〃   l:|    〃   ハ 「'‐-、._/ | `
.    |  l l:l  ,リ.    |:|    ,リ.|       /    教科書にして、新しい戦争への探求を続けます。
   |  l ゙'‐‐'"      ゞ、__彡' |     ハ¬
   | .l XXX       XXX/    / ノ    世間では反動化によって戦前に戻って行ったのに、
   |  ヽ、     ゚         /    /イ
   |   `l‐-=、,____________,../    /  |     参謀本部は逆に先に進んでいたんです。
   |    | | | / | `'ー‐'" ./    /  |
   |    | | ゙|ヘ \   ,./    ハ  |



                 ,...,.-‐'"´`ヽ,..-、
               ,ィ',.イ         ヘ-‐、
            //,  / /   _    ゙'''ヽ
              / 'ィ'´ /  /   / /,ハ.,ィヘ    .ヘ
           }‐/  ,/   /ヽ、//   "''┤   l.∧    さて、参謀本部のうち、最初期のシャルンホルストと
           |_ .゙7''"'¬イ└/l゙メ.、    .リl |  | |
        /ヘ/ `/   / ヾミョ、 `   、≦斗.|  | |    哲学期のクラウゼヴィッツを扱いました。
       .l,..-''"∨   / xxxx     .ミk、,゙L/   .ハ .|
      ,.<   /   /.    γ'ー、_,  `゙"/-、 / .レ'    この二つの期間を通じて、参謀本部は徹底的に政治
    ,.ィ'" (   |   .ト'、..   l   / xxx/  「′
 ,.イ   ,..-'|  |   |  |゙ヽ、   ゙ー''"   ノ   |       から自身を遠ざけました。
'´  ,.-‐'"  ヘ  リ   |  ヘ  ヾ=-..r-=ニ'"|   |__
,.イ       ヽ ゝ、 |    、   ̄ノ    .|   | ヤ¬ッ   軍人は政治に関わると、ロクな事にならないという事
   /      > `''     ゙'¬"  .|   |   |  .レ'"
 /      /   /        |  /  リTー'     を本能でわかっていたんでしょうね。
/        /    '--ッ  __./  |'"´〈、_/ |
`ヽ、 , ,  /     /    /`ヽ |      | |       あるいは、教えとして守ったというべきか。
   `´イ,./     └─ヽ/  ノ  |      ヘ .|





522 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:44:40.06 ID:cHC9ok2o


                      ____
                            `丶
                 /            \
                    く            ノ   ヽ
                 〉 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     l       最初期の参謀本部が軍事のエキスパートと
                   | |    _____|    |
                  |,厶ア{∧ 丶\ \}\  │       政治将校の両立を目指し、哲学期によって
                 │|/f^r芯\ィr芯ヾVヘ  「  ∧
                │ l|〉 V::}   V:::} } ヽ小、        それを達成するための教科書に巡り合った
                    ヽ八            .ィ |´ \ ヽ
              _}三ミヽ | |>   -  -=≦/:厶.  \ \    ワケなんだね。
              |.:.:.:.:. \\|: Ⅳ)/{匸斗-=ニ三三}    \}
             |.:.:.:.:.:.:.:. \\L[// ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    \〉::\
            (_ ).:.:.:.:.:.:.:.:.: ヾーr':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(⌒ヽ \\:::::〉   それじゃあ、大モルトケの変質期って?
            ノ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|<>|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.( __人\}ヽ∨
           (__ノヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|\ ⌒⌒)
               、_.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|∨`ー冖
                __   > 、.:.:.|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___|
           __{∧/ニ二\_:|.:.:.レ-‐<\    \_
         /  ∧/ハ´ ̄\   ̄´  __ \\    ヽ\_
            ⌒ー=≪}//}_\       {/∧/\ 二二ニニ〉__>、 `丶、
              じヘ、 \       xヘ//ハ>、    \ て:イ \   \
                    ̄`ー─<__ ∧//}/`ー─'^こ>‐┴'⌒\__>
                          ̄`ー'                ̄



 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |       それは本編でやる事にして……
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ     今度こそ本編でお会いしましょう!
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|                             ――つづく
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|





527 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/11(水) 19:48:51.85 ID:cHC9ok2o


   ミニサイズの投下でした。お付き合いいただいて、ありがとうございます。

   本日の投下は、参謀本部の付けたし説明であると同時に、

   誰もが一度は思った事――どうしてドイツ参謀本部はシェリーフェン・プランなんて

   ビックリ計画を実行に移したのか? という事にもつながる事です。

   最初期の参謀本部の理想から、どうして離れる事になってしまったのか?

   それも本編でやる予定ですので、どうかお待ちのほどを。

   ではでは~~

   




やる夫が鉄血宰相になるようです まとめ


やる夫が鉄血宰相になるようです 第十一章 ドイツ統一への道 前編
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://version45.blog85.fc2.com/tb.php/723-60bc6778
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。