ブログパーツ

Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ 電子たばこ

Powered by Ayapon RSS! オススメ 電子タバコ キャッシング比較

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やる夫が第一人者になるようです9

2009.07.01(19:51)

730 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:10:39.59 ID:J6Kv8j.o
紀元前36年秋

やらない夫、やる夫の命を受けイリリクムに出陣

    / ̄ ̄\  了解しただろ       ____
 /   _ノ  \              /      \ イリリクム地方の平定を命ずるお
 |    ( ⌒)(⌒)           /─    ─   \
. |     (__人__)  \      / (●) (●)     \
  |     ` ⌒ノ     \    |   (__人__)       | 
.  ヽ       }        \   \   ` ⌒´     _/
   ヽ     ノ        \  ノ           \
   /    く  \     (⌒二               |  
   |     \   \         \         |  |    
    |    |ヽ、二⌒)       

暴れまわる山岳部族を平定し、ダルマティア海岸の安全を取り戻す為だ

    やる夫はローマ市民に安全を取り戻すお
    ⌒|/⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒
      ヽ   ____
        /⌒|::⌒\
      /  _ |::(●)\
表   /   ⌒ |ヽ__)⌒::::\   裏
     |     (__ノ|r-|:::::::::::: |
     \    ´ |ー´:::::::::/
               ∧
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄\
 ここらで一つ戦争やって頼れる所を見せ付けるお






732 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:12:00.18 ID:J6Kv8j.o
パルティア遠征で一敗地に塗れたアントニウスも名誉を必要としていることでは同じだった

          |                 

    ,   ‐-   _」                 L  -─- 、
   l         |                |       ハ
   |       |               |        ,′
    ヽ      |                   |        /
    \       ヽ                /     , ′
      \ _ -、_ニ、      _ - '     _/
     r  ̄,   ´ _ノ            ,.. ='-ァ  今度こそ、勝たねばならん
     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | /
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    |  ヽ
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |  ヽ
    _」 |!       イj k     _ ′  | l     ト、  ヽ
  / l ||  |     f トヽ  `ー==-‐'  イ、    l \ L_
 / / V|  |    |  } \、_ 〉 ̄く_, ≠  }    \ ト、  `i
 ≠` <      |  人  \    / /7      ヽ| \  |
     \      j /   \ ヽ / //         ヽ   \|
       \  / く      ヽ V∠ /        /    \
         ∨    \    /匸!ヘ  \    <´/         \

紀元前35年初旬

アントニウス、再度東方攻略に乗り出す
  ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、             復讐しにきたクマー
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩ きたクマー!
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/









733 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:12:39.09 ID:J6Kv8j.o

            /       r'´ \    , ‐'´ ┐
           ノ        L   ヽ /  __」
        '""':'/       {::.`゙ー-斗ィ -‐'´...:::::│ '""':'     ""':
            /   !     ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    "'::;;;,,...,,;;::.....;:
          ,'    |      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::|   ふふ、覚悟はできているかね?
      ;::'""':: !     l         ヽ:::::::::::::::,':::::::::::,.. |  、
 "'::;;;,,...,,;    ノ r‐ 、 _」        }:::::::::::/ン'ニ´::│  ト、
         /  \ 亅      ,ィゝ:::::::::j ,/tj `フ│ { \'""':
          l    ヽ/      ,ィ=-':::::::::::::,イ--==┘::.|  \ ;; '',,, ;; ''""'::;,,.,,,
         !    /     /:::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::ト、   ヽ
.,,, ;; ''""'::;;,,.,,,./   /     j     / │        イ ヽ  ノ
       /   /    r‐‐-、    \」         /〆/ 
    _∠__/      ヽ、 `ゝ、__      __,イ  /_ /  ;; ''""'::;;,, 
  /´   /       「`ヽ ヽ  ヽにニニ二,ン/ /   Y    /    "'::;,...,,;;::'
,‐'´    /        │  }   \_  ゙ー--一 ´ {   │  弋

目標はアルメニア、昨年の裏切りに報いを与えるためである









734 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:13:30.27 ID:J6Kv8j.o
裏切りは権謀術数渦巻くアジアの常だ。あっさりパルティアに見限られたアルメニアは
アントニウスに屈する

     _/ ,-'::;:/:::lj:::::::<;::::::::::ヾ;ヽ,、_     
    ノ _,-'´_,-‐''<j::/;;'/l:::l::、:ヽ、;;:、ミ-‐   
 , -'´//:::/;イ:::l:::,:::::ゝ;::::ヽ、::ヽ;::::、j:::l:::::iヘ,___
/ / /:::::k::l::|l::::|::|::::::k;:::-:、ヾ;::::::、:::l::|:,;;:l ヾ;
./ /::/::/i::|::l::|l:::l::|::::l::ヾ;:::::Y::ー;:::ゝ::l;;l:::;リ lj ,/
 /:/:i::/::l::l'、<;:::l::|l:::i::::|::::ゞ;::::|l:::、;:ヾ;:!リi/ヽl / 
r'/:/l;|:::l::l:|::ヽ;;;、;lヾ;::、l::,::::::ノ:l|,:::!,|:::::}ヽ、 j'  /
j:/:l|::l::!::|::l::::i|:::l:、'ハ;、:ヾ;:_\_'jヽ;:l::iミ::リjヾ、  /{
/|:li::|l::l::|l:::}:::|l:::}l:ゞ;::ヾ;;ト、;;:ゝ:ト;;;;ゝlj,;::ヾ、   /
 レi:|:|;lヾl/i:、:ゞ;ヽ;:\:_;ゞ;,ミl;j王トlj:l:l/!」j\    クソッ、何故だ!
  |:l|:l::|::!:|;::i,_ !\//r(:_)_X /-ゞ>‐‐‐'ア\   ./
   レ'i_l,|lレ'((:)_,ゞ=` '-='"´ u /  /   \_/
   |::::::ヾ;li|l``'f  ,      / /  __    \
   l:::::::::`ヽi、 !___-   _`ヽ l/  / /      \
  /⌒ヾ、ル'\ーt-‐_´二ヽ,/ / /      /
  i  \ヾ、_  \ヾ:_,..!ノシ' / /      /
  |_   ヾ:、\ヽ.`ヾ、 //  /       /
  l `ヽ、  l| l ヘ、 _ソ/ /     / /
  | l   / ,>  / //        /
   |    /ゝ--tr'´ ./        //
  /ヾ、 :/ ´   /    .      / /ヾ
 ./ ノ/     /         / /
   /      ./        ./  ./   ./
 /       ./        /   lj  / /
/       ./                /


アルタウァスデスとその家族はアントニウスに捕らえられる

更にアントニウスにとっては幸運が続く
     ∧         ∧          ∧
      / ヽ      / ヽ_       / .∧
    /   `、___/   `、⌒ヾ⌒ヽ/  ∧
  /       /    (.....ノ(....ノ   / ヽ  ああ? 黙って俺の言うこと聞いてりゃいいんだよ
 .l::::ノ(        |   ι メディア ι::(....ノノ
 |:::::⌒ -=・=-  / ̄ ̄ヽ      ::::::::::::::/`ヽ
 .|:::::::::::::::::  \_(___..ノ     :::::::::::::::::::(....ノノ
  ヽ:::::::::::::::::::  \/ヽ   ι ::::::::::::::::::::::::::ノ








735 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:14:09.50 ID:J6Kv8j.o
敗北の屈辱は共有できても勝利の富貴は共有できないのが人の常だ
ローマへの勝利によってパルティアの威名は高まった。そうなると相対的に周囲の威名は落ちる


.       /:\              /:\            ご
      /::::  \            /:::::: \.          め
      l::::::   \          ,ノ::::::   \         ん
      |:::::::::    \ .__,,,,―--ー‐´       \.        な
..     |:::::::::::::::::..                   \        さ
     |:::: .     ;,     ,,ヾ,,,. ;;' ,,.r.:,==、-、.  ヽ..       |
    /         ,,.;;;;;;;;;  ;人; ;: ,;l.:.:.{ * .} );,  ヽ      |
    /       ,.;;-'ニニヾ;;、:;ヽ;;  ヽ, ゙ヽ,:.:`--'.,..//゙   ゙、    い
   .!     ゙ ;>'",..--、  ゙i;, l;;゙;::i:;)   ヽ`'ヽ`゙"゙ヽ;::゙i,    l    |
   |     / /.:.{ * } ,./,.;:,,,;;;;;;;:;:;:;:;;;/;;゙ ,.-、;;;; : ヾ;;;゙i,.  ゙i
   |    i |::.:::.:`--'シノ-‐''"´ _,..,へ (⌒-〉;!:,;;;;;,.. ゙i;;;:!  l
    .!:,:,: ;;;;:;,l ;;:゙`-==' ,ィ"..   i:(⌒`-‐'" _,.-'",,._ ヽ,ヽ;:゙:..  |
    l;';';';:;;;;;;:;:..   |;;:l,. ,. ,. ,:;/ `_,,,..--‐''"´ _,..,へ ヾ-〉;!:,:.:.!\
     ゙!;;;;::;;;;;;;;;:;:;::;;:;:l;;;:!;;:;:;:;:;/  / ,,;____,,...-''i"  l_,.-‐! ||;:;::;,' \ 
      ゙、;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;:l;;:!;;;:::;/  / ,,;/`i  l  ゙!,..-'゙'iY゙i, ゙!;;;;;/.   \
        ゙、;;;,. ゙'';;;;;;;;,. ゙、;;゙!;: l  ,' ;ノ、_ノー‐'^`''"  ,..ィ' l`'l .!;;/     \ 
        |ヽ:,:,:,:;;;;;;;;;,. l;;;゙i |i_/∠i゙i'"゙i‐┬‐┬'''i"_,ノ"/ .//       \ 
      ,/:::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,,`'";ヽ`ヽ, `ヽlヽ~-^ー'^,.-'" .//         \
    _ノ::::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, ゙''ー-‐''"   //
   ,/:::::::::::::::::.  ゙ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、__,...-‐'",./
  ,ノ:::::::::::::::::.     ゙''-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,...-'"
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.

パルティアの脅威に怯えたメディア王国はアントニウスに和平を打診する








736 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:14:36.07 ID:J6Kv8j.o
幾度かの交渉の後、アレクサンドロス・ヘリオスとメディア王女ジョタペの間で婚約が成立
                    __ _        「!/7
                  ,r'´ ,r ニ 、ヽ     /ふ(⌒r_-_、_
                 /// ,rニ 二 、ヽ   .l'、そrィ(_,,},}ニ)
              i//// ,r ニ 、r゙!   l ` ''ー<´..... __゙!
             lr 、彡 ノ,ノ´ ̄ }i;}    ゝ.,,__       : |
            ,rーゝ '´ ̄、ー-、 -;リノ   f彡'、ニァー_-_⊥!
          ,/ヾ< :.      ̄ l'7′    i彡ゞー'  ー :f'!
       ,.、‐'":ヽ::::\ ヽ   __ァ'′       _,チ. :.  _ '/
      /::::::::::::::::ヽ::::::ヽ `/)乙二ス、   ,rニ ̄`ヽ` ;-<
     /:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::;/ ーンノハヾ,!} /- ... `ヽ、 ,! ! ヽ
   /::::::::::::::::::::::::::::::/^i´    /(_, イヽ'    :..  \,!  : ',
.   i:::::::::::::::::::(⌒/:::::::::::l,r‐ァ''";!/:i,  |:::::::゙!      :..  \:  ',
    !:::::::::::::;:、-'":::::::::::::::::::|::/::::;:':{;::::i, |:::::::::} :. i    :.. ヽ :. ',
   }::::::;:::'::::::::::::::::::::::::::::::::|'::::;:':__:i;::::::i, l;::::::::|  ヽ _,,..、、-‐ 'i ゝ,
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:;:':::|ll|::l;:::::ヽ.',:::::;!   ゙i      ノ .: )
    ,!:::::::::(⌒)::::::::::::::::::::::::::|::::::|ll|,r;|:::::::::'J:/  ``ヽ、  __,,. r=ニ=ュ __
.   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|ll|/::|:::::::::::iノ   r=''.,,´__::::::(   )::::`_,''=ォ
    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|,./'ii'彡|::::::::::::゙!   └- 、.,,__`''''ー:--:‐''''´ _,. -┘
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|"'"´';:::|:::::::::::::|ヽ.     |::::::::_`::''''┬t‐‐'_"::::|
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   ;'::|::::::::::::::! \  |::::{´ `i;::::l:::l::i´ `i::|

手段は違えどローマは本来の目的である東方の国境を確定させ、安定を手に入れた









737 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:15:17.26 ID:J6Kv8j.o
紀元前35年秋 アントニウス、アルメニア遠征を終えアレクサンドリアに帰還

パルティア遠征の失敗は食事も喉を通らなくなるほどの不安を女王に与えた
     _,...........,__
    ,.ィ'" ...:::;;;;;;;;;;;~`:;、
  /  ...::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',
  | ,rrェヒミ〈;;;:リナナク,;:l!
 !斥y'r。xツヘ '・`,,,シミ;:;;:|
  |トニ斗テi"| :;フハコ=7-i;;| (俺の嘘だけどな!)
  :|::ll::::l!:|l|ハ::;;| | ! !| li ,l、
  |ト|!:::l!:||kキ;|干!,!,!ノノ:,!;l
  !|ヽヾヾト'^"~'' ,'' "//;;;;'、
,r'-:ゝ ,ィ;'  ,.-...,,;:,,' /l::::;;;`
ミ  ,:':;/ヾ、  .,,. ,,_;:' l!
::`:'";;,'  `:;、 :;;: ,;' .,!
^:、 ゞト、  :,! ':;;, ;;'  '"!
、 `トr=ミ:;、 !  ':;; ;  : |
`、 :ハ  い `!     |
  :!:::::i、..,,_ノ ::;

           ,. -‐              .: ..::.: ::..::::.::... ::. :::::
         /          . . . ::. : :. ..: ::.::::: ..::.::..::: :::::..::::
         {  ,  ハ     |      i     l  ノ  ,.. . ::.::::
         ヽ { / i、  |      ゝ、   ト、゙ー' ,ヘ 
          \`\ \  ゝ ヽ、    ヽ.   | _/ワ´l 
            `ゝ \ ト、 `-‐'\    }  .∨j辷'1 | 
           _亅  _} L__ゝ、   ヽ  /   /_フ  /
          /´ ,r' ´  ヽヾ__rヽ   │ l   / _fJ_,イ
        / f ,イ    /j '^"ソ   ∨  ./ {  | |  なんとか彼女を安心させてやりたいものだ   
         { V ヽ   L_/   / ,イ  j  /   l  |  l
_ _ _ _ _.  \ .ヽノ    /   〈  ぃ  {  {_ノ  l  ヽ、
  ...........:::::::::::  〉 /   ,ゝ-‐、 ヽ. {!   ヽ  `\ ゝ  \
:::......:::::.     /,r′ ./l   ゝ、 }    冫  ∠__ ‐^ヽ   l
        /ノ´l   {__,┴‐´ ̄/L_  /  ,ィ'´     ヽ |
       ヽ ヽ_,.」  ヽ   ./ _/ |  /       丿│
     _r=ニ、ヽ ヽ   \/ヽ、ト、  {  {      /^ヽ、\
      ̄ ̄^ヽ、丁~ヽ、  \  ゝゝ' │  ヽ、 , -‐'´







739 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:16:32.76 ID:J6Kv8j.o
アントニウスはつかさを安心させるために今回の遠征で得たアルメニアの富を携えて女王の膝元、アレクサンドリアを訪れる

               !`ヽ
               l   \___    __
          ,. ヘ    ヽ:`>'´    `ヽ
         /: : : :.\   ハ、 _____ヽ
         /: :  : : : :.´ヘr.'´: ハ:ヽ: : : : :`ヽ
      /:  . : : : : /: : _,/:: :/  い: : : :.',
         .: : : : : :./:ィ'´:/ : /   l:.ト、: : :l : : :'.
       l: : : :l: : : : :l: :///     l/ ヽ: :}: : : :.l
      |: : : l: : : : :.ィ'ラ示       x=ミ }: /: : :!: :| うん、すごいね
.       |: : _|: : : :〈 代::ハ     んハ|/: : : :ト. :!
        l:.:.{ |: : : : l 辷ソ      {ゝ-:ハ/l: : :./ '.:l
      l: :`l:.l: : : | :;:;:;    .   ー' ム!: :./  |l
      |∧:| l: : : |、   ‐-   :;:; /ーr ヽ
.        l/ `い: : :|:`: ..、 ____,.   ィ ど´ /
         ∨ヽ:.!`y'ノ  ノrヽム,(´   ノ
           /:.7ヘノ { /  r‐'/:.〉  イ`i
        /l: :| !て V  rイ  !/ヽ./  !
         l !:.{ ! !ーr イ l  / /    ト、
         | l:.| l ! ! ! l ヽ、     | }、












740 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:17:14.68 ID:J6Kv8j.o
一行が凱旋式を模したのはアントニウスの見栄だ
                        .________     /⌒ヽ、
 δ                     /____ 、、、、__\    l∧ " \         
  ∧ ∧ δ     ドン       ./____@ミ   ∧∧__\    (  ゚Д゚)
  (,,゚∀゚).               / ____ミ、、、、ミ,,゚Д゚ミ_\  。と__ノ
  ⊂⊂ヽ           ドコ  /____________\      ♪
   丶 ノ~    ∧ ∧        || ヽWノ   ♪.       ||
    ν      (*゚ー゚)       .|| .( ゚Д゚)   ┏━━━┓ || ∧ ∧   ∧∧
    δ      /つ つ ドン   .|| | つつ//┃ 太鼓. ┃ || (,,゚Дメ)  (゚Д゚@) ∧ル∧
          ~ ノ     [||||||||||||ー|  |   ┗━━━┛ || / Ω| ∥と y J ゞ(゚Д゚,,)
 ♪   ∧ ∧  ι´U    (・∀・)|| U U     ||  ||    ||(___ノ    ∧∧_  | つつ
     (,,゚∀゚)   .δ     ┌───────────────┐   ( ,゚ ノ  |   |
     |つ[|lllll])        └───── ∈-Ж-∋ ..─────┘   _|   ミ) ∪∪
   ~(  /          *∧i∧  ||   ノ ::(,,゚▽゚)::ヽ    ||   __  (,(|  |  ヘ ヘ
     ),ノ  ∧☆∧ ♪ (・ω・*) .||  ヽヘ::::(YYY)ヘノ    ||  ∧_l_ ∪∪ (・∀・,,)~
    υ    ( *゚∀゚)   |⊃ |⊃ ||   ∧ ∧   ∧ ∧  ||  (,,゚Д゚)     ∧ ∧ ♪
[|||||||||||||]    |⊃  |⊃  ((ノノノヽ ||  ミ,,・∀・ミ  (・ο・)  ||  //  | \  /Ψノノハ%
 ヾ;Дメ   ~│|||│☆☆☆    〓〓~(___ノ~(,,uuノ  〓〓\____/ ノ§・∀・)
 /|っyっ    .∪ ∪ ( ・∀・)                            ~(_つつ
~   |
     < ̄ ̄ ̄\|  /_: : : : : :`>x.
        \__ ≧7―― ヽ: : : : : : : :ヽ
         /: /'´: : : : : :\:\: : : : : : : :ハ
         / : : : : : 爪ヽ: :, ―. .、ヽ: : : : ::|: ハ
       /: : :/: :/ _/ ! ', | \: : : \| : : : : !: ::ハ とっても、素敵――
     /: : :/: : :|/::' | ',l   \: : :|: : :!: ::!:/: :|
    / ィ /: ::イ ! :|  !  !     ` ┤: :|: ::|': :| |
   ´  / :| :/.:|::Ⅳ         ニニ孑 :,'|: ::| : ハ| 
     |: ::|/: ::', : !ヽ z彡    xx |: //: イ: /
     |: :∧: : :ヽ|: :ハ xx.  r_ァ  /イ,' :/_!/_
      Ⅳ  ', : l::/| :≧┬―..,..≦::://:::::::::::\
         ヽ|ヘ |/ /::\:::|/::::::'´:/ ̄ ヽ::::::〉
             /rァっ::ri^l^ト、/:::::::::::::::::::Y
           / ̄\ ソム‐―┴ 、::::___|
             |:::::::::::::ヽl::::::::::::::::::::::::Y :::::::::::::|
             |:::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::|:::::::::::::/

地中海世界の東半分を手に入れていながらアントニウスは軍人最高の名誉である凱旋式を挙げたことがない
愛する女の前で名誉を得たい。ささやかなアントニウスの願いだ









741 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:17:52.64 ID:J6Kv8j.o
だが――若き支配者にとっては、そんな甘さは絶好の餌だ

              ,. -─────────‐- .、
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\
           /                     \..
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::      \   
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \ リア充には死あるのみだお!
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \:  
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \
    /     ../ ̄ ̄\ /   ::|::   \ / ̄ ̄\..     \::.
   /         :::::      |      |      |       :::::      ヽ::
  |               |      |      |              |..
  |               \__/\__/               |..
  |                |       |               |:
  |                |r─‐┬──、|                |::
  ヽ                |/   |    |              / ..
    \              \      /             /
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             / ..:.









742 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:18:39.77 ID:J6Kv8j.o
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \   阿部さん、アントニウスがアレクサンドリアで
|       (__人__)    | )) 凱旋式を挙行したんだお
/     ∩ノ ⊃   /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  |\ /___ /|
  |          ノ
  ヽ   y    /
   \ /     /
    /   /
   (___)_)

         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l    
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}   ……あれが? 
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ    
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、   正直、おままごとにしか見えないぞ
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、  
            ヽ、  /__,∠、    `'-、  さもなきゃ劣悪なパロディだ
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l










743 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:19:26.07 ID:J6Kv8j.o
       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \  そんなことはどうでもいいんだお
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \ 
  |  l^l^lnー'´       |  人は自分の見たいものを信じる――
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ           なら、ローマ市民の見たがる悪役を与えてやるまでだお
   /   /

         ,,ノ' ´    ` ''ヾ、
        /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、 |  その言葉をそんな風に取るのはお前さんだけだろうよ
         }f'tr'i  ''^'tォー`}j/i',|
         l.| ´ |    ̄  vijソ.!   オレの見込みどおりいい根性してるな
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|  ま、だからこそ力を貸す甲斐もあるってもんだが
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、__ 任せとけ、期待は裏切らないさ
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉










744 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:20:47.94 ID:J6Kv8j.o
噂が流れた

    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) アントニウスがアレクサンドリアで
| U (  ´・) (・`  ) と ノ  
 u-u (l    ) (   ノu-u   勝手に凱旋式やったみたいだよ
    `u-u'. `u-u'   

最初はそれだけだった内容がローマ市民の悪意ある期待に沿う形で膨らんでゆく

曰く、アントニウスはローマの神々ではなく、女神に扮した女王に戦勝を捧げた――

曰く、アルメニア王アルタウァスデスを晒し者にし、女王の願いを聞いてその首を刎ねた

曰く、自分の子に今回の遠征で得た土地に加えメディアやパルティアの地まで与えアジアの王になろうとしている

ローマ市民はアントニウスの不見識に呆れ、憤り、エジプトの女王を罵った











745 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:21:19.42 ID:J6Kv8j.o

      ∧,,∧  .∧,,∧      アントニウスッテサイテー
  ∧∧(`・ω・´)(`・ω・´)∧∧
 (`・ω・´).∧∧) (∧∧(`・ω・´)
 | U (`・ω・´)(`・ω・´) と ノ サイテーダヨネー
  u-u (l    ) (    ノ u-u
      `u-u'  `u-u'

こんなことまで言い出す者も出る始末だ

      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \ アントニウスは女王の
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__ 媚薬で操られているんだよ!! 
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /
       l   `___,.、     u ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../

    _人人人人人人人人人人人人人人_
        >   な・・・・なんだってー!!   <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、u.   |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'<_o.7 !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ∥  .j     (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ u |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃    \二-‐' //













746 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:22:21.40 ID:J6Kv8j.o
やる夫はアントニウスの行動を強烈に非難
         ___
       /     \
      /   \ , , /\  アントニウスはアジアを我が物とし
    /    (●)  (●) \ 
     |       (__人__)   |  自分の王国を作ろうとしているんだお!
      \      ` ⌒ ´  ,/ 
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃  女王の色気に負けたアントニウスは裏切り者だお!
     |            `l ̄
.      |          |


アントニウスは再び手紙を送り冷静に反論した

.         , ‐ 、                   _..-:.: ̄:.:`ヽ、
        l   \               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、
        l     `ヽ        ,..-―-:':.:.:/:ヽ、:.:.:ト、:.:,ィ:.:.:.`!
        ヽ       ' ̄`ヽ  ,へ._):.:.:.:.:.:.::.:.:i:.:.:.:.:.:.:/|``''"!:.:.:.:.|
          _..>-、‐     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、、|:.:.:.:.:./ノ   l:.:.:.:.:| 憶測でものを語るのはよしてもらおうか
    _.. ‐ ´  、   T ‐    ヽ_:.:.:._イ:.:.:.ハ.|:.:.:./ェォ.、 ,ィ:.:.:.:.:.:!
_.. - ´       :|     l        ',:¬‐-イノ::ト!:.:.:i   i  L;.:.:.:.:ト..、
       /ヽ   l ';        |',::::::::てっ:!l:.:.:.:.':,  .:l  ト、:.:.:ヽ::::\
    _.. ‐ ´    }  :l  \      .:l`',::::::::'う:/ノ:.:.:.:/. ー= ,イ/:.:.:.:.}::::::::|
_.. ´       ,'  ';.    `   .::::l-.lヽ:::::V/_:.:.:、ヽヽ'::::l'_,(:.:.:.:./::::::::/
        _.. -' ヽ  ',     ::::;イ!: :!:::::::::|:::::):.:.`)ノ ヾ'、/ノ:,:.:.ヽ::::/
   _. ‐ ´      l:       .:://:l.: :l:',::::::l::::i:.:.:(_/ i ', ヽヽ>:.ノ´
,. ´      _ィ'⌒ヽ l    .:/ /:/: /.!:l:::/::::::7>::つ l|  ! r'、:.:(
     _..  '´  ヽ / ;'_..:/ /::/- ' /!:!':::::(_´:<´ら     ' さ´
 - ' ´      / ̄:/  /::/― ': :l:l::::::::::l`ヽノ      ' ヽ


アントニウスの主張を簡単にまとめるとこうなる

三頭政治の協定があるにもかかわらずやる夫はアントニウスの協力を無視して西方で得たもの全てを自分の懐に収めた
更に西方の土地を自分に何も残さなかった。故に自分も同じようにするしかなかったのだと










747 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:23:12.19 ID:J6Kv8j.o
やる夫はこう返した
       ____
     /⌒  ⌒\ ホジホジ
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  それは違うお。やる夫はアントニウスがアルメニアを分かち合う 
  |    mj |ー'´      |   つもりがあるならやる夫も自分の得た物を分かち合う用意があるんだお
  \  〈__ノ       /  

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  それに、アントニウスは勇敢な兵士の助けでメディアとパルティアを手に入れた
  |    /| | | | |     |   そうだから西方の土地は必要ないと思ったんだお
  \  (、`ー―'´,    /

アントニウスのパルティア攻略失敗を揶揄した強烈な皮肉である
やる夫はアントニウスと対立する姿勢を隠そうともしなくなった。何故なら――










748 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:23:40.25 ID:J6Kv8j.o
紀元前34年初旬

やる夫、ダルマティア海岸の安全確保に成功する
                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     平 定 完 了         │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

頼りない少年から若き指導者へ。イメージの改革もさることながらこの勝利はやる夫にとってそれ以上に重要な意味を持つ










749 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:24:55.17 ID:J6Kv8j.o
やる夫の権力基盤は市民からの支持だ。だが、市民の心は気まぐれだ


\\   メシ食わせろ!  メシ食わせろ!  メシ食わせろ! メシ食わせろ!     //
  \\                                               //
    \\   メシ食わせろ!  メシ食わせろ!  メシ食わせろ!       //
      \\                                       //
       _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
     ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
     (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡
    _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.     _ _∩.
  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡
  (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.   (  ⊂彡.
   |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     |   |     |   |
   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J

セクストゥスとの戦いの折、熱烈やる夫支持者だった市民が飢餓の気配を感じただけで手のひらを返した
やる夫は「カエサルの子」という名前に依存しない自分だけの権力を必要としていた

ダルマティアの勝利は求め続けていたやる夫の独自の権力が芽吹き始めた証拠だった









750 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:26:18.37 ID:J6Kv8j.o
                    ................:::::::::::::::::::::::::::::::::::.............
                 ............::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..............
             ミ            _________
              ヽ \           ./\|//////\
            ./ \ \   ./// .|___|./////:::::\\
       ∧_∧/     ̄  /∠∠∠∠∠∠∠∠∠/:::::::::::::::::\\
      (;´Д`)     i i i    ̄| ┌┬┐┌┬┐   |::::::::::::::::::::::::::::| ̄
''""~"'''"/    ヽ''"~"__i i i--、 .| ├┼┤├┼┤   |::::::::||||||||||:::::::|
    ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::| ..| └┴┘└┴┘   |::::::::||||||||||:::::::|
iiiiiiiiiiiii/ \ヽ/| |iiiiiiiiiiiiii::..  ノ__ノ..|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||  |::::::::||||||||||:::::::|
   /   \\| |          ||_||_||_||_||_||_|__.||||||||||:::::::|
   / /⌒\ し(メ    .i i i . ..|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ||  ||乃三三-_
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...  ザックザック
            ノ・ ./∴:・:
紀元前42年、やる夫は内乱の危機を冒して退役兵たちに土地支給を行った

数年の時間を経て生活が落ち着いた彼らはやる夫支持を固める勢力として頭角を現す

  \\  やる夫! やる夫! やる夫!!     //       
   \\                        //         
       ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧         
      ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)      
      (    /   (    /   (    /   (    /       
    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧     
   ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/) ( ´∀`)/)  
   (    /   (    /   (    /  (    /  (    /   
    |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     
    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J    

父親の威光にすがらずとも個人的な恩義によってやる夫を支持する勢力が誕生した

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   
/    (─)  (─ /;;/  
|       (__人__) l;;,´ もう妥協は必要ないんだお
/      ∩ ノ)━・'/    
(  \ / _ノ´.|  |    
.\  "  /__|  |     
  \ /___   

実力でもアントニウスに近づいている。その確信があった









751 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:28:00.96 ID:J6Kv8j.o
紀元前34年


               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   ! 阿部さん! 話があるんだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /  やる夫の為にカッコイイ詩を一つお願いするんだお
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

イリリクム平定を終えたやる夫は自派の勢力強化に努める
                    
      _,,.、、、、、.,,_         
    /.:::::::::::::::::::..`ヽ、       
   / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、    
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ     
    | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j      
   |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{      
   .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙     前にも言ったと思うが、援助と引き換えに
    }:::::::::::::::ノ゙  l  /      
   ,xァ''ー'゙'`    '、 /       詩を作らせるような真似は許さないぞ
  / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_ 
 ''^ーァ 、_____  ̄ /    
  `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、 
  /           /    ヽ 
 ,'        ,   /      ゙、
          l /  __      !
          l, l  く,_  、   |
 ''''ー--_  、、,,,_リ    `ヽ、ヽ, ,!     /   ̄`''ー'、
       ̄`¨`'''|!    _,,..、二,,_,〉'_ー_/    , ,、   `ヽ,
          |!   'ー''"´  '! /     /ニ''''ー ---'-









752 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:29:58.03 ID:J6Kv8j.o
やる夫は御用詩人を用いる愚を犯さなかった

  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) ))
      (((i )__  ( i))) 
     / /⌒  ⌒\ \  それぐらいちゃーんとわかってるお
     ( /( ●)  (●)\ )   
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   たしか阿部さんの所には生活に困ってる詩人が
     |              |  
     \             /    沢山いたから彼らを阿部さんの名前で助けて欲しいだけだお

            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ    それでいいのか。そう云ったからには
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、     本当にそれ以上のことはやらないぜ
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \

         ____
       /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\  やる夫は正しいことをやってる自信があるお 
    / ::::⌒(__人__)⌒:::: \  
    |     |r┬-|     | だから生活が落ち着けばきっと彼らもその喜びを感じてくれるお
    \      `ー'´     /
      >         <    そうすれば自然に詩は出来上がるお
     ( |        / )
      `|       /'
         |   r  /
       ヽ  ヽ/   








753 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:30:39.22 ID:J6Kv8j.o
詩人の自発的な意志に任せるやり方故に確証はない。けれど、やる夫の狙いは見事に的中した
     ヽ       j   .す
  自.   ゙,      l.    ご
  信    !      ',     く
  作    ',        ',    :
  で    ト-、,,_    l
  す    !   `ヽ、 ヽ、    _
   ;    /      ヽ、`゙γ'´
      /         \
      !   ト,       ヽ
ヽ__  ___ノ ,!   | | ト,       ゙、
  レ'゙ ,イ ./|!  .リ | リ ! .|! | ト|ト}
 ,イ ,/ ./〃/ / | / .リ/ //イ|.リ
// //ノノ  //゙ ノ'////|.リ/
´彡'゙,∠-‐一彡〃 ト.、,,,,,,,,,,,レ゙
二ニ-‐'''"´      /`二、゙゙7
,,ァ''7;伝 `        {.7ぎ゙`7゙
  ゞ‐゙''  ,. ,. ,.  l`'''゙" ,'
  〃〃"      !   |
              !  l
 !       (....、 ,ノ  !
 j        `'゙´  ,'
     ー--===ァ   /
      _ _   ./
\     ` ̄   ,/
  ` .、       /
   :ミ:ー.、._  /``'''ー-、
    `゙三厂´

ヴェルギリウス「農耕詩」を発表。大地に根ざした質実剛健な生活の素晴らしさを称えたこの詩は新興ブルジョア層の
威信を高めたのみならず古くから土地に根ざした生活を続けていた地方住民の支持をもやる夫に与えることとなる








754 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:31:12.68 ID:J6Kv8j.o
――阿部はやる夫の腹心中の腹心でありながら不思議と権力の臭いを感じさせない男だ
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }  
    |! ,,_      {'  }  いい男の嗜みってヤツだな
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、 
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \   
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l

元王族とも噂される高貴な物腰、中傷を嫌う潔癖な性格に、それでいて気さくな態度








755 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:31:42.15 ID:J6Kv8j.o
実際はやる夫の援助だったとしても、阿部を介せば権力の臭いは消え去り
さわやかな友人同士の相互扶助の精神に基づく助け合いに昇華する

     )     __      r(    ,、_         / 
  あ (_ , ‐''" ̄    ̄ `''‐、 ゞ, rr~ヅ´ ミ        ,'. 援  さ
  あ  /            ヽ フハ    _ ミ        {. 助  あ
.  っ  (     i j ///j } ト、} ミ|_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ  {  す
   !!   )  ノ}. j/ノノ〃 jノ jハリ ゙i`'''Tjフ   } ミトー } l  る
     (   }ノノ _.’- 'ノノ 冫=}  ,' ,.‐'"    { {い) / ノ_ ぜ
Vヽハj⌒    i〃ー_''ニ ,、:: {ニ'”{ ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐- 、.._,、-'´
   l.  f⌒ヽ.{ ”´-'' "    `、 ',〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
    i、 i ⌒>    l!   r, ノ  l  )__.. -ァ   /
    i \((    lj  , ‐--.ィ  !   Y´_   ./   \    \\
     `、  こ、.       {   j  i j   ゙i゙   {     \    \\
      ヽ リ \    `_'二. ,' /ノ   丶、,、イ       \    \\
       V     ヽ      /         {        \    \\

そういった意味でも阿部の存在はやる夫にとって掛け替えのないものだった








756 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:32:19.29 ID:J6Kv8j.o

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |  とはいえ、やる夫の権力の基礎が
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  ローマ市民にあることは変わりないんだお
  |     |r┬-|       |  /  
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

独自の権力基盤の強化に努める一方、やる夫はローマ市民の支持を得る努力も怠らなかった

      ____
   /      \
  /  \    /\      
/    (●) (●) \   世界の首都たるローマがこのように荒れ果てた
|       (__人__)    |    
\     ` ⌒´   /     ままであるのはやる夫の恥だお! 
...イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
 |  '; \_____ ノ.| ヽ i
  |  \/゙(__)\,|  i |

やる夫、内乱によって老朽化したまま修繕されていない公共施設の修繕を開始。その手は場所を選ばなかった









757 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:32:49.81 ID:J6Kv8j.o
ローマの心臓部であるフォロ・ロマーノ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : :: : : : : : :::|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/.:: : : : : : : : : : : : : ./|| ̄ ̄ ̄ ̄:::|l: : : : : : : :
: : : :: : : : : :::l|_____||::|: : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : :./  ||____;;;||: : : : : : : :
. : . : . : . : . : ∨,-‐──: 、::ヘ|. : . . : . : . : . : . : ./: . . : : . : . : : . :.:| /, -‐──: 、::/. : . : . : . : .
______.`|     . :.:.:|‐'_______/________└─|     . :.:.:|´_____
      i    |    . : :.:.:.|            |                  |    . : :.:.:.|   |
      |    |    .: : .:.|            |                  |   . .. :.: .:|   |
___l___. |    .: : .:.| ______l___________ |   . .. :.: .:| _l_____
::::::::::l二二|l:::::: |    . : :.:.:.|:::::::l二二|l::::::::::::::::::::::::::::::::::l|二二l::::::::::::::::::::::::|    . : :.:.:.|:::::::::::::::::::::l:|二
::::::::: Τ`Τ::::::::|    .: : .:.|:::::::Τ ::Τ::::::::::::::::::::::::::::::::::Τ ::Τ:::::::::::::::::::::: |   . .. :.: .:|:::::::::::::::::::::Τ .:
┬─::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬─┬─┬─::| .:::| ┬─┬─‐|    . : :.:.:.| ┬─┬─| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:
┬┴::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴‐|    . : :.:.:.| ┬┴┬┴| .:
┴┬::| .::|:::┴ |    .: : .:.| ┴::| .:::|::::┴┬┴┬┴┬::| .:::| ┴┬┴┬‐|   . .. :.: .:| ┴┬┴┬| .:
┬┴::| .::|:::┬ |    . : :.:.:.| ┬::| .:::|::::┬┴┬┴┬┴::| .:::| ┬┴┬┴‐|    . : :.:.:.| ┬┴┬┴| .:
┴─:;| .::|_.─.:|    .: : .:.| ┴.;| .:::l_ :┴─┴─┴─;;| .:::|_┴─┴─‐|   . .. :.: .:| ┴─┴─| .:
    l二二リ   |    . : :.:.:.|  l二二リ         l:|二二l        |    . : :.:.:.|      l:|二
ニニlニニlニニ|    .: : .:.|ニlニニlニニlニニlニニlニニlニニlニニlニニ|   . .. :.: .:| ニlニニlニニニ
_:l__,xwWw|    . : :.:.:.| __,vWWWxwWvvWWWxvwww___w:|    . : :.:.:.|WWwx,w___
;;`'" ;, `' " '.、.|    .: : .:.|; . 、; ^' `';`'" ;, `' "  、.;; . 、; ^' `' "、.|   . .. :.: .:| ;, `' "  、.; ´
VwV/w.'".;`':"..|    . : :.:.:.|VvVW/vw " ; , `' "  、.;;` . 、; ^' ` ''vVV/|    . : :.:.:.| ^' `''wV/w
 ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ . |    .: : .:.|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   . .. :.: .:|  ̄ ̄l ̄ ̄ ̄
  / ゛'' ‐- .._/|     . :.:.:| 7l         ./ ~゛'' ‐- . .,_     ┌─|     . :.:.:|、 ''"~\
/        / ゙''ー---‐''´/ |        /           ~゛'' ‐-|  \'ー---‐''´ \    \
        l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::/-───<                    \  || ̄ ̄ ̄ ̄ :|l _,,... -‐' ̄
        ||_____||/          `>‐- . .,_ .            \||_____;||
_,,,... -‐'''"~        \  _,,,... -‐'''"~          ~゛'' ‐-  . .,_ /        ~゛'' ‐- . .,_
               /                         \

     ____  
   /      \
  /  ─    ─\  現在の言葉で言えば「官庁街」あたりかもしれないお 
/    (●)  (●) \  
|       (__人__)    | 行政、司法、経済、娯楽の中心地だお 
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /









758 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:33:09.82 ID:J6Kv8j.o
軍隊に関する様々な機関を揃えたウィラ・プブリカ

                                 |i
                               {ニニニIニニニ}
____                          ヽiロi∨//
     |                           |:::::|;;;;;||
ニニニニニニニニニニニニニニi                     |:::::|;;;;;||
                |            , '' ̄,r''"´⌒`"'ヽ、
[] [] [] [] [] [] [] [] [] [|__          r'´  r'´_____ ___ ヽ
ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ;ニ].................................| ̄ ̄:|:    ┌─┐  |
,','| | |,',',',',',',',',','| | |,',',','|卅卅卅卅卅卅卅卅卅ij|:    | :i:. |  .|卅卅
┌´ ̄`┐´ ̄`┐ ̄ ̄´´゜゜'""''´`''""''´´゜゜'""'' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´`''""

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  直訳すると「公共の別荘」  
  |     ` ⌒´ノ   
.  |         }   普段は俺たち軍人が使ってるが
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    各国の使節団なんかも泊まる施設だ       
   /    く  \       
   |     \   \         
    |    |ヽ、二⌒)、         








759 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:34:03.20 ID:J6Kv8j.o
娯楽の中心、ポンペイウス劇場
               __,,.. -‐¬ニ三 ̄l__
           _,,.-‐=ニ´‐¬⌒´ ̄l    |、ハ
      __,,.イ´-‐'i"´ ! __,,..!-‐_ニ"l´ ̄┘! }Λ
      }ニイ´! __, -rァi´   ! l__| |    | ヽΛ
.   /レ' ,.イ丁  | ゙┘|  _|__,,,,...斗--ー‐j‐┴┴┐
   /ヲ1 l´ |└' _,,.l-‐''T二斗ェェァ7圷己己己己刊
.  ∨! |」レ‐'',.斗ァ'T圷下己f不己Τヲ<¨フ=ミ | |、
   }j/イ下匕f弌「ハ. l⌒l.l l´ ゙!.! !  | |   | | |ハ
   j.イn'゙ハ、Π.| 「゙|::||  |.| |   |.| |____」 |__|_|_|ハ______ ┌r‐--=....,,,__
   〈1「!:|'|::| |::| L..!└┘_二_j_`二] !_二二j_二二エニニニニ辷^┴‐┐lコ : : : ̄`>、
    |j」l‐'_¨ 三ェ七托己下己!下己'斤己己下二工二二下r┐ーー‐|: : Π┬i: n: :_:|
   必斥f斤Π i'゙`l l⌒l f⌒l」 l⌒゙l」 l´:::`l l.「:::`l | 「:::::`l|Ⅵ/⌒! Ⅵ┘Lj└' '='」|
.  'l|「lΠ|::| |::| | :::| |:::::| | : :|.| | :::::|.l |::::::::| |」::::: | | |::::::: || Ⅵ::::::| Ⅵ} l^lΠn┐!|
   jj」,!L!'=' '-'└‐'_'ニ´_二´i_`二].j_¨二´_l,,¨二工¨二¨T二二刀ー亠‐┐|_||_!_!_||
  幺赱赱赱赱云冗己子己l子己冗己己刀二.工二二工二二Ⅵ〔ニニニ}.ニ ニ゙ニ`!
  `「「ll^l´l l´゙l.l´`Ll⌒l f⌒l.i l⌒゙i l l´:::`l l.f⌒゙l l l/⌒',.」_/⌒l_||Ⅵl⌒l 〈!Π「!「!「|
  r比ll_」l:j | ::|.| :::| |:::::| | : :|.l | : ::| l |::::::::| |.|::::: | l |::::::: | | |::::: | || Ⅵ::: | |.|:j !j.lЦ!
   `¨¨`¬'ー'='ニ゙,,辷,j_辷_|」_!::::::| l |::::::::| |」::::: | l |::::::: | | |::::: | llーヘ二l一'¨¨ ̄
                         ̄´ ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄`ー‐'‐'‐'ー‐''´ ̄´
               (注:これはイメージです)

    〃                 i, 
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈 
    !  :l      ,リ|}    |. }      コロッセウム          チルコ・マッシモ
.   {.   |          ′    | } 有名な「円形闘技場」ができるまでは「大 競 技 場」
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ< 
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|  と並ぶ娯楽の殿堂だった場所だ
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.| 
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ  
.    }.iーi       ^ r'    ,'  
     !| ヽ.   ー===-   /   
.   /}   \    ー‐   ,イ   
 __/ ∥  .  ヽ、_!__/:::|\  







760 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:35:28.57 ID:J6Kv8j.o
久しく絶えていた建築の槌音がローマを賑わせる。そのついでにひっそりとやる夫は自分の権威強化を済ませていた

やる夫が帰依する神、アポロ神殿の建立である
                    郭郭郭                                            郭郭郭
                  郭子郭                                                郭子郭
                郭子郭                                                    郭子郭
              郭  子郭                        鬱                          郭  子郭
            郭    子郭                      鬱個鬱                        郭  子子郭
            郭  子郭                  鬱  鬱戸個個鬱  鬱                    郭  子郭
          郭    子郭                鬱鬱  鬱戸個個鬱  鬱鬱                  郭    子郭  郭
      郭  郭    子郭        鬱      鬱戸鬱戸戸個個個鬱個個鬱      鬱        郭    子郭  郭郭
    郭郭  郭    子郭        鬱    鬱戸戸鬱戸個個個個鬱個個鬱      鬱        郭    子郭  郭子郭
  郭子郭  郭    子郭      鬱戸鬱  鬱戸戸鬱戸個個個個鬱個個個鬱  鬱個鬱      郭    子郭  郭  郭
  郭子郭  郭    子郭      鬱戸鬱  鬱戸戸戸戸個鬱個個個個個個鬱  鬱個鬱      郭    子郭  郭  子郭
郭  子郭  郭    子郭      鬱戸戸鬱戸戸戸戸戸個鬱鬱個個個個個鬱鬱個個鬱      郭    子郭  郭  子郭
郭  子郭  郭    子子郭  鬱戸戸戸鬱戸戸戸戸戸個鬱鬱個個個個個鬱個個個個鬱  郭      子郭  郭  子郭
郭  子郭    郭    子郭  鬱戸戸戸戸戸戸戸戸戸鬱鬱鬱鬱個個個個個個個個個鬱  郭      子郭  郭  子郭
郭    子郭  郭      子郭鬱戸戸戸戸戸戸戸戸戸鬱  子鬱個個個個個個個個個鬱郭      子郭  郭    子郭
  郭  子郭    郭    子子鬱戸戸戸戸戸戸戸戸鬱鬱子子鬱鬱個個鬱個個個個個鬱        子郭  郭    子郭
  郭    子郭  郭      子鬱戸戸戸戸戸鬱鬱戸戸鬱鬱鬱鬱個鬱鬱鬱鬱個個個個鬱        子郭郭    子郭
  郭    子子郭  郭    子子鬱戸戸戸鬱鬱鬱鬱鬱個鬱鬱個鬱鬱鬱鬱鬱個個個個鬱      鬱鬱郭      子郭
    郭    子子郭郭      子鬱戸戸戸鬱鬱  鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱鬱  鬱鬱個個個鬱      鬱戸鬱      子郭
郭  郭      子鬱鬱郭      子鬱戸戸鬱鬱鬱    鬱鬱鬱鬱    鬱鬱鬱個個鬱    鬱鬱戸戸鬱      子郭  郭
郭郭  郭      鬱戸鬱鬱        戸戸鬱  鬱      鬱鬱      鬱戸鬱個個鬱鬱鬱戸戸戸鬱      子郭  郭郭
郭  郭  郭    鬱戸  戸線鬱鬱鬱鬱鬱戸鬱  鬱    鬱鬱    鬱戸鬱戸鬱鬱線戸戸線戸戸鬱      子郭郭子郭
郭  郭    郭    鬱戸戸線戸戸線戸戸鬱鬱    鬱鬱鬱鬱鬱鬱戸戸鬱鬱戸戸線戸戸線戸鬱      子子郭  子郭
郭    郭  郭      鬱戸線    線  戸戸鬱        鬱戸  戸戸戸鬱戸戸戸線戸戸線戸鬱  子子子郭    子郭
  郭  子郭郭郭    鬱  戸線戸戸線  戸戸鬱      鬱戸  戸戸鬱線戸戸線戸戸線戸戸鬱鬱  郭郭    子郭
  郭    子子郭郭鬱鬱鬱戸線  戸線線線線線鬱    鬱戸戸戸鬱線戸線線線線線戸戸戸鬱戸鬱        子郭
    郭      子鬱戸戸戸鬱線  戸戸線  戸戸線鬱  鬱戸戸鬱線戸戸戸戸線戸戸戸戸鬱戸戸戸鬱    子郭
      郭      鬱戸戸戸鬱戸線線戸線戸戸戸線  鬱鬱戸鬱戸線戸戸戸戸線戸戸鬱鬱戸戸戸戸鬱  子郭  郭
    郭  郭  鬱戸戸    戸鬱戸戸線  線戸戸線戸戸鬱鬱戸戸線戸戸戸線戸鬱鬱鬱戸戸  戸戸鬱  郭  郭郭
    郭郭  郭鬱戸      戸戸鬱鬱戸戸鬱鬱線戸線戸戸戸戸線戸線線鬱鬱鬱鬱個鬱戸      戸戸鬱郭郭子郭
    郭  郭  鬱戸    戸戸戸鬱個鬱鬱鬱戸  戸戸線鬱鬱線戸戸戸戸鬱個個個鬱戸戸        戸鬱    子郭
                                 
                                 アポロ神

ローマにとって外様の神であるアポロはローマの中心部で祭ることが許されていなかった
それを強引に市民集会にも元老院にも諮ることなくローマの中心に据えたのだ










761 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:36:14.86 ID:J6Kv8j.o

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ___
  /      /   _,.-‐'/⌒  ⌒\    まだやる夫のターンは終わっちゃいないんだお
    /   ,i   二ニ⊃(●) (● )\ 
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\     `ー'´     /

悪評にも繋がりかねない決断は続く建築ラッシュの波に押し殺された










762 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:36:47.71 ID:J6Kv8j.o
紀元前33年 やらない夫はローマ最高の役職である執政官から格の落ちる按察官の役に就任する

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)  もと執政官がこんな役職に落選するはずがないだろ 
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }   常識的に考えて……
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!

人間の生活に欠かせないインフラの一つ、上下の水道を再編成するためだ









763 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:38:07.31 ID:J6Kv8j.o
やらない夫は自分の使用人や奴隷の中から才ある者を集め水道管理班を設立する
 
   / ̄ ̄\
 /ノ(   _ノ \   
 | ⌒  ( ●)(●)    
. |     (__人__)  貴様らの目的は何だ!   
  |     ` ⌒´ノ 
.  |         }     
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm  
   /    ̄ ̄ ̄ つノ   
   |    | ̄ ̄ ̄    

  \\   水道! 水道! 水道! 水道!!     //       
   \\                          //         
       ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧         
      ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)      
      (    /   (    /   (    /   (    /       
    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧     
   ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/) ( ´∀`)/)  
   (    /   (    /   (    /  (    /  (    /   
    |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     
    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J  










764 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:39:09.67 ID:J6Kv8j.o
        / ̄ ̄\ 
       /  \_  ノ \       
       |  (●) (●)|        貴様らは水道を愛しているかぁーーーッ!!
.       |   (__人__) .| ,. -- 、   
       |   ` ⌒´ /    __,>─ 、
.       |       /          ヽ     
.       ヽ     {            |__
        ヽ     }  \       ,丿 ヽ
        /     /   、 `┬----‐1    }
        |   /|   `¬|      l   ノヽ
         |  /  |  、 !_/l    l    /  }
          {      \     l   /  ,'
          \     ´`ヽ.__,ノ  /   ノ
            \     ヽ、\ __,ノ /    
              ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/ 

  \\   ガンホー! ガンホー! ガンホー!!   //       
   \\                           //         
       ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧         
      ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)      
      (    /   (    /   (    /   (    /       
    ∧ ∧     ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧     
   ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/)  ( ´∀`)/) ( ´∀`)/)  
   (    /   (    /   (    /  (    /  (    /   
    |   |     |   |     |   |     |   |    |   |     
    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.    し ⌒J.   し ⌒J  


百年前の代物である既存の水道網の修理、改善。膨れ上がったローマの人口に応える新たな水道「ユリア水道」の建設
水道管理班による新技術の開発、私人宅への配水規制。やらない夫によってローマの水質は大幅に改善された









765 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:40:13.69 ID:J6Kv8j.o
その裏でまたしてもこっそりとやる夫の権威強化に繋がる法案が提出されていた

               / ̄ ̄\
             / _ノ  .ヽ、\
             |  (●)(●) .|
.             |  (__人__) |  
             ∧ .|   ` ⌒´ ノ      
           /\ヽヽ      }     退け、クズども
          ,r―''''''ヽ, ヽ    ノヾ、  
      ,r‐' ,、;-‐''''""''ヾ、、,   く  l
     / ./     r''"ヽ, \,     l`ヽ、
     j l ,. /    '    l   ヽ、 ト,   ヽ
    ,.Lj∠、'´   , i,    /     `ヾ、`'ヽゝ
    l,      / 二'''"    ,;、,     `''ー゙--、
     /゙ヽ-ッ-‐'´ ./`ト-:rイ「´ ゙l;:`''ト-、,_ ノ'i,
   /  / ,;∠∠,ノ´  イ  l l, ├''|  |、,/ l  |
../ノ ./ /、,    ,、' ./  / .l |:::::l,. | ゙ヽ、!_,,、L,
ヽ---ツ  ∧   ̄ ̄  /    | |:::::::| |  r'"/  l,
   /  ./ .ト、,_    /      | |:::::::|. ! l'´! /   |
  ./、 ./   l,  ` ̄ ./        |.|::::::::l |. !. l, l     l
 .l、,.ノ     l,     ;'      .j |:::::::::!

占星術師や、呪術師の国外退去令。同時期に巷間に伝わる予言を集めた「シビュラの預言書」を
やる夫がが管理するアポロ神殿に収める決議が行われている。その意図は明白だ
     ____
   /      \ 
  /  _ノ   ヽ、_\  
/   ‐=・=- ‐=・=- \ 
|       (__人__)    |  偽物は不要なんだお
/     ∩ノ ⊃  /  
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

やる夫は神の子である。神の意思を語るのは一人で十分だからだ









766 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:40:54.63 ID:J6Kv8j.o
紀元前33年秋
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)   
/    (─)  (─ /;;/  
|       (__人__) l;;,´これは――賭けだお
/      ∩ ノ)━・'/    
(  \ / _ノ´.|  |  でも、賭ける価値はあるかもしれない……阿部さん!  
.\  "  /__|  |     
  \ /___   

やる夫、アントニウス打倒の為に策を仕掛ける。それは一つの別れも意味していた








768 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:41:24.49 ID:J6Kv8j.o
     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }  
    |! ,,_      {'  }  
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、   ふむ…いつも通り外道な策だな
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ  まぁ任せてくれ。失望はさせないさ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \   
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l


          ____
        /      \
       / ─    ─ \ 阿部さんにはいつも汚れ仕事ばかり   
     /   (●)  (●)  \   
     |      (__人__)     |  押し付けてしまってすまないんだお
      \     ` ⌒´    ,/    
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |











769 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:42:52.73 ID:J6Kv8j.o
         ,,ノ' ´    ` ''ヾ、
        /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|
         l.| ´ |    ̄  vijソ.!
         丶 └、     Fイ l′ お前がそんなことを言うのは珍しいな……いや、
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、__
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._



    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、   
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、  
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;| 
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;| 
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;| 
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i           ・ ・ ・ ・ ・
 |i 、|   ' ̄"彡|         || | そうか、これが最後の仕事になるんだな
 |'. (|       彡|          |)) | 
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i 
  ヽ_|        `         .|_/  
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |   
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |










770 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:43:29.95 ID:J6Kv8j.o
       ____
    /      \
   /  ─    ─\   ……阿部さんには敵わないお 
 /    (●) (●) \  
 |       (__人__)    |  まるでやる夫のことが全部分かってるみたいだお
 \     ` ⌒´   /   
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |

             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ わかるさ。大切な友達のことだからな
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′
       ,rト、  ー- ─-:  /|
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \  やる夫は阿部さんには何も応えることができないんだお
  / o゚((●)) ((●))゚o \  
  |     (__人__)    |  だから……せめて、謝っておきたかったんだお
  \     ` ⌒´     /










771 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:44:12.20 ID:J6Kv8j.o
ローマの男が抱く理想は政治家として社会に奉仕し、後世に名誉を残すことに尽きる
  \  /                
    X   / ̄ ̄ ̄\        
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \       
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |     
     | |.|  (__人__)  |      
    トニィ'|   `⌒´   |      事実上の最高司令官
    |    |         }       
    \   ヽ        }       20代の若さで執政官を務める
     \  ヽ     ノ       
        ン ゝ ''''''/>ー、_     ローマの水道網を整備した功績者
       / イ( /  /   \   
       /  | Y  |  / 入  \ 
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l 
       j  | :   | / ィ    |  | 
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」 
        ー 〕   \  〉(⌒ノ 

やる夫の右腕は誰もがうらやむような華々しい栄光の道を歩いていた









772 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:46:37.07 ID:J6Kv8j.o
では、重要さならば比べることもできない左腕には何を与える?

         ,,ノ' ´    ` ''ヾ、
        /            ヽ
        }f^'^^了t^'^'`'ー1  l
        |L_ ! ___ { ,..、|
         }f'tr'i  ''^'tォー` }j/i',|
         l.| ´ |    ̄  vijソ.!  気にするな。いい男はくだらないことに興味はないさ
         丶 └、     Fイ l′
     /    ',  ‐--‐  ,イ ケ|
   , ,/.       ヽ `''"´,/ !  ^|ー、
  / /      _,,」、'....ィ'       '|. \、__
. /./  ,. ‐'''"´    ! /   ,  _」__ヾ',
.,'.,'  /´   └ 、_ ノi   ノ  (、_  ``ヾ!
,'/ /     ヽ、 ` ''ー 、ィ-─'' r`'^    `
l|  !            リ    `ぅ ー=、_
| |          サ     〉
  ト             ′    ./''ー- 、,.._

答えは「なにもない」だ。プラスの意味などどこにもない。何の名誉も得ることができず
誰もが目を背けるような確執の記憶を抱いてただの一市民として送る人生
それが、もう一つの片腕にやる夫が与える待遇だ









773 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:48:04.96 ID:J6Kv8j.o

         /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
        /           \
        /:::::             \ 
      /:::::::::                 ヽ
      |:::::::::::                    |  やる夫は最低だお
    _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、 ここまで尽くしてくれた友達を……ここで切るんだお
イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
。⌒/7, -──~ 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
::::://,::::..    " ニニヽ、⌒~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
:::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴────── ‐

権力に纏わりつく臭気を嫌う一方で交渉に始まって妨害工作、悪評の流布、ありとあらゆる諜報活動に阿部は手を染めた
今更表舞台に出るにはその抱えるものはあまりに重過ぎる








774 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:48:48.79 ID:J6Kv8j.o
やる夫が正当な権威を掴みつつある今、過去の因業を抱えた阿部は重荷になるどころか
足を引っ張りかねない存在になりつつある

         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l    
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}    
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ    
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、  ……最初から覚悟していたことさ  
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、  
            ヽ、  /__,∠、    `'-、   
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l






776 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:49:34.12 ID:J6Kv8j.o
     ____
   /      \   
  /  \   ,_\  阿部さん。前から聞こうと思っていたんだお   
/    (●)゛ (●) \
|      (__人__)    | …どうしてやる夫のためにそこまでしてくれるんだお?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |   
  \ /___ /

思えば、苦難の道のりを通じて友情を育んだやらない夫と違い、常に阿部はやる夫に対して献身的な忠誠を捧げ続けていた

 (    ,、_        
 , rr~ヅ´ ミ        
 フハ    _ ミ       
 |_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ 
  ゙i`'''Tjフ   } ミトー }  そいつは自惚れが過ぎるな。オレはいつだって自分の為に生きてる
   ,' ,.‐'"    { {い) / 
  ,'        ゞ゙ f クァ ―‐- 、.._
 〈.、,..        ,.‐'´      `' 、``丶、
   )__.. -ァ   /
     Y´_   ./   \    \\
     ゙i゙   {     \    \\
     丶、,、イ       \    \\
         {        \    \\







779 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:52:35.67 ID:J6Kv8j.o
今は亡きエトルリア王家の血を引くが故に、阿部は誰よりも貴族的な教育を受けた
                 ____
             , ・ ´  _, -―--、
            ,ィ"   ,ィ"       `ヽ
          ./ー-、        i     ハ
        , -┤、   `¨≧ー-、  キ    」_
     ,  ´  f¨ィ^ハ  '´ ̄`ヽマヘ寸 人こ八 \
,   ´     { ; i ノ  土 r┬テ、_>ー-YilililililYf¨  ヽ.
         ヽ. )   土 ` ̄才/::::::::弋ililirヘ!.i    }
           r、_, 土-‐'"´-(::::::::::::::..)、 ./ i   {
           |  :| i ィ彡,  __, -‐-ュ_ハ{   !   ,ハ 高和。お前は貴族になるんじゃ
ヽ\_rヘ、     ト、 弋  {i',イ-‐'^ー--‐' `Yソ _」 /  i
   /,ュ_〉´`ヽ-、 .! \ `ヽ、   `ー'¨¨ ´ 丿 く  |  ノ  みせっかけの貴族じゃねえ。本物の貴族にじゃ
ー‐.L_,イ! 三 ! 手ハ.  >.、`ー-、__,/ |   ヽ. l//
.    ,'   ノ! 三 |毛ハ `ー┬―┬'"  |   ,' / ./
    , _ ニハ!  ニ l 三i!.    | O|    |  ,' //ノ
    .i  ./ .,' -‐ ノ 三rヘ、 | O|   .|  ' .! ´,ノ
-―‐‐ゝ-イ=/ __ ,仆、 ,イ   `>r、.|  o |  ,'  l,ィ",-z
     `¨(____人__,y'フ`ー-、_ 丿入! 。 o | ,'   |,ィ" ̄
           |     `rく   )⌒) l_。__,rー-、
           |      r(´) (___人_____ノこ_ ハ,_
           ├┬┬┌┤`Y´ ̄ ̄ ̄`.ゝ-r'ー' ハ
           | i .i .! |.::,r'.:::::::::::::::::::.(n    iiiy'
           | |   .l .!`ー------‐f" ̄` ̄´ij}
三三三三三三三三三三三三ゝ ,___,f⌒^ー-、_ijiiiiiソ
二二二二二二二二二二二二二└-(_`ー-、___,ィ"´二二









780 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:53:37.55 ID:J6Kv8j.o
生来備わった優秀な素質がその傾向を加速させた

            _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    ウホッ! いい貴族・・・
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

若くして既に阿部はそこらの生まれながらの貴族よりも貴族らしい気品と風格を備えていた

だからこそ、惹かれた








782 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:54:19.88 ID:J6Kv8j.o
十数年前、学舎にて――
         ___
       /     \
      /   \ , , /\   やる夫はいつか叔父上の意志を継いでみせるお!
    /    (●)  (●) \ 
     |       (__人__)   |  
      \      ` ⌒ ´  ,/       ……アイツが?
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ 
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃        夢みたいなこと言ってるよね、馬鹿じゃない?
     |            `l ̄
.      |          |

何も持たないが故に眩いまでに求め続ける姿に









783 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:55:01.07 ID:J6Kv8j.o
苦しみ、?き、痛みにのた打ち回りながら不器用に叔父の背中を追うその姿に
 ::::::  ::   ____   :::::  ::::  :::
::::::  :::: /  :::  \ :::   :::   ::
::::  ::::/   ::     \::  :::  ::
::::  /:::    ─    ─ \ ::  ::  諦めないんだお
:::  |  ::   .(_)  (_)  | :  ::::
:::   \     (__人__)  ,/ :  :::    いつか、必ず……
 ::  ノ      ` ⌒´   \ :   :::
/´               ヽ  :::
|    l              \:::
ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
 ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


 ,r'ニニニヾヽ、                 //ニニニヽ、
("´ ̄ ̄ヾ))     _____   ((/ ̄ ̄`゙`)
|   、ィ_ノと)'   / "\, 、/"\  (つ(_,,ア   |!
i|   ` イ_/  / (‐-、)、 ,(,-‐ ) \. \_Y   |!
.ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  /
  \  \l     i|    |!     l/  /   叔父上の意志を継ぐんだお!
 l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l
     \  ヾ   `ー一'´  ィ    /   i
        ヾ、    ``"´      /
   ゚   |!  Y           ィ |!  。   
   ,.  '  、/               ヾ ´ ’  `
 ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。

内気な性格の奥に隠れていた情熱は阿部を魅了した











784 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:55:43.31 ID:J6Kv8j.o
   ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、   
 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、  
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
|;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;| 
|;;;;|       ヽ`        |;;;;;|
.|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;| 
,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i
|i 、|   ' ̄"彡|         || | (ああ、コイツといればオレは――)
|'. (|       彡|          |)) |
! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i 
ヽ_|        `         .|_/ 
  .|゙      、,.--‐ 、,,     |  
  .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
  |   、      ̄ ̄    , ' |
  |  i ` 、    (    , "   |
  |      ` ー---― "|    |
  |  |          i     |

自分に最も遠い感情を共有できるかもしれない。そんな希望を抱いて阿部はやる夫の力になることを決めた










785 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:56:20.32 ID:J6Kv8j.o
望みが叶えられたのかどうか、阿部でさえ本当のことはわからないが――

         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l    
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}    
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ    だから、どんな結末になってもオレの望んだままさ
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、   
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、    それに、
            ヽ、  /__,∠、    `'-、   
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l











786 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:57:21.93 ID:J6Kv8j.o
      _,,.、、、、、.,,_         
    /.:::::::::::::::::::..`ヽ、       
   / .:::::::::::::::::::::::::::::::. '、    
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ{ツ     
    | ::::::::::::::::::::::::,ィゥ ノ j      
   |::::::::::::::::::::::( |.!  ;{      
   .|::::::::::::::::::rリ`l,〉   j}゙     
    }:::::::::::::::ノ゙  l  /      
   ,xァ''ー'゙'`    '、 /    オレたちが友達だって事は変わりない――そうだろ?     
  / ー`¨`''''ー-- 、」゙'′_ 
 ''^ーァ 、_____  ̄ /    
  `>'、,     '''"´ ̄ ̄_二ヽ、 
  /           /    ヽ 
 ,'        ,   /      ゙、
          l /  __      !
          l, l  く,_  、   |
 ''''ー--_  、、,,,_リ    `ヽ、ヽ, ,!     /   ̄`''ー'、
       ̄`¨`'''|!    _,,..、二,,_,〉'_ー_/    , ,、   `ヽ,
          |!   'ー''"´  '! /     /ニ''''ー ---'-


      +____
     /⌒  ⌒\
   /( ⌒)  (⌒)\ +
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  うん、阿部さんはずっとやる夫の親友だお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /  + 
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   || 

この後、交渉役としてやる夫の暗部を背負い続けた阿部は権力には何一つ興味がないとでもいうように政治活動を引退し、
ゲイ術の信奉者として日々を過ごす。だが、やる夫との友情は終生を通じて続いた









787 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:58:37.47 ID:J6Kv8j.o

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      || ガ
 |:::::::::::::::||      || 
 |:::::::::::::::||      || 
 |:::::::::::::::|| ̄ ̄\ ||
 |:::::::::::::::|| ノ  ヽ_\
 |:::::::::::::::||●) (●) \  阿部さーん、また相談があるんだおー
 |:::::::::::::::|| (_人_)    | 
 |:::::::::::::::||___   /
 |::::::::::::::(_____ノ´||  
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||  
 |:::::::::::::::||/    ||  
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||

         _,r'´::::::::::::::::::::::::::`'、.     
        {::::::::rr-‐-‐'^i::::::::::::::i.    
         ゙l'´゙《   __,,,ゝ:::r、:::::l    
         ト=r;、 ゙"rィァ‐リメ }:::::}    
          ゙i`"l   ̄    ソ::::ヽ     ああ、今日は何の相談だ?
          ゙i. ゝ^   ,  /ヾヾヾ、   
           ヽ ゙こ´  /     ヽ、  
            ヽ、  /__,∠、    `'-、   
             `゙ク'゙´   `    ゙'、 ヽ
              /           〉 ヽヽ
            ィ               ヽヽ
         _,,-'´:::                 ゙i
        /    `                  }
      /         ,-ィ‐r'´´      /   l
   __r'〈      ,ノ   / ```l       /     l

特に私的生活の助言役として大いに頼りにされたという









788 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 21:59:40.58 ID:J6Kv8j.o
紀元前33年

既に形骸化していた「第二回三頭政治」は更新されることなく終了した。ローマはようやく通常の政治体制に戻ったのである

    や  | 
 小 る   |'´::::>‐''´::::::::::::`゙ヽ、`゙ヽ、r',. -''´:::::〈  や え
 学 夫 //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/..:..:::::::::::::〈  る  |
 生 が |..:..:..:..:..:.:::::::::::::::::::::::..:..:/:::..:..:..:..:.::::::::::|  夫 マ
 ま 許 |::::::..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./::::::::::::::::::..:..:..:..〈   !?  ジ
 で さ   〉::::l|::::|:::::::::::::l|:::l|:::::/::::::::::::://::::::::::::::/
 だ れ |::::|」l::十::::::::::/リト|:、|:|:::::::::::/l‐!::::::::〃/L
 よ る ヽ::|l:!⊥!ヽ::::〃| ,⊥L!|:::::::::リ=ミ|::lレ'´〃 /ヽ__r┬‐、/
 ね の /::|| lL! ヾ/  ! 「し!{|::ハ| 「_!    /i::(_, ヽヾ::::::::
 │ はr'::|::| 、 l;;;!    _l:;;;;レ |:::l:|、L::!.     _L;;;ノ__, j|;::::::::
レ'⌒ヽ |:::::|::|  ̄        ̄ j|::::|:|           リ::/:::
人__人_j_:::::|{:'、  〈     ノー'^ー^ ゝ〈          //:::/
 ハ キ /ハ:::ヽ  ヽ ̄`l  |   キ ハ _ヽ ̄`l    u 〃:://
 ハ ャ |/  !ヾ:::ヽ/Y'Yl 〈    モ |:::::| | ヽ.__j     //〃
 ハ ハ ヽ >ヽ::ヾ! | .| | '´|   │  〉/ ,':ヽ/),. -r' ´   /
 ハ ハ //: : :ヽ∨ | .| | /|    |  |' レ' /リ__:::∧_____/
 ハ ハ 〉|: : : : ', 、   V ,'!   イ  ヽ -'‐'´,.ィ´:/厂ヽ
      ||.|: : : : : |     /〈     /  `ー─‐v' |::::∧ //:
      ヽ!: : : : : :|    /::|/⌒ヽ /´  ~l ̄/: : | |::::| ∨ /: :
   グナエウス・アヘノバルブス     ガイウス・ソシウス

新たな執政官は二人ともがアントニウス派に属する。早速両執政官は口汚くやる夫を痛罵した

          
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \     はは、これは手厳しい
    |    (__人__)     |      
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____

やる夫は屈辱を甘んじて受けた。両執政官は勝利の杯を掲げた。だが、その喜びは数日と持たなかった。
意趣返しは迅速に、かつ正確に行われた










789 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:03:39.04 ID:J6Kv8j.o
数日後、意気軒昂と元老院でやる夫を罵倒し続ける両執政官の前にやる夫が姿を現した
|┃                        X   .. _____          X
|┃                     /}  /. \     /,ヽ
|┃                 ×   / / /    __\   /  .ヽ、 . . ゜
|┃   ノ//               _ノ_,ム′   <(:::::) > <─‐ > ヽ、        ,
|┃三              _/ /,. -‐〉:::::::::´ ̄`/   i  ヽ´ ̄:::ヽ     ;
|┃        ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ ヽ__人_ノ   :::::ヽ
|┃            ×x .   ぃ     .ノ                 .|     
|┃       . '´     ,. 介iー-、 {        ー─        |
|┃  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y                  / ′ ; ☆
|┃   x /      / /⌒ヽ  込J        ,.‐ヽ      /    / ゛ガラッ☆
|┃   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 `'i¬  ヘ.__{:::::::}.    /   ゜ .
|┃三  ー 、 ---'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´        ゜ ×.
|┃三    `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  x
|┃        ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
|┃      x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X

その背後には武装した護衛隊。やる夫は実力で執政官を黙らせた

     /\___/ヽ              /\___/ヽ               /\___/ヽ
    /ノヽ       ヽ、           /ノヽ       ヽ、           /ノヽ       ヽ、
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ           / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ            / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ
    | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、      | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、      | ン(○),ン <、(○)<::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl      |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl      |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i | .   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |   .   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |    /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |     /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄   /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄     /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ   /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ  /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ   /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ
                           護衛隊の皆さん










790 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:05:19.08 ID:J6Kv8j.o
やる夫は端的に自身の政策を述べ、執政官の罵倒に反論し元老院を後にした

                       X   .. _____          X
                    /}  /. \     /,ヽ
                ×   / / /    __\   /  .ヽ、 . . ゜
  ノ//               _ノ_,ム′   <(:::::) > <─‐ > ヽ、    
              _/ /,. -‐〉:::::::::´ ̄`/   i  ヽ´ ̄:::ヽ  聞いて欲しいんだお!
      ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ ヽ__人_ノ   :::::ヽ
           ×x .   ぃ     .ノ                 .|  やる夫の、意見を!!   
      . '´     ,. 介iー-、 {        ー─        |
X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y                  / ′ ;
  x /      / /⌒ヽ  込J        ,.‐ヽ      /    /
  i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 `'i¬  ヘ.__{:::::::}.    /   ゜ .
  ー 、 ---'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´      
    `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  x
       ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
     x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      


ローマの伝統、共和制は力で踏みにじられた

                ,-‐,,ii||||||||||||ii、-、
 `゛!!!iiiiiiiiiiiiiii;;;;;;;;;;,,,,,-‐/ i||||||||||||||||||||||||i ヽ‐-、,,,,,;;;;;;;;;;iiiiiiiiiiiiiii!!!"´
    '''''!!!!!|||||||||||||/   i|||||  |||||||||||||||||i   ヘ|||||||||||||!!!!!'''''
       ''''''''!!!!!I/   ||||||  ||||||||||||||||||   `iI!!!!!''''''''    /Vー-へノ\ノ\ノ\ノ\
           ヽ,   !|||||||||||||||||||||||||!"   〈      ノV               \
─────----了     ゛!!||||||||||||||!!"     `ヽ---─く
 |    |    | `ゝ.__       ̄Y ̄     ___ノ   ノ
 |    |    |  ,| ]下ミ ̄`。、_|_;'。´ ̄7エ"┬| |  ノ  ぜったいゆるさんぞやる夫!!!!!!
 |    |    |  |└、 トミミi─'´<_,l、三´,E=|#ナノ |  )
 |    |    |  | | `ヽトミ||^=====^|E彡/  ' | | |<   じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!!!!
、 |    |    |  | | ーヾミ||]⌒i⌒「|ソ‐'-─/ / |  )
  ヽ、  |   /^‐━, \_ `、`===='',/  _/ /\ |  └、
    ヽ、 | /ノ―、='、 \_二二`─´二二_/    \   Vヽ
      ヽ/´ /  / ̄`i、    ̄|| ̄        / \    ヽ/ ̄ ̄ヽノ⌒Vー-、/⌒V
      ノ  丿   l   | `i---┼-----------'´
      |   〈 l   〈 〉  |
      ゝ         ,/

怒りに燃えた元老院議員達はローマを脱出するとやる夫との対決を見越してエフェソスで力を蓄えていたアントニウスの元に向かう










791 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:08:09.39 ID:J6Kv8j.o

  ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^-^∩_∩^-^∩_∩^-  ローマから来たクマー
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ 来たクマー!
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/

その数実に三百人以上。元老院の三分の一にも及ぶ

     ____
   /      \  
  /  _ノ   ヽ、_\  ……予定通りだお  
/   ‐=・=- ‐=・=- \ 
|       (__人__)    |  これでアントニウス諸共に共和派を葬り去ることができるお 
/     ∩ノ ⊃  /  
(  \ / _ノ |  |   
.\ “  /__|  |
  \ /___ /










792 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:08:46.82 ID:J6Kv8j.o
今やアントニウスは派共和派の掲げる英雄だ

             ,イ         f            `‐ 、_ 
      /        j「           j                 ヽ .; ',__,,
 :‘..冫/       /           │  ,              /
   /       /j           │ /              〈       ' ,:‘.   , .. .
  /       〈 | `ー、_     __, -‐"∨         \    \_            ; 冫;."
 /  ∧      `Y_ `ー=ゞ   ,ィ7tテハ          \    ゛ー-、____
./  /├`ー-、        \_    /|   ` ^´弋           │           ̄` ー-、
l ./ /   ア`- 、     ヽ f l       `ナー 、      亅    ¬ニー---、__  \
. l /     /   │    /  L_」, _      /  │     r'´        `‐ 、   `‐ 、 .\
/./   f´    , '    /          ./   j       ゝ、__         \    \. ヽ
 │   ヽ、  /    {  ゛― ─一'´  ./|    /           `ヽ、        |     } │
.  \    ゛┤     弋>_ 厂^丁 ._,ィ7 |^\〈                      l     ノ /
    ヽ、   \      `Y´    `゙´ /__|   ヽ‐-------- 、_             L   │ f
ニ=-┬'´  ___rフ´\     `―'´ ̄ ̄´    ̄}   \_       `‐ 、_        `ー、_ ` ー弋x、
   ト-‐'´  /     j   ┌‐‐- 、,‐-‐ナ   /   ____>ー-、__       ヽ     , --、_   \   レ'
   /   /   _」   ー`ゝー--、/   ∠' ̄ ̄  ` ‐- 、 `‐--r 、_ `‐--‐'´    ' ,   ヽ 弋
   |   /ヤ'´ ̄  `ー-r--┬-、   ---‐‐‐‐‐''''''''''''‐ 、 ,-'´.     亅   `ー-、_      /   /   `
.  |            .ー┤ }   |-<---‐‐‐----、_丈      |        `ー-、_ {   /
  |              /´  l   {`ゝ\       /      l           \ ヽ  /- .,,___ ,,
  !             /  j´\_ー七F′     {       |             ヘr-、`t
.  l            /    l    \        `ー-、    |              \レ'
.  |           /     |      ヽ、         j     j               

奇しくも、とは言わない。意図して行った16年前の再現だ。だが、やる夫は良くも悪くも父親よりも徹底していた









793 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:09:28.27 ID:J6Kv8j.o
紀元前33年冬

           / ̄ ̄ ̄\
         / ─    ─ \   
       /  (●)  (●) ヽ  今日は皆に残念なお知らせをしなければならないんだお
        |    (__人__)    |  
        \   ` ⌒´  __,/
        /            \
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
    _(,,)            (,,)_
    /  |            |  \
  /    |__________」   \

やる夫、元老院にて演壇に立ちアントニウスの遺書を公開

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /    遺書        /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /








795 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:10:13.76 ID:J6Kv8j.o
つかさとの間に生まれた子を相続人に指定し、自身の死後はアレクサンドリアに葬られることを望む
       ____
     /      \ ( ;;;;(
    /   _ノ ,、ヽ、_\) ;;;;) 
  /   ;;;(○)::::::(○/;;/  
  |    :;:, (__人__) l;;,´| と、アントニウスは書いているんだお   
  \.  ∩  |++++━・/
,,.....イ ヽ .|| `ー‐´ /-、  これはローマへの愛を失った裏切りの宣言だお!.   
:   | 'f「| |^ト、__ ノ .| ヽ i   
    | |:. ::  ! }__)\,|  i |
    >.ヽ  ,イハ  |   ||
内容を読み上げたやる夫は厳しく避難した。しかし…

議員達の反応は冷ややかだった

      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ 
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


アントニウスの遺言は非常識ではあるが反社会的な内容ではない。なにより、
生きている人間の死後の責任を問うのはやりすぎだと感じたからだ










796 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:12:03.93 ID:J6Kv8j.o
よくよく考えれば、死後に公開されるはずの遺言状をどうしてやる夫が手に入れているのか
追求されるべき点は多々あった。だが、やる夫は気にしなかった
       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i (…後は阿部さんにお任せだお)   
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ 
     と_____ノ_ノ
 
既に目的は果たされていた










797 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:13:06.91 ID:J6Kv8j.o
やる夫の演説が市民達の口に上るころ、そこには戦慄すべき数々の噂が付け加えられていた

      _,,..,,,,_   _,,..,,,,_
   _,,..,,,_/ ・ω・ヽ/・ω・ ヽ,..,,,,_ オクタウィアさんが可哀想だよね
  ./ ・ω_,,..,,,,_  l _,,..,,,,_/ω・ ヽ
 |   /   ・ヽ /・   ヽ    l だよね~
  `'ー--l      ll      l---‐´
     `'ー---‐´`'ー---‐´
「アントニウスは先妻フルウィアとの間に生まれた子はおろかオクタウィアとの間に生まれた子にすら遺産を残さないつもりだ」











798 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:14:16.99 ID:J6Kv8j.o
「ローマの首都をアレクサンドリアに変える気かもしれない」

_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n........
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ ̄|─r‐┬|Π
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i| /⌒\ /二三
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三|i |二二! 三\
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―.、=ニ二>、|| 田 |
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二ニ‐- 、 ,,_丶、` ‐ 、_,,...> ___
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \ |l i l i l i`''ー-.、`、‐-、|皿皿|丶、_
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     `''‐-.l l_i l| i| il|`ヽ、`゙ヽ、  .vi==
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /         `ヽl| il| i|ノ   )、 |! ロ
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|   _   ._,,...-‐''´  _,.イj:::丶| l^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ヽ  ._,,..-‐<´-‐||:::::::::ヽ!
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /         \       |丶\ \ | | | 川 ノ::::::::::::::ヽ
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄||\
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_||川

                        before

┌────┐:::::::::                 :::::::::::::::::;;;;;;;;
│        │ ::::::::::,,,,,,,,,,:::::::::::::::        ;;;;;;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
│  ┓ 魔 │  ::::::::::::::::::   ::::::::: :::::::::::::::   ;;;;;;;;:::::::::::;;;;
│ ガ    │        |    ;;;;;;;;;  :::::::::::::
│  ッ .城 │        .|          :::::::::::::   
│ デ    │        ||  . . |     ;;;;;;;;;;::::::: 
│ ム     │    |   _| |__   ||          
│┗      │   .|;|  /。 。ヽ  |,;|         
│        │   |.;;|  ヾi||i;;,,,ノ ,-'。'-,       
└────┘   ノ ヽ  .|,l.|iii|/。。。。ヽ      
       ..||   <。。。`)イ。ヽ|ヾiiii;;;''""ノ     
  .    .|;;|    |ii;;;"''(。。。。);;|ii;; ;:|     . 
       .| ;;,|  /'~~~';;; ヾii;;:iノ. . |;; ;|       
  .    .ノ ;;ヽ_ ヾミlli;;∧;|i;;;i.|   ||;∧.||    ||    
    /。。。。\|ミ,-' '-,i;;;| ll  いノヽ   |.|        
   /o o o o o o .Y。。。。ヽ,, ll  .|i; |。。\,-'-',_  :::::::::::::  
   ヾミi;U;;o""''∧'~ヾii;;;;:''/ii ll ..|i; .|;;;;:::::''ノ______ヽ:::::::
    |iii;;;:∧::ヾ(,,,,,,,,,)ii|.ii;;'' |ii  ll  |ii; |;;;丿iii;;;/   ;;;;;;;;
     |iii;;;| |::ヾ`|ii..|´ ii|. ヾ|ii  _,ノii;; ヽ_ii;;::/   
  /'~'\ノ::ヽ  .|i;.|  iiii .ヾii,-'~。。。。。。 `\    .|
              after








799 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:15:09.34 ID:J6Kv8j.o
「ローマはエジプトに跪き、市民はギリシア人たちの奴隷になる」

未来予想図
      ,,、,、、,,,';i;'i,}、,、
       ヾ、'i,';||i !} 'i, ゙〃
        ゙、';|i,!  'i i"i,       、__人_从_人__/し、_人_入
         `、||i |i i l|,      、_)
          ',||i }i | ;,〃,,     _) 貴様らは奴隷だ~っ!!
          .}.|||| | ! l-'~、ミ    `)
         ,<.}||| il/,‐'liヾ;;ミ   '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
        .{/゙'、}|||//  .i| };;;ミ
        Y,;-   ー、  .i|,];;彡
        iil|||||liill||||||||li!=H;;;ミミ
        {  く;ァソ  '';;,;'' ゙};;彡ミ
         ゙i [`'''~ヾ. ''~ ||^!,彡ミ   _,,__
          ゙i }~~ } ';;:;li, ゙iミミミ=三=-;;;;;;;;;''
,,,,-‐‐''''''} ̄~フハ,“二゙´ ,;/;;'_,;,7''~~,-''::;;;;;;;;;;;;;'',,=''
 ;;;;;;;;''''/_  / | | `ー-‐'´_,,,-',,r'~`ヽ';;:;;;;;;;, '';;;-'''
'''''  ,r'~ `V ヽニニニ二、-'{ 十 )__;;;;/
         ギリシア人

    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪  ウン、ソウダネ・・・
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三
                 ローマ人の皆さん






801 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:16:12.01 ID:J6Kv8j.o
大部分は馬鹿馬鹿しい噂だが、それを否定するべき本人は遥か彼方の東方に居た
歯止めの利かない噂はやがて一人の悪役の姿を作り出す


             |: : : : :/: : : : : : : : :/               /
             |l: :∠l: : : : : :/ ̄ ̄` ー―― 、_       /
             |}/: :} l: : : /            /    /
             /:/イ: /             /     /
               /ニイ:/_  ィ_         /    /l
               / : / ノ=='´         /    /: : l
           /:/               /    /: : : :/
            /イ-―――- 、         /    /: : : : :/
            〉  /ハ   \         /    /: : : : :/
            `Tー' /|l    \   ___   /: : : : :/      -―――- 、
                \l !l     ヽ/ , -┘  l: : : :/    /: : : : : : -――-\
                ヽj l      /: :/、  __ \: :〉_ / : : ;  ´
                く_ノ   _/: :/ /: : : : : : ̄フ__/: : : :/
                >'´: : : : : : :  ̄: : : :_; -―'´ /: : :/
        -―――‐ァ'´: : : : : : /: : : : : : く |ー―‐/: : :/ \
__/          /: : : : : : : : : : : :_: -- 、: \ /: : :/ \   \          \ー- 、
    ̄ ̄ ̄\__/: : : : : : : : : : : V´     \: \: :/___  \  \        ヽ  \
        //: : : : : : /^ ー―-、:` ー-、 /: :\:ノ      \ \  \         l    \
       //: : : : : : : ∧    /ー`>、:_:): /         l   \  丶 __ ノ     ヽ
    / /: : : : : : : : :/  \  /    //              |\   \            ノ
                 エジプト女王(想像図)

色仕掛けでアントニウスを惑わせ、己の野心のままに東方を支配しローマを飲み込もうとする邪悪な女王








802 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:16:52.51 ID:J6Kv8j.o

  ,r'ニニニ゙ヽ、              //ニニニヽ、
 ("´ ̄ ̄ヾ))  ___    ((/ ̄ ̄`゙)
 |   rー< ノと) /     .\   (つ(_,,ア  |   
 |      フ"/   \ , , /\ \_Y  |    
  \   (/   (●)  (●) \/ `  / 
    \  \      (__人__)   | /     
    / \  \     ⌒´ ,, ,/ /ヽ``ー`=、
  /   !\  ヽ\.ヽ'' //   /   ヽ   `ヽ、
  |    l  ヾ、 ;'     ';/       ヽ     \\
  !   |      |―      -―     ヽ    _\\
   !  |     l  ;,,     ,;            /   ヽ \
   ヽ  l    / / '' ;; ,,.''\            |       ヽ |
    \ヽ    (、 /⌒ヽ、 )          ,ノ      V
     \   (_ノ   \_)    `ー―‐'´
対するやる夫は邪悪な女王から秩序と平和を取り戻す英雄だ






805 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:18:18.97 ID:J6Kv8j.o
所詮はアントニウスとの権力争いであり、不毛な闘争であることも、やる夫が共和制に泥を塗ったことも

     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \
/: : : : : :               \           三__|__              
: : : : : : : :.._        _      \      口 |
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
: : : : ::;;( ● ) ノヽ ( ● );;:::     |       ‐┬‐
: : : : : : ´"''",       "''"´      l       │__田__│  
: : : : : : . . (    j    )       /
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /           、 マ
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\          了 用 
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \          '"`ー‐
: : : : . : : . : : .                   \
                                レ |
                                 ノ

卑劣な手段でウェスタの巫女からアントニウスの遺書を奪ったことも市民は一顧だにしなかった

「やる夫が第一人者になるようです 第九回 終」









808 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:22:27.96 ID:J6Kv8j.o

                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l |
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ | お疲れ様です
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | || 本日もお付き合い頂き有難うございます
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
.     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ
      / ,イ  / /  /  /::レ'::/::::|/|::|    \__,.<      |     ',
.      l i |  |/  /  //::::::/::::::::::::l:::|       ヽ     |    }
      ヽ、|  / /  /::/::::::::::/::::::::::::::l::::|        ヽ    |    /
        ヽ/ /   ,/:::::/::::::::::/::::::::::::::::l::::|          ヽ   l    /
         { /    /:::::/:::::::::::/:::::::::::::::::l:::::|           ヽ ノ  /
         /   /___'ー- __く‐-、:::::::::::l::::::l           ヽ /

                  /      \
               {       ヽ
         ____   ハ     }
         ̄`>: : : : : ∨: : ー‐ --yz 、
         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : 、: :\
       /:_: : : : :/: : /: |: : : : : : : : : : :\: : ヽ  本当は今日で「第一部 ローマ内乱編」は
      / /// : :/: : :/:/:!: : :.:.|、: : : : : : : \: :.',
.      {/ // : :/: : :/_/:小:. :.:.|_ヽ__: : : : ヽ: l 終了の予定だったんだよね。
        l/l : : !: : 7゙/ノ l| V:.|  \: : : :、 : : l: |
         |: :/|: :/:/  j|  ヽ|   \: : \: :!: \_ それがこの有様……
         |/ |;/l/x≡≡   |≡≡z.ハ: :.ヽl\: : : :\
        r┬z/:.:|           ∠─-ヘトr-く ̄ヽ :\ 
       r「「l {: : :\   △    ////「 { \ヽ:.:\ \ :\










809 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:22:58.52 ID:J6Kv8j.o
              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: ! 気がついたらどんどん長くなってて
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i  とてもAAが間に合わないので
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',| 分けることになったとの事です
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :', 
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |

    /: : : ,./: : : : : : : :/: : : :/: : , '/!: : : : : : |: : :|: : : : : : : : :
  , ': : : ://: : : : : : : :/: : : :/_/ / l: : : : : : :|: : :|: : : :l: : : : : :
  /: : :/ / : : : : : : :/: : : :/´: :/ l` |: : : : : : |: : :|、: : : !: : : : : :
. /: :/   /,イ: : : : : /: : : : /: : / !  l: : : : : ∧: : ! \: :!: : : : : :
//    // |: : : : : :!: : : : ,! : /  !    !: : : :/ ヽ: :| ヽ`ヽ、 : : : : 毎度反省のない>>1だね
     !'  l: : : : : l: : : :/.|: ,'   !    !: : : !   l: |  ヽ: ヽ: : : : :
          | : : : : |: : :/ !|/'ー- |、    l: : l   ', l   ヽ: ヽ: : : :
         | : : : : |: :/l  |__   |     !: |.   、'|   ヽ;!、: : :   じゃ、今回のツッコミどころだけど:
        |: : : : :,!: !: l  r '  i !    | |   /`''―- 、ヾヽ: : :
          !: : : イ|/: :,!  !ヽ-'/       l:!    !_      /l: :∧: :
        ',: : l l |': /   ` ー'       |   r‐'   i ./ ,' / : l : :!
         ヽ:| | |: :!               l、 ヽ.ノ,. ' /:/ : : | : l
           '.| | |: : \    、__          ` '´ /:/ : : : ,!: |
              | |: : : : |ヽ、 ___  `ー'        ・ /:/: : : : :/!/
              | |: : : : |: :// ヽ         ,.. /:/: : : : :/´|: :
              | |: : : : |/ / /´.,'‐;!ー――,.i' ´-.//: : : : :/ : :|: :
              | |: : :/7 / / / l」 ,.. ''´:::::::::::::/': : : : : / : : |: :
              | |: : !         |/::::::::::::::::: , ': : : : : , ': : : : |: :









810 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:23:42.83 ID:J6Kv8j.o

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l アントニウスさんに関する噂話は
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l 
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l ほとんどが事実だとされています
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ 調べれば調べるほど頭が痛くなる部分ですね
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l 
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
    _    ,、    l / /川   /  /´   /´´  ヽ  ヽ l
   (_r‐、- l. ト 、. l / l 川   /‐-y´´  //´       ヽ ヽヽ
 , -、. l l 丶`´ヽヽl /l 川  / // /´/´          l  ヽl
.(_, -‐-`_   /〃、/ l 川 l  〃l / 〃         l   ヽ

   / : ,. -/: : : : : : : : /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
. /,.. '´/: : : :/: : : : /: : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
//   / : : : : /: : : : : /: : : :,! : : : : : : l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
.    /: : : : : /: : : : : /: : : /.|: :|: : : : : |: : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : l
   /: : : : : /: : : : : /-‐ x' !: :|: : : : : |!: : : :l: : : : : :ヽ::::: : : : : : : : :| よくよく考えればさー
   !: : : : :/: : : : : / : : :/ ヽ| : | : : : : | l : : : |: : : : : : :ヽ:::ヽ : : : : : |
.   !: : : :,.イ: : : : : :l : : /   l : !: : : : :| ,.x-‐‐!-、: : : : : ハ::::ハ: : : : : ! アントニウスさんって考えようによっては
  |: : :/ !: : : : : :|: : /     l: |: : : : :|  ヽ: : !、: ヽ、 : : : l::::::l: : : : :|
  |: :/  |: : : : : : ! ll`!‐- 、 l |、: : : :|  ヽ: :| ヽ: :!: : : : :l:::::::!: : : l  ブルータスさん以上の「共和派の闘士」じゃん
  |:/   l: : : : : イ l |   ,!`'.| ヽ: : | - ..__ヽ| ヽ: l: : : : :l、:::::l: : :!
      |: : : : :l l:|  r'ー',ノ    ヽ: |  |  `丶、ヽ:|: : : : :|:ヽ::l : |  なのに共和制ダイスキなモムゼン先生とかでさえ
        !: : : ,.!: |!  ` '´     ヽ!  r'、__ ,./'/l: !ヽ : : |):ヽ|: l
       ', : / | : '、 '"'"  ,      ヽ._,. ' l:∧!: 〉、 ,.! '´ ,):|  フォローできてないんだから>>1には
         ヽ:l !: : :`ヽ、   、_     '"'" ・ l/: : : :l/  /: l
        '.| | : : : :|:l/丶、  `ー'     r‐〈: : : : /  /、 : |   重すぎる仕事だったんじゃないの?
          l: : : : |:| l:.:.:.:.:` ー,┬ '' ´ ,〉、r'ー-'、 /=-ヽ: :!
         /! : : : |:! |:.:.:.:.:.:./ '   , ':/:.:.}-- ..__, !'" `ヽ:|
           / !: : : :|:! l:.:.:.:.:.:l`ヽ、  / /:.:.:.l.__,. l_,. --、:}:l
        {   !: : : |:| |:.:.:.:.:.|   `/ /:.:.:.:.:{     l     ヽ!









811 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:24:32.61 ID:J6Kv8j.o
           __,.-‐──--、,ィヽ、ヘ、
           ,ィ´, .∧  ,      |  `ヽ、
          /  / (__;) ./  ,i  ; |  i::  |
       /  i/ ,  γ/⌒/|  i ,ト、 |:.:. {
         |   j /   / /、 |  i/ヽ リ:.:.  |
        |   {/ ,::' ,ィf:弍  |/fテマ∨: : :. λ それを言ったらおしまいですよ、泉さん
       }  /,イ´:: λ 込リ  }-{ {:hリ ハ:: : .: ∧
       | '" `∨、{` ‐-‐ '.::::..`‐-〈:': : :. :   〉
         | ,/ :.:. : :{.:`ヽ、  rっ  ,イ::|:/〉:人/  ……では、次にいきまして
       jノ :. :. : : 人;.: ::`マ‐-‐,,´ァ ,|::..ト、 '"
     / :.:.:.:. ;:;f´  ,`ヽ、.`ヽ-、,-' | /., |     エジプトの女王に征服されると何故
    /´: : : :. :/:j   j.  i'i'i´ ̄ ̄ ̄| ヽj
    /: : : : :.:/: :{    |  |:|:| ||.  || | ,,ノ.、      ギリシア人の奴隷になるのか? ですね
   /:: :: :: ::j: : ::j .、  |  |:|:| ||__|| | iヽ;::\
   /: :: :: :: :i: : :.} `ヽ、!. |:|:|   ̄ ̄ .| |" |: :.:`ヽ、
   {: : :: : :: :j: : :{ " ̄`‐γフ-,ニ二二ζ`> j:λ: : .;)
   |: :人: : :.:i: : :`ー、___{__ノー──‐`-r'´/ `ヽ/

         ,,==ニ=、、
        //      ヾ
           l|      ,、 `
      ,.-.‐┼.──‐´: ├─.-.-、._
    /::.::./::.::.::.::.::.:l::.::.::l:.::.::. ̄ヽ ̄ ̄`
   /:.::.::.//:.::.::.::.::.::./l::.::.::l.::.::.:::.::ヽ::.ヽ
  /:.::.::./:/.:.::.::.::/.:/.::ll.::.::∧l:.::.::.::l.:.ヽ:.::ヽ
  l.::.::/.::l.::.:.:/77‐ /l.::./ lA、_::.:l:.::.:ミヽ:ヽ
  |:.:://:l.::.::.:〃/  l |.:/  l|ヽ:.::.l.::.::.::l ヾ、 「歴史上最も偉大なるDQN」ことアレクサンダー大王に
.  l:.l/:.:l.::.::./ /   ´l.:/   ll l.::.l.::.N:.:l
   l.::,r┤:./l 三三  l/  三ヨヘ人/ ヾ  征服されてからエジプトはずっとギリシア系の人が王なんだよね
  │ヽ l:/::.l        ,   ・l:N:.:/  `
    l:l:.::.レ:.:丶_"   ー'ー  "_人l:./    ホラ、「プトレマイオス」なんて名前からしてギリシア系でしょ?
   ll:.::.::.l::.::.l:.>┬-,、..-‐:T:l:.::.ハ/
   l.::.::.:ヽ.::.Y Y  '┤、::.:l.l:.::.l
    l.::.::./l:.::ヽ 「 ̄`l  >l:.::.:l
   /.::./ミミミ、:.l  l  l  彡|:.:/
  /:.:/ `` ミヾ:l、、ヽ l 彡/l.:∧
  /:.:/    l lVミミヽl彡/l l/ ヽ
  l.::.l     l, `、_ヽl/ノ |  ヽ 〃
 /::.l  ,  ‐L /  l  ヽ.l    〉/
 l:.::l /  ,─,,ュ'、、_ ハ  l|  ,-l/-、
│:.:|´  // / 、 、 V ヽ  l /、/, , `l






813 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:31:56.16 ID:J6Kv8j.o
             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l かの有名なオカッパスタイルは
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l エジプト人向けの装いでかつらだったそうです 
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll 国外の方に会うときや日常生活はギリシア風で
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l 通していたそうですよ
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
    _    ,、    l / /川   /  /´   /´´  ヽ  ヽ l
   (_r‐、- l. ト 、. l / l 川   /‐-y´´  //´       ヽ ヽヽ
 , -、. l l 丶`´ヽヽl /l 川  / // /´/´          l  ヽl
.(_, -‐-`_   /〃、/ l 川 l  〃l / 〃         l   ヽ

              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l ギリシア人は学問芸術の民族と思われがちだけど
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x  貿易ダイスキ海はオレのものって民族でもあるんだよね
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
         `  N: :ゝ、_, ‐"` 、    ノ: : N : : l  だから当時の国際貿易都市であるアレクサンドリアには
         │: : :,‐´`   `l-イニ: /: : :ハ: : :l
             l : ,亠    ‐、l  `〉/: : : l: l: : :l  ギリシア人が一杯いてギリシア系の女王を支持してたんだ
            ハキ  _     ヒ、、/ /: : :/彡l、: l
         l//)、 (:::::`:::、 ,'、゙、l Y : : /〃彡l l
         /l´ l '`,‐ニ┬┤l `,.l l /,´/  |l








815 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:41:08.82 ID:J6Kv8j.o
          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',  だから女王に負ける=ギリシア人に負けるに繋がるわけです
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!  本来は馬の神だったポセイドンはギリシア人が海に出るに従って  
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!  海の神へと姿を変えたなんて説もあるくらいですから  
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!  彼らがどれほど海が好きかお分かりいただけると思います
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',

                   ,../´ ヽー―――-- 、
      、ー- ..__   __,. ‐'´:/: : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
        `丶、   ̄ ,.. '´: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         ,.> '´ : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
       ,. '´/: : : : : :/: : : |: : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     / ,/: : : : : : : /: : : ,.!: : : : : : : :l : : : : : : : : : : : : \ : : : : : ';
    /:,. '/: : : : : : : : /: : : / | : | : : : : : |、: : : : : : : : : : : ヽ: ヽ : : : : |
  /:/ / : : : : : /: : :l : : /  |: :l:!: : : : : | ヽ:__: : : : : : : : : :!: : ',: : : : |
  //  /: : : : : :/: : : :!:,. /-、 l: : !: : : : : l ''´\` 丶: : : : : :l: : ハ: : : l 神といえばさー、今回やる夫は
 /'   /: : : /: : l: : : : |: :/    l: :!: : : : : |   \: : : : : : : |: : : l: : :|
.      !: : ,イ : : |: : : : |: l _    !:|、: : : : |     \: : : : : ト、: : l: : | 宗教じみたことをやってたけどあれ本気?
     |: :/ |: : : |: : : : :!:| ヽ! ̄`ヽl:! ヽ : : |. ´! ̄ ̄ l'7、: : :| ,!: : | : |
     | / |: : : ,!: : : /|' ヽ 'r'、__,| !  ヽ: :l  r'、__ノ | l:|ヽ: : |´ヽ: ! : |
      |/   !: :/ ヽ: : ! |: : '、ヽ___,!     ヽ: ! ヽ._,ノ |:|: ヽ: |-‐ヘ|: : |
     __ヽ:|  ヽ: | |: : : !    '   ヽ!     ・|:|: : ヽ|: |: : : : :|
,. -‐ ' ´__ ` 丶、 ヽ! !: : : ヽ、,. -‐ '" ̄ ̄ ̄ `丶<!:!: : : :|: :l: : : : :|
‐ '"´    `ヽ、  \ |: : ,. ''´ ,. -‐ ''´ ̄ ̄ ` '' ‐- 、`ヽ: : ト 、! : : : |
          \_∨´ /             `'ヾ. |/> 、: |
、           ヽ  `ヾ                     |:l/ / ヾ、
ヽ           ヽ   ヽ              r--┴、/   ',
(`丶、          ヽ   ヽ              r--`=-  ヽ     !
.〉-`、´._           ヽ   ヽ            ( ' ー-    ヽ   ヽ








818 :1 ◆AHL7KHofQw[saga]:2009/01/31(土) 22:57:54.98 ID:J6Kv8j.o
            /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
               /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
           /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
          / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ   
          / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ', 
        /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i 
      /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ | 
      // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨ スエトニウス曰く、ですので100%は信頼できませんが
          | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l 
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│ やる夫が一種信心深い人物であったことは間違いないようです
  |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :| 
  | ローマ人の物語|ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :| なんでも、アポロのコスプレで宴会に参加したこともあったとか
/^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨ 
{/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│   でも今回の場合は濫用対策でしょうね
{/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│  
ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│    何せ神のお言葉ですから適当で出鱈目な言葉でも反論しにくいのです
 V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
  ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : :      そんな事がないように先手を打った――と>>1は考えています      

              
         /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
           /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.          /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \}
       .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
       |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ   特に質問が無ければ今回はこれでお終いかな
       |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
       r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |   次回は今度こそ金曜、21時予定です
       |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
       'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨   お疲れ様でしたー
      /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
        |  /⌒}:Ⅵ : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |         
        {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
       ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.         \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′


やる夫が第一人者になるようです まとめ


やる夫が第一人者になるようです10
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://version45.blog85.fc2.com/tb.php/67-98af8811
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。