ブログパーツ

Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ 電子たばこ

Powered by Ayapon RSS! オススメ 電子タバコ キャッシング比較

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やる夫が鉄血宰相になるようです 間幕第二部 前編 プロイセン王国と参謀本部について

2009.11.02(08:22)

904 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:00:33.80 ID:BoJ1vFIo


 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ     幕間をいきますよー。
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.     
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|


906 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:02:03.86 ID:BoJ1vFIo


  ――やる夫が鉄血宰相になるようです――

         間幕第二部 前編

     プロイセン王国と参謀本部について

908 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:03:36.17 ID:BoJ1vFIo



   1861年頃、ちょうどイタリア王国が誕生したあたりのプロイセンの領土はこれぐらいだった。


                         __/´|                                    ,,--
                       ,' ¨´    |                                    ヽ
                      _|      ヽ                                   /
                      (       /                                  ´┐
                      `',     _コ                                  /
                      ,┘   i'..ヽ                                   i⌒i
                      ヽ    )( ¨¨', ┬ヽ_|`',                            ,,| ∠_
                      /    ヽ  ̄' /'/|_  ,┘                        (⌒´    `¨'',
                      >   (    (_├..,,,/_/                          `┐       \
                      (`¨''-' ̄`¨-..,,,,\__i O                   ┌-┐   ,,/⌒        /
                _ ,_/\>       ┌-l ,,-,-v¨¨¨ヽ          ,.-──´`''-''  └─¨´          ヽ
          _    /  U           ヽ-'´  \ ∠    ,,──´                        _)
        /   ̄ ̄V                    )  `'''',_/                       ,,,__/
     /\ ヽ_     |                -,,   └''´',                      _-,,__/´
    ,'¨  _) )    {             _/  ¨'‐-.,_,,_(                     /
    /  (_  ,'¨    ⊂ ,,            \                          / ̄
  wV      ̄Nether  /-'' -            |.,          prussia①          )
 _.--..,,,_  land  /   \_i⌒V´|        i                       ∠´
       ヽ-,  ( ̄        ∠-―,   ∠´                         )       Russia
         ヽ  `,'   ②      /     )                        `',
 Belguim    丿 (´  Rhein  __  ',   ,'´ ̄ ̄ __,,  ∧-'¨''''''¨¨'''--,,            |_
 _       └┤   land,.._/ ¨¨´   ヽ---_> ',_,'      ,,.'⌒´`¨'‐-.,_        \_
  >         ,┘      }                    _/         ) _       (         ∧_
   \ ,,     ',      /                  /           \_| `'-,,      )ー¨`ー'''`ー''´   `¨-
    ´ /    /|      i                <⌒                  ヽ'''ー-'´
     `¨`ゝ (  ヽ    /                 ¨¨i
         ̄ |ー┤  (´                    ヽ
          |  ヽ--┴-,,_            Bayern   `¨-,


① プロイセン王国
② プロイセン王国(飛び地)

909 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:05:05.97 ID:BoJ1vFIo


   しかし1600年頃、すなわち上記から二百五十年ほど昔は、このようにとても小さい国だった。

   そして、後にプロイセン王国になるのは、プロイセン公国ではなく、ブランデンブルク辺境伯領
   の方だった。(適当に線引きしてスミマセン)

                         __/´|                                    ,,--
                       ,' ¨´    |                                    ヽ
                      _|      ヽ                                   /
                      (       /                                  ´┐
                      `',     _コ                                  /
                      ,┘   i'..ヽ                                   i⌒i
                      ヽ    )( ¨¨', ┬ヽ_|`',                            ,,| ∠_
                      /    ヽ  ̄' /'/|_  ,┘                        (⌒´    `¨'',
                      >   (    (_├..,,,/_/                          `┐       \
                      (`¨''-' ̄`¨-..,,,,\__i O                   ┌-┐   ,,/⌒  ②     /
                _ ,_/\>       ┌-l ,,-,-v¨¨¨ヽ          ,.-──´`''-''  └─¨´\___     ヽ
          _    /  U           ヽ-'´  \ ∠    ,,──´                 __|     _)
        /   ̄ ̄V                       `'''',_/                     \ ,,,__/
     /\ ヽ_     |                               | ̄\                ´
    ,'¨  _) )    {                          ___/   |         
    /  (_  ,'¨    ⊂ ,,                    __/        /
  wV      ̄      /-                   /     ①    /        
 _.--..,,,_      /                     |__|\      \            ポーランド王国
       ヽ-,  ( ̄                           \___/       
         ヽ  `,'                                     
         丿 (´       神聖ローマ帝国       
 _       └┤                             
  >         ,┘                                  
   \ ,,     ',                    
    ´ /    /|                 
     `¨`ゝ (  ヽ                     
         ̄ |ー┤                        
          |  ヽ--┴-,,_                


① ブランデンブルク辺境伯領(選帝侯)
② プロイセン公国


912 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:06:38.68 ID:BoJ1vFIo


   上記よりも更に二百年前、1400年頃、ホーエンツォレルン家のフリードリヒ四世が
   時の神聖ローマ皇帝からブランデンブルク辺境伯領を与えられた。

   彼は自らを、ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ一世と名乗った。


             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',
               /.:.:.:.:.:.:、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
            /.:.:.:.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:}
            |.:.:.:.:.:.:./  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            ト,.:.:.:.:.:{`ー─',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
            ハ.:.:.:.:tテ‐-、∨\.:.:.:.A.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
             〉;.:.:|` ̄ "    \tテ\:.:.:.:.:.:.:. ハ,、:{
              /:::ト、!    ,       リハリ:::/ノ ./
           ∠彡|:, `   〈         ソ /:!      皇帝になれるように手伝ったら
              !:::、   _          / ̄:ハ::{
              レ|∧  {/ ̄` ┐     / :::::/ ヾ、     褒賞って事でブランデンブルクを
               {(´ヽ. `ー─ '  ,.イ少^、/
               トミ.┴\__   -'" / .》、          もらったんだよな。
              _}:::::: ̄ヽ }    ∧/::::}、
         _ -<´:::::::ヽ::::::::::::| |     / 〃:::,':::\_
     ,. =´ ̄:::::::::::::::::::::::::::\ : ::| |.   〈  !{::/:::::::::::::::::\___
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :ー-'┘-、   /|レ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : `ー‐、 r‐┘:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ρ | !:C:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}

       ブランデンブルク選帝侯 フリードリヒ一世


914 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:09:04.03 ID:BoJ1vFIo


   一方、プロイセンは1500年頃、同地を支配していたドイツ騎士団の団長だった
   アルブレヒト・フォン・アンスバッハが、ポーランドに臣従する形でプロイセン公国
   を創った。

   アンスバッハ家はホーエンツォレルン家の親戚だった。



           /:.::.:.:.:::{ {._,ノ }:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;'.::/::.:/:::.:.:;イ:::.:.:.:.:|、::.::.:.:.:∧
            /:.::.:.:.:.::::ゝ_,ノ;:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::/|::/|:::.:./' |:::.:. :i::| ∨:.:i:::.:ハ
          ,ノ:.::.:.、:_;;/::::::;/:-‐'::.:.:.:.::/:.:.:;/、j:/'|:::./  |::::.:.::|:|  |::::|:::.:.:}
         /:.::.:.:.::::\:.:: ̄:.:.:.;::'.:.:.:.:.∠:;::':/__、\|::/   ,|:::.:.:/リ/|:::リ:::.:人____,
      /:.::.:.:.:.:.:::/ヘ::>‐:r‐ァ:.:.:.;:.:.::::::/,ィ'ア弐zj:/ヽ,、/|:: :/,ィャ、_|;/::::/::::.:::_;;/
     /.::;'.:.:.:.:.:::::/   ∨::/∠::_:;イ::.:::/,イ ん'::ハ´`  ,ノ::;/イ'::} ´ハ::::/〈 ̄
   /:.:.:..:.|::::.:.:.:::/    ∨ |:/ /::;/  `、. Vィ:;リ   '"´ 、.{:;ソ,' |`j/、:::\_,
   /:.:.:.:.:.:|::.:.::::/     \.ゝ '"´      "ー-‐ '          ̄゛ l      ̄
.  /:.::.:.:.:.:.:|::::::/___,,r-‐'´ ̄`ー:r-ヘ              〉   ,'
 /:.::.:.:.:.:.:.:.|:::/'´ /  ,.' /"/;ノi :∧        ,r;ァ─‐::-、    /
.〈:.::.:.:.:.:.:.:.:.∨   l   '∨ ∧': :| : : :\    〈 ´    .::/  ,/
. ∨:.::.:.:.:.:.:.:.:\  |    ∨ .∧   : : :`ヽ、  ヽ、_:;ノ ,.ィ´\
  ∨:.::.:.:.:.:::::.:.:.\|     ∨ ∧    : : : : :`>:.、 __,.ィ'´ |   ∧
  ,∧:.:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.\.    ∨  ∧    : ::/|   |   |::  |   .∧
/' l:\:.:.:.:.::::::::::.:.::/ \   ∨   ∧  '" /  |  /:::. /      〉
   :|//|\:.:.:::::::.:.:/   \  ∨   ∧  :/   .|  /:: ,/     /

               アンスバッハ家


915 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:10:32.84 ID:BoJ1vFIo


【解説席】


             _ __ __ _
             ,.'´        ``ヽ、
        /              `ヽ
        /              ヽ  \
      |   /              _」    |
      |  }ー----------…… '´/.:l   |
       !  l:r┐   //  // // /l   |    ドイツ騎士団っていうのはね、十字軍活動期に作られた
       !  l:l !   //  // // //\  |    三大騎士修道会の一つなんだよ。
      l/ ,.イ /-- ── ─┬┬ < トト、ト、 1
      l 「7 ⌒ヽム_/ノl/ ヽ┼仆ハVV〉  |    1096年に行なわれた第一回十字軍遠征の後、聖地への巡礼
      ///   ‐{ l/ニ     _.._,  1i!   |    路の治安が悪くなっちゃって、それで同地で救護活動を行なって
     〃    ソー=='      ̄ '' j.:.l  |    いた人々が、騎士団を編成する事で順路の安全を守ろうとしたんだよ。
      ,′   ハ'゙     ,      ,.イ.:.l  |
      i   イ:: : ヽ    t -- -ァ /.:.l.:.:l  |    有名所だと、『テンプル騎士団』『マルタ騎士団』とかだね。
      |    |:: :: ::_」> _ゝ-_'. イ`ヽl.:l.:.:l   |
     ./|    ∧l l:: i.:\` ー----‐' 人 l.:.:l  |    そして聖地を巡礼していたドイツ人が、上の二つを参考にして創ったのが
    /. |  / ∧ l:: l.:.:.:.\     イ /l.:l.:. l   |    『エルサレムの聖母マリアドイツ病院』を正式名称とする『ドイツ騎士団』
   /.: . |/  // l:: lヽ.:.:.:.:.\ __,  /.l.:l \ l |    なわけなんだよ。
  〈__/   //  .l:: l  \.:.:.:.:\. /.:.:l.:l  \1
  /\   //   .l:: l   \.:.:.:.:V.:.::/l:.l   ∧      どうして聖地の巡礼を守るための騎士団が、遠く離れた東ヨーロッパ
  ,′ \//     l:: l     \/ハ/. l.:l   / ',  .  にいるのかと言えば、それは第四代総長ヘルマン・フォン・ザルツァ
  i   //     l:: l     〈  〉 l:.l  /   ',    の存在が大きいんだよ。
  l  //      l:: l      /\/:l  l.!      i
  l .//      /l:: l    /.:.:./l.:.:l  l:!     l


916 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:12:04.67 ID:BoJ1vFIo


              /. :/. : . :/. : . : :ヾ.、/ !:∧. : . : . : . : . : . : . : . : . :ヽ
              ,'::::/. : . :/:,. : . ::.::/   .::| ',. : . : . : . : . : . : . : . : . : .:',
              !::,'. : . ::,'イ. : :::/\  | :|  ∨. : . : . : . : . : . : . : . : . :}
              /´. : . : l'.:l. :∠__、.  \ ',::!   ∨、. : . : .: |:. : . : . : . :丿|
               ! ,'. : . : . ::レ:|!'´テ。≧、ヽ\{   ∨::`::ー.=.|===== 彡. :
                | l. :::',. : . : i:|'、{l:::う:::jl} ’      __、::::::. : .:!:',. ::|. : . : . ::ハ
               V. : ::',. : . :l!| ´ー '        ─\::. ::|:::. ::!. : : ,' :∧:',
             |. : :∧. : : ',:!              ,イう:卞、: !:::V. : : /.:∧. : ',       聖地は既に先客のテンプル騎士団や
             |. : :┐',. : .弋.        ,    {::∪:j! 》j:::/. :/.:/∧∨.:',
             . : :|ヾ - 、. :ト、.      {:     ` ー´ヘ斗..≦/.:///∧∨:',      聖ヨハネ騎士団の管轄下にあるわ。
               |. :::| .ト   ヽ! \  ` ノ'        /l///イ////∧∨',
               |. : l |::',     --..、          ∠ノ///////////∧\、     なら、私たちが新しく活躍できる土地
              ',. ::! l:::       ` ’        ////////////////∧.::\
                . ::l  !  \              ,.イ//////////////////∧ヽ :ヽ   へ移動するのは、当然じゃないかしら?
              ',.:|     ::::>、     - ≦ ///////////──ヘ/////∧. : . :\
              ',l  !       ̄:::::::::::人r- フ≧´///::::::::::::::::::::ヽ///∨. : . :ト、:ヽ
               ヽ ノ}     :::::::::::/  /´r'´:::∠/::::::::::::::::::::::::::::::\/∨. : . ::', \:'.,
            ,  ≦  !    :::::::::,イ   //::/:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/. : . : .!  ヽ:ヽ
  ,、__ ..ィ ─彡´∠::_ 、   、 .. ::,r'´ /  /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. : . :::!  ',.::ヽ
/::::::::::::/´ /        `  ` ' //  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\. : .!   l. : ',

          ドイツ騎士団 第四代総長 ヘルマン・フォン・ザルツァ


918 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:13:34.42 ID:BoJ1vFIo


【解説席】

           / /: :`丶 _                             |
             //: :./ : : : / : : / ̄¨: 7'T: :.―‐- .____             |
          -=彡://: ;' : : : /: : :.,'|: : : : / :|: : ' : : : : |  |:ヽ: ̄:¨  :T: : ──ヘ|
          |//|: :l: : : /|\:/ |: : : :,'   |: :{: : : : :│  | : l: : : : : : :|: : : : : : : :ヽ
          |/ :|: :l: : / :|: /\|: :/l:|__,、|: ハ: : : : |  | : |: : : : : : :|: : : : : : : : : \
          | i八:ハ :│ |/ィ≦i示坏、ヽ |/  \ ^'|\ ヽハ: :∧ : /: : : : : : : : : : : :   当時のキリスト教は、異教徒は人間に非ずって
          |   ヽl: ∧ {{. {{//..:::ー'}      \| ,x≧==∨ニ| /|: : :/: : : : .:ト、 : :   いう考えだったんだよ。
          /   /|ヽ:ハ  '⌒)しイリ        ´ /爪...:::(心、│ /| : : ∧ 〈 \
           |/  / :|: ;' : iとこゞ辷ン          {{///..::jノ}ハ∨ |: : / ハ:∨|   パレスチナへの十字軍は、まだイスラム勢力から
         /  / _|/: : '   ー─''           '⌒)_イトリ }}  /:/ :j : |`ヽ!   聖地エルサレムを奪還するっていう大義名分が
           /  /´ /: : :i ////    ,            `''ー‐てつ   |: : :.:i : | ノ|   あったけど、東ヨーロッパへの十字軍運動は、そう
.          /  /   /: : : :{        ′        ` ー‐      |: : :.:i : |く /    いった大義名分はなしに推し進められた、布教の
         /  /   / : : : 八                     //////   |: : :.:i : | \   名を借りた侵略行為だったんだよ。
.       /  /   |: : : : i: :|\      ^ヽ__,. --、           イ|: : :.:i : |   ヽ
      │ {    | : : : :i: :|  |>,、     、            イ /│: : :i : |


920 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:15:13.15 ID:BoJ1vFIo


   当時のローマ教皇は、豊かなシリア地方(聖地の近く)とは別に、東ヨーロッパへの
   布教と移民活動を行なう事も、十字軍と名づけた。

   これは、異民族であり、また異教の地でもあった東ヨーロッパへの公然とした征服事業
   を認めるという事に他ならなかった。


                /:.:::::::::/ Υ_,.-:‐::‐:-.、.jΥ`>
                /:.:::::,:ィ´:: ̄: : : : : : : : : : : ̄: : :`ヽ、
                 /:.::::/: ;: : : : : : :;': : : : : : : : : : : : : : : \
                  /:.::::/: ;': : : : : ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
              /:.::::/:::/: : : : : :::l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
                l: :::/:::/: : ;':::: : /'|.:|、: : : : : 、: : : : : :::|: : : : : :ハ
                 |:.:::l:.::l: : ::i::/:.:/ |.:| ∨:.: ::、::\: : : :::|: : : : : : :ハ
             |: :::|:::|: : ::|;':.:/、  |.:| ∨: : :::、: :ヽ::、::|: : : : : :i: :|
              |: :::|:::|:: : :|:.:/  \|.:|   \::_:_:ヽ: :\:|: : : : :.;|: :|
                |: ::::|::|:: : :|:/ __.、 |.:ト    '´,_`ー、:::、::|: : : :;イ|:;/
              |: :;ハ:|: : ::|,アマ弐z、ヽ|    ,ィfテマア:::.|: : :/::|ノ'
             |: :{ |:: : :|、 弋z;リ,゛       弋z;リ ,''`:|:/:: :|
             |: :ヽ_|::|:∧´" ̄         ` ̄゛`ハ:::;'::: :/:|     東ヨーロッパなら神聖ローマ帝国(ドイツ人)とも
             |: ::|:.:|::||:::_:ゝ       i:.       ,/:_:/:::_;/:::|
             |: ::|:::|::|:::::::∧    、___,    ´人 ̄|::::.:.リ     近いから、皇帝の支援を受け入れ易い。
             ノ: :ノ::::|:|:::::,':::::::ヽ、        ,.ィ´: : \|:: :/
            /:/|::::::|j:::/::::::::_;ノ `ヽ、__ ,...イ::::::\: : : :|::/、     まずは、ハンガリーから行きましょうか。
          /:/_ |::::::::::_;.-r'´/         ,ハ::_::_::ヽ: :j/:: :ヽ、
       ,.ィ'´ ̄ ̄\\´ ̄ ._{____..、     .,'|__.:\ヽ `ヽ、::ヽ:: : :\
    _,ノ:/    _,r-‐-、.\     \      '´|    :\\ ハ::::\: : :\
  -‐'´ ̄Y'   .:/´    `ヽ.\.   \      |     ::/ ∧ |:::::::::ヽ:.: : :\
        {  ::/     /´`l ト、_.`ー--、__\___.::.|:._,/ / ハ |:::::::::: :::\:.: : \
      V ::{      {:.  | l   ̄`ー-、/ \__|___,/    ハ|:::::::::::::::::::、\:.: :∧
      〈::::ヽ、,r-‐'"ゝ | |    / / ̄ \ |        ,l|:::::::::::::::::|i:ハ \:: :ハ
       {.;r-/´,ノ /:::`∧l   / /      γ'ヽ_   .....:::/_}ュ、::::::::::||:.:|  ∨:.:|
       〈 :〈  {  {:::  人__,/ /        j  __,,)    ::/、、r‐、)):::::::||: |  ∨:|
       ヽ‐ヘ._ヽ、_)ー'^ヽ._,フ/          ̄      ::/:,'::::|  | `\:|l: |   |::.|
        \:::::/|: : : : :  / /               '|/:::;r| o |ヽ::.∧|::|   |;/


921 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:16:38.63 ID:BoJ1vFIo


   ところが、これは失敗してしまう。
 
   時のハンガリー王アンドラーシュ二世によって異民族撃退に利用された後
   騎士団は文字通り放り出されてしまったのだ。


                          ______
                      _,.-:‐'":.:.::_::.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
             、、_____,.ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:::|」、:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             |`ヽ__  /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/‐-∨::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
             ∨ `ヽj:.:.:.:.::;':.:.:.:.;ノ -、 ∨::::i:::::.:.:.:.:.:.:.:ハ
             /:\   |:.:.:.:/:::.:.:.:|,ィチテz、  \:ト、::::.:.:.:.:.:.:.:}
              {:.:.::::`ーハ::::/::::.:.:.::|'弋ュリ , }-l ,ィ:ァヽ;:::.:.:.:.:/
             ノ:.:.:::::::〈´|:/|::::.:.:.:.:| ヽ、_,ノ ヽヒリ∧::/j:;/
           /:.:.:.:.:::、:::`ー' V:::.:ト、|  、     '´ ハ::;/ '´
          /:.:.:.:.:.:.::::::::ヽ::::/、\:|     `ー'ー'  , '/´`ヽ、     ま、こんなモンだニャ。
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::∨_ ヽ. ` \     ,.ィ   ,r-、 ,〕
        〈:.:.:.:.:.:;'.:.:.:.:::::::::::/ ̄`>-‐──-<:,.-─r‐'´`ー'´
    〈\   ∨:.:/.:.:.:.::::::::/              `ヽ、:|、_
     \`ー--∨:.:.:.:.;'::::::::\             i::   `ー-、`ー-、
        ̄,>,7\:/.:..::::::/            ヽ::.    ...\:: \
        ///   /:.:.:.::;:'::\   />         `   ...:::/:ハ~ ̄
      </  {   \:::,、_,、:;/,//        ::.  i::  ∧:: |
            | l二ニ(.・ ・,)<´          l:::.. ,人::  ∧|
          ∨ |:ヽ_,ノ:.::::ハ\\          /'"´  ∨::   ∧

          ハンガリー王 アンドラーシュ二世


922 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:18:07.49 ID:BoJ1vFIo


   全ての苦労が徒労に終わったというのに、ザルツァは諦める所か、一つの教訓を得ていた。
   それは頼みにしていた神聖ローマ皇帝の力が弱すぎた事だった。

   そして、再び騎士団を率いてプロイセンの地へと移動したのだった。



                   /     . :/         {  ノ、   }   ヽ   ヽ\
                ′   . :       { ハ/  \ {: .   i     丶
                  i    . :/          ト(〃f行ミメ、 八: .   }_」   }
                  |   . :′        |  ゞl以    ヽ _.ノノ}  /     \
                   |  . :/     {: .    |             ィ行ノイ   ト  _ >
                    |/ /  イ    ハ: .   |          、 l以{: : .   }
                  / // }i  / ヽ: .             〉  }: : }
                    /     八 /    \_ {              .: : /   .′
                         )/} 、            -‐ _,    /: :./   /
                  /         . :′ 丶              . : : :/ / ′    思っていた以上に神聖ローマ皇帝の
              /   . :/  . : : :′     、        ィ: : : /ィ/
                /   . :/  . : :_:.′             / {`ヽ/         力が弱すぎたわ。
            /   . :/    /Y/             /⌒: :ー.   }
              /   . :/   〈/∧         /: : : : : : .   :}           むしろ、力があるドイツ諸邦を頼みに
          /   . :/      V/∧       /: : : : : : : . . :
           -―――{: .     V//; 、      /〉、: : : : : : :  ′           した方が良さそうね。
.     /´         : .     '////ヽ    /∨∧: : : : : : ′
  /           ヽ: .    '//////\    ∨∧: : : : : ′
                   ∨: .   i////////\  ∨∧ヽ、:/ヽ、
/                    }: : : . }//////////\ ∨∧//\ \


923 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:19:40.33 ID:BoJ1vFIo


   プロイセンを含めたポーランド地方は、ドイツ人入植者とスラブ系の現地人との間に
   軋轢が発生し、抗争状態となっていた。

   この大絶賛迷走中のポーランドに、ハンガリーを放り出されたドイツ騎士団を招いた
   のが、ポーランド王国に属していたマゾフシェ公コンラートだった。


                                  /}
                            / /
                    -────‐-く  /
                 ,. ,.´ ,.<⌒ヽ.:`ヽ: : . く_
                /:.:/ /: : :、:. ヽ:.:.:.\: ヽ: 「 ̄`
              /: :/l , ': :.:.|: : i!: |: ト、: ト、 V jハ_
          //  ,'./: :.i: :.|: : l|: ト、 V j/ /´Vハ
            /,′ ./ {.:.:.:.ト、:i\jレ′___   {   Vハ
  < ̄ ̄ ̄\ !:{  イ  ',: :,′`   , ´ ̄ ̄`   f´ Vヽ
   `ヽ    ‐rt'x'_、_ ∨        , ⌒    Y⌒ ,: \
     `7´:. :.:レヘj:.:.f _) }7         -=    、  ',: : :',
.       /: : : : ハ: \` ー‐'`7       ‐ァ′     !   !:.: :.',
      /: : : :./  、:. :.Yニニ´<ヽ    、、、       _,  }: : : :',     このプロイセンの地で布教活動をしてください!
.    ,′: : :,′ ̄ \{   ヽ\\         ─ ´  /: : : : :l
> ´ l .: :.:.l      `\  __ノ ヘj              ハ:.:. : : :.|     お互いにがんばりましょうね!!!
.     | .: : :.:|        >┬‐く¨     ___ < _l__:. :.|
.     |.: : : :.|         レ′  ヽ     /  ト、ヽ__{ r─ ヽ |     (ふふふふ、用済みになったら、ポイっです!)
.     |:..:. : :.|       <        `ー- ,ヘ  .}:::y' 7¨ x=ニ ',
y⌒ヽ_!:.:. : :.:|       /`ー┐_         レ< ̄{ ,′,′ハ_, }
   │:.:.:. : l         /   \`ー- r<⌒7: :.}¨ l 、   ′ノ |
    |: |: : : :|`ヽ     ′      ',  ',:::ヽ \ハ .' ,      } 人
    |: |: : :.:.|   \  l    `ー-、 ',   ',::::::', |: :|   ゝ、   r'  ノ
    |: |: :.:.:.:|    \ !   `\  }  l:::::: ', l_.ノ  /    ,′,ヘ
    |: |: : : :.|     {      `ー‐┐| :::::: ',   ,′   `¨  ',
    |: |:. : :.:.|      ト、      ̄ `ヽ } ト. :::::: ',. /     ,′   l
.   -┤:!:.:. : :.|       | ヽ         \ ',::::::: ',/    ∧    |
__/   `´\: : l       |   ',           ',:::::, '     ハ,ノ     l
 \  / ̄\!    │          __y′    ′}`¨¨¨¨´

       ポーランド王国 マゾフシェ公コンラート


924 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:21:05.82 ID:BoJ1vFIo


: l: : : : | :/|: : : :/       \ヽ 丶、: : : : : : : : : : .\: : :|: : : :|
: l: : : : |/ :|: : :/          \、 ` ー-  : : : : : . \|: : : :|
:│: : : :′:l: : 厂ヽ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ     _/ 厂 ̄ ̄ |: : : :|
:人 : : : : . ヽ人 ノ       /       ヽノ       / : : : |
′ '; : : : : : . ヽ> 、__ /         ` ー <l : : : /|     お招きいただいて、とりあえず感謝するフリをしておくわ。
   '; : : : : : : . ヽ                          | : : //|
、   '; : : : : : : : . ヽ              ・ ・        |_///l     (私が同じ轍を踏むと思っているのかしら)
.:\  '; : . \: : : : : .\      _                ///
: : . >丶: : : .\/ ̄`      |ヘ `丶、         /l//
: : : : :厂 : : : : .',          ` ー - ′       ,  |/
: : : : :|   ヽ: : : : ',、                   /
: : : : :|    \: : ',>   _            _, イ


925 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:22:36.51 ID:BoJ1vFIo


           |: : :::|: : : :.:|:i:: : :/' |:i: : : : /::/|::|  |:.:|:: :i::. : :|
            |: : :::|:: : : ::|::|: :/=ニ|:|V: ::/::/ィl::|ニ=|:.:|:: :|::: : :|
         |: : .:::|:::i: : :|/|:/ __.、|:| |: ::::/ /:/,__ j/|:::::|::: : :|
         |: i:.:::|::.|l: : :|,ァ==z、|' |:;/ /,ィ==z、,ノ:;ハ::::: :|
         |/|:::::|:/ Vヘ|      ´ .       '"´ハ  }:::::::|
            |:;/〈  ハ        .::         ハ /:ト、::|
          '" |::ヽ.__ハ       ´      /_,/:::| j:/      危なくなったら、例え地の果て海の底、ベットの中!
            |;/i::::::::::\   ^ ー─‐'^   ,.イ::::ト、:::リ ´
              |:::;イ::::::::`ヽ、     ,/:::|:::::| ∨         このドイツ諸邦軍が助けましょう!
             |/ |::;/∨::::|`ヽ、 __,,/l:::|::::!:::/
               '"   \:|        |:/ヽ:/
                 ,/'{j  ヽ ,'  :!〉\
          ,.-──‐‐,ィ´| λ::....__ ,__...::/  |`、-──-、
        /        |  ∧     /    |        \
         /          |  ∧-─‐-/    .|        ハ
      /"  、:: ::i,   /    ∧  /    ∧    i:: /:  ゛\
    /     ヽ:/    /___∧ / ___∧   ヽ'::     \

               親しいドイツ諸邦



                    ____
                     , :´: : : : : :`ヽ
                    r‐'v‐=v=v=-vヘ
                   〈>'"´  ̄ `: .<〉
              ,. :´        : : .:ヽ
             /            . : : : :.
           / 〈'  /         : .、. :ハ
          , '   . :∧    : : ::,ハ  . : }ノハ
         /   . ::'  ',    : ::|.::i  . : . : ノハ
       /     . : : i  ', ヽ  . ::|.::i  . :}   . : :.       それと神聖ローマ皇帝から『リーミニの黄金勅書』を
      / イ   . : :-|‐- 、Vハ  : :|从 . :/ i  . :∧
         | .:  . :i从|      ⌒ヽ「jハ∧ノ  . : : ::.      もらったわ。
         |.::∧ . ::|  ,==ミ     ,==ミ |  .:/. : ト、:.
         |:/ ∧.:::|、               | .::/i . : | ヽ     これで、私の騎士団は諸侯と同じ権利を持つ。
         |′  ヽト.       '         | .::/イ . :ノ
           / .:∧    、 _    ノ|イ.:::|/        貨幣の鋳造権、裁判権、徴税権は全部、私のモノ
             / .::::介i:、         .イ::: : | :::|
          // .::::/.:::;| > . _ . </ .:|:.: : :| :::|         だから、手を出さないでね?
            // /:://{ノ      〈ヘく: : : | :::|
        // ..'イ´  |        ヽ|  ヽノ 从         それと、もっと奥地に布教してもいいって許可も
    __ .. -≠"  |   |   ヽ   ノ    |   |` ー-  .. ___
   /       |   |` ー 、  , 一' |   |        ハ   もらったから、そのつもりでお願いね。
.  /  i      /  |        |   ',         /  |


926 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:24:03.23 ID:BoJ1vFIo


                /| /|                    /:|
_           /:.:| /::|                       /:.::|   _,
: : :`ー.─:-.、_      /::〈::`::┴::-::====ニニ二二 ̄ヽ::‐-:.、  |: : :|/:::|______
: : : : : : : : : : :`:ー-、_〈: : .;>: : : : : : :/: : : : : : : :\: : :\ \::.:`ヽ|: ::/::/´: : : : : : : : : : ::
 ̄ ̄`ー──-、:_: : :`::∠: : : : : : : :/|: :∧:.:/|: :: : :|:.: :、:.:\ \:.:ハ:;/::_,.-‐─────
           ̄\:/ヘ∧/|/ ∨ ∨ |:/\:ト、:: :〉: : |  |:: : :|::;/
             |   ゛\、     ,,/"    ∨: : ::j  |:: : :|'
              | ,,ィ'r三ミヾ    u  ,ィ'r三ミヾ、 ∨::( .r'`): :リ
              __| :{{!l" ゛li}}      {{!l"  ゛li}》 ∨:`ー":: :/
          / ,r| 、ヾミ三彡" u    ヾミ三;彡'" /::/⌒ヽ::/
            {/:/|〃////〃     〃/////::/ /´` }              うげぇェ!!!
          /:/、j                    {/´ 〉   ノ
          '´ 〈  ___________ _   u l^ー'"         __     は、謀られました!?!?
                `´      (⌒Y⌒)     V`)  /      _____/ /
             r───‐`ー─'───‐'´_,/    __/´     `Y
               ̄/ ̄ ̄_,j ̄{ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー─-‐'" |          |
              /`ヽ._,ノ´ヽ、ノ ̄`ー-、_,ノ´`ヽ、.   |          |ー-.、
          _,.-‐‐'´   /::::/lニニ{_;}ユ:‐、─'"|::.::|     λ  |  /`ヽ、  |-‐'"
     | ̄ ̄       /::::/  /:/i |::|\::>  |:::::| /    \.|  \  ) .リ


929 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:25:34.09 ID:BoJ1vFIo


   こうしてザルツァはプロイセンの地を掌握すると共に、遠征して領土を拡大した。

   神聖ローマ皇帝・ドイツ諸邦・ローマ教皇・異教徒の国といった権力者との間を
   上手に渡り、聖地がイスラム勢力に奪還された後、衰退したテンプル騎士団や
   聖マルタ騎士団とは違い、その威勢を保つ確かな地歩を築いたのだった。



    ヘ,    、              ____                ヘ  、
 ヘ     ]  、/  、     _,.-:‐:":: ̄::::::::::: ̄::`ヽ、  ヘ,   ヘ  ´ 、/  、
  ´   ]     、/     ./::::::::/:::::::::;'::::::::::::::::::`ヽ::\    ] ´ ヘ   、/
  ガチャ   _  __  ガチャ /::/::::/:::;'::::/:::::::::::::::::/::::::::l::::ハ ヘ,     ´_ __
 ガチャ (( \∨/ .))  /::/:::::::::l::/:::/'|:::i:::::::::::/::/|::l:::|::::::}     (( |∨/ )) ガチャ
──      (⌒,)     j;/::::::::::::|;':::/ |:::|::::::::/::/ ,|::|::|:::::::| 冖     (⌒,)   ガチャ
          /" ̄`\ ∠;:::::::;イ:::|::/\,|::」::::;/|://|/|/:::;':::|     / ̄Υ  ガチャ
────  | <.´ ̄\ /::::::/::|:::|/ ●  ̄  ´● /:::/:|i::| 冖/ __ /
         ̄`\   \::/::::|::::|  "       ゛/:::/l:::||∧/" ̄;| ,/
──────   \   \:::|:_:」    ,.‐--.   /::;/:::|/::/   /∨
             /::::\   \::::ヽ、 〈::_,ノ  'フ"::::::;/   /
──────  /::://:\  " ̄ }:;>‐r:-r<´/´ ̄゛  ,,/:|
          j/´ /::::::::|"     /  \__:|`\、   /::::::::|
──────    /::::::::::::ー─-r'  ̄7 \_,| <__Y─':::::::::/
           /::::::::;イ::::::::::::::|    \,,/:::|,/  |:::::::::::::/
───── _,ノ::::://::::::::::::::::〉:..゛   /::/´  ,/:::::;イ::/
       <´::::::::/ ./::::::::::::::::/::::    /:::/   "/:://::/


930 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:27:06.01 ID:BoJ1vFIo


【解説席】

        ,.-,=ニ_´,.-'´`ヽ,-'ヽ、_,..、
     ,-´/   `           ヽ
    / /     /   ,、  ,、 l    ヽ
   /  /  /  /   / `´ l  l   ハ
  l   /   |  |   |_,    リ  |    |
  |__/   |   | '''''''T´   `メ、_ |    |
  〈、、 リ   └r‐'──'    '└-ハ__  _|   そのドイツ騎士団が保持していたプロイセン領も
  〈 `ヾT¬' | ======    ==== | _ニ,」    1500年頃からアンスバッハ家が支配するように
  |`ヽ l´|   |           |´l |     なり、同地はプロイセン公国となりました。
.  |  ∧.|   |  γ'''¬‐-、    ', l|
  |  /   l   |  ',    ノ    ノ .l|    もっとも、1618年にアンスバッハ家が断絶し、代わ
 | /   |    |'、‐-゙、.__, ィ、. -‐イ  l|    りに本家のホーエンツォレルン家が相続したんです
. | /    l    | `ヽ   ノ ハ  |   リ|    けどね。
.|/   |   ヘ  l   `   , ', |  リ |
l'   |  |/ \ l        l ',l  ノ l|
'    |  /   /`       l  l'´   l|


931 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/01(日) 18:27:18.73 ID:NYwdanQo


ポーランド史上最大の過ちですなw


932 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:28:33.73 ID:BoJ1vFIo


   しかし、ブランデンブルク辺境伯領は神聖ローマ皇帝に臣従し、プロイセン公国は
   ポーランド王国に臣従していたので、ホーエンツォレルン家は二つの宗主国を持つ
   事になった。

   そして、その直後に三十年戦争が起こったのだった。


        .                                :;:.,':;":..,,,
                ヾ>                 /\
         _____ ヾ_,ゝ __,,:::=====:::,,  ./^\/  /   _  " ';:. :,;':.:
      ;" /___   ./     .  ` ´ ´、ゝ'' \    /  /,/
    : ;        /  /  ..‐´   ゙        /   \    _  ; :.:,;'
      .;,..::,:'"    /    \              ./  /\ \ /_,/
   ::,;'' ,.,..;     /  /\/^            /  /  / `.    "';:; :.:,
          ; ./  / ,;                  \/  /  / ;.     ;:; :.:,
         / /  /                    /  /   キ  i^\
         ;゙ ^--'                    ^--'   ゙;  \, \
 ';:.:,;'      .;                               ;.  /丶, .ヽ
 ; :.:,;'    i;            、,.          ;i        .i ̄ /--;"´
:. :;:;     /i|lli; i . .;, 、      ,.,.... {il:::ii::li},.,...,   \    `   ,i|;iil ̄
   ;:;:.:,     /゙||lii|li||,;,.il|i;,|il .:."  i'i l:]::::::[:l i'i  .;,, .i|i,..,.i|||l´i,.il|lヽ ,   ;:..,;::.''"
..,.,;           `;; ":':....:... .:.   i^i,,[>-<],,i^i  ,,:: ..:.::.:..;,.. .从  ::.,  ;:;..,
  " ';:. :,;':.:        '   ". ..: . ,く,_,ィ,__ゝ..: . ..:;"     ..,.,;;: .:':.,,"'"
              '       ...(,,_ノ ヽ_,,)...
                    :::::::::::   :::::::::::
                  .::::::::::::::.     .:::::::::::::.
                 .::::::::::::::::::::...:..:...:::::::::::::::::::.
                ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
               ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..


933 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:31:06.08 ID:BoJ1vFIo


   当時のブランデンブルク選帝侯ゲオルグは、三十年戦争の間、皇帝派と教皇派を
   行ったり来たりと揺れ動き、結果、ブランデンブルクは両軍入り乱れる戦場となって、
   荒廃した。

   ゲオルグの晩年は総督に実権を奪われ、統治体制は更に乱れたのだった。


                 __
               /へヽ
             //. |.|                       __
          .. ---| |--- |.|..                    /ヘ\
       /          ( ) \               _____ / /_  ヽ丶
      /              \            /  / ./   \ ( )
     /                 ヽ         /         ヽ
   __|      ●   ●       |__       ////          |
  /:: |      ヽ    /       | ::\       |||||||| ::( ___ _)  λ____ )
 |:::::::::>   -=・=-    -=・=-   <::::::::::::|      ||||||||-「 ̄ ̄] ̄「 ̄ ̄]
 ヽ::::/                    ヽ:::/.      || | | | . ̄ ̄    | ̄ ̄ /
  ヽ-|        (   )        |-/ .      || | |入:::ヽ  /_>   |
    |         ^ ^          |       ノノ人ヽ::::ヽ / __ヽ /
    \        m        /       彡彳||ヽ::    ,,,   /
     \       ∪       /              \     /
       \____        ___ /                  ヽ^^^ /
           丶 ---- ′                     ヽ,,/

   選帝侯 ゲオルグ・ヴィルヘルム        総督 シュヴァルツェンベルク


934 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:32:37.45 ID:BoJ1vFIo


                                    __
                                    /|: : :.:::|     戦争の結果、ブランデンブルクはドイツの中
                                l   | : : : :|     でも飛びぬけて荒廃してしまう。
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|     しかし、ここで偉大な指導者が登場する。
  iv'ヘ                                |  |:|l==|     
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `


935 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:34:07.17 ID:BoJ1vFIo


   \             /         ,                 ∠,
    /   /  〃     ,イ     /  /   ,  !       __ノ
   ←ーァ ,ハ,// ,   / /     / /}    イ  |       \
      //| { /,イ 7/  /  __,// /  /| }        ヽ
       } ハ  { /__二{_,∠、/ /__/ ∠  } /     l ヽー、ノ
       ', (\ | ゞ、弋ソ<  、  `=彡',二二_ノハ     }\}
       トミⅥ`  `  ´   ゙: /    ヽ 弋ソソ j /    ,'
       ゝ、o|、          : }         彡イ  /           やーれやれ、国土はメチャクチャ。
         ゚n} ヽ       : ,′         }/ /
           ||1        : .           彡'⌒ヽ、            宗主国は無茶を言うし、キナ臭い空気
          _||ム         ノ {        /      トト、
        `}「从  ,-    ヽ_ノ       ノ  ,夂      トト、       はそのまま。とてもじゃないが、平和とは
            ij  }ヽ  弋>== __    {   Yん'\_      ミト、
            ノ! ヽ //ミ、__ 二ニ7/  /\ \)  \      { ト、    言いがたいね。
        __/ ∧ //       ̄ ̄  /    \ノヽ、  丶       }\
  _ -‐‐'/   / ∨/、   ,,   . イ       ヽ   \ ヽ          でもまぁ、まずは講和会議か。
 ̄    /     /  // ゝ-,イili{__,/        }ハ_ ` ー゙、___
         /  〈∧    jilil/          ノ  \ \     ヽ

      選帝侯 フリードリヒ・ヴィルヘルム


936 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:35:33.87 ID:BoJ1vFIo


【解説席】

       , - '´`ヾ ''ヽー-ッ、
     / ,   /  ,、ヽ'  ヾ-.、、
   /  /  /  /_ ヽ^l      ',ヽ
  / / /   / //  `´7 ,'    ',.ハ
  Ll__/  斗=ト、,'     ,' /  |   l  l   フリードリヒ・ヴィルヘルム。彼こそ一代でブランデンブルク
   / l  ハ ,'.l ,'   /ォミ、 /   l  |
   ,'`ー'r┘-' ヽ   /,//  メ、   ,'  |   を建て直し、後のプロイセン王国の礎を築き、同時代の人間
  ,'  ,' 三ミミ   `_<__//   //ヽ{
  l   ノ xxx      =ミx、 >、/l/  l´   から、大選帝侯と呼ばれる事になる人物です。
.  l .〈         xxx`ヾ   /ニ〈
  l   ヽ、  、__     /   /´   ヘ
  l   / l`r-、、_    /   /    ',
  リ  l'  l lヽ ` ''`フ"7   / l     ',
  | /   ヽ'ー`ニ7./ /   / ヘ     ',


937 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:37:08.00 ID:BoJ1vFIo


【1648年/ヴェストファーレン条約締結】

                          __/´|                                    ,,--
                       ,' ¨´    |                                    ヽ
                      _|      ヽ                                   /
                      (       /                                  ´┐
                      `',     _コ                                  /
                      ,┘   i'..ヽ                                   i⌒i
                      ヽ    )( ¨¨', ┬ヽ_|`',                            ,,| ∠_
                      /    ヽ  ̄' /'/|_  ,┘                        (⌒´    `¨'',
                      >   (    (_├..,,,/_/                          `┐       \
                      (`¨''-' ̄`¨-..,,,,\__i O                   ┌-┐   ,,/⌒  ②     /
                _ ,_/\>       ┌-l ,,-,-v¨¨¨ヽ          ,.-──´`''-''  └─¨´\___     ヽ
          _    /  U           ヽ-'´  \ ∠    ,,──´  ③  /  ④       __|     _)
        /   ̄ ̄V                       `'''',_/         |            \ ,,,__/
     /\ ヽ_     |                        ⑤  \   | ̄\/                ´
    ,'¨  _) )    {                              \/   |         
    /  (_  ,'¨    ⊂ ,,     | ̄|             __/ ̄ ̄ ̄    /
  wV      ̄      /-        ̄            /     ①    /        
 _.--..,,,_      /    | ̄\             /|__|\      \            ポーランド王国
       ヽ-,  ( ̄     |  /              |       \___/     
         ヽ  `,'      ̄               ,|__| ̄ ̄ ̄    
         丿 (´       神聖ローマ帝国              


 ① ブランデンブルク辺境伯領
 ② プロイセン公国(ブランデンブルクの支配下)
 ③ 東ポンメルン(講和会議にて獲得)
 ④ 西プロイセン地方(ポーランド)
 ⑤ シュテッティン港(スウェーデン)


938 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:38:35.29 ID:BoJ1vFIo


          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',   大選帝侯は、その卓越した外交手腕によって、
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`   三十年戦争の影響で相続不可となった他人の
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |    土地の継承権を主張し、□で囲まれた線の土地を
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |   新たに獲得しました。
   |   |`         ´ |    |



      |  / 、.| l  |      .|.|
        |  |  γ| |  .|   ,   |.| ̄ ̄`
.      l  l|  .| l_ .|   |   |  /.|___
      ゙ヽ'l、_ .|ソ≧==---''―' .L         ですが、本当はシュテッティンも相続できた
         `|´    |     |.ハ┬─
            | === .|     l ノ.|        はずでしたが、これはスウェーデンとフランス
  r'''ヽ., __   /  xxx |      lr" |
γ´   ." __l  !、   u |     ハ   |       の妨害にあって失敗してしまいました。
ゝ,    ミ´    ゙ `‐- |     ハ  .|
 ゝ=、__,.ノ        |     ./´.ヘ   |
.             |    ./  l \                     【解説終了】
             |    /   |  \ 


941 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:40:12.35 ID:BoJ1vFIo


     _____
..   /.:::::::::::::::::::::::::::ヽ
..   |:::::::γ⌒^Y⌒ヽ :.|
..   |:::::::::/ ._ノ  ヽ  ..|
   |:::::::〉 ( ○) (○)|    し、しかしどうしましょう?
.  (@ ::::⌒(__人__)⌒)
    |  u   |r┬-|  |    ヴェストファーレン条約によって戦争は終わりましたが、
    \    `ー'´ /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.   大戦争の影響で東ドイツはかなり不安定です。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

      部下A



   ヾ、}                                     }
     >                    /              /,
     >             ノ     ハ             イ
      ̄> ,   /  / //      /  !  ,ヘ }      /
      /  ∧   / /}/ミ/  _ >/_,/ ∠__}人   ト、 \
      /イノ|ハ レ'! /  ̄レ'゙ー、   〉ー/<´ __ ト、  /ヽミ、→
          |  \ ト、z==≠''ノ    i' -、< ̄ゞ'ノイ /  }
          人   (\{        ||  `   ´ ノイ〉  /、         新しく獲得した土地を含めて飛び地が多く、
      /   >、ミメ         ||        ,イノ/∧\
     /  // ヽoハ          ||       ノ/_ノ   ∧ \      雑多な零細領主がウチには多すぎる。
   /  //   `「i!          ハ       ´ //    ∧  \
 /  / ′    | !',          ヽ′      //       ∧    \   これをまとめるには強力な軍隊が必要だな。
イ   /  /   ┌'└ッ   -、_______,-  /´         ∧     \
      ,      ¨l」¨ 丶     ` ̄ ̄´ `ヾ>、,′        ∧     
      /          \           ,ヘ\           ∧    


943 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:41:37.07 ID:BoJ1vFIo


   ブランデンブルクとプロイセンには、言う事を聞かない零細領主が多く、彼らをまとめるには
   強力な軍隊と中央集権化された官僚機構が必要だった。

   大選帝侯は税制制度を整え、反対派を押し切って常備軍を整えた。
   そしてフランスから亡命してきたユグノー(新教徒)に免税や定住権を与えて保護した。

   亡命ユグノーは産業を整える牽引役を果たし、各種の経済政策によって、三十年戦争
   の痛手からブランデンブルクは早期に回復したのだった。



             トノ             },イ
            _}                     |
            \        _,         ノ_
            >   / _,x、/  ,ィノ/    '-<
           ∠__  //、__,>- '/∠ノ},    /
             ,イ-、厶  ´   ,' ァュ、<  rル'
             { ,个     _/  `゙,イ ,ィ
             ヾ、!     ヽ>   乃冫     今までの軍隊は、領主との雇用関係にある『傭兵軍』が主力だった。
               /i!| `ヽ=== 、_  /ノ/
                   †ト.  `===ュ,イ /イ´      お陰で今日味方だったのが、明日敵になるなんてザラでね。
               }ヘ  ,,    >゙∧
              /|{ ヽ-{il!_, イ }=、        そこでボクは、選帝侯だけが自由に使える『常備軍』を創る事にしたのさ。
           __/ /小   ヾ'   {ムハ
      _ -‐‐ ¨    | |!ハ   /  }ト| \
      `ー、      | |!  〉  (  / }!   ヽ
    __ --‐´\    | ト、,=、   _/ |     X-、
   /       \   | |       /  |      \`ー--、_
 /           > | |       /  / マ===-- _}      ̄\
/          <´  |i      /  /   \             \
___ノ          ヽ   | |     /  /     〉            ヽ


944 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:43:06.11 ID:BoJ1vFIo


   更に大選帝侯は中央官庁を創設し、ブランデンブルク=プロイセンの行政機構を
   統一した。これによって、官僚による中央集権化が促進され、君主制への布石と
   なった。


             ____________
          |     ==========.       |
          |;;;;;;;; _/|/ ̄\/ ̄ ̄  ;;;;;;;;|
          | ;;;;;;;; ∧,,∧. /  ∧,,∧ ;;;;;;;;; |
          |   (`・ω・)/   (・ω・´)   ; |
      ∧,,∧ . ̄ ̄(   つ ̄ ̄(     )  ∧,,∧
      ( `・ω) ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lll(ω・´ )
      |   つ、_          Σ ⊂   |
   ∧,,∧ゝ-/ / /           _ ─\ノ
  ( `・ω)/_   ̄           \ \  ∧,,∧
   |  つ/ /                    ̄ ⊂(ω-` )ヽ
   ゝ/   ̄= o                  ⊂二ノ )
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


945 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:44:37.61 ID:BoJ1vFIo


   他にも、軍部の統帥機関として『元帥府』を造り、軍政を担当する『軍兵站本部』が設立された。

   これはスウェーデン軍に範をとったもので、この組織は後の『参謀本部』の原型となった。

          __
  __    /  ../)         .__
/  ../)   三三)/)        /  ../)
三三)/)   ∧,,∧   ∧,,∧   三三)/)
三三)/   (´;ω;)   (;ω;`)  三三)/
   ∧∧  と  φ)  .( つφノ  ∧,,∧    __
  ( ´;ω)/⌒/⌒/ ̄/⌒/⌒/ ̄(ω;` )  /  ../)
  / _∧,,∧口  ∧,,∧ ⌒   □と_ ヽ  三三)/)
  (/(  ´;)η口(;`  )/⌒/  /_ノ  三三)/)
 ∥ ̄(l    ノ  ̄(   ノ ̄ ̄ ̄||       三三)/
  __`ー‐'    `ー‐'
/  ../)      __
三三)/)     /  ../)
三三)/)     三三)/)
三三)/      三三)/


946 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:46:31.57 ID:BoJ1vFIo


   そんな中、宗主国だったポーランドで内乱が起こった。

   この内乱にスウェーデンが干渉した。1648年、北方戦争の勃発だった。

                   /|
                   /  |
                  /   !
               /    |   ____
  _____     /    !  ̄    ̄ `ー- .,_
   `ヽ、       ̄`ヽ、|     /            `ヽ             ,.
  ,. -'"``ヽ、   , -ー-`'ヾ_,.-'´  _, -'"゙´  ̄ ̄ `゙"'- 、  ヽ       _,. - '" /
-'"       `〆   , `ー'  γ´  __   _     \ ヽ   ,. '"    /
          /  //γ⌒i !  , '´   `´  `´``ー-、_ ヽ、| /      /
       /  /  | i ー' '/  /               `ー、、i/     /
、       /   !   !._ `ー- '  //   /   /|       ヽ ヾー=ニ_´
ヽ、    i    | /´-、`、  /  i //   / |        ヽ `ヽ  `ヽ
 ヽ、   |    | !γ、 i i_/  ー-| / i/!  /   !  ,       ヽ、 ヽ  ヽ
  ヽ、  !..   ! ! !  ! !'    レヽ、 | /   | /i ! /|    |ヽ  i   i
    ヽ、 |ヾ:.  |-ヽゝ`i i :  _,,....,,__-、ヽ、ヽ'     | /ノノ| / !     ! |  ト、  !
    ヽ、 | ヾ:. !  ヽ. ,! i i'; !:::::::O`ヾヽ`    '_,.-ー!'"゙´|  /  / !   | `ヽ |
    >、 !  :::..|   /ノノ   ゞー- '  ノ     ´_...=ニ、_  i///  |  |   `
   / く. |  ヾ  ! ´ | /// ` - '      ,.´::::::O /' / | '    |  !
ー-i´ ,.-ーヽ!   ヽ  ヽ !               ヾー_'_.ノ /i  !     | .:i|
_.ノ  |    |   ヾ  ヽ `、           i:.   /// / i /      | .::i |    火事場ドロボー!!!
   |     !::.    ヽ  ヽ ヽ、       '     /  '       |.:/ !
┐  ヽ    |:::::::.... ヽ  ヽ  , 、    ノ--   _ . ' i             !/  |
│   `、   i::::::::::::::...ヽ , -X- 、 `ー-...-ー ' ´  /          i'  ..:|
│  /:::|   !:::::::::::::::::ヾ ::::/^i::::ヽイ  /    i´            |..:::::::|
┘ /:::::::!     !:::::::::::::::::::ヾ'  |ゞ:::;!//     |           /::::::::::i
  /:::::::::::|     ヽ::::::::::::::::::::i  !::i//      /           /:::::::::::/

     ポーランド・リトアニア同君連合


947 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:48:04.58 ID:BoJ1vFIo


                            __    . : :.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : :>、   __
                             ,,/:/ヽ, :´:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : >:、: : ヽ∧:ゝ、
                           //:/`, ':/:.:.:.:.:.: :.: : : : : : : : : ヽ:.:.:゙i::ヽヽ\
                         /: :ヾヽ,::./:.:.:.:.: : : :|: : : : : : : \: : ヾ:.::゙i/:/: : ハ
                     /: : : : : ヾ{/:.:.:.: : : : /|: : : .:.: : : : : ヽ: : ゙i:.:.:ト,: : : :ハ
                     /: : : : : : :|il:.:.:.:.:.:.:.:.:/ .|: : : l、:.:.: : : : :゙i: : :l:.:.:l.i:.: : : :ハ
                     /: : : : : : :.l l:.l:.:.: : : /  l、: : :l ヽ、: : : :.l: : :l:.:.l l: : : : :.ハ
                     /: : : : : : :.:l l:.l:.:.: : :/.   !ヽ: :.l  ヽ: : : :.l: : l、/ l: : : : : :ハ
                     /: : : : : : : :.l .lハ:.:.: /___ ー-ヽ:.l--ヽ:.:.:.:l:.:.l::::i l:.:.:.: : : : ハ
                     /: : : : : : : : :l !. l:.:.:i(下尓ヽ ヽl ,rtテ心:.:.l:/:::/ .l: : : : : : :ハ   バルト海の支配権は、私のモノです!
                     /: : : : : : : : : l   .ゝ:.l. ゞ=‐'   ヽ -`='‐ヽ:ト、'   l: : : : : : : ハ
                 /: : : : : : : : : :.l  , ‐ヽ|ヽ、   . .     ,メ:iヾ   l: : : : : : : :ハ
                 /: : : : : : : : : : :l/    ゙゙,メ.,== - ,  <      l: : : : : : : : ハ
                 /: : : : : : : : : :/_. -―ft--t--`-、 .: : : : }、.       l: : : : : : : : :ハ
                 /: : : : : : : : ,ヘ',<:::::::::::::::||    、人: : /ヽ>- 、   l: : : : : : : : :ハ
                 /: : : : : : : //::::::::::::::::::::::|ト---、__;:Y:.V: ___ ヽ   ヽ l: : : : : : : : : ハ
                 /: : : : : : ∠<::::::::::::::::::::::::::::||  ./: : /  `ー'  } i ._i l: : : : : : : : : :.ハ
-―-- 、 _. -―- 、 /: : : : : /:::::::::::::::::::::::>===ll /: : /       lノ  i:l l: : : : : : : : : : :ハ
:::::::::::::::::::y':::::::::::::::::::::::::>、: :r ':::::::::::::::::::::,-t'.}     /: .: /\     ノ   l.l l: : : : : : : : : : : ハ
:::::: :::::::/::::::::::::  :::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::/:.:.lノ.      /: : /      イ    l l: : : : : : : : : : : : ハ

                  バルト帝国(スウェーデン) カール十世


949 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:49:34.14 ID:BoJ1vFIo


   \             /         ,                 ∠,
    /   /  〃     ,イ     /  /   ,  !       __ノ
   ←ーァ ,ハ,// ,   / /     / /}    イ  |       \
      //| { /,イ 7/  /  __,// /  /| }        ヽ
       } ハ  { /__二{_,∠、/ /__/ ∠  } /     l ヽー、ノ
       ', (\ | ゞ、弋ソ<  、  `=彡',二二_ノハ     }\}
       トミⅥ`  `  ´   ゙: /    ヽ 弋ソソ j /    ,'
       ゝ、o|、          : }         彡イ  /       よーし、ボクはスウェーデンの味方になっちゃうよー!
         ゚n} ヽ       : ,′         }/ /
           ||1        : .           彡'⌒ヽ、       ポーランドに宣戦布告!
          _||ム         ノ {        /      トト、
        `}「从  ,-    ヽ_ノ       ノ  ,夂      トト、
            ij  }ヽ  弋>== __    {   Yん'\_      ミト、
            ノ! ヽ //ミ、__ 二ニ7/  /\ \)  \      { ト、
        __/ ∧ //       ̄ ̄  /    \ノヽ、  丶       }\
  _ -‐‐'/   / ∨/、   ,,   . イ       ヽ   \ ヽ
 ̄    /     /  // ゝ-,イili{__,/        }ハ_ ` ー゙、___
         /  〈∧    jilil/          ノ  \ \     ヽ




                /| /|                    /:|
_           /:.:| /::|                       /:.::|   _,
: : :`ー.─:-.、_      /::〈::`::┴::-::====ニニ二二 ̄ヽ::‐-:.、  |: : :|/:::|______
: : : : : : : : : : :`:ー-、_〈: : .;>: : : : : : :/: : : : : : : :\: : :\ \::.:`ヽ|: ::/::/´: : : : : : : : : : ::
 ̄ ̄`ー──-、:_: : :`::∠: : : : : : : :/|: :∧:.:/|: :: : :|:.: :、:.:\ \:.:ハ:;/::_,.-‐─────
           ̄\:/ヘ∧/|/ ∨ ∨ |:/\:ト、:: :〉: : |  |:: : :|::;/
             |   ゛\、     ,,/"    ∨: : ::j  |:: : :|'
              | ,,ィ'r三ミヾ    u  ,ィ'r三ミヾ、 ∨::( .r'`): :リ
              __| :{{!l" ゛li}}      {{!l"  ゛li}》 ∨:`ー":: :/
          / ,r| 、ヾミ三彡" u    ヾミ三;彡'" /::/⌒ヽ::/        またあなたたちですか!?
            {/:/|〃////〃     〃/////::/ /´` }
          /:/、j                    {/´ 〉   ノ         いい加減にやめてくだひゃい!?
          '´ 〈  ___________ _   u l^ー'"         __
                `´      (⌒Y⌒)     V`)  /      _____/ /
             r───‐`ー─'───‐'´_,/    __/´     `Y
               ̄/ ̄ ̄_,j ̄{ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー─-‐'" |          |
              /`ヽ._,ノ´ヽ、ノ ̄`ー-、_,ノ´`ヽ、.   |          |ー-.、
          _,.-‐‐'´   /::::/lニニ{_;}ユ:‐、─'"|::.::|     λ  |  /`ヽ、  |-‐'"
     | ̄ ̄       /::::/  /:/i |::|\::>  |:::::| /    \.|  \  ) .リ


2 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [sage]:2009/11/01(日) 18:54:17.36 ID:BoJ1vFIo


【解説席】

          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',   こうしてポーランドの内乱を利用して、大選帝侯は
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`   スウェーデンと共に戦い、ついにプロイセン公国を
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |   ポーランドから独立させます。
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |
   |   |`         ´ |    |


3 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:55:35.03 ID:BoJ1vFIo


   しかし、各国はスウェーデンのポーランド侵攻を非難し、ポーランド側に付いて参戦してくるのだった。

   またポーランドが内乱を平定し、全戦力をスウェーデンとの戦いに集中してきた。

   事前にこの動きを察知していた大選帝侯は同盟を破棄し、スウェーデンに宣戦布告した。



     〃      .::::.:.:...    `ヽ、     }   ヽ: ::`ヽ
     i{{    . : .:::: ̄ ̄`ヽ、  ::::.:.、        .:} ::} .:}
.      ノリ   .: .:::.::::_ _. . ::.:.>ー=ミ'^ヽ、:::(:::.:.  .::ノノ .::{
  ー=彡'    .: ::.:::.:´   .::::::ニ=-‐      ``ヽハ::〃.::::::::}
   ( .::  .::: .:::/ヽ::::.   ⌒ミ、     ..::..、   :Y´.::/
    ヽ} .::〃/ ^ヽ Y:   ー=<    .::::::::::...、 ..::::}'⌒ヽ
     / .::〃.:{   } }:..    /    >'ミx.: .:::::::,′
   _」.:::::ノリ.:∧ (  }:::.   /    ____.::{ .: ::/´/
./⌒'ー=彡 .::::::ハ 〉 {:::.  イ    ^'ヾ (:ハ 、:::::{ア′
′ /::/イ .:::::::/::/`:、乂::. (`ヽ      /   :::Y      ごめんね、スウェーデンちゃん。
.  /::/ ノイi::∧:i  ||ハ::::.  ̄` :}            ::',
  i:::i   |从 ヽ || ∧::.              _  、:::〉     実は、最初からこうするつもりだったんだよね。
  |:::|   |     =╋=人:.    ヘ.    ...:::r一 '′
  |:::|   |     ||      、    ` ニニフア         バルト海の貿易は、ボクも興味あるし。
  |:::|              \     `Y^ヽ、
  |:::|             イ:「\  ハハ/    ` ー- 、
  ヽ:ヽ、            /  |::|   `'く::::.(           \
.   \:\    {    く   /:/    |ハー'            }




                rへ __  __
くヽ  l^ i         /: : : : : : : : Y: :ヽ
. \\l  l.       /: :./ l: :.lヽ: : :ヽ: : :ヽ
   \\l       //: :/ノ  l: :ト、ヽ: : :',: : :. ',
    \\     / l: :/ ○ 丶l ○ l: : :ハ: : : :',       ぱっぱっぴ~~~
       \\ _/: :l: :l@┌‐┐ @ l: :/: :l: : : :.',
        \/:::::::\ヽl.\ |   !   /:// l: : : :..i
         {::::::::::::::::: `T7└‐┴‐<    l: : : :. l
           `r──‐┼-/l/l// _ヽ  l: : : : : l
         /: : : : : : | /:/: l: : : :Y:::::::l  l: : : : : :.l
        ,': : : : : :./ /: /: : : : l:::::::::l.  l: : : : : : l
          i: : : : : く/レへ: : : : l::::::::::',. !: : : : : : l
.         l: : : : : : :\:::::::::::ヽ イ:::::::::::::〉 l: : : : : : : l
        l: : : : : : : : :ト、:::::::::::::::>tjtjtjノ l: : : : : : : :l
        ',: : : : : : : :/├‐┤|─ '"|   l: : : : : : : :l
        ヽ: : : : / .l:::::::| l:::::::::::l   ',: : : : : : :,'
          \:/    l:::::::l |::::::::::l   ヽ:: : : :


5 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:57:05.67 ID:BoJ1vFIo


【解説席】

    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、   戦争自体は適当なところで離脱しましたが
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|
| ./    、,、 ,     |   |`l.|   この北方戦争によってポーランドからプロイセンが独立し
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川   また残余のポンメルン地方に進出する足掛かりを得ました。
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川


7 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 18:58:33.82 ID:BoJ1vFIo


   1672年、ネーデルランド(オランダ)の覇権を望むフランスのルイ十四世は、
   英蘭戦争で疲弊していたネーデルランドへ進攻を開始した。

   ネーデルランド継承戦争(オランダ侵略戦争)が始まった。


                √\
                ノ `ーヘ、           ,. -=―- 、
              /  `二V         ,.ィ7〃/,.三ニ`_、
               /    ,ヮ 〉        /,:'// /∠,.__    `ヽ
              ;′  ,ノ^ー′       //// //xく//厂フト、 }
      _ __ _      |   !           /イl! l -Kb7X///ムノソ
=x<´  ̄  ̄ ̄ `ヾ、 |    |        _,.ノノi;リ∥ |     'bぅXく
三二ニ=ー=- 、     |   l__  ,.-=ニ三ニ彡'ノ/ {! ハ 丶. _‘' /,ヘヾ.\
ニニ三三二三ニ三ニ=|   |二二ニ=ニ三.彡-―弋 V\  _//ハ }ヾ\\
三三二三三ニ三二三|   |三三二三{       ;\ ヽ、_7/ // リ }) }ヾ\
ニ三三二三ニ三二ニr=!    ト、ニ三ニ三,べヽ、、   i ,ハ }不>^ヾイ ヾ( }\\
 ̄ _..二ニ三二三rト亠-~'´ス~'´ ̄  J}ヾ _)、 j V}l| ハ_} \ \ }リ l ! ヾ、ヽ
三二ニ三三ニ三ニ{廴 __  / ヘ ヾ、ー      _,ノ   ノ,リ  }    〉 ト、{ ノノ  }}}
   ̄二二ニ=三ニヽ.      ノハ    -ノーく´  /,イ{   !   ハ ′}/   !;リ
=ニ三二三二三二ニ{`      _,.ー=三ニ三} ヽ {'´ ヾ) {   {   ヾ.   /,/
     _二三ニ三ニ`ー-‐=='三二三ニ三ニ三ゝ、      ! 、ノ {   \ /,/
 -―==-=‐ ̄   __,..==ニ三ニ三二三三ニヾ、     j   ト、ノ _,.、へ. \′
            ̄    _ 二_ _ ̄_..二ニ三ン 、    }   !-┴ヽ ヽ ヽ. }
                ´   ̄  ̄二 ̄ニ=- ̄{., ゝ    , {    {   _|  }   !
                    ̄  ̄    /   ヾー  }_ ,ノイ ̄{J_,.ノ  ノ
                           /,..ヘ       ハ   ヽ   ` ̄´
                          ////〉、    !!   !
                         Y/ //  >、  } !  ,ィ′
                       /   //  //  \/  |  /|

                        太陽王 ルイ十四世


8 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:00:04.40 ID:BoJ1vFIo


      /:::::ム'´:::::::::::i:::::::::::::::::`ヽ、  `、i::::i::::l
     i:::::/:::/:::::::i:::/!::::i:::::::::::i:::、::`:、  !:::::l::::l
     i::::/!::::!::::::::!:::! !::::!:::::::::::!::ヽ:::`、 !:::::l::::!
     !:::i::!:::!::::::/!:::!  !:::ト、::::::::ヽ::`、::::レl:::::::l::::l
    !::::!::!:;i_::_:!_l:::l   !::! ヽ::__;;ヽ-ヽ:!‐!‐::::!::::!
    i:::::l:::l:::!:::;;;l;;;!_lヽ  ヽ! '´`,r'i''''i'i'''iト,+::‐:l:::::l
    /::::::l:::V:l:::!l i i::ト、    /  !っl;! ll'::!:::::::l:::::!    さて、ネーデルランドだけが敵ではありません。
  /::::::::::ヽ!::::!、!、i_`_,!     `ー`‐‐'’!::::::::::l:i:::!
. /::::::::::::::::!:::::l;;i , ,   !     ' ' '   !::::::i:::l:::::!    テュレンヌ! コンデ!
. /:::/:::::i::::::l:::::::!`、   ′         l:::::::l:::l:::::!
/:::/:::::::l::::::l::i:::::!;;;;`,、  `ー―'     !;;:''::l:::l:::::l
:::/:::::::::!::::::l::l:::::!;;;;;;;;;;;`,、      _,,-'"l::::::::!:::!:::::!
/:::::::::::!:::::::!::!::::!;;;;;;;;;;;;;;;;;`,,、__,, -'"   l::::::::l::::!:::::l
:::::::::::::l::::::::!::!::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!        !:::::::l::::!i:::::!
:::::::::::::!:::::::l:::!::::l;;;;;;;;;;i ̄ ̄¨i¨¨ ̄ ̄ ̄!:::::::!:::!:l:::::!
::::::::::::l::::::::l:::l:::::!;;;;;;;;;;!     !   __,,,,,,!:::::::!:::!::l:::::l
::::::::::::l:::::::::!:::!:::l-''''''''!     !- ''´    !:::::::!:::!:::l::::


9 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:01:34.64 ID:BoJ1vFIo


                    -<,..--      ` ̄ミ.
                    / ̄              \
                  ./,          ヽ.      '!`
                  /ィ' / !., ! ,ヽ_\ヽ.ヽ,     i
                  .! .! !| '! .ヽヽヽ.,__,,.\ r.、,|
                  .'!|, .!ヽ__.,_\<',r<''''ア〉!( V
                   ヽ'.,ノ)-.``'-.i '' '-''! 'f_.ィ'
                    .!"r",>='"ィ'ヽ.,__,ノ /.|,!        ん、呼んだかい?
                  ,ノ .''".-'"-....,--‐' / ||
           .     /   `"三''"i'`'--r"---''''`!
            ,r-('く.,_   ,r'――'".,!| ̄!........--''"~'-.,,_
          ./"  `'-.''yi"      '-//     _,,..--'"''"`'''''-_
         /       ,/.|       //              ./ .ヽ.
        ./        / /       .レ'          .    /  .ヽ\
      ./       /  |       .(.)             .`〈     ヽ '!
    /       /   |                      .八     ヽ!
  ,/        /     ,!         !             .i  `,     `'!
 r"         / ,.r ,-"|       ,., !          .,.r7'!, `.,     \

               大元帥 テュレンヌ



                            , r ' ̄'''''ー...,,_
                         ,. -'"   ,,,,,,,,,,,,;;;;;;;;;;l
                      ,, -   ,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;( T)/
                     、',,,,,,,- ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
                     \:::::...;;;_,,,,,:::::::''''''''' ̄'''''i,
                       /::::::l i:::`,'''- .,:::::::\::::::ヽ
                       i:l:::::l  ヽ::ヽ,  "'_::\:::::`,
                      l::i :::l-_ \::::,,-,'u ll" -::::::::l
                       ilヽ::ヽ'i;;ヽ "''''-''''"l :l:::::::::i
                        l ヽ''" ,;     i ::l::::::/     現状はあまりフランスにとって有利ではありませんね。
                        i ::''-.., ー  ,.;l ::l:/
                        l  ::i''-;;;'' ;- '" l:l ::i ヽ     
                        l  ::l_,,- '''i _,.-ll;;;/ ヽ;;i_
                       ,r'''l l /;/ /'''\  ll;//;;;;;;:::::::''''-,,
                       /::::::::V:::ir,..!-,,...-\,.r::::::::::::::::::/:::::::>.,,
                     /''i:::::::/:::::/   i,,r'"::::::::::::::::::::::>:::::::::::l><\
                     /-/::::/:::/   i  l;;::::::::::::::::::::ヽ;/;;;;,,:::::::ヽ-Ol-il:::...
                    /,,../::::i;;;/,   l  l:::::::::::::::::::::;;;V;;;;;;;;;;,,:::::::::: ̄: : : : ヽ,
                   /::::::::::::l;;;Vヽ,  l-..,_ l;;;;;;;;;;;;;;;;::::::;;i;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::: : : : : :l
                  /:::::::::::::::::l;;;;;;;;;;;;''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/'''-;;;;;;;;;;:::::::::::::: : : : : : l
                  (;;;;;;;;;;;;;;::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\/''i-;;;;;:::::::::::::::::::,,-ー;

                             コンデ


10 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:03:04.26 ID:BoJ1vFIo


【解説席】


 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ    テュレンヌとコンデはこの時代を代表する
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.    名将です。ナポレオン以外で考えれば、きっと
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:    フランス史上、最強の将軍です。
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|


13 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:04:36.59 ID:BoJ1vFIo


                             _,.、-‐'' "~¨`丶、
                      ,.-''´         ..:丶、
                        ,. '          .::::::::::::_;;;\
                  _/:.         _,ノ‐''"乏:::::::::/′
                  \ ゝ _   _,、-''´:::::::::::::c|C:::::/
                    /\ー-r::''´::::::::::_;;:、:-─¬ーく
                      / |  `lー斗r‐ィく´ ̄ \ ヽ ヘ ハ
                   i /|   l| /|l \\\ ヽ_ ヽ  ゙,. i
                    |,゙∧  l|{ !    ヽト,.ィfcァK `、 i.zU
                   |//lハ 下、扞t:ォ、 ´'ヾ-~V\ ソ!:j      現在、フランスは包囲されつつあります。
                 __    !《 { ∧ト∧ゞ'´ ,    ハ  ヾンノ
         __,.ィ'Z仁ゞー仁ヘ--、X゙ ̄{`ミヘ、_  、 z ,.イ|リ|  仏       敵対していたネーデルランドとイングランド
       _ノィ;;チ‐''^"´`ヘ戈__厶{  _人__ミ{  {>'´  収|; |ハ
     _/イ;;厂          ,ムイノ_ ::::Ⅵト、\__ ,/ |l リ`ー-、     が手を組み、ハプスブルクやドイツ諸侯も
    //;厂            〉斗‐〉〉 ::::V小/云、,_ |j/ヘ::::::::|
   ,イiィ             /イ‐'//  .:::::V⌒ヽハ/\|ll  ̄`'く     対仏包囲網を強化しているようですし。
   〉{イ                /ミz彡′.::;;;;;、::::〉   ヾi′ `ヽ  《ミヘ
  ヽ仏     __       〈::.... ...::::;ノイ::::::jノ     .}ト、_  .::';  Ⅵヘ
   `ヾ>-‐''´.:::;r=ヽ     `゙''‐-、{/ ̄~\:..  ..::八ヽ ゙̄ア;;_.   ̄〉
      ヽ、_ _,ノ_  ′        Ⅵ/ ̄ ̄{゙''ー匕:::. _>イ孑\;;:;;ソ
          ̄             ,仏}.`  Y´彡イ\/´  \/┘



                //   ___    |   ヽ
             |厶イ ハ |\ヽ. ̄|   ヽ
             ||∥| ト、 \ヽ|     i
             ||:{| |  \>r土L  | |
             |iハ rt!ト、   '1じリ | | |
             || ,ハ. じ!     ̄ | |  、
.             」L ノ)ヽ ' _,   .イ  i| i  \         数が揃えば勝てると考えている愚か者です。
           / '´∠ ノ) ヽ __ / |  i| i.    \
.         /    ,.ニ⊃丁 ̄ ̄ ]  i|  i     \      有象無象がいくら集まったって、所詮は烏合の衆
       /    ィiリ|   ィf,ス  ̄ 7  '|  ̄ \
      |   rf ∨i / く イハ!iト、\/ /リ   _ V\       です。問題はないでしょう。
       |   | i | /  .//  | |  Y /./ //   |\
.     |   | i /   〈//  | |  .| /j/ /     〉
.      |   | i |  ̄` / -- L! - |' .、 /       |         コンデはドイツへ、テュレンヌは私と一緒にネーデルランド
     |  |i |     i        }       |         へ行ってもらいます。さぁ、進撃開始です。
.   r‐」______h. |.    i        }  / :  |


14 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:06:07.07 ID:BoJ1vFIo


   コンデ公率いるフランス軍は、神聖ローマ帝国軍(ドイツ諸侯)を蹴散らしながら、ライン川
   を通過、ドイツ諸侯内部の土地で暴れまくった。

   そしてコンデ公は、アルザス地方を確保したのだった。


               |         |_
               |       /::ハ      ______
               |      /.::::/|   . . : ´:;:;:;:;:;:;:;:;:j:;:::::::`: . .
            」 ___,...:'::::::/:;:;:;|<;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;::::::::::::::`: . 、
.           「 ̄;:;:;:;:;:;:;:::::/:;:;:;:;:/|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::\
          /L;;:; -‐.::''"´.::;:;:;:;:;:/:;;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;〈:;:;::;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::|
           /;|;:;:;:::::::::::::::::::;:;:;:;:/:::;;:|==彡厂厂 7ー=ミ;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::|
        /;:;:|;:;:;:;::::::::::::;:;:;:;/:::::::;;::厂 //.:/ _/   |::. `ト、\;:;:;:;:::::::::::::::|
.       /:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:::::::::::;;::::ト //.:/、__/_`ヽ !:: : | i:.ヽ\;:;:;i;:;:;::::::|
       i;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::;;:::::|/::'::/: Vノ心、_」::: | |::. \;;;ノ;:;::::::ノ
       ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::;;::::::|.:::|/|: /ゞニ´ ハ:: | ヽ::.   トx-‐'"
         ',;:;:|;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::l::/l 从,′ ̄`   ',:: L..」_:::. | ヽ
         ';:;|;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::|:   | {  _     ',:.レ'ハ'ー |i  }
            |;:|;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:  |   /`ヽ`ヽ.  〉ゝ‐'' >: ノj ,′
            |;:|;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::{::: | {   Y/  jノ .イ:::|∧|/
            |;:|;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ: |   ヽ. /  . イ:八:.  ∧
            |;:|;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::/:::::}::|、 _ . . < /  ヽ::.  \
            |;:|;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::/:::::::ト:|   /ー‐=彡'      ',::. \\
            |;:|;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::!::',!\ 」::::}\       ',::.   }ヽハ
          ',:|;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::;:;::::::::/::::::::::::\:::ノ__, \   __',::. ノ  ノ
           ヽ;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::;:;::::::/!、::::::::   厂`ヽ  ',ーく::::::::::::`V/ , ′
           〉};:;:;:;:;:;:;:::::::::::;:;::::/:::!::\:::  /::::.  ',  !::::::|::::::::::::::: ′
          /.::|;:;:;:;:;:;:;:;:::::::;:;:::/:::::::::::::::\/:`ヽr‐‐ヘ}」:;:;:;|:;:;:;::::::::∧
         /:. ::人;:;:;:;:;:;:;:;:::;:;::/:;:;:/:;:i:::::::::∧:::::/:::i::.  \`ヽ:;:;:;:;::::::::::',
       .イ::.:./:.:.:.ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:/:;:;:j::::::::::::::ヽj.:::::!:::    \ \;:;::::::::ノ
      /.::ノ:::/.:.:.:.:.:.:.ノ};:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::}::::ノ::::.    ヽ \::::{


16 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:07:36.10 ID:BoJ1vFIo


         /                   \
       /                     \
        /    /                   \
       ./      l  /                   l
      l     l .l:.: .:.:./  .:/ .:./  /.:.:.  l.:l     .!
      l     l :l.:.:.:./.:.:l.:.:./..:./l.:.:/.:l.:.:./.:.l.:l .!  /l .!
      l     l .l.:.:/l.:./l.:./.:./.:.l.:/.:.:l.:./ l.:.! l.:l .:./ .:!.:!
      l       .l :|/ーl/‐l/‐l/‐‐l/'  l/-‐l/‐l/.〃.:/l/
      l       .l :|     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′'/〃イ ,′
      l       :l .l  ヽニニニ・=‐.:.:.:.:.:.:.=・ニア//.:.:.:1
      |    l.: .l :l       ̄`     ´ ̄ ,':;'.l.:.:.:.!
      |     |.:.:.| :!               !.:.:.!.:.:.:l     お、おのれフランス野郎……
      |: l | |.:.:.|.:.:.ト、             ノ.:.:.l.:.:.:.l
      |: l | |.:.:.|.:.:.l:.:.丶、   , r==ッ . ィ.:l :.: l.:..:/     全然、勝てない……
      ヽト、ト、|\ト、.:l     ` ー-r-‐ <.:.ノlノ.:.:ノl/
         _ノ.:.〈       /.:.:..:< ´ ′′
       ,rく.:.:.:.:.:.:.\      \:.:.:.:.:.\
      / \\.:.:.:.:.:.:.\/ ̄ ̄`ヽ.:.:..:.:.:.「lヽ
     /     \\.:.:.:.:.:.:.\´ ̄ ̄`l.:.:.:.:.:.l l ヽ
     /      \\.:.:.:.:.:.:.\  /.:.:.::.:.//  l

            ドイツ諸侯



   ヾ、}                                     }
     >                    /              /,
     >             ノ     ハ             イ
      ̄> ,   /  / //      /  !  ,ヘ }      /
      /  ∧   / /}/ミ/  _ >/_,/ ∠__}人   ト、 \
      /イノ|ハ レ'! /  ̄レ'゙ー、   〉ー/<´ __ ト、  /ヽミ、→
          |  \ ト、z==≠''ノ    i' -、< ̄ゞ'ノイ /  }
          人   (\{        ||  `   ´ ノイ〉  /、          やれやれ、新しい頭痛のタネか。
      /   >、ミメ         ||        ,イノ/∧\
     /  // ヽoハ          ||       ノ/_ノ   ∧ \      こればっかりは、他の諸侯を助け
   /  //   `「i!          ハ       ´ //    ∧  \
 /  / ′    | !',          ヽ′      //       ∧    \   ないとダメか。
イ   /  /   ┌'└ッ   -、_______,-  /´         ∧     \
      ,      ¨l」¨ 丶     ` ̄ ̄´ `ヾ>、,′        ∧         ――フリードリヒはブランデンブルク軍
      /          \           ,ヘ\           ∧           を率いて、ライン方面へと軍を進めた。


17 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:09:14.50 ID:BoJ1vFIo


   ネーデルランドへ侵攻したルイ十四世の軍団は、同地の軍を次々と潰し、アムステルダム
   へと迫っていた。


         .,r'".::::::;:-'''' ̄  "''''::::.  ::::::::ヽ    l   ::' .:' .:::/                  _
        /: : ::-'"         ヽ::.  :::: :::::ヽ  i  .:: .:: .:::/ /        ,,... - '''''""-ー''";;;;;;;
      / .:/            i:::  :: :::::::i /  ::  : .:::://      ,...-''"  '''" ̄...::::::::::::::::::::
     /  :/              i::    :::::l/   .::..:::://   ,. -''"   ......::::::::::::::::;;;;;;;-ー'''''''
    /  ::/               l:    :/    ::::// ,,,..-''"  .....:::::::::::::::::;;;;;;;;-''''''''''''''''''''
    / : :::/                l   /    .:::::;r,,,, -''"  ...:::::;::-ー―''''' ̄ ̄'''''''-:::...,
    /.: ::::::/                / ,r    .:::;;-ー"  ...., - ''''" ..,,, -ー-''''''''- ̄ ̄ "'''-::::..,
   ,'::: ::::::i                    // ,......-'''"    .:::   ,,,,,-ー"           )::)     ヽヽ
  l :::: ::::::l               / r''"          ,,,-',',,........ -ー''''''''''''''''ー-'';..,,,      ヽ::
  l l::l :::::l          ,_,   ./  "  ー ..,_   ,,,,....ー''' ̄,..............,,,-ー '''''""'  ー,,,, ::::,,,,_
  ll ::i :::::i        ,..,;"!' ''7/i   _, .,  "'-., ,, -'''""" ,.....          \ ,   ̄''ー:::::...,
.  l i::l:::::::i       \ ,   " l,, -'',"-ー:, ヽ''-  :ヽ,   \.      ,::.    .......i::::,,::... ::...''-''-:::   
   ヽヽ:::::',        i'''  ,'" l-,.'.,;-,,:;/;'i ::i"' ,..   ヽ ..... ::::::::::::::::::.... i :::/  ''':/ ̄ ::::...-::... :::..'-,
    \\::,       "'''"   i;:ヽ. '-' '" l :l,...,;ヽ,   :ヽ .::::::ヽ ̄ ̄ ̄''i,::i'",,.-.., l   ''ヽ'::,'-;::...'::
       \          ,...-l,; r"':,i,_ ,.ノ ::l,,,..,,,,,,\   ::,:::::::::::::i:::.....    -l  l-,_
             ,.......-ー''" ;,::-'"   / ::/ \ ::, :l ,  ::.. ヽ:::: '-l,,,, :::::....  l  l.....'''- ,_
          ,...-'"   _,,...-'''"     /  :/   '-;:::::::i :::::i:::i:::    i':::. :::.,::::..i   l -':::::...''- ,
        ,-"- ::: , -'"        / : ::/      "'l  ::::l::::i  / ,..\ヽ;:''-,,l   l   '':::::::.. ヽ,
      //::::::/          /  //      / l  :::::i::::l ,.ノ:::::'-,,,;ヽi,::. ヽ  ヽ    'ヽ:::::..ヽ
     //::::.;'/           / ::/:/    ,.-ーl / l  :::::ll:::i'l  l:  :ヽ  l:ヽ l'',   ヽ., ... \\::::
      /:::/            ,' .:/::/ ,;ー''''''" ̄ '-'/  :::::l i::i::  l  :.::,.ノ;' ヽ,'", i ,':''-' :::::.. :\"'
      l://             :l:::::i:::l''''''"" ̄-''" ̄ /   ::/ l:/i  l   l:l'"   l l'._- 'i::::,::. :::.. \:..
      l'              ,.l:::::l:::i,,-ー''".::-'"  /  : ::/ l /  /  /::l     'i' l ̄ ヽ::i,:.. ::::::... ,',
                   / i::::i:::l ....:::-"   /   :::/  /  /   /::l    l:: i  i::::i ;:. :::::::.ヽ
                  /::::/ ',::l :l:::::::/:::....  ,::'  ::::::/  /  /:::   l  l::::::   l::l   l:::l ヽ:::::::::::


18 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:11:02.48 ID:BoJ1vFIo


【ネーデルランド軍本陣】


            ,-'''´ ̄\/ ̄¨'''ー-、
            /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
        r': : : : : : :, -――――‐- 、: : : : : :ヘ
      /|: : : : :://⌒\ー―/\ \: : : : ヘ
       /::|: :: ://     `ー'    ヽ_\_: :∧
     ,/: :ヽ / ̄       /        ̄l/: ::',
    /: :,--/                    l ̄ヽ          ぐぅぅ、陸戦ではフランスに勝てない。
   ,/: :ハ //                     l: : ::l:ヽ
   /: :/: : //          .:::l     i    |: : :|::┴┐       どうすれば……
―': :: :ヽ: :〈/   .::: i ハ /l::.. :::ト、 ::l l |:  |:|\: : : ̄`ー-
: : : : : : : : : | i .:::::__l__|_l/__ト、:::::::|__ヽl__l__l:: ::.i::lVヽ /: : : : : :
: : : :__r―⌒ヽl .::::|::|イ ̄ Tヽヽ::::l丁 ̄jヽl::: l lV: : :/: : :__          ???? (( 呼吸をするな。
: ;-'    i  ヽ :::::l::|弋辷/  ヽ| 辷_ノ/l: /リ: ::/ ̄ `ー、: : :
::|  .i |  j__ノ、l:::|::V """   ,  """ ノl /: : :__|=/ i  , ヽ:     ……へ?
┴‐┴'ー┴―''^ヽ\l` 、_____ ノノ`ー‐(__ヽ-ヽ_l__/ ノ )

          ネーデルランド軍


20 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:12:35.46 ID:BoJ1vFIo


   ネーデルランドは低地といって、海面よりも低い場所に存在する土地だった。
   オラニエ公ウィリアムは水門を解放し、フランス軍の進撃をストップさせたのだった。


          ざ っ  ぱ  ー  ん
゚ ゚ 。     ゚ ゚ 。         。       ゚ ゚ 。
          c ,,, ,  。   ゚   ,,,,_   。
         c/´c" ミ゙ヾ'~'~ γ´'"  ミヾっ
       c///,:'⌒ヾヾ vヾ'  ////,:'⌒ヾっヾっ
     c"c,, c" ゚ 。 )、 ~''^' ,i//   `ヘっっ
       c   ゚     |i|!) ソ !li,'i,(       ゚
    ゚     。     i ノi|!゙.;il| ,,ill!    。 ゚ ギャアアアアアアア!!!
     ・  。    ;、 ノil|! .,:;. jil;:v'll!ヽ     ・    ゚
~'~'~'~'~'~'人人,,,人~'~'人,,人,ンヽ、。~'~'~'~'~'~' ← 水没するネーデルランド



___________________________________________
   /           ヽ  |l l     ,'/  ,' l/\l ,イ / l / l / l l ', ',   |l ',      i  /
  ,' ハ  言  す  呼  ', |l l    ,','  ,'ヾ..、  レ l,' l ,' .l ,' l l. ', ',  |l ',  ',_,、 ', l /     だ
  ,'  ゲ  っ  る  吸  i l l   i ,'イ イ i l:::` ‐ 、._ヽi l i   ', l  ',',  l_,、-'´',  i l ,'     か
  l !! た  な  を   l ! l  l l i  ,'', ',. '、:::::::::ラ┘lヘ l l,、__,',l、_-‐','"´l  ', i  l l l     ら
  l       ろ   と       l  入 l l l  i',.i ヽ、`‐- '  ',!. ',!  └i:::::`` ー‐---', l ,イ l l       :
  ',     ?           l ノ ヽル ! l l,」`l          ',    ';:::::::::::::::ラ  ̄ ',ノl,'l l
  ',             ,''"´`‐、._ィ _,l,'´l .!             ヽ、._.ノ ,   l ノ l 入
   ヽ            /   ,-‐''´  l ヽ       ...........:::::::` ‐--‐'´   l  l ̄ ̄l`‐、._  __ノ
     `‐、.___  __,、-'  ノ:::::::::::::::::::::l  l::\            :::::::::::... /l  l::::::::::::ト、 //
          \!   「 ̄::::::':::;:::::::::::::::l  l::::::::\  、_            ,.イ:::::l  l::::::::::::::l::ヽ'´
            <"´ヾ、、:::::::::::::::::::::::::l  l::::::::::::::\`   ヽ     _, -'´/ヽ.l  l::::::::::::::/::::::\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        イングランド王兼ネーデルランド大統領 オラニエ公ウィリアム三世


21 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:14:02.31 ID:BoJ1vFIo


              _,,..,,...------....,,,_
           ,r''''" ̄iiiiiiiiiiiiiiiiiii|||||||||"'ヽ..,
         ,r'''"iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,..-------..,,ヽ,,
       r'"iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,.r'''"      ::::::::::::::ヽ.,
     r'''"iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiir'"     ....___,,....:::::::::::;;;;:::::\
    r"iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiir"    ...,,r'''",iiiiiiiiiii|iヽ-,iiiiiヽ`"-ヽ
   r"iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|   .,,,r''"i,iiiiiiii|iiiii|iiii|ii|ヽヽ,iiiiiヽ,iiiヽ\
   r'iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|..;r''"iiiiiiii/iiiiii||iiii||iii||ii|, `,iヽiiiiiiヽiii,ヽiヽ
  r'iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|"iiiiiiiiiiii,r'iiiii,|/iii|/ii,||ii||  i,i|`,i`,i|ヽi,|ヽ|ヽ
  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiiii|iiiii/i, ,|/iiiiir/ii,',/ii,|||i||  ヽ|ヽi|,,|ヽi||ヽ||i
  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiii||iiii//||/iii///ii||r'iii|rii| ノ  i|||`,||||||,`||||||
 fiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiii||i//|//ii,レ'/,||/,;,;/||/   `,||ヽ...-r''|||ヽ|
 |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|iiiiiiiiiiiiiii||,|||///||//||/,,r/' ||/   ..r'彡n,..レ|i|/|/
 |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiriiiiii||iiiiiiiiiiiiii_,,/.------------''"   /'"| ノ ||レi |
 |iiiiiiiiiiiiiiiiiiir--..,|iiiiiiiii'"|||, /,.-r''"ヽ"ヽ.., '     'h, | " |'||||
 |iiiiiiiiiiiiiiiiif rt-.,'|iiiiiiiii_,..r'k"irn'i' ノ        ~k'__i  |`|||
 |iiiiiiiiiiiiiiiii| `ヽ|`,iiiiiiiiiiii||||`k,,,_,,'"-''"       ヽ,._   | '|||
 |iiiiiiiiiiiiiiiii|, | "'-|iiiiiiiiiiii||||,   ,,,,,ヽ         `フ' ノ |||
 |iiiiiiiiiiiiiiiii|\ヽ, |iiiiiiiiiiiii||ヽ              '  /iiiill|||    そ、想定外の出来事が起こってしまいました。
 |iiiiiiiiiiiiiiiii|||||\.`riiiiii|iiiiii||||,           __-  ,/iiiiiii|||||    
|iiiiiiiiiiiiiiiii|||||||iiir-|iiiii||iiliii||||, J       ,-'''"  /iiiiiiiiiiii|||||    当初の予定を繰り上げた方が良さそうですね。
|iii| ,|iiiiiiiii|||||||iii|||||iiiii||,'|,`||||           /iiiiiiiiiiiiii|||||,
r'iii|||i,|iiiiiiiii|||||||iiii|||ヽiiii|i,'|!`||||'''-..,,,,,_      /||||iiiiiiiiii|h ||||,   テュレンヌ! コンデ公の支援に赴いてください!
|iiii||| ||iiiiiiii||||||||iiii|||||,iiiii|!,'|,'|||||,    "'''''''''i''''''''"||||||||iiiiiiiiii|||l`||||
|iii|||||||,iiiiiii||||||||ih;||||||,iiii||,'h'|||||,       |||||||||||||||||,iii,iiiii|||h'||||
iii|||' |||,.iiiii||||||||ir'"""ナiii|h'|,`|||ヽ_     ト--,|||||||||||,iii|iii|||||,`|||,
ir||||,|||riiiii||||||||i|:::::::::::::ヽiii||,'|,`|||||""""''''''" ̄ ||||||||||||ヽ|,ii|||||||,'||||
r|||r|||||,||'||||||||..|::::::::;;;;;;;ヽ ii|||||,,'|||`,;;;::::::;;;;;;;;;;;;;;;;||||||||||||||ii|,i'|||||||,'||`!
|||r'||||"||ノ|||ト-!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ii|||||,'|||ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::へ,||||||||ヽiヽ|||||||,'|||,


22 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:15:37.26 ID:BoJ1vFIo


   テュレンヌはブランデンブルク軍へ攻勢に出た、が――


                    -<,..--      ` ̄ミ.
                    / ̄              \
                  ./,          ヽ.      '!`
                  /ィ' / !., ! ,ヽ_\ヽ.ヽ,     i
                  .! .! !| '! .ヽヽヽ.,__,,.\ r.、,|
                  .'!|, .!ヽ__.,_\<',r<''''ア〉!( V
                   ヽ'.,ノ)-.``'-.i '' '-''! 'f_.ィ'
                    .!"r",>='"ィ'ヽ.,__,ノ /.|,!       さて、見た所、ドイツ諸侯軍の中で一番の強敵は
                  ,ノ .''".-'"-....,--‐' / ||
           .     /   `"三''"i'`'--r"---''''`!      ブランデンブルク選帝侯、か……
            ,r-('く.,_   ,r'――'".,!| ̄!........--''"~'-.,,_
          ./"  `'-.''yi"      '-//     _,,..--'"''"`'''''-_
         /       ,/.|       //              ./ .ヽ.
        ./        / /       .レ'          .    /  .ヽ\
      ./       /  |       .(.)             .`〈     ヽ '!
    /       /   |                      .八     ヽ!
  ,/        /     ,!         !             .i  `,     `'!
 r"         / ,.r ,-"|       ,., !          .,.r7'!, `.,     \



             トノ             },イ
            _}                     |
            \        _,         ノ_
            >   / _,x、/  ,ィノ/    '-<
           ∠__  //、__,>- '/∠ノ},    /
             ,イ-、厶  ´   ,' ァュ、<  rル'
             { ,个     _/  `゙,イ ,ィ
             ヾ、!     ヽ>   乃冫
               /i!| `ヽ=== 、_  /ノ/
                   †ト.  `===ュ,イ /イ´     そう言ってもらえると、嬉しいね。
               }ヘ  ,,    >゙∧
              /|{ ヽ-{il!_, イ }=、
           __/ /小   ヾ'   {ムハ
      _ -‐‐ ¨    | |!ハ   /  }ト| \
      `ー、      | |!  〉  (  / }!   ヽ
    __ --‐´\    | ト、,=、   _/ |     X-、
   /       \   | |       /  |      \`ー--、_
 /           > | |       /  / マ===-- _}      ̄\
/          <´  |i      /  /   \             \
___ノ          ヽ   | |     /  /     〉            ヽ


24 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:17:05.71 ID:BoJ1vFIo


     _ ノ:::::::::::::::::::::::::::::v=ァ 、
     >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::\
    /,:::::::::::|::l:::::、:\::、::::::、::::::::::::Y`
    {::/:/:::|::ト、::ト、斗チ升 ゝ、::::::ハ
    |八ト ::ト,| \, ´Y:いxキY´ハ::ト
     `| rチtミ f    ゚ー{ ̄V )_ノ:ノ
        f´Yり「` 、__,ノ   く:::/       どうだろう? ここらで和睦しないかい?
       '、_'、 ` _  -‐'  ノ V
         `丶、    /  」L 、
             ーr ´,..::::´:::::::::L,__, -─ 、
              _「:{::::::::::::,,.::::::´:::::::::::::イ::::::::::::ハ
     / ̄`ー─‐ '::::○:: ̄::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::`:,
     ,':::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::\
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::l
    l::::::::::::::ノ::::::::::::○:::::::::::::::::::::::::::::::::、::::{::::::::::::::::::::::::::::{_
    |:::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:!:::::::::::::::::::::::::::::::'.、
    l:::::::::::::j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::l
    ∨::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::\
    ∨:/::::::::::::::○:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::\
    Ⅴ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \::::::::::::::::::::::::::\



   \             /         ,                 ∠,
    /   /  〃     ,イ     /  /   ,  !       __ノ
   ←ーァ ,ハ,// ,   / /     / /}    イ  |       \
      //| { /,イ 7/  /  __,// /  /| }        ヽ
       } ハ  { /__二{_,∠、/ /__/ ∠  } /     l ヽー、ノ
       ', (\ | ゞ、弋ソ<  、  `=彡',二二_ノハ     }\}
       トミⅥ`  `  ´   ゙: /    ヽ 弋ソソ j /    ,'
       ゝ、o|、          : }         彡イ  /     おやおや? どうして?
         ゚n} ヽ       : ,′         }/ /
           ||1        : .           彡'⌒ヽ、     なにかいい事でもあったの?
          _||ム         ノ {        /      トト、
        `}「从  ,-    ヽ_ノ       ノ  ,夂      トト、
            ij  }ヽ  弋>== __    {   Yん'\_      ミト、
            ノ! ヽ //ミ、__ 二ニ7/  /\ \)  \      { ト、
        __/ ∧ //       ̄ ̄  /    \ノヽ、  丶       }\
  _ -‐‐'/   / ∨/、   ,,   . イ       ヽ   \ ヽ
 ̄    /     /  // ゝ-,イili{__,/        }ハ_ ` ー゙、___
         /  〈∧    jilil/          ノ  \ \     ヽ


25 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:18:36.54 ID:BoJ1vFIo


        ,___     ,,
.        _,ゞ、 ̄''''''''''`、ヽ,
     _,,r'"::::::::::::::::::::::::::::::::::i,,,,,,,_
  _,,,,r''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::ヾ、
   ̄7´:::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::;:::::::;'':;;;;ゝ
.   /;/;r:::;'::;'::i;:::i::i;:`、::`、:::::::';;;;;;;;';;;;'i
   レ!::i::::;':::i::::!i:::i、:ヾ;:ヾ;:`、::::;;;;;;;;;;;;;;;!
.   V!:::i;:::ii:::i i;::i,.ゞ'<,r'''''''''ヾ;:::;;;;;:::;!   確かにいい事があったよ。
     ヾ!r‐ヾi、ヾ! ,r' iっ::;!.!i::i _ 'Y
      ,i,`、':;;i、_i  `ー" iレ'´,ノ    スウェーデンがキミの領土に侵攻を開始した。
      i, i,`ー' i  `、  ' ' ,ノi'''´/
      `ー.<´ i ̄7  ̄ /i;/
.         `ヽ`,´ ,,/  i
           r'´''''''''''''''''''''''i
         _,f;;;;i;:::::::::_;;;;;-‐::i,_
        f::::::i,_,ノ:::::;::::''''''''''''''''`>
        i:::::/:::::::::::::::::_;;r‐''''''´
        i;○;;;;;;r'''''''´




     〃      .::::.:.:...    `ヽ、     }   ヽ: ::`ヽ
     i{{    . : .:::: ̄ ̄`ヽ、  ::::.:.、        .:} ::} .:}
.      ノリ   .: .:::.::::_ _. . ::.:.>ー=ミ'^ヽ、:::(:::.:.  .::ノノ .::{
  ー=彡'    .: ::.:::.:´   .::::::ニ=-‐      ``ヽハ::〃.::::::::}
   ( .::  .::: .:::/ヽ::::.   ⌒ミ、     ..::..、   :Y´.::/
    ヽ} .::〃/ ^ヽ Y:   ー=<    .::::::::::...、 ..::::}'⌒ヽ
     / .::〃.:{   } }:..    /    >'ミx.: .:::::::,′
   _」.:::::ノリ.:∧ (  }:::.   /    ____.::{ .: ::/´/
./⌒'ー=彡 .::::::ハ 〉 {:::.  イ    ^'ヾ (:ハ 、:::::{ア′
′ /::/イ .:::::::/::/`:、乂::. (`ヽ      /   :::Y
.  /::/ ノイi::∧:i  ||ハ::::.  ̄` :}            ::',        ――――!!!
  i:::i   |从 ヽ || ∧::.              _  、:::〉
  |:::|   |     =╋=人:.    ヘ.    ...:::r一 '′
  |:::|   |     ||      、    ` ニニフア
  |:::|              \     `Y^ヽ、
  |:::|             イ:「\  ハハ/    ` ー- 、
  ヽ:ヽ、            /  |::|   `'く::::.(           \
.   \:\    {    く   /:/    |ハー'            }


28 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:21:36.01 ID:BoJ1vFIo


   ドイツ諸侯の戦力がライン方面に集中し、東が手薄になったのを好機と見た
   スウェーデンはフランスと同盟して、ドイツへと進撃した。

   ドイツ諸侯は西から来るフランス軍と、バルト海を渡り東から来るスウェーデン軍
   によって挟撃されたのだった。



 /    //// ィ   ∧    ト、    |\    \   \
      ∧| l/  |   /‐∨   |  ヽ.   ∟ \ ∧  \   \
    // ∧j!  !  l! ,厶\ \ ,ハ  |   `∨∧   ヽ. \. \
.  / / ′l|   ! l| イ イf ト、\ \ ∨|=‐x. ∨∧     . \. \
. /,′ .′i  |   |i  |  弋ソ' \\  ∨イr'ハ. Vヘ.\      ヽ  \
//    !   !  ,/ト、 :|.       \\ l!弋_ソ  | |\ハ   i    ヘ.   \
/  .   i  |   | ! ヾ、    __ '   \ !    ハ V  \ l|   ハ    \
      |  '   |   ヾ.fて  = ミ 、      / | |    ∨∨    ∧    \
      |   .  | |.   ∨      ヾ〉    / /| |     }|∧     ∧
      |   ∨:ト、込    r─‐  、.〃   〃 /リ| |     ||/∧ !        この前のお返しです!!!
 |!     .    ∨ ヾ. ゝ   `ー -‐'     ,.'/〃  ! !      |l///! ぃ   i
 |!    '.   ∧  ,/'.\   ̄    . ィ升 ∧   ! /     }///,| | |  |
 ||     '. /  \/〃∧ ヽ._       |川/ 》, j/     /////| | |.   !
 ||     ∨ __/>┐ヘ.        ,ノ j/   :ト、 __,∠. .// ! ! !  |
 |:!  ,. ´ ̄`Y, '  ノ'⌒:.,   _,x≦_    |  //  '    `ヾ.|| ! :i |
 | ! /    /  , ' {::::::::リヘ√ ,>‐《: :/'\.   j       ,'       寸 |:l |
 | ! ,′  /  /  /`7T’ヽr<.: : : :.y′〃\/     ,'          ∨:l |
 | l,′ /  ∠.  /  / \:_:!: : : : _L .″       ll ,        ∨ |
 |/  ,´  , ´ ̄ ̄`〕_/     :ト+<\: :\        《 .         ヽ|
. /  / . ./   r' ´  〕     :.:.:|:.:.:.\.: : : :\      || ,         \
イ  / :. :. :. :.    /〉    :.:.:.|:.:.:.:  \.: : : :\      !! ヘ          \


30 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:23:04.81 ID:BoJ1vFIo


                    -<,..--      ` ̄ミ.
                    / ̄              \
                  ./,          ヽ.      '!`
                  /ィ' / !., ! ,ヽ_\ヽ.ヽ,     i
                  .! .! !| '! .ヽヽヽ.,__,,.\ r.、,|
                  .'!|, .!ヽ__.,_\<',r<''''ア〉!( V
                   ヽ'.,ノ)-.``'-.i '' '-''! 'f_.ィ'
                    .!"r",>='"ィ'ヽ.,__,ノ /.|,!       さて、どうする選帝侯? このままキミの領地が取られるのを
                  ,ノ .''".-'"-....,--‐' / ||      
           .     /   `"三''"i'`'--r"---''''`!      黙って見ておくかい?
            ,r-('く.,_   ,r'――'".,!| ̄!........--''"~'-.,,_
          ./"  `'-.''yi"      '-//     _,,..--'"''"`'''''-_
         /       ,/.|       //              ./ .ヽ.    (ブランデンブルクが戦線離脱すれば、こちらは有利になる。
        ./        / /       .レ'          .    /  .ヽ\    それに、スウェーデン陸軍は三十年戦争以来、ヨーロッパ
      ./       /  |       .(.)             .`〈     ヽ '!   有数の常勝軍だ。戦いは長引くだろう。その間にフランス
    /       /   |                      .八     ヽ!   は勝つ)
  ,/        /     ,!         !             .i  `,     `'!
 r"         / ,.r ,-"|       ,., !          .,.r7'!, `.,     \



   ヾ、}                                     }
     >                    /              /,
     >             ノ     ハ             イ
      ̄> ,   /  / //      /  !  ,ヘ }      /
      /  ∧   / /}/ミ/  _ >/_,/ ∠__}人   ト、 \
      /イノ|ハ レ'! /  ̄レ'゙ー、   〉ー/<´ __ ト、  /ヽミ、→
          |  \ ト、z==≠''ノ    i' -、< ̄ゞ'ノイ /  }       ……わかった。フランスと和睦する。
          人   (\{        ||  `   ´ ノイ〉  /、
      /   >、ミメ         ||        ,イノ/∧\
     /  // ヽoハ          ||       ノ/_ノ   ∧ \
   /  //   `「i!          ハ       ´ //    ∧  \
 /  / ′    | !',          ヽ′      //       ∧    \
イ   /  /   ┌'└ッ   -、_______,-  /´         ∧     \  ――ブランデンブルク、戦線離脱
      ,      ¨l」¨ 丶     ` ̄ ̄´ `ヾ>、,′        ∧
      /          \           ,ヘ\           ∧


31 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:24:35.57 ID:BoJ1vFIo


         ,. -''"¨ ̄ ¨゛''‐- 、
        /             \
       /        _,.-― - 、ヽ
     /       / ___  ヾ !
     /    /  /´ ̄     ハ`ヽ、 }
    ,'    /  / //  ,ハ / } }、}、!
    //   ,'  Nナメ/_/ // ノ / /ハヽ    スウェーデンにわざわざ、軍資金を送った甲斐がありました。
   //   l|  |マc<ヽ // /7フ/ハ}
   ,'/   ,'||  | `亠 ゛〃 rラァ/ /lノリ    ネーデルランドよりも先に、ドイツを蹂躙するとしましょう。
   / /  ハl|  | ”’     `' /レノリ     フランス軍の攻勢も順調ですし、勝利は時間の問題ですね。
  ,' /  〃ハ  |  ー--´,..イ l| {
  { ,' / l| |,ハ  l|\_,.ィ´l| |  l| '、     ええ、やっぱり私の戦略に狂いはなかった!!!
  l| ! { /ヾ、_ l  l|   /_| l| |  l| ヽ ヽ、
/´ ̄ ̄`\ `|  l|_  {フ!、 l| |  l|  \ \
      \ \_|  l| Y´,ハ ヾー|  l|ヽ  ヽ、\
       `   |  l| ! ' ノ   |  lト、 \  ヽ \


32 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:26:03.45 ID:BoJ1vFIo


   ところが、ここでルイ十四世にとって、計算外の出来事が起こってしまった。

   戦線離脱したブランデンブルク軍は、凄まじい行軍速度で東へ一気に転進し、
   二百五十キロメートルもの距離を二週間で走破した。

   そしてフェールベリンの戦いで常勝スウェーデン軍を撃破したのだった。
   軍団を指揮したフリードリヒ・ヴィルヘルムは、この時初めて『大選帝侯』と呼ばれた。



 ̄             /    , ! `、ー─ "                         /
           \        ̄ ̄∠..|:  / ..     __,       ,.イ  、            ゝ
            \        | ゙/___ソ ̄ ̄/   // l   ハ        |ー,     >
             \      _{ :.:\  /:::_¨}\ー─'ィ/::::::::::!: /:::{ ,      |´.}  <´
                 ̄ ̄  ∧:: ハ:ト!:::《´ヒソ、≧、,/ :\,ィ=|/彡}::|/::〉    :ノ::メ、__\
            /       /:: ヽ.:.:.|`:::::::`=‐"::ヾ":::::::- ̄/ ヒソ`》,::/厶ィ/:: /_: :   ̄\    
                   /::  〉、,|:、       .::!゙゙゙゙/^\:`=´...::::  /ー゙::/ `゙ 、     \
\                   /厶 /7 |:::,      .:::::  ′   ゙     /ー'":     \     ヽ
        ,ィ≡ヽ     |  `゙' ー-、_     :::::          /::::メ::           }     ト、__ , -─ -
  _     |三三|      !        \   ::/:   iー、     ′/             !     !:::::::::::::.
/ _}ミ、,  |三三|     \         \ ヾ、_, ‐'        /:}: ヽ、        i     \::::::::::::.
\ (_三三三三三三      \         \_____,ィ` ゙./:イ:   :::::::       !         \::::::::.
  \ハ三三三三三三三≡= 、____       /ー----─‐′ / ::::}:   ::::::::::::::::   |          \::::
   `ー──‐┐三三三三三三三三三三ミ、 /           /:::::::::/|:   i::::::::::::::::::::、 }          \
   :::::::::::    |三三|`==、三三三三三三:ミ((\ ,.、    / :::::::::::/:.:}:  /:::::::::::::::::::::/!
  :::::::::::::::::   !三三!           〉≧リ}  / |___ / ::::::::::::::/::::ノ: /::::::::::::::::: /  |


33 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:27:35.53 ID:BoJ1vFIo


   スウェーデン軍は大選帝侯を前に、文字通り連戦連敗し、ヨーロッパ側に持っていた
   バルト海沿岸の領土は、その全てを奪われたのだった。
   
   更に大選帝侯は海軍を整備し、スウェーデンを圧迫。遠いアフリカ大陸に小さいながらも
   植民地を築いた(後、軍人王フリードリヒ・ヴィルヘルム一世が全て売却)。


             /^7_
.            ,' / /
           |  //ヘ
           |  /  /
       三 |   /
        -‐¬  {   ミ rへ __  __
 \  /  三  L 」  ミ/: : : : : : : Y: :ヽ
    X  /   ..| | /: :./ l: :.lヽ: : :ヽ: : :ヽ
  /  / .    | | //: :/ノ  l: : `ヽヽ: ::',: : :'.,    おっぱっぴ~~~
  ,′ ,\\   .| |/ l: :/ ○ 丶l ○ l: : :ハ: : : :',
 {     \\ _/: :l: :l@ 、_,、_, @ l: :/: :l: : : :.',
 ―  --  \/:::::::\ヽl.\  ゝ._)  /:// l: : : :..i
  ‐ ― .   {:::::::::::::::::`T7 \‐‐‐<    l: : : :. l
      / /r──‐┼-/l/l// __ヽ  l: : : : : l
   ヽ / /ミ/: : : : : : | /:/: l: : : :Y:::::::l  l: : : : : :.l
        ,': : : : : :./ /: /: : : : l:::::::::l.  l: : : : : : l


34 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/01(日) 19:28:38.59 ID:7RVqv.ko


アフリカ植民地は知らなかった


35 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:29:07.14 ID:BoJ1vFIo


   しかし、大選帝侯は勝利者になれなかった。

   ブランデンブルクの急成長に危機感を抱いたルイ十四世は、二国間に調停と称して
   干渉し、大選帝侯が占領した土地を、全てスウェーデンに返還させたのだった。


.          i'''''----..,,,,,,,,,,__
.          !          ̄ ̄'''''''''-----..,,,,,,,,,,______
          i                         ̄i
.         i   _|_|_                  i
         i    i_|_|_ /--  |__|__     . !
.         i     ! 口  / メ   ! ._|_       i
         i     ___|__    ____      i
         !       二二     |     |      .i
.        !       |二二|__,,,,,_ . |___|      i
        i        ,r'',r´---:.;`ー-.、        .i
        └----..,,,,,,,,,r'´:''''77'i''i-.、'i,:.:':,:.:.`、       !
              //,r'7//!:!i:.i、-:,;,i;:.:':,:.:.:`、,,__    !
.             ,!:i:.:./rレ' .i:i ヾiヾ;,;:.:i;:.:';.:.:.:'i,   ̄'''''''''
             i;.;i;.:i''''i''''i ` '''ーr-ヾ,;'i;.:.!:.:.:.:'i,
             ヾi;`:i ヽ'    iっ/ i`!:.!.:.:.:.:.'i,
               ヾiヽ、,、    ̄/!:.:i:.:.:.:.:.:.:`、
              f''<ヾ'.<7'7-_' ´i'´ ,!:.;i;.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
            ,,,r''<ニ'::,;-i,i: !77i'Vi ,!:./ 'i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
           rヽ,i7´::`ー-',!:,!</ i,;>!/;/  i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、
           i;,;ノ:.:::::::::::,!.i: i、r'ヽr∠/ __,,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,:.:.:.i,
      r‐.、     ̄ヾ;;;f´:.i :i:.:i/''i `'7'i, 'i;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/!:.:.,!
      iー-.i, _    ,i' /;,;,;i-:'''´:.:.:.:.''´/:.:i:'i, ` ̄`´ヽ/. i:.:/
.      'i,  ヽi,_iニ=-'--'i;.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,:-:':.:.:.レ'入__Σ7 レ
       'i, 、    __,,,,i,,i>;,-:.'':.´:.:.:.:._;,/ <____________/
        `ー'''''''´    `ヽ、;,;,;,;r‐'"  θ θ
                             θ


37 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:30:36.93 ID:BoJ1vFIo


   彼はその後、何度もスウェーデンと交戦したが、その度にフランスの干渉によって
   努力は実らなかった。

   そして彼は失意の内に、この世を去った。



             トノ             },イ
            _}                     |
            \        _,         ノ_
            >   / _,x、/  ,ィノ/    '-<
           ∠__  //、__,>- '/∠ノ},    /
             ,イ-、厶  ´   ,' ァュ、<  rル'
             { ,个     _/  `゙,イ ,ィ
             ヾ、!     ヽ>   乃冫
               /i!| `ヽ=== 、_  /ノ/
                   †ト.  `===ュ,イ /イ´
               }ヘ  ,,    >゙∧
              /|{ ヽ-{il!_, イ }=、
           __/ /小   ヾ'   {ムハ
      _ -‐‐ ¨    | |!ハ   /  }ト| \
      `ー、      | |!  〉  (  / }!   ヽ
    __ --‐´\    | ト、,=、   _/ |     X-、
   /       \   | |       /  |      \`ー--、_
 /           > | |       /  / マ===-- _}      ̄\
/          <´  |i      /  /   \             \
___ノ          ヽ   | |     /  /     〉            ヽ


39 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:32:04.75 ID:BoJ1vFIo


【解説席】


 (  /         ____          ヽ __  ) |
.  ヽ|     ,. ,-r::T:「´  |::|:::,.zェェk`::T::l::r:-...、_    ├ '   |
.   |  ,..ィ::'::l:;zュ=+::|   |::l:´:「::::::「`゙:ト::|::|::;:::::::::l`ヽ、. |   |
   Y´::::|::l:;イ´::ハ:::|ハ   リ;::::|:;ィzェミ|::::|::l:,'::::::::::ト、:::::r'   |
    |:::::::|::l::::Vィ'ヽ`ヽ   ´ イ _)ヽ:仆;:|::l,':::::::::├-ミ::}   |     しかし、大選帝侯は確かな遺産を子孫に残しました。
    |:::::::l:::´l { r-'::ハ::l       ら゚:ハ::} V ,'::::::::::::l:::::::::::l   |`ヽ
    ゙l:::::::´:ヘ ゙ う;::::リ:l       {弋_:ソ:リ 'レ::::::::::::::l:--r‐{    |.:.:.:.   強力な軍隊、中央集権された官僚、欧州最強と呼ばれた
    |`TT`:',  辷Zソ ,    ゞ=ニン /:::::::::::::::ハ:::::|::::ト--┘.:.:.   スウェーデンを破った名声。
    |::::l::|::::::}xx`´          xxxx /::::::::::::::,'ノ::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
    |::::l::|::::::、      __,.     /:::::::::::::::/::|::::::::|::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:   これらは無事に、子孫たちに受け継がれたのです。
    |::::l::|::::::::`:rー-....___ , ... _-ノ:::::::::::::::/::::::|:::::::|:::::l.:.:.:.:.:.:.ノ
    |::::l::|::::::::::::|:::::::::::::l,ィ';},. ' ´/::::::::::::::::;イ:::::::::|:::::::|:::::「 ̄ ´
    |:::::l:|::::::::::::|l:::::::/ノ´ /:::::::::::::; イ:::::|::::::::::|::::::|:::::|
    |::::::l|::::::::::::| V/'´ l /::::::::; ' ´  ハ::::|:::::::::::|::::::|::::|
    |:::::::ハ::::::::::| /´ノ |/::::::::/       }::|::::::::::::|::::::|::::|


40 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:33:34.33 ID:BoJ1vFIo


   次代のフリードリヒ三世によってブランデンブルク辺境伯領は、プロイセン王国
   となった。

   これは神聖ローマ皇帝の力が弱まったとはいえ、未だにドイツ内で王を名乗る
   のがはばかられたからだった。


                       _ -‐'"´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
                       /  r:r====ュ r:r====ュ
                    /    | l___l }ニ{ l___l ||
                     |ニ□ニ|___,ノ ヽ、___,,ノ]
                     |____________|
                 |  | |::,/   ,ィ:::   〉:: ,〉
                 |  | |/j:__,,/,ノ__,/|/|,/|
                   /|   |ヽ|、弋:ソ  ´"弋:ソ,〈::::|
                 ,ノ ::|__,/:ゝ、⊂⊃     ⊂⊃:|
               ,>_:::| |: : : :;>:..、 _-__,,ノ::ヘ:|
              ´ ,ノ:/| |: ::/´  || \ / ,〃ハ:|
               <:/ :| | : {、 \ ,ィ⌒Y⌒ヽ,/ 八__,/|
             l`ー─‐/ : :| |: :::〉\__ ̄´勹:{ ̄ ,/:::::\, /
                \  '": : ::|_j:::/ '´ /  .| ̄ |:: 下、>、::_:ノ´
                  `ー--‐'´: :.:{  .〈、 :::|  |::  | 〉: : : :
                : : : : : ::ヽ、__,>={._,,>、__`): : : : : :
                     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                       : : : : : : : : : : : : : : : : : :

        フリードリヒ三世改め プロイセン国王フリードリヒ一世 


41 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:35:07.01 ID:BoJ1vFIo


【解説席】

          ,.. 、   ,. 、
    ,γ⌒ーイ   ヾ _ ゙ヾヽ、
  , './     / //`ヽ.' ヘ ハ ヽヽ  
./  / /  ,'  l |` `゙´´ l | ',  ', ',    フリードリヒ一世は、どちらかというと文化や外交で
   / ,','   ,斗キト     ,ニ|、',  ',. ',
 /| l l    | _| リ     ノL_l   l l',   成果を上げた君主でしたが、あんまり有名ではありません。
´ ,リ. ',',_,..- ' ´         T‐┘リ
 彡|,.ヘ〉.| ===≡   ≡== |  |`    一方、この後に登場する軍人王フリードリヒ・ヴィルヘルム一世
  _|   |               ',  |
‐'´' |.   | XXX        XX,  |    は、富国強兵によってプロイセンを強化していきます。
  ヘ|   |      `(_`チ     ノ. |
   |   |           , ィ'   |    その一つが、募兵制度の改革です。
   |   |`         ´ |    |


42 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/01(日) 19:35:10.13 ID:NYwdanQo


ドイツ領内のブランデンブルクの王ではなく、ドイツの外にあるプロイセンの王号なら許可するってことだ


44 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:36:35.95 ID:BoJ1vFIo


   今まで、兵士の補充にはかなりデンジャラスな方法が使われていました。
   誘拐や詐欺、他には恐喝といった方法です。

   こうして強制的に集められた兵士は士気が低く、また集められるのは農民
   なので畑を耕す人がいなくなり、領主の経済基盤がマヒしてしまいます。

   結果、経済力が低下します。外国で集める例もありましたが、これは国際問題
   に発展する事がありました。


      ノノノノ   ノノノノ   ノノノノ    ノノノノ   ノノノノ   ノノノノ   ノノノノ
     ( ゚∋゚)   ( ゚∋゚)   ( ゚∋゚)   ( ゚∈゚ )   (゚∈゚ )   (゚∈゚ )  (゚∈゚ )
ノノノノ /⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ./⌒|/⌒ヽ ⌒ノノノノ
(_゚∋ヽミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿\ミ/彡丿∈゚_)
(ノノノノ\   /   ヽ  /  ヽ  / . ヽ  /  ヽ  / . ヽ  / /⌒ノノノノ
ヽ(_゚∋彡/ ヽ   /∨ ヽ  /∨ ヽ   /∨ ヽ  /∨ ヽ   /∨ ヽミイ ∈゚_)
 (ノノノノ\|  丿  | |  丿 | |  丿  | |  丿 | |  丿  | |  丿. | /⌒ノノノノ
 ヽ(_゚∋| / .  | | /  | | / .  | | / . | | /   | | /  ミイ ∈゚_)
  .( ノノノノ\   . | | .ノ .  | | .ノ    | | .ノ .   | | .ノ    | | .ノ.   | /⌒ノノノノ
  ヽ(_゚∋彡 . 彡彡   彡彡   彡∧∧  彡彡   彡彡..   ミイ ∈゚_)
   .( ノノノノ\                (;゚Д゚)               | /⌒ノノノノ
   ヽ(_゚∋   .              /  | ←農民          ミイ ∈゚_)
    ( ノノノノ\  ノノノノ    ノノノノ~(,, UU)ノノノノ   ノノノノ    ノノノノ/⌒ノノノノ
    ヽ(_゚∋彡 (_゚∋   (_゚∋     ∈゚_)   ∈゚_)   ∈゚_)イ∈゚_)
     (  ⌒\ (  ⌒\ (  ⌒\  /⌒  )  /⌒  )  /⌒  )|/⌒  )
     ヽヽ个彡 .ヽヽ个彡 ヽヽ个彡  ミイ  //  ミイ  //   ミイ  // ミイ  //
      )). |    )). |     .)). |    | ( (    | ( (    | ( (  .| ( (
     ((  |  ((  |    ((  |    |  ) )   |  ) )   |  ) ) |  ) )
      ヽヽ. |   ヽヽ. |    ヽヽ. |    | //    | //    | //  | //
      ( ( |   ( ( |     ( ( |   . | ノノ     | ノノ    | ノノ   | ノノ
      .ゝゝ|   ゝゝ| .    ゝゝ|    .|ノノ     |ノノ     |ノノ   |ノノ
      ′′ ミ ′′ ミ    ′′ ミ   彡ヽ`    彡ヽ`   彡ヽ` 彡ヽ`


47 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:38:33.52 ID:BoJ1vFIo


     ,..-''"´ ̄`¨゙'_‐-.、
.   /        `゙ヽ `ヽ、
  /   __,.二ニ====、_  ヽ〔 ヘ
 /,ィ''7´l |  | |  |  l.\ \l、
 | | |、 L|  L|.,.ィ'l´  | lト、ヽ Y
 | | |->'   '" ̄ `゙l‐'、ノ| `ヽ|
.└l´ | ≡≡ ,   ≡≡|  .├─‐{
.  | |          |   |) l .|   そこでプロイセンでは、新しい募兵制度を作りました。
.  | |   、-‐─┐  |   |  | |
. .| .ゝ,、.,_ ヽ-‐'"__,..ィ   |   | |   
. ||  | ,lィ'7二´-/´7|   |l   | |
 |.|  |' / ゙''''''''''" | |   | |   | |
 | |  |'   ( )   ト|_,...イ |   | |
 l└‐イ         |/ ./ |   | |
 |   |   ___,ト、/ |  |   | |
 |   |´ ̄     r'〔   |  |   | |



   一つ目が賜暇制度です。募兵された後、二年間は訓練しますが、訓練期間が
   終わると、故郷に帰っていいとされました。

   訓練期間が終わった兵士は、郷土に帰って農民に戻るわけですから、領主の
   経済力低下をある程度、防ぐ事ができます。

               _
            /´  `フ
           /      ,!
           レ   _,  r ミ        ∧,,∧
          /  `ミ __,xノ゙、      r(   ´n
.         /        i        >   ,/    ∧,,∧
         ,'    .     ,'     ~'oー、_)     r(   n)
        ;     ',  l  l                `/  <_
        i       |  | |              ~'し -一┘
      ,.-‐!     ミ  i i                     ∧,,∧
     //´``、    ミ  、 ー、                   ( ´・ω)
.    | l    `──-ハ、,,),)'''´                 ~、/  っっ
     ヽ.ー─'´)                    ∧,,∧    └ー-、ぅ
        ̄ ̄                      r、´・ω・))
                  ∧ ,,∧      >  _/´
        n__n        (´・ω・`)    ~'し-一┘
      ∧,, ∧ノ         c'   っ
    c('・ω・`)っ      ~(_,'ーo'


49 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:40:06.84 ID:BoJ1vFIo


   二つ目が登録制度です。戦時中、もしも欠員が生じた時に備えて、各市町村
   で欠員補充のための名簿を作り、それに登録させたんです。

   これによって、兵員の補充はスムーズになりました。


   __        /         \  {       レ'     }      /: :       |
/二    ̄ニ=-、  {        . : : :ー、   __」  r'⌒ヽ|      /: : : : .    {
: : : : : : : : .ヽ  〉        /ヽ、 \ヘ\ 7   く二アフ    /: : : . r     |
: : : : : : : : : \ r、  /´   |レ'  ̄ ̄ヽフ{       〈{     /: : : : . {:    〈
: : : : : : : : : : :レ  \l             } ヾ  r'´  }ヲ   /: : : :    ヽ    __
: : : : : : : : : : : \  /^ヽ__/l ヽ  r' ノ  `ーァ=ー'_/   /: : :    _,、-=ー' ̄   `\
: : : : : : : : : : : : V rヘ    {`ー-rー'´     /   ァ―=' rへ: : :  /            「ヽ
: rへ           : : : : : : : : |  {       /  r'^X: : : :}  i   /: :             | }
_/  >=' ニ ̄ ニ=-、       -、  ,| ∧,,∧  (_ァ_,ソ {          /: : : :          r'  レ'
  /          ヽ  「ヽ_ヽ  ノ^l_ノ (・ω・`;)っ∧,,∧ 〉 r‐  __ /: : : : :  ヽ      {   }
∨             `ー'    ̄` ク   (_っ   ノ (;´・ω) ヽ__/ __,ス: : : : : .  }  __イ  /
、                       }    ∧,,∧  (っ   ∧,,∧  \     ̄7: :  r'  ̄  |  {
 \              }    ノ (( c(ω・´;) ∧,,∧ ( ;ω; )   }      厂7  }   /   |
   }   r、      ,ィ  ト=-"     〉  ぅ (・ω・#) っ c∧,,∧ヽ`  '´ ノ /  /   /  /
   {   〈 トーr―-" {  {       〈_,ー、c=c-   c) u-u(; ・ω) `ー ‐´  (_, ノ   `ー'
    \  \\_,)    \ \_            uーァ_ノ   ノ っ゛,っ゛   〃
     \_フ        ヽ_ソ                   し-u′


51 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:41:35.20 ID:BoJ1vFIo


   そして、これら二つの制度を、どの区域からどこの区域まで適用されるのかを
   決めたのがカントン制度(徴兵区分制度)です。

   これは実際に募兵を行なう人々の間で縄張り争いが起こらないようにするための
   モノでした。


       ∧,,∧  ∧,,∧         ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧  ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l     ∧,,∧  ∧,,∧ u-u (l    ) (∧,,∧  ∧,,∧
        `u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧`u-∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
         ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
         | U (  ´・) (・`  ) と ノ| U (  ´・) (・`  ) と ノ
          u-u (l    ) (   ノu-u  u-u (l    ) (   ノu-u
              `u-u'. `u-u'         `u-u'. `u-u'


53 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:43:31.47 ID:BoJ1vFIo


  /\  ヽゝ  /                `ヽ
  \  ヽ,   /                 、ヽ
.    \/  /                   _} \
 ┌‐┐   /_,..-―='7''¬ー- 、._      ヽ.ヽ ヽ
  L,/   ,ィ''"´ l  ,..-、l |  | ハ,=、_ `゙'ヽ、_   ヘ├'´
      / /   | ´  ハ |   | .ハ ,.`   \  ヘ|     他にも軍人王は、己の軍隊に過酷な訓練を課しました。
.     / /   リ  、| | |   |リ l、| .|    |.  \ ∧
    ヾ、l    _|゙ー ハ ヽ'   '" ハ└-、_ リ  l ヽ /    これは最強の軍隊を作るためだけではなく、兵士→農民、
      T冖''「    |::|        |:::|  | ``゙ヽ'|ヽ`{    
       |   l    |::|        |:::|  |  l   |ヽニ}ヽ   .農民→兵士というように訓練期間が過ぎたら立場が変わる
       | / ,l   ー'       ー'   | l   | ノ ヘ___l
       レ  { XXX       XXX レ   |'  ヘ    ために、短期間で規律と戦闘技術を学ばせるためと、農民
       |   ヽ、      _        /    .|  、ヘ
       |    |`7‐ッr-、ー',----,='"'"⌒ヽ__,ハ.   ∧  に戻っても兵士としての心構えを忘れさせないためでした。
       |     |/ / | ゝ  __,.-'"     ヘ  ヘ   ∧
     ,.-| l   |''´  | _,l-'"         ヘ ヘ   ヘ                          【解説終了】


54 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:45:14.61 ID:BoJ1vFIo


   軍人王が没した後、一人の偉大な君主が登場した。

   名をフリードリヒ二世。後に大王と呼ばれる事になる
   人物である。


                     __
            _ .. - "´ _.. ̄-―‐=ノ_:`:.ヽ、_
          _.. "   .. ::'´:::::::::r、/`"´ .、`ヽ、:.:.:.`ヽ、
        /    /::::::::::::_:イ    ヽ \  ヽ、.:.\\
        /  /. /:::::::::::::/ハ/ `ヽ   ヽ  ヽヽヽ\:.:\`ヽ
      /   /. //ヽ- ' ´ .//   へ   ヽ:. ヽ:.ヽ:.:.ヽ:.:.:ヽ:.\
.     /   l:l/:/     l/ / l:ト、 ヽ.  ヽヽ:. ',:.、:.:.:.ヽ:.:.:ヽ,:.:ヽ
.     ,'    l://      / /  l:.:lヽ. :.ヽ  ヽヽ: l:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.l\:.ヽ、
     l.   l レ/    / / /i  l:.:.l ヽ. :.:ヽ ト:.ヽ:. l:.:.ヽ:.:.:i:. V:.:l  ヽ:.l
     l   | //    /l   //  /:.:l  ヽ :.:.ヽ. lヽ l:_.l.-''l:.:.:.|:.:.l:l:.:|   ヽl
.    l   y /  イ /:.l  /:.l  //:/___ ,l ト:.:ヽ l/ハ.l:.:.:|:.:.:.l:.:.lハ:.l
.    l  |./ / /:.l l:.:|  /:''T"フ/l:/ __  ll ヽ:ヽl _リ.l:.:.:.:|:.:.:.l:.:リ l:|
.    l  l/ ィ /:.:l:| l:.:l /:.:.:.l ./ナノ_,,..、  l ヽ:リ:ぅl l:.:.:.:l:.:.:.:l|:.l l/
     | リイ l/:.:.:l:l |:.:l l:.:.:ハ/ィ:i´う:::l      ヽlo:| l:.:.:/l:.:.:/l:./ |
.    |l レ| l:.:.:.八 l:.:.:l l:.:.:l:.:リ いノo::l      ヽ ̄ l:./l l:.:./ l/
    |.l |:.l l l:.:.:.ハ V:.:|ヽ:.:.l:.:.l ゝ ' ´      /   l/:.|/:./ /
    |.l l:.:リ l:.:| ゝ.ヽ:.l:ヽ:.|:.:.:|         _ ..  /:.:.:.l/
    |l. |:.:l  l:.:| l:|:.:l\:い,l:.:.:.l        ´   /l:.l:.l.:.l
.    | l l:.:l.  l:ト' l:.l:.:.l. ヽヽ:.:.:.:.:l._       /:.:.l l:.l:.:.l:|
    |. l l:.:l  l:.| トl:.:l:.:.l:ヽヽ:ヽ:.:.:ヽ`7‐- ..._/:.:ィ:.:.l//:.:.|:.l
.   |. l.l.l:.l  l:.:| l:i|:.:l:.:.ヽヽヽ \ :.V:.:.:.:.:.:.:.:.:/ l:.:.:ィ:.:.:.ハl.
   | l| l:l  l:.:.| lリ.:.l:.:.:.l\l\ヽ \\.:.:.:./  /:./l:.:.:/ l|
.   | l l:.l  l:.:.:.l. |:.:.:.l:l:.:.|:.:ハ     `ヽ、く  // l:.:./ リ
   | l l:.l  l:.:.:.:| l:.:.:.:|:.l:.:|/ \      \     l:/
.  | l l:.l. |:.:.:.:.| l:.:.:.:|:.:l:.l.       _..イ二ヽ.
  | l l:.l. |:.:.:.:.:| l:.:.:.:l:.:.l:.|     / /   \
.  | l l::|  |:.:.:.:.:l |:.:.:.:|:.:.|:.l.    / /    /´ ヽ、

    プロイセン国王 フリードリヒ二世


55 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:46:32.94 ID:BoJ1vFIo


【解説席】

    ,ィ''‐/ヽ/ヽー:.、
  /    /ヽヘ ヽ  .ヽ.、
 / /  ///`゙"´| l  |   | ヽ
. l | |_大ナ|'  ナ大 | l  | |ヘ
.|__ .|.==== l ==== ヽ__ノ |ミ|、   フリードリヒ二世に関しては、同時代を扱っている
| .「XXX    XXX |   .|ミl.|   
| ./    、,、 ,     |   |`l.|   作者さんがいらっしゃるので、どうかそちらをご参照
|.l.     ´ `´     |   ├K
| ゝ、.___,.<ソ       _|   |.川   ください。
| |  |./  ヾ)二オ''ハ´ .|   |.川



             ,. ' ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
           /    /          \
          /     /             \
         /     /―――――――――イノ
         /     /: : : : : : : : : : : :| |
        ,'    ,∠ __________/ |
        |   <__:.:.イ:.`メ、/|:/ |:./\レ:.:.〈 |
        ノ!     |/リレ',ィrそド"´ レ ィチxV:.!:.V}      丸投げはよくないんだよ。
       /|    /!:.:.! 〈. トzリ     トzリ }:!::Nリ
     /     /ソ:.:.i xx`¨´    , `¨x{:从 }       なんか、ほら、大王に関するエピソードとか
    /      //|:.:.込、         /:.|.ハ∧
    /     /厶|:.:.|\ ヽ、  r つ ,. く:.:.:! ∧ ヽ     ないの?
   /    /    |:.:.|::::::> ミ  、 <}  |::.:|   ヽ. }
  /i   〃     レ‐‐く\   ̄´ /::!  !:.:<フ二ヽリ
./   //     / /⌒く:\  イ:::::|  |:. 厶--、 }
   / /     (   /,. ┤:::::ヽ /::::::|  |:.厶--、 /


56 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:48:04.93 ID:BoJ1vFIo


【フリードリヒ大王に関するエピソード/アルノルト訴訟事件】


   ある所にアルノルトという名前の勤勉な青年がいた。

   

                   -く/__ : : `ヽ: : : : : :\
                 /:/´ ノ : : : : : : : : ヽ: : '.
             //  ∠: : : : : : : : : : : ': : :i
.              _/ ノ , イ:.{ : : : /{.: : : : : : ! : |
.            イ){ {_ -イ: /ト八: :V/ヽ.: : : :│: |
       /::::::::::ヘY: {: :{:.リ─ \{──}: :/: :| :│
       /:::::::::::::/ ∨|ヽト{   '     厶: : :リ :│       勤勉に働いてるのよ。
     ゝ、 ::::::: '´::`丶/_: l:个 、 ─    /: :./: : :八
       `丶、 :::::::::::::::`ヘ: : : |>t‐≦7: : 厶、 : : : ヽ      そういう設定なのよ。
            丶:::::::::::Vヘ: : |_レ不 _/: :./:::::/ヽ: : : : \
            /: `丶、_:∧: |《_小./ : /:::::/::::::}: : : : : : 丶   文句ある?
              / : : : : : :/::::l: |//∧!: /:::::Y::::::::|; : : : : : : : }
            {: : : : : : :i ::::|∧{ { /|/:::::::::i:::::::::{: : j : : : : /
           ヽ : /: : :|::::::::::::| /::::::::::::::::{:::::::::|:∨.: : : :/
            ∨: : :│::::::::::|′:::::::::::::::|:::::::::|: :ヽ: /
             /: : : : :}::::::::::::|:::::::::::::::::::ハ::::::::|: : : :\
              /: : : : :/::::::::O:ヘ):::::::::::::::{│:::: | : : : : ノ

              製粉業者 アルノルト


58 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:49:34.61 ID:BoJ1vFIo


   収穫された小麦を製粉する仕事をしているアルノルトは、川辺の近くに住んでいた。

   そして、製粉用の水車の管理とお金の徴収を貴族シュメッタウに任されていた。
   代わりに、アルノルトは賃貸料をシュメッタウに払っていたのだ。


       _
      ./::;
     /::... : :  .ヽ               _,.... -‐=‐- ...,
     /::::...._ノハ_____j   _,,,,..___.      ‐' "~  . :.:.: .: :.: . :. . :.:"ー-,,,__
     | ̄_u:::ニ::j:_:|  .:.:...:.::.:.:.";"ー-,,,__
     |:u-:::_:-u::=:|.:.  .:. :. :. :.:. :: :.:.   _二ニ==-―+lllllllllllllllllllllllll+-‐‐
     |::-:u;::_,.-‐'     _,.,, , -‐' "~ _  -     _」llllllllllllllllll_...-‐―‐
  " ,,.:. :.:.:.   _,.,, ,-‐'"~ _  ‐  _  - __....,,,--‐T"7'":;: .:.: . :..:.. .:.:. ヽ:;:..
      __,.-‐'"~  _   -  _  _...,,,-'' ̄    ゞ:l=( ―-  ,,,__.:::.::  )=
     (., -= -   _-= -    (     ゛ __ソ....ヽ_,,__,,..__   ̄`-.._ __.___
      '-  -=  _-= -  _‐=‐゛'‐,,      ,"~~""    。゛ー-―-ー"
       ~'-, ̄ -=_ =-_ ‐=‐~゛'‐-,,,,.,,,_.     ゛ ノv        ,,
       .,, ″'-,,_  ―=- _ニ  ―=―~゛'‐-,,,,., ゛     ゛   ゛
     uiノ     ~゛'‐,,     ―=―= - -=― ~゛'‐-,,,,.,,,_.   ゛
    ,,  ゛    ゛   ゛'‐,,    .  ―=  ―= - -=― ~゛'‐-,,,,.,,,_.
          ,,    ゛   ',,  _  ―=  ―= - -≡―  ニ
                  ゛;;  - ̄  _ ―-ニ_   ―_ ―ニ-  ―


59 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:51:04.76 ID:BoJ1vFIo


   ところが、川上に住んでいたゲルスドルフが川の水を引いて養鯉池を作ったおかげで

   年々、水の量が減っていった。



                 ___
             , ' ´: : : : :,. -- ミ ー-、
             /: : : : : : /: : : : : :ヽ: :./ ⌒ヽ
            /: : : : : : /: : : : : : : : :.! : : : : : : ハ
         /: : : : : :./.: : : : : : : : : : ム: ハ : : : : : ',
         ,': : : : : :./: : : : :/: : : : : /^""'|: : :.! : : :',
         i: : : : : ,': : : : : :!: :,ハ: : /   |: !: |: : : : !
         !: : : : : i: : : :!ハ!V ´「:「`   ⌒!/|: : : : |
         ! : :.f⌒|: : : |! 斗t弌V    斗ぃ|: :!: !:.!
        ,': : : |  !: : : 〈 ん::!}       んリ ムイ:./:,'
        ,': : : :人_|: : : :| 弋ッ     弋ッ ,': : /ノ
       /: : : : : : :|: : ヽ>         、  ムイ
.      /: : : : : : ィ|: : : :|    、_  _   人:.!
      /: : : : /:::::::',: : : | ヽ     ,. ィ : : :!
     /: : :./:::--、: : ', : :.ト、_/}> nく::::::::i: : :|
.    /: : ://::::::::::::∨:.',:. :| >< !::::::|.|::::::::::|: : :|
   / : :.〃:::::::::::::::::::::!::::',: :! 仆、::::::「}::::::::::|: : :|
.  /: : :./::::::::::::::::::::::::::|:::::',: V八 ハ::::| |n:::::::!: : i
  /.: : : :!::::::::::::::::::::::::::/:::::ハ: :.', | }::n |. V:::|: : |
. /: : : : :.|::::!::::::::::::\:〈:::::::::::!: :.V Ⅳ::| U〉 ∨}: :.|
,': : : : : : |::::!:::::::::::::::::レ':::::::::::|: : :レ'::::::i リ / }| : |
|.: : : : : : |::::!::::::::::::::::::!::::::::::::|: : :.!::::::/    }|: :.|
|.: : : : : : |:::::',:::::::::::::::::!:::::::::厶イ::::::::{    / !:/
| ! : : : : :.|::::::',::::::::::::::::!::::::::::::/:::::::_}    / ノ
从: : : : : |::::::::',:::::::::::::::',::::::::::, イY^!   〃
  \: √:::::::::::',:::::::::::>' ´:::::::::::::い, イ´:::|
  /::::\::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::::::::>'´:::::::|

      貴族 ゲルスドルフ


61 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:52:35.84 ID:BoJ1vFIo


   製粉に使っていた水車が、水量が減ったせいで動かなくなってしまった。
   仕事ができなくなったアルノルトは、賃貸料を滞納してしまう。

   そこで製粉を委託していたシュメッタウは、アルノルトの水車小屋を売り払う
   事にした。

               .. -―‐- 、_
           ,. .:.´..:.:.__ミヽr.:.:.:ミ丶.
          /.:.´:.:/.:.:.:7´:.:ヽ:ヽ:、:.:.ヽ
         /.:/.:.:/./.:,./.:. :.:.::| .:.i:.ヽ:.:..'. rぅァァ、
         l:/|.:/ .斗ァく//.:.:/:斗‐:ト:.:}.:.:.:.V{ `'ーノ
         {レ{.:{.:.:/イ≦|ハ.:./イ≦ミ}:.:リ:|:.:/:.ヽV´
          / .:..: V〃fうミi` ′'fうミ V:. レ'.:.:.:.:.:`ァ
       /.:.:.:イ:.:.ハ` ヒツ    ヒツ ノ:/.:.:.:.:.:.:./
        l.:.:. {,L、从    __, 、  /.:.:;.:.:,.イ
        {ハ:/ r'ワ {:.\ V__i_ソ /.:.:.:彡/.:.リ     水車を競売にかけるよーーー!!!
        __レ'个トNーミ、zーチ'.:.:.:.:.:.:./彡'
       「´.:.:.: レ^.:.r==ァュく/.:.:.:.:.::./
       ∨.:.:.:.j.:.:/:.乂ノ|トVノ:.:.:.:::イ
          廴:_(:.:《:{ /!j:.:.:.:.:.:.:./
               ト::.::.ヾ::.::.::.:..:.:./
           ノ:.:.o:.:. \.:.:.:.:.ヘ
             ん、:.o:.:.:.:.:0》.:.:.:.:.:.\
          /:..:.. \:.:.:.く/.:.:.:/ ̄:.`:フ
            〈.:..:..:..:.}.:.`:.ー{`ー:'..:ヽ:.イ
          i`¨¬:__:.}-― ´ { _,..ィz.、
           |    /  ヽ    ´`ヽ`}li}
           |     /     \    厶イリ
          |    ′     `ー‐ ´  ¨′
          }   }
            i   .:i
           卜--‐{
            !    !
           廴__ ,{
          ヽ三ツ

       貴族 シュメッタウ


63 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:54:12.16 ID:BoJ1vFIo


   しかし、これに納得がいかないのがアルノルトであった。なぜなら、水車小屋を失うという事は
   仕事を失うという事だったからだ。

   アルノルトは裁判所に訴える事にした……


         / : : /: : : : : : : : /: : :.:.| : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ.: : : : : : :\
           /: : :/: : : : : : : : /. : : : :.|: 、.: : : : : : : : : :.|: : |: : : l.: : : : : : : : :ヽ
        /: :/:.:: : : : : : :./: : : :/ |: : \: : : : : : : : |: : |: : : |.: : : : : : : : : : :
       .' :/.: : : : : : : : :./|: :/   !: : : ∧: : : : : :/.|: :人.: :.|.: : : : : : : : : : :
        レ': : : : : : : : :.:./ .l/ `ー-ヽ--'l |.: :.ーァ'ーl/ー ヽ人: : : : :./: : .!: :    水量が減ったのは私のせいじゃない!
.       /: : : : :|: : : :.:.V  ,.-==ミ.、 \| l : :/  ,.-‐=ミ、 \.: :/.: : :.|: :
      /: : : :/|: : : : : { 〃   。- 、ヾ   //   〃 。- 、  ヽ  ! /: : : : |: :    なのに、貴族は勝手に私の水車を売り払う
      /: : :./ : |: : : : : :ヽ{{  ん、:::)}           ん、::)}   }} l/: : : : : |: :
.     /|: : /: : : :.!: : : : :.\ヾ  弋こツ           弋こツ ノ /: : : : : :. |: :    つもりだわ! 
   〃 |: /: : : : : ヽ: : : : O (つ___          、___(つ/: : : : : : : ,' : :
  /: : :.l/: : : : : :/|\: : ハ   ::::::::::::    '       :::::::::::<: :-‐.|: : : : /: : :    こんな理不尽があってもいいの!?
/ : : : : : : : :. :/:| |: : \ハ                        /: : /|: : /!: : : :
: : : : : : : : :. /: : :| |: : : ∧. ヽ    __      _      /: /:.:|/  !: : : :    シュメッタウを訴えるわ!!!
: : : : : : :.:/ : : : : | 人: : : : \ `  「三二  ニ二三)   イ/: : : /   .!: : : :
: : : : : /{.: : : : : : !  \: : : : \  .>         . < /: : : :/   ノ: : : :


66 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:56:01.52 ID:BoJ1vFIo


   しかし、シュメッタウは無罪判決となった。

       r-、                 , -──‐‐-、         r、________,.へ
      / '------------'^ゝ      / ,-─==-‐‐、\         | r--、 r--、 r--、 r'′
    ノ ィ r-、 r-、 r-、 r--′    / ,,---、  ,,,---、ヽ       | |__| |__| |__| |
   ノノ | | | | | | | |   ,.、    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i       し'─ r-z r-z ─‐-'
  lニニニ  ニ  ニ  ニ  ニニ ゝ   |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |     lニニニニニ |  | ニニニニ'^ゝ
     | | | | | | | |       __| ,,、--└Li┘---、 |___           | |  | |
   r--' `ー `ー `ー  `ー'^ゝ  { ti/   /\   \iァ }     lニニニニ  |  | ニニ'^ゝ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    Y    ./´ ̄`\   Y´   r-、__,. -''~ j.  | |
     ノ j ヽヽ ヽヽ  ヽ丶    ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ   ゝ、,.. -''~フノ  | ニニニ'^ゝ
    ノ 丿  ) ) ヽ )  ゝ )  / /  /  i  ヽ ヽ   \     ノ "   | |
   `ー´   `´   `´   `´  i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !  -''~       ー
                   | i   i     i    i  }    }
               ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
            ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
         ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
        /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
       / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i




.       ,: : : : : : : :|: : : : :..:.|: :..:.:l:..:.:/_.,ヽ.-‐-|\: : :.:',: : : : : : : : : : |: : : : :
..      ,: : : : : :..:.:.l:..:.:.lヽ: :l:ヽ:斗.'/   .\:..:|  ヽ: : :',: : : : : : : : : :|: : : : :
        i: : : : :..:|:..:.ト:.:斗'`: .'、: :.:|/  -‐ _,,,斗|,,_  .',: :.l: : : : : : : : :..:| : : : :
.      |: : : : :..:l:..:.| ',: :ト: :..:.:|\:{  ,ィl{:::::::ノo,っ. ,: ,': : : : :..:.|: : : :l : : : :
.       |: : : : : :.',: :| ._V,,_\ {  ヽ.  ;o'"´゚ ̄ ゚ ;;  .i:/: : :.:,':..:.:|: : :..:.l : : : :;
.        |: : : : : :ハ:.l .イ{:::!っ ヽ    ;;  //// ;;. /: :..:.:/: : :.|: : : : :l : :..:.i     そ、そんな!? それじゃあ、私はこれから
      |: : : : :..:l:.:.:ヽ;;゚´ ゚;; /     ;;        /: : : : :/: : : :.! : : :..:.:l :..:.:|
       |: : : : : :ヘ:.:.:i|;;//.;;      ;;     /: : :_:/: : :..:.:;: : : : : :.l: :..:|     どうやって生活していけばいいのよ!?!?
        |: : : : :', : \l|;  .;;      ,、-、   ̄ ̄ ;;  |: : : : : ,': : : : :..:.:i:..:.:|
.      |: : :.|: : 丶、_>.;; , .-‐ '"´  -‐ヽ     ;;  l: : : : :/: : : : : :..:.|:..:.:|
       !: : ハ: : : :..:..:i.',  ;; ヽ-‐ _  -‐ .'';;     ;; ..,': : : ,.': : : : :!: :..:.:|: :..:!
      ',:.:.| l: : :..:.:トヽヽ ;;  ̄      ;;    .;;  /:..:/: : : : :..:|: :..:.:!: : :
..      ',.:l .',: : : :.| ',:.:`\;;       ;;  _,、,;;'' . /:/: : : : : : : :.|: : :,' : : :
.         ',{ . ヽ:..:.:| ',:.:.:`-\     _,、;;,、'"-'´   '  |: : :: : : : : :.!:.:/:.!: : :
           \{  ',:.:.:.:.:.:.:.`、-‐,´‐"゙ V         .|: : : : : :..:..:,';/: :.:',: :
                  ',:.:.:.:.:.:.:.:.|`´:.:.:..: :.:.:V      .|: : : : : :..:./-.‐- 、',:
                   ',: : : :..:.:|:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:.V       .!: : : : : : /     ヽ
                i: : : : :.,' ‐‐‐ - ‐ .'´:V     ,': : : :..:.:,.'
                |: : : : ,'     ヽ 〃  ..../: : :..:./


68 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:57:37.15 ID:BoJ1vFIo


   悩みに悩んだアルノルトがどうしたかというと、


               ,. -‐ '⌒\
       ____/           \/⌒\
      /                  \  人__
     /         /      ___∨   }
     |     ヽ  /   ,. :<´: : : : : : :!: :\  !/
     {  ____|,/  /: : : : :.!: : : : : : : :.|: : : :\ト、
     !イ    n| /: : : : :/: ∧: : : : : : : |ヽ: : : :.| .}
     V   _r' ∨: : : : :./ \ ヽ: : : : : :.レ |: :|: :|/
      |  く    V: : : / ⌒ヾヽ |/ !: :イ⌒ヽ: |: ハ
     /   \   }: :|/   ヒリ   |/ ヒリ 〉!: : >
     /    i   }  |:.人  ー―    , ー― /: : |    このまま座っていても、飢え死にするだけだ!
   ∧   !   |   ! : !:> ///     ///厶ィ: ∧
   | \. /   |   |:少 、     ∠.〉    ノ|/  }   こうなったら一か八か、国王陛下に直訴してみよう!!!
   |   \   |   |\:>`>'' ⌒\/ ⌒ヽ }.  |
   |   /   |   ! ノ='/      }    ! !  |
   |   /    |   ! /::::/ /     !    ! ヽ |
   |   |    |   /:::/  /     /    |` ーrく\
   |   |    人__/:::/  '     / !    |     | |


69 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 19:59:05.68 ID:BoJ1vFIo


               )) )) ))
              (( (( ((  , --、
               )) )) ))ノ: : : :⌒\_
                   厶-==ミ/⌒:`ヽ
                / : ´/: : : : : : \: : : :|
               '´:/⌒ヽ : ⌒\: : : ヽ: : |
                 /: : :!: : : : : : : : : : ヽ://:}ヽ|
                  ,': : : :|: : : : : :, : : : : : ∨:ん小、
             i: : :{: ト、{: : l/ メ、: :} : : Vヘ: : : \     国王陛下に直訴なんてしたら、不敬って事で
             |: : :.N○\|´○ ∨: : : :}: :ヽ : : : )
             l八 .}//////// 厶: :ノ:∧: :リ: : :/     処刑されるかもしれないけど、どうせこのまま
              ヽ/-ゝ f二二}_.イ/j/ ∨: : :(_
                 ,⊥ Y⌒ソ´⌒∨  /___∧: 八:/    じゃあ、遅かれ早かれ死ぬんだから、行動
              {   ヽ!、 j, -‐'⌒ヽ/ーr'´ jノ
             Lr‐-、 `丶-=-、_xく_ _ノ{        あるのみ!!!
                {__,.> 、__/ ノ〈ー<\
               く|  |  .}ヘノ^ ∨   〉
                }|  |  ムノ     マ〈 〈
                    ノ|.  i|  ,′     〉〉 ヽ、
                    〈_j.  j| .ハ        j/   )
                 _/ _ノ  V\    _厶'  /
               /:::::ノ'´::::\_ノニ二ニニ∠二.イ
            (__(____/
              ̄  ̄ ̄


70 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:00:34.00 ID:BoJ1vFIo


   アルノルトの直訴はフリードリヒ大王の元に届けられたのだった。

   そして裁判の経過と、判決を聞いた大王はかなり立腹した。



                    ____ _
                ,.‐,..:'´.:::::::::::::::/〉ーヘヽ、_,へ.
              /./:::,.ヘ:/`ー/     ハ'⌒ヽ \
                ,.' ./:::/ /   .::/ .::/  l.    ヽ\
            / ./:::/     .::.:/ .::/:!  .::!::.ヽ.   \\
            ,′.:i:::/  ./  .::.:/ .::.:/.:,'  .: lヽ:. i:. ';.  ハ、\
             l ,'.::.i/ , /   .::.::/ .::.:/.:/  ;イ:| ';: !:  !  i ',ハ ヽ
              l ::.::/ / .:i ,.:-―/―;イ /! ./ !/―ト.l_:. :|.: |: i: |  |
               | ::/.;イ .:| .::. : / ://ソ/ .:/ リ___ |::j::.:: !.: !: }: !
               l /;イ.:! .:.:l :.:,イレ'不}'´/./  '{不ミレi::.::.,'.:: ,'.:.:.ハ:|
               |'´.::.::| :./! ∧|'k:rj:.| .'´     Ⅳj:.} i.::./.: イ.::.,' リ    水車が動かなくなったのは、アルノルトの
               | ::.::.::|:/.:i/.: .;Ⅵ>'     ,  ヾソ/. /.::/ |:./
               | ::.::.::l'i:.:.l':.:.:ハ´ ``      ``厶イ/| ,'/       責任ではない。
               | ::.::.::|:l :.:.:.: :.ハ、     ´.`   .イ.:.´.:/:|'´
               | .::.::.:|从:';.:./ }iヽ       イ:|:l::.: ./:/|        よって、再審を命令する。
               !.::.::.::.! !:ヽト、 :{'  ` ‐ - 1´i :|//.: /!∧|
              ,'.::.::.:://,<l Y ',     ト}ヽ/イ.:./.:リ::.:ハ
              ,'.::.::._/>'  j  \\      l '´/イ<__/:.:|
          /.;:rく三ミ、、     \ト、- ー!   ,ィ彡≧ト、
         r'´ ̄ ̄ `ヾミ三三ヽ、  \  j ,ィ彡'´  |:::::::::〉
         |/`ヽ::::::::::::::.\` ̄ヽ三二ミヽ.i彡'´.     |::::::∧
        /´`ヽ \:::::::::::::.\   ,>'´ ̄{Z}´ ̄ `ヽ  !::::/ ∧


71 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:02:04.64 ID:BoJ1vFIo


   アルノルトは地方裁判所の人々の助言に従って、今度は川上で水を引いて
   養鯉池を作ったゲルスドルフに損害賠償を求める裁判を起こした。


                          /           / !          /
\                       /   / _     / ノ        /
  \                 _,. --──--、_   ヽ  ,イ_>-、_/⌒)   /
   \              /           \   ,イ__>-、_  ヽ/  /
     \          /(            ノl  |\-、  1  | /
      \        (  `ー---------‐''" ノ    Y"ヽ、レノ
        \       (|`ー===========‐'"|)      _,.-ノ
         \     f`ー==、____,. =''" |\   ノァ-イ
                |`ー‐-.._____,. -‐''"l  \/イ-‐"
               ノヽ=.._       _,. -'"|  / ノ
────────    { 、_   `ー----‐''"  _ノ }. /`ー"  ─────────
               ト-.._         _, イ`
               |_     ̄`ー--‐‐' ̄    j
        /       |`ー--、_____,. -‐‐'"|       \
      /   ,. -‐''" ̄ゝ               ノ`ー-、-、     \
     /   / /    >、`ー----------‐‐<    \\     \
   /    / /      ト-..__ ̄ ̄"""" ̄ ̄ _フ      \\     \
  /      |  |       `ー.. ニニ__ニニ_フ         |  |       \
/       |\\        `ー------‐‐''"        / /|         \


72 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:03:34.03 ID:BoJ1vFIo


   しかし、またもやアルノルトは裁判で敗北し、請求は棄却。
   ゲルスドルフは無罪となった。

       r-、                 , -──‐‐-、         r、________,.へ
      / '------------'^ゝ      / ,-─==-‐‐、\         | r--、 r--、 r--、 r'′
    ノ ィ r-、 r-、 r-、 r--′    / ,,---、  ,,,---、ヽ       | |__| |__| |__| |
   ノノ | | | | | | | |   ,.、    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i       し'─ r-z r-z ─‐-'
  lニニニ  ニ  ニ  ニ  ニニ ゝ   |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |     lニニニニニ |  | ニニニニ'^ゝ
     | | | | | | | |       __| ,,、--└Li┘---、 |___           | |  | |
   r--' `ー `ー `ー  `ー'^ゝ  { ti/   /\   \iァ }     lニニニニ  |  | ニニ'^ゝ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    Y    ./´ ̄`\   Y´   r-、__,. -''~ j.  | |
     ノ j ヽヽ ヽヽ  ヽ丶    ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ   ゝ、,.. -''~フノ  | ニニニ'^ゝ
    ノ 丿  ) ) ヽ )  ゝ )  / /  /  i  ヽ ヽ   \     ノ "   | |
   `ー´   `´   `´   `´  i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !  -''~       ー
                   | i   i     i    i  }    }
               ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
            ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
         ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
        /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
       / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i


73 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:05:04.51 ID:BoJ1vFIo


   しかし諦められないアルノルトは、今度はベルリンの高等裁判所に訴えを出した。


                          /           / !          /
\                       /   / _     / ノ        /
  \                 _,. --──--、_   ヽ  ,イ_>-、_/⌒)   /
   \              /           \   ,イ__>-、_  ヽ/  /
     \          /(            ノl  |\-、  1  | /
      \        (  `ー---------‐''" ノ    Y"ヽ、レノ
        \       (|`ー===========‐'"|)      _,.-ノ
         \     f`ー==、____,. =''" |\   ノァ-イ
                |`ー‐-.._____,. -‐''"l  \/イ-‐"
               ノヽ=.._       _,. -'"|  / ノ
────────    { 、_   `ー----‐''"  _ノ }. /`ー"  ─────────
               ト-.._         _, イ`
               |_     ̄`ー--‐‐' ̄    j
        /       |`ー--、_____,. -‐‐'"|       \
      /   ,. -‐''" ̄ゝ               ノ`ー-、-、     \
     /   / /    >、`ー----------‐‐<    \\     \
   /    / /      ト-..__ ̄ ̄"""" ̄ ̄ _フ      \\     \
  /      |  |       `ー.. ニニ__ニニ_フ         |  |       \
/       |\\        `ー------‐‐''"        / /|         \


74 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:06:34.38 ID:BoJ1vFIo


  
   しかし、またまたアルノルトは敗訴し、ゲルスドルフは無罪となった。


       r-、                 , -──‐‐-、         r、________,.へ
      / '------------'^ゝ      / ,-─==-‐‐、\         | r--、 r--、 r--、 r'′
    ノ ィ r-、 r-、 r-、 r--′    / ,,---、  ,,,---、ヽ       | |__| |__| |__| |
   ノノ | | | | | | | |   ,.、    i ''"フ-ァ'ハ ,r‐< i       し'─ r-z r-z ─‐-'
  lニニニ  ニ  ニ  ニ  ニニ ゝ   |   '`ー゚ 」  L`゚‐'^ |     lニニニニニ |  | ニニニニ'^ゝ
     | | | | | | | |       __| ,,、--└Li┘---、 |___           | |  | |
   r--' `ー `ー `ー  `ー'^ゝ  { ti/   /\   \iァ }     lニニニニ  |  | ニニ'^ゝ
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    Y    ./´ ̄`\   Y´   r-、__,. -''~ j.  | |
     ノ j ヽヽ ヽヽ  ヽ丶    ノ  ∠__/\_ヾ、  ヽ   ゝ、,.. -''~フノ  | ニニニ'^ゝ
    ノ 丿  ) ) ヽ )  ゝ )  / /  /  i  ヽ ヽ   \     ノ "   | |
   `ー´   `´   `´   `´  i  /   ,'    i   ヽ ヽ   !  -''~       ー
                   | i   i     i    i  }    }
               ,.、-‐‐┤ :   !     !    }  ! ノ ノ‐--、,_
            ,、-''"    ヽ ヽ  ヽ丶   !   ノ ノ  /    `‐-、,_
         ,、-'"         \ \ ヽヽ  !  /    //         `'‐、,_
        /            \ヽ、,,__ ヽ、,, i/ //  /            \
       / \             ヽ  `r-、,  _/ /   /            / i



                -―――‐-
              /::.::.::./::.::.::丶::.::.::\  
            /::.::.::./::.::.::.::.::.::.:∨.::⌒\  
              /::.::.::/::.::.::.::.::.::.::.::.ヘハ::.::.::.::.ヽ
            ′:/:.::.::./::.::/::.:/ー ー|::.::.::.::.: i
          ,'::.:/::.::.::.::.::{::.:/{::./     |.:j::.: ::.: |   X
.            ::.::/::/::.::.::.:/∨-V一'′ーj/| /::.:: |   ┼     貴族と裁判で争うなんて、バカじゃないの!?
            /.:.:.{:/::.::. \:ニ==ミ   x=ミj/.::.::|.:|   ┼
        /.::.::〃ヽ.::.::.j:.丶     、   /.::/j/   メ      農民風情が私に勝てるわけないじゃん!!!
          /.::.::.::{!  |.::.::.ト   /`ーァ  ' イ |
       /:/⌒ヘ  ゝ、::Y \ 、__ノ イ.::./.::.|
.      /://    __  ヽ'.  个ー<|.::.::.:{ヽ八
    \{.::{.  \  ∨/ {::ト  / |.::.::.:| 丶:ヽ
    :::::  ̄\  ヽ.ノ/ .ノ::|\    人.::.::ヽ  }.::.:'.   ――ところが、この判決にブチ切れた人間が一人いた。
     ::::::::::::::::: `<. (_,イ.::.:|   ̄   \.::.ヽ |.::.::}


76 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:08:01.89 ID:BoJ1vFIo


   それはもちろん、フリードリヒ大王その人だった。

   大王は判決に関わった判事全員を罷免、または禁固とし、アルノルトが被った被害には
   全額賠償する勅命を出したのだった。


                / \  ∨        \   ヽ  |  /  /
     , -―- 、_  /    │ xく            \          /   /
    〃::::::::::::::::::}}::`V    /ー'レヘ.}               ,、 rz    /
    / ::::::::::::::::::::ノ:/    /    jー!|   ─   ̄ ̄    ry' ⌒_/
  /::::::::/:::::/:::/7   /    /勹ノ             ヽ`巫'ーヵ      ̄ ̄ ̄ ̄
/:::/::/::::::/:::/    /      /  /     ──       `じ' ̄ ← 裁判官
: /:::::/::::::::::::,'    /       /  .,'           /           ─   _
::::::::: //:::::::::!   イ       /⌒V          /
:::::::/:::::::::::::::|   }     /  /           /    /        \
:/::::::::::/::::l:::|  ノ    /    /          /     /       |     \
:::::::::::: /::::/|:::| /    /   ,'                /     │
:::::::::::/::::/´|:::l ん-、__/   /                  /
::://::::/  l://〃ハ:_: ヘ.  /
//::/  /    }_:_:__〉 ,/
. /::/          ノ: : : :レ'
-∨――- 、_/: :\_」  _____________________
ー| : : !: : l: :ヽ: :\: : :/                    ┏ ┓ ┏ ┓ ┏ ┓
/!:/|: :│: ∧: : :ヽ/                   ┣ ┫ ┃ ┃ ┃ ┃ Hits
 ̄!>f:_:_,Z:/_:_}_:/                   ┗ ┛ ┗ ┛ ┗ ┛
    ∨    l          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    `、    │
     ヽ.    |


77 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:09:43.81 ID:BoJ1vFIo


         , - == ニニ、 ‐- 、
        //‐ 、‐'´\‐- 、`ヽ、\
     /ヽ∠-イ   \  \ \ ヽ ヽ
   / / /  |! ヽ  \  \  \ヽ ヽ      大王曰く、
  // / / l l |l  ヽ  \  \ 、\  l
. /// / , l  l l |ヽヽ 、\.  >─‐\\\ !
///  j ! !  !_l_L \ ヽ ヽ´ヽ\\  \ヽ ヽ    『もはや水を失って製粉する事ができず、生計の道
li l/l l l 、 ヽ´iヽjl  ヽ\ ヽ,ィ示テ、lヽヽ`!  !    を失った者から、賃貸料を滞納したとの理由でその
l! l! l | ! 、\ヽjriテミ       {fじcj | l lノ|、  !   水車を没収する法があろうか』
i ! ! | !ヽト、Nヾ.ゝtソ '      ̄` | .! l  |  !
   !iヽl  lヽ!ヽi ""   r‐、  "" ! j li  |   !             ――中略――
    ヽ   l l  lヽ、   ー'   ./l / l !  |   l
       ゝヽ ヽ i`   、__,. -'´ _,//l l l   |    !  『思うに、この判決は不法きわまるものであり、
       l l| \\ヽ、 _{´ ̄ ̄ 〃 .l /! l    |   l  国父としての私の意にまったく反するものである』
        l l|  ヽ!、ソf{      / ,rノ ! il\  |    l
       //|  ,. l l'´ ! ヽー==''´/ / j !.  \|      『私の欲する所は、貴賎貧富の別なく何人も迅速な
       //ノ/ l l  |ヽ    /  / /ll   __`ヽ、    裁判を受け、位階や身分の差別なく万人が公正な
      .// jヽ\//   ! ヽノ/   /./ ll  /r'ニ‐rヽ   法に浴する事である』
    //./\ヽ//ニニヽ ∠ニニ//ニjj‐'´彡/ ̄`l l 
    /// l  j7/ゝニニVニニニ//ニ〃ニ/|    | 
   .// .| j ///    ̄n }.  ̄ ̄// 〃    .|       |
  //  !ノ / l l    Uノ   / V/   {   |       |             ――大法官フュルストに言った言葉


79 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:11:04.43 ID:BoJ1vFIo


          i r ァ  ( ソ r /  )  人  Y   !
          | ,!/ 二ニ= ,―,-r =r' _^) 匕.!    |
          l _ソ´ _ /_L _ / ! l L _ ハ `>、|   |
        ∠´ィ '´ハムtVi/ ヽ} V_/`}7ト、 ヽ!    |
          ,' 人 /'´ん、:}     了示xハ ト、ヽ、_ |    
         !  l下 弋zク      Kじc八i/ ! ̄ |
           ;  ,!|     '    ゞ'='" |  l     !    つまり、法の下での平等ってヤツだね。
           ,'  ,! i、   、            !   !     |    
        ; ,:'.l  l,ヽ、  ̄ `ー '     ,.イ ;' |     {    啓蒙専制君主の面目躍如ってところかな。
         ; ,' l  ハ ファ、     _ ィ ).Y i .|   l
         // 《|  ! r' l\_T ー.≦ _ </i  }、_}   l
.        //{ _/  | | |  ` ̄ ̄  /./  .! ハ    i
        {人.V  l! ! |  、_   / /  ,' / ::}   ',
      /`^' {   !| l     /  /   !/ .:::;   ',
      ,'   !  i l. lr=、ト===r'--、 ./   ,'   ::::    }
       {     !  j ! ゞ='.L_/)_ノ /{   i    ::    i


80 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:13:11.52 ID:BoJ1vFIo


         _, -ー,=、ッ-、、.-‐、
       //´ ̄´  `  `   ヽ
      / /     ;ヘハ  l   ハ
     /  /    l |   | _l_ |   |
     /_,..┤   zビ''|   ´リ `l  リ
     { _ | | _,.l ''ー'   ___ l`r{        さて、この段階のプロイセンには『参謀本部』の『さ』の
     ト、 ミ T´ | ===   ` ̄´|´ハ _
    ,' r-,、{ |  | xxx     xxx|l'`∨       字も出てきません。
   ,'/∨ `|  |、   ー'ー' _,. ィ'| _|
   /  ヽ、| | `ヽ' ニ '´ |  l.|,イ
 //  ヽハ  |   ,    |  | |        しかし、その時は近づいていました。
/ /__   l ヘ リ  /_ ┼┐ }-、', |
'´  ` -'/ ,人'   ム /、/  ト、ヽ.|        ナポレオンの大波がプロイセンを襲う時が!!!
      ` Y ヽ、      ,.┤
         ヽ'_ `T ┬'T´ l ,〉
          ` 'ー┴r'フ´
               ´


81 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:15:04.85 ID:BoJ1vFIo


              /.::.::.::.::.::.::.:/:.::.::.::.::.::.::.::.::\.::.::.::.:\.::.:ヽ
             / :.:: /.::.::. /.::.|.:::.::.::l.:::.::l.::.::.::.::.',.::.::.::.::.::ヽ.::.',
           〃.::.::.:/.::.::: /.::./|.:::.::.::ト.:、|.::.::.::.:: |.::.::.::.::.::.: |.: |
              //.:/::.,':|.::.::.::.|.::∧|.:{.::.: |ヽ:`l\ー-|.::_.::.::.::.::.:|.: |
          /イ.::.l::.:l.::|.::.::.:孑イ j八.::.:| \∨\.:}\.::.:!.::.::.|.: |
           レ'| .::l::.:l.::|.::.:: ∧::.L、 \{  行示沁ヾ!.:/.::.::.:l.: |
           | .::l::.:l从.::: l〃レf沁      {!ヘ:::rリ }}∧.::.::.,' │  
.            l.::小.: ヽ\{iハト:::ri}      V込ソ j/.::.}.:: /.::.:|
            \レヘ :.:\{  V少   '      ,,  |/.://:,'.:: |    え、と、それでは、次回お会いしましょう。
            /  `トヽム  ''     rっ       |.:/.::.::./::.::.|
            \__,/|.::|:|人            イl/.::.::/ .::. リ
              {: |.::|:l.::.::{> ._      _ イー|:l.::.::/.::.::j/
              {: |.::|:l.::./ ̄`Yえ.=≦ー┴┤.::/:://
                  ゞム.:!Ⅳ / ̄Ⅵ :::::::::::::::::::::||.::.xく
              , -‐\{   //^ヘ ::::ー=::/ル'´  ヽ、
                /^\ ∧     jJ::::::::/        >‐、
             ∧   \∧  ^  }::::::/    _ -==彡'´⌒\ 
            ,' ヽ   ヽ_)―-、 /::.:/_ -==彡'´ ̄/      ヽ          ――次回につづく
            {   \Y /==-  \∨=彡'´ ̄  ∨       }

              ゲルハルト・フォン・シャルンホルスト


83 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:17:12.41 ID:BoJ1vFIo


 これで本日の投下を終了します。

 長々とした投下に付き合っていただいて、ありがとうございます。

 次回の投下は、3日火曜日の18:00を予定しています。

 では合間にあった質問に答えます。


15 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/01(日) 19:07:11.69 ID:NYwdanQo


デュ・ゲグランは?<フランス史上最強


917 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/01(日) 18:12:09.11 ID:NYwdanQo


あれ?ブランデンブルクって、ホーエンツォレルン家がルクセンブルク家から買い取ったんじゃなかったっけ?


87 :豆戦車 ◆2VT6k5G/yw [saga]:2009/11/01(日) 20:25:36.04 ID:BoJ1vFIo


 前スレでブランデンブルクは、ホーエンツォレルン家がルクセンブルクから
 買い取ったという話ですが、もしかしたら、そうかもしれません。
 
 一応、手元の資料には皇帝からの下賜という風に乗っていましたが、
 研究者や本によっては書いていることが若干、変わる事は良くあると
 思いますので、ぶっちゃけ、どっちが正しいかわかりません(涙)

 >>15 デュ・ゲグランは確か百年戦争に活躍した将軍だったと
     思いましたが、確かに言われてみればナポレオン以外の
     フランスの勇将だと思います。
     
     ちなみに、自分はテュレンヌよりもコンデ公の方が好きです。

      ではでは~


88 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/11/01(日) 20:46:43.11 ID:NYwdanQo


>>87
ホーエンツォレルン家が買い取り云々というのは私も新書で読んだ話なので史料からではありませんから、私もどっちが正しいか分かりません。

出展は菊池良生著「ハプスブルクをつくった男」です。

フス戦争の費用調達のために金印勅書で有名なカール4世の次男のジギスムントがホーエンツォレルン家のニュルンベルク城伯フリードリッヒ6世に売り払い、彼がブランデンブルク選帝候フリードリッヒ1世となったとのことです。


デュ・ゲクランについて触れたのも自分ですが、彼は百年戦争前半の将軍で、エドワード黒太子に対抗し、シャルル5世による官僚制と常備軍と相まって、クレシーでの敗北以後、劣勢であったフランスの領土を百年戦争開始前まで持ち直してますね。


やる夫が鉄血宰相になるようです まとめ


やる夫が鉄血宰相になるようです 間幕第二部 中編 プロイセン王国と参謀本部について

スポンサーサイト

コメント
×ベット○ベッド
【2009/11/02 18:32】 | 以下、名無しにかわりましてワロタがお送りします #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://version45.blog85.fc2.com/tb.php/671-40d8551a
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。