ブログパーツ

Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ 電子たばこ

Powered by Ayapon RSS! オススメ 電子タバコ キャッシング比較

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やる夫で読む近代文学短編小説8

2009.09.03(10:56)

3 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:51:17 ID:vVtbYVeE

  ゞ:;ヾソゞ____|       ヾヽ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;::;;;;ゞゞ:;ゞ ;;;;;ヾヾヾゞ:;
 _;;;ヾゞ/    ;;;;;;;;| |[][]|  |[][ゞ:;ヾソ   ゞ:; :;ヾ ゞゞ:; ゞゞ:; ::: ;;;;;
 | ヾ;ヾ/       ;| |[][]|  |[][]|ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ヾ ソゞ   :::ゞ:;ヾ ゞ
 |__:::ヾ;''=====|______ヾゞ:;ヾ :::ソゞ :ゞゞ:;;:;ヾ ゞ ゞ:;ヾ ゞゞ:;
エエエエヾゞ;. _,__.___.| |\  _ _ _  ゞヾヽ :;ヾ ゞゞ: ;:::ゞ:;ヾ ゞ ゞ:;
   ); ,(;;| |≡|  |≡| |iiiii| ̄|iiiii||iiiii|iiiii| |ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾソ  ゞゞ :;ヾ ソ/ゞゞ:;
  __ヾ| |≡|,,_.._|≡| |iiiii|  |iiiii||iiiii|iiiii| ||≡|  |≡||:;ヾ ゞゞ:;  |li/ ゞゞ:;
 |≡≡|;;;| |≡|γ,,|≡| |iiiii|  |iiiii||iiiii|iiiii| ||≡|  |≡|| ゞゞ:;ヾソ:;ヾ ゞゞ:;ゞゞ:;
 |≡≡|;;;ll,|≡|iニi;;|≡| |iiiii|_|iiiii||iiiii|iiiii| ||≡|  |≡||__|__ :;;;ゞゝ:::ヾヽ
iiiiIIIiiiiIIIiiiil ' ̄ ̄ ̄ ̄| |/   ̄  ̄  ̄ !|  ̄  ̄  ̄'||/;;;;;ヽ  ヾ;li/:::ゞ:;ヾ ゞ
_______.|       |________,|__, Cafe..__||_    \ 'li|ヾ:li|
____________|       | VINS desutoroi ,| = = = |\    / |li| li|
;naname | , ' ⌒ ヽ |  ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ      |  \/   ヽli//
 ̄ |/\l| |   ::l | |   ~|"~"~"||~"~~''|"'|:|口口| | / ||     | ;il|
 ̄ | ̄ ̄l| |   ::l | |  ヾ;;ソゞ  || ヾ;ゞ;;ミ|:|口口| ||  ||;;\   | ;il|
// | // l| |   ::l | |   ;;;ヾ  ||  ヾノ;;; |:|口口| ||  || ; ';,\ | ;il|
// | // l| |;;:: ../ :| |    i| / / ||   liイ .|:|口口| ||  /; ';";; 'ヽ::;ilヽ
__|__l|_,,|;;/  :|_|二二liiiil___||__liil_i!y||llllllll|_,,||/; ';";; ';";; ';)
;" ' ";" ' ";" ';" '" ' ";" ' ";" ;" ';" ' "; ' ";|ロl_|;" ' ";" ' ";" ';" ' ";, ,/
;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" ' ";" ';" ' ";;" ' ";" /
=============================''"
四月のある晴れた日、原宿の裏通りで



4 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:51:50 ID:vVtbYVeE

         , -―― - 、.._
       , '  ̄ ̄ ` ''ヽ  ヽ.`ヽ.、
    /    :    :::::::::::\. \:::.\
   ./     :      :! :::::::ヽ ':;:::::: ':,
  ./      :   / .::/ .::;| ::::';r- ,:::::: ',
 / /  i.|  :   / .:// :::/l ::::::::|__ !__:::: i
. ,' :/ :: LL :::  ./ .::/'"! _'_`| ::::::::i/´-, |:: |
..i :i.| :::. | _!_ヽ:/'./ /iイ;;;;゙i  ::/:|' |:l::l::: l
..| l l :::|; i. !イ;ヽ '゙    ' --'!::::/.::l  l::|:l::: |
. ',.! ':, :::l:ヽ ゙ー'       /::/:://!:、|:l:| :: l
 ヾ ヽ:;!、':,   '      /':::/:/:ヽ丶-' ::: |
    l ::':::ヽ、  ´ ̄    ,'-'/ .::/: ̄: :::: l
     | : ::::r:丶.、  ..  '  /.:/:: .:::  :::::::|
.     ',  :::丶- `r.´ri'' "/:'/ :: ::/  ::::i l
     ヽ、 :::ヽ ::::|゙/゙ヽ   / , , '   .::::::l: |
       `' --゙' r .!. .ノ-‐=- '''/   .:::::::!::: l
      ,z ニニヾr‐r‐r‐- , '-‐/   .:::::::/\:..|
     / <....  -'‐ ニ - ''i ,!:/   .::::::::/   ヽ',
     ー=r <_/.//、ノ__-/   .:::::/     iヽ
    /  ' -ヽノ――/    .::::/ |  0 3  l: ',
   /    //./   /     ::::/ ,.L.........._  /::: i

僕は100パーセントの女の子とすれ違う。


5 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:52:02 ID:vVtbYVeE

          . zニ二二二ニz 、
       ,. ' ´         `ヾ\
      /               \、
     // /     i   i ! |     ',
   / / ./,.  .|  /! ./ ,'.|/ i     l
  /  .,'/ /  -r ''"  |/l /''r-l-|、. |  |
 / /  /  /,! --  ! | / -- .!、l  l  l
 /  | ,'  ./'゙|:イ::!:| ! :/ |イ:::!:;ヘ  |  ',
    l. l | ,'|.l. '-‐ '  /  ー-'  .!  l   l,
   /,|.| l !|.l.| " "   '   " " ./l, |.   ヽ
 //,l  ヽ!,`ヽ    ー -    /ノ ヽl   iヽ
/./ /  // /|l. \      /! |  ヽ.   |. \
/  /  / ' / !  |_iヽ、 _.  'l |'l /l  i.|   l l ',
  /  / /i / | .l |;;;;;;;l,.,l;;;;;;;;"il |' /|  | l  .| .| !
 /  / / |_!.. -/=:、.l´,l;;z=-ヽ‐' .l  ll. |  l l ,'
./  / / ' ´  /=_rr 、'-,;;;;z==/ /  || l  |./ /
  / /    /l.!;;;;;| | |. ! iヽ;;;;;;;;i ./   l l.|`', / /
. / /|  /;;;;;;;` ̄l、ヽヽヽi ';;;;;|/   | l / '
/ / r‐/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ     l;;;l    l-/'.!、

たいして綺麗な女の子ではない。素敵な服を着ているわけでもない。
髪の後ろの方には寝ぐせがついたままだし、歳だっておそらくもう三十に近いはずだ。



6 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:52:22 ID:vVtbYVeE

    .:.:...        :.:.:                    :: :.:.:.:..     :::.:.
    :.:.       .:.:.:..                    ..::.:     .::.:.   ::.:.
     : ..: ::.. :. :::: :.::.         -──―-、        :.::    ::.::.:.:
: :.                   /                     .:.::    .:.:.::::.
  :.:                /、_ ー'    、、_,        .:.:.: ::.:    .::.:.  :.:.
  ::.:               //(_,|'      /´)`ヽ、   .|          :.:.:.:.:
  .::.                 l  ー' / / / /lー cノ    l
::.:                >-─-、人__)  ̄ '"'   /
      .:.:.::::.        /     .lー'        /      .:.::.:.:...
      ::.:.  :.:..      / `''    /          く      .::::   ::.:
.       :.:.:.::     /      /

しかし50メートルも先から僕にはちゃんとわかっていた。彼女は僕にとっての
100パーセントの女の子なのだ。彼女の姿を目にした瞬間から僕の胸は不規則に震え、
口の中は砂漠みたいにカラカラに渇いてしまう。



7 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:52:37 ID:vVtbYVeE
あるいはあなたには好みの女の子のタイプがあるかもしれない。

              /     /   /
.            /    ∠i__  /
            l   ̄     丶 _
             \          丶 、  ____
                ̄   -    __  /|\j::l:::::i
                 ヽ   \     -、 /、ゞ-
                  丶   ヽ    \ ヽ\
                   丶   i      \|::::|
                    丶   i       ヽ:j
                     丶  i
                      丶  i
                       丶 i
                        ト-イi、
                       /、__|i/、
                        |  /:::::::>
                       | /::::l ̄
                       |/::::/
                       L/
例えば足首の細い女の子がいいだとか、



8 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:52:48 ID:vVtbYVeE

            ,.  ,. -=キ≠=- 、
        /: : :'´: : : : : :.ィ: : : :`ヽヽ:\
        /: : : : : :/ : : ://!l: : : !: : :.い: : ヽ
.     /  / .. :/. :/:.// ll: : :l: : ヽl:.|.   :.
     // : : l:./: : !/「/ l  lヽ卞ヽ、l:.!: : : : i
   / /: /: :l/: :イ|:./ l/     V }从:ト: : : : : !
.    / イ: : :l: : :/レ勹示     i勹tトV: : : .!: :|
    l / l:.: :.{:.: | i乍心:|     |;心:.}豸: :.,′:|
    l/ |: : ∧:.l  辷ツ      辷ツl: : :/、∧|
      |: :/ト.Vt  ¨¨  ___   ¨¨ //:ム/  `
      l / l |: :.〉r、    {___}    _イ:.イ:/
      l/   !:/.rLl^l^i、 ‐-‐ ,i^l^|」:/l/
          ィrト、 ` ー┴ v-┴‐'´_,{ァ、
          ∧∨、` ー---┼--‐'´ |/∧
        { ∨、.`ー----┼‐‐--'´∨ }
        l | ` ー----┼---─'´|  l
やはり目の大きい女の子だなとか、



9 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:52:58 ID:vVtbYVeE

                        /) / )
                   ハ  / / /
                  / ノ / / /  ______
                 / /ヾ/ ,.'-‐''"´ __,.ノ
                 / ´ / / ,. -‐''"´
                 /      /
                , '      〈    _,. -‐ 、
              ,. '         ` ̄´  _/
            /          _,.-‐''"´
            /          /
          /         /
         /      __,.- '´
        /      /
絶対に指の綺麗な女の子だとか、



10 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:53:10 ID:vVtbYVeE

     / / , / / / ,イ : / .,'イ .|  l : : iト、  :ト  | : :| :i: :
      / / / / / / イ :/   ! l l  | _ |! | .:| | l  : | :i: :
     j ,' ./ ,' , /_/!⌒     ヾ|  ´  ` ト、:ノ | | : :j  |: :
     // i . :| :ト|'   __ ゙       _   ゙メ、/ : :,' : :|: :
.   /イ  l  ト、 :l ,,ィニヾ、       ィ"テ≧ト、 /ト、/ : : :|: :
      |  |  : : |〃ろ;;::::}        ' ろ;;:::::ハヾト  ,' ; : : .!: :
      |  |  : : |ヘ弋ゞ''ノ_ノ      {::::ゞイ:::ノ 》`/ / : : j :
      |  |  : : j  ゙''  l ::::..      ''ー―'   / /  : :.,': :
      |  |  : :,' :::::::::::        ::::::::::::::::::  / /  : : /: :
     !; :リ : : :i  _ fv ̄ `vヽ.  :::::::::::::::::: / イ  : : /: :
      ハ\r::´,::::::::::: ̄`ヽ.   ヽ       // .| : : :./: :
    ,、;...::´::::\,イ:::::::...:::.. ... V´` ハ.     //  |: : :/: : :
   ノY´::::::::::⌒`:::::::::::::::::::::::::::::....   |     /,''  ,': : /: : :
 rノ`i|::::    :::::::::::::::::::::::('\:::Yヽ .:!   .ノ'  /: : /: : : :
 !| イ!:::::::.........:::::::::::::::('\::::::ヽ. \ V     ..イ: : /: : : :
ノノ /'):::::::::::::::::::::::::::::(゙\ `ヽ、ヽ `ヽ\ ... イ /: :./: : : : :
よくわからないけれどゆっくり時間をかけて食事をする女の子にひかれるとか、
そんな感じだ。



11 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:53:23 ID:vVtbYVeE

      |   /││       ,. - ─── ィrォt‐zrt 、
      |   ' ││      /     ,.ォメ´::::::::::::::::: ィゝフ
      | /  ││    ' /  _ _jン´:::::::::::::::::::::::::: ゞフハ
      | /   '. |   /  / / r/::::::::_ r_ィ=r=tz-tォz::::::ヽ
     !   /│ |  '/    fr.= ゞ ::::: ォ7´         Y ゙
     '   ! | | .//  ,.  lL= f::::_ ハ     |       |  |
   /    │ | |//  /  ir===/!ヾ _ .イ | |! |: | |    |  |
__ /     /| | /.イ ./ / L_ イハ_jj_ノ| | | ||l ! | |    |  |
::::::/      ,. | i//  / /  ,〃 /  !!  トN:ijl_リトレ'リ | li   |  ,
:::/     / レ'//  ' /  j/ /|! ゞヽハ! |  7rォ'ヾl リ  / /
,.       // /   '//  イ / .|i. |::| | ゞ'   v'  /!ヾノレ'
       jハ/   '  /  /, ' ∧  |::| l! ヽ    ii!
     ∧ミヽ/  , ' ム /⌒|!、 |::|N     _ ,イ |
    ,' ;::::::ゞミゝ /_,. イ ' '..: : : ヾ.|::|ハ    ,.ィ:::::i. |
    /,..ゝ::::; Vゞ_//: : : :| !| : : : : : :N/  ̄! !:::!:::ゝノ
   ' γメィゝ::::.,'/:.:. : : :| !|: : : : : :ンヾヽ バヾ::!ヾ::\
  ./lレ:/ / /フ zヘ: : :.:..| ゞ: : : : : ゝ  \ ゝ ゝ::\::ゝ
  / /  / 〃 _∠ノ:.: : :レヾヽ_r、Vj ヾ.\  ヽ `ヽヽ \
  !/  /  !|ォ=√l: : :〆: : : : ゝ‐ Lァ l lヾ ヽ )、 ヽ\ \
  ハ r-- イイ: : : : /: : : : : : :{!  i,フ | |   | / ヽ │ \ ヽ
 / /: :イノ: : : : : : !: : : : : : : : :'Y'   レ'  ′  | l.   ヽ  |
僕にだってもちろんそんな好みはある。
レストランで食事をしながら、隣のテーブルに座った女の子の鼻の形に見とれたりすることもある。



12 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:53:41 ID:vVtbYVeE
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
しかし100パーセントの女の子をタイプファイすることなんて誰にもできない。
彼女の鼻がどんな格好をしていたかなんて、僕には絶対に思い出せない。
いや、鼻があったのかどうかさえうまく思い出せない。
僕が今思い出せるのは、彼女は大して美人じゃなかったということだけである。
なんだか不思議なものだ。



13 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:53:56 ID:vVtbYVeE
僕は誰かに言う。
       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  昨日100パーセントの女の子と道ですれ違ったんだお。
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

    __
   /   \ ふうん 美人だったのかい?
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)         キリッ ____
. |     (__人__)           /\   / \
  |     ` ⌒´ノ          /(ー)  (ー) \  いや、そんなわけじゃないお
.  |         }         / ⌒(__人__)⌒   \
.  ヽ        }     \     |    |r┬-|      |
   ヽ     ノ       \  \   `ー'´     _/
   /    く. \         \  ノ          \
   |     \  \    (⌒二                |
    |    |ヽ、二⌒)、        \        |  |



14 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:54:06 ID:vVtbYVeE


        / ̄ ̄\  じゃあ好みのタイプだったんだな
      /       \      ____
      |::::::        |   /      \
.      |:::::::::::     |  /  ⌒  ⌒  \  それが思い出せないんだお。目がどんな形をしていたかとか、
       |::::::::::::::    |/   (●) (●)   \ 胸が大きいか小さいかとか、まるで何も覚えていないんだお。
.       |::::::::::::::    } |     (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――



15 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:54:18 ID:vVtbYVeE

     / ̄ ̄\
   /   ⌒ ⌒\ 変なものだな。
   |    ( ●)(●)               ____
.   |   ⌒(__人__)            /⌒  ⌒\  変なものだお。
    |     |r┬-|           /(●) (●) \
.    |     `ー'´}  \      /:::⌒(__人__)⌒:::::: \
.    ヽ        }     \     |    |r┬ |      |
     ヽ     ノ       \   \   `ー ´    _/
     /    く. \         \  ノ           \
     |     \  \    (⌒二              |



16 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:54:29 ID:vVtbYVeE

        / ̄ ̄\  それでなにかしたのか?声をかけるとか、あとをついていくとかさ。
      / ⌒  ⌒\      ____
      |::::::(●)(●) |   /      \  
.      |:::::::::::(__人__)|  /  ⌒  ⌒  \  何もしないお。ただすれ違っただけだお。
       |::::::::::::::` ⌒´ |/   (●) (●)   \
.       |::::::::::::::    } |      (__人__)    |
.       ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /ヽ三\´     | |          |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――



17 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:54:45 ID:vVtbYVeE

          ,,,.. --- ...,,
     ,. <´ >< ̄>=-,.、ヽ 、
   ./-‐ '' """" '' - ニ..,X>、 \
  /             ヽ,X\ ':,
. /      ,l     , i    ヽKi  i
. ,' ;   i _| |   ,.....LL._ i   ';>| .|
..l |   '|´./ l.l   /l/ | `!   'r-, l
.| l    l,xr=i'|   /ィ==s, ,  r┴, |
.l .|l   |.〈. |::::::| ヽ/ |::::::::::| ,!.li   |l l | l
..'|. ',  l.i  !;_::;!     l::__::ソ l ! '; .|.|.|.l |
 ' .ヽ l ! ,,,       ,,, |  .l. l┬' l
.   ヽ.|', i`i';;_ ._ ` ´   .. / /!' /  .|
    ./ \l'''-'..,,.<二...´=ニ!/  /_  .l ':,
   // / ´/:l !i´`!,z.ニ-/  /  ヽ |. ヽ
 / / ,' /z=-ヾ! ´二.. /  /    | l   ヽ
'  /i r‐'/ ヾ==-i''i,,!二>i  / 03 !   l  \

彼女は東から西へ



18 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:54:57 ID:vVtbYVeE
          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::| 
        i     \ ::::/ 
        \     |::/
          |\_//
          \_/

僕は西から東へ歩いていた。とても気持ちのいい四月の朝だ。



19 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:55:09 ID:vVtbYVeE
        ____
      /      \
     /  ─    ─\
   /    (一)  (一) \
   |       (__人__)    | (たとえ三十分でもいいから彼女と話をしてみたいお)
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ



20 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:55:20 ID:vVtbYVeE

         ,. </.. >-<.\`ヽ、ヽ、
       ./,  ' ´      ::`ヽ--ヽ::..ヽ
      /           ::::::\!ヽ::::',
     /  .::  :::   /..': :. .:i ::::::::',´,L::l
.    /  :::/.::/::::  |//: /:: :|:.    i-,.r'!
    'i.: :::' ::/i:|:: /: ./::_.,'=l-,-:-:::!:/ .| .l| |
    |.l: : Z' ̄!'ヽ.!:./ l:/' ,!.'-.l、 ::;'  l .|l l
    l ! :| :l,ィ:''ヽ,'/ '゙ イ;;;;;゙i. /:::;'  .l .l!/
    |' '; :l':;:i.ヾ:::::!      ヾ:::ノ| .:/  /-::'/
     iヽ:ヾ, `´ ,      !:/ / /::/i
     | ,`:::::ヽ.、 ,、、_   ,/ ./.::/::/:|
     l:i', i;:::r--,゙/ ,゙へ,.  ',././::/: ::i::::l
     'レ ‐'- / '゙ ,.:: 〉-rr<i//:: l: l::|
     ./   i'´  ‐''´ _`>、r''ヽ |:: :::: l:::',
    .i    |    ´ /,| r .| .l::: :::: ヽ:.ヽ
    |   ,../     ' /ヽ' -'/!:;:  ::  ::::::\
彼女の身の上を聞いてみたいし、

                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ
僕の身の上を打ちあけてもみたい。



21 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:55:32 ID:vVtbYVeE

i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ              丶
    t     Υ  \     \       丶
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !

そして何よりも、一九八一年の四月のある晴れた朝に、
我々が原宿の裏通りで擦れ違うに至った運命の経緯のようなものを
解き明かしてみたいと思う。
きっとそこには平和な時代の古い機会のような温かい秘密が充ちているに違いない。



22 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:55:45 ID:vVtbYVeE

區品呂ロ呂品噐ロ區品噐ロ品呂ロ品噐呂區ロ區ロ品噐ロ
噐呂ロ品/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/'|ロ品ロ呂噐
ロ呂品ロ/ Restaurant. Ghetto Prisoner / |品呂噐區
ロ呂ロロ'┬────────────'─┘品呂ロ噐
品區噐ロ|         /            |噐ロ品區ロ
品呂ロ區|  /      /     /      |品區ロ| ̄
呂噐品ロ|  /       /     /'        |ロ呂品|
品ロ品呂|    /        /'        |品ロ噐|
ロ品噐品|    / ∧∧       ∧ ∧   .|噐區ロ|o
呂區ロ品|__/  (,, ゚Д) ___ (゚っ゚*) _|ロ呂品|
品呂品噐呂品,   ∪ | 品ロ噐 ι  つ 品ロ゚噐呂|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ~(  |  ̄ ̄    |  |  ̄ ̄ ̄ ̄
  "          し`J        し`J
      "          "         "
我々はそんな話しをしてからどこかで昼食を取り、



23 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:56:12 ID:vVtbYVeE
  目 〓 Ё ∇ 廿 W 目 〓 Ё ∇ 廿
 ニニニニニニニニニニニニニニニニlニl
    `ー   `ー     `ー     `ー
          、--,
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(_)) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄λ_λ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /l
 二二二二二二二二二二二∫二( ノ∀ヽ) / _、.,_  //             ┌──┐∫,,,,_∧
    ∧∧     _        ┗─と M  )つ|__|__|// |      ii  ∧∧__|    |_・― `  )i
  ̄ (,, ゚ー) ̄ ̄(*゚∀゚) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   //  /        || (∀・ ) └──┘ /;;;;;;;;;;;)||
 二 |::;;;;;⊃] 二(;;;;不;;O二二二二二二二二二l/    ┳      || (っ;;;;;) ̄ ̄|| ̄ ̄'´;;;;;;;;;;;ノ.||
    (::;;;;;;;ヽ  |;;;;;;;;|               |   / ∥       |l ̄ ̄ |》   _||_ (_ノ|l  ̄ ̄||
     ┳ JJ.   し┳J   ┳     ┳     |  /   ┴
 __∥____∥__∥___∥___|/
     ┴        ┴    ┴      ┴
ウディー・アレンの映画でも見て、ホテルのバーに寄ってカクテルか何かを飲む。



24 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:56:22 ID:vVtbYVeE

    r'   /  .:::         :: :i  \ヽ:::\     '|>!.ヾX
    l    i  ::i::.. l       ::i::lヽ  ヽ::ヽ:::i:..    ll:‐―
   .|   .: |  ::l';::. l       ::l::| `', ‐\ヽ|::. l  l レ ,ニ
   l  .:i: :l  ::| ヽ ',ヽ      :|::l/  ` _,,,..-:,:: | :::l | .l;;;;;
   |  .:l ::|  ::l--- L_':, i   ::l'l.| ,..z=- ''::´ヽ!:l .:::| l. |;;;;;
   l  :::| ::l  :|    \.ヽ   ::| l./,'´レ<)::!!:::::::i:! .::l , .| l;;;;;
   | :::|l  ::l l |=,== =z、,ヽ: :l |  .'<,,... -‐'/ .::/ l :l .|;;;;
   l i::l l '; ::';.', .ll.! レ-,:ii:::::'; `ヽ',./     ,  , / .:/./!/!.ヽ;;
   | .l | '; ':, ヽ':,.!ヾ.ヾ_... - '           /.イ///::::l丶-
   .l.||l  iヽヽ. ヽヽ  ,  ,     !        ‐'゙ // / ::::;'|::
    | l  | \\丶ヽ          _ .. ィ     '/./  .:::/:l:::
    l   l .l ヽ::l丶 ::>.. .._     `´    ,.ィ'//  .::::/::i:';::
    |  .|l. ! :::;|ヾニ==<二>`   '' ‐- ィ´ /'/  .:::/::::|::ヽ:..
       l ':,!:ヽ ::i'> '''''' <  r..ニ-/ニ, /ニ../  .::::/::l:::::l:::',丶
     // |ヽ.,\!ヽ     >!::::::/´j .i.l:::::/ .::::/,_,. -_,_'::;:::
     /'  .l ::/ >---<''´-‐/::::::人_ ノ':::/  .::://./´  `ヽ、
   /  /:::L../ .i'´ `>ニ三=-=>',..L.=/  .::/:::/'      __\
  /    /:::::ヽ ヽ<_ 二=_ニ-‐―-/ .::/:/:/   r ニヽLr,. l
/ /  ./:::::::::::::::::>--_..=ニ 'ヽ 丶-::i  .:/::i:l:;'    | l l.| _'-, l
 /   l:::::::::::::::::// /´::::::::::::::::: ̄::`:‐-! .::/:::l::l:l    丶ニノ '--'
うまくいけば、そのあとで彼女と寝ることになるかもしれない。



25 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:56:34 ID:vVtbYVeE
      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /
可能性が僕の心のドアを叩く。



26 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:56:49 ID:vVtbYVeE
         _, -―x‐x‐―- 、
      ,. -‐'´ ̄ ̄ `ヽⅩヽ.  \
    /    /    ,  ヽ.Ⅹヽ ハ
   / ,' ,'  l  ,' ,イ  ∧ ヽⅩ  l
  〃 /  ト、 | / /┤./_┤ [_]_  |
  l ,イ  ├_ヽlノj/ ノイ{_「}  レ´「|  !
  | | |  |「{「)    ゙ー'|  l  l |  l
  ヽ! \ ゝ   、      / 人_」  |
      |ヽ.ゝ   ‐:‐  ノイ  ,     |
      l  ri个 、._ . イ ,ムイ ,   l
        ヽ `゚┘,r=┴=== ノイ     l
       `ー-ァ=(_)ッ==~ノ    人丶
        _//7フフ,=='/  ./   ヽヽ
      ((二二彡'ノUヾ./   /    ハ i
      /> ̄ミ7/= ==/    ∧y'    / l
     〃.........//.........../    /:::/ 03 /  !
     l{:::::::::::|.|:::::::::::/    /:::/⌒ー―'―ァ|
     L\::::::l.l::::::::.'   .'::::/      / !
     |  ヽ._」L__」____」:::/⌒ー‐ァ-、/.  l
     |〃 ̄二  ̄ 品| |‐'⌒つ /  ̄   |
     |{  └‐┘o 品| |    `二)     |
     `ー=r==ニニニ二_」\ 、_フ′    ノ
         /:::::|「`ァ―‐┬::个ー'      (
僕と彼女の距離はもう十五メートルばかりに近づいている。



27 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:57:01 ID:vVtbYVeE

    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
  /  (丶_//// \
さて、僕はいったいどんな風に彼女に話しかければいいのだろう。



28 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:57:12 ID:vVtbYVeE

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |  こんにちはだお。
   /( ●)  (●)\  !   !  ほんの三十分でいいんだお、やる夫と話をしてくれないかお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
馬鹿げてる。まるで保険の勧誘みたいだ。

  _∩
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____
  |   |    /⌒  ⌒ \
  |   |  /(●)  (● ) \
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \  すみませんお、
  ヽ   |     |,┬‐ |       |   このあたりに二十四時間営業のクリーニング屋はありますかお?
   \.\   `ー ´     /
     \       __ ヽ
      ヽ      (____/
これも馬鹿げてる。だいいち僕は洗濯物の袋さえ持ってはいないではないか。



29 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:57:28 ID:vVtbYVeE
あるいは正直に切り出したほうがいいのかもしれない。

           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人  こんにちはだお。
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´  あなたはやる夫にとって100パーセントの女の子なんだお。
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \



30 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:57:44 ID:vVtbYVeE
彼女はおそらくそんな科白を信じてはくれないだろう。

               ,   '' """ '' 、
             r '二><><ヽ  \
           .. '' ´       ヽX\. ',
         /            ヾz= 、!
        /// ,       :|:..i| l、  .|' l |`i
        .i/i/./   .l |  .i .//´,,!-ァ  l. | ! .|
       / | l|  !i.ヽ' _;/ ヘイソl | /=-‐'l l
     /  , !|ヽ :| ! :|ヾ!イ;i,  `´!// | l | |
    / / / , \!ヽ- ヽ´' -  // // ! l
  / / / // / | ! ヽ  `.r=´/, ''''' ヽ' | ヽ
/ / /  / / / l ヽ r‐==レ' /./     ヽ l \
 / /  /  / /  ヽ\>'- ' // !、 ,  03 |  |  ',
/./  /  ./ / .|   >' / / ,' l|;;;;;;ヽ!-‐―-!-, l.  l
/  /    / / /ヽ,..-ヽ|' l !  ! l;;;;;;;;;;|     | |  |

もし信じてくれたとしても、彼女は僕と話なんかしたくないと思うかもしれない。



31 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:57:56 ID:vVtbYVeE

             />─'" ̄: : : : : : : :\∧\: : ヽ
           〆: : : : : : : : : : : : : : : : : : \l二ヽ: : ヽ
           , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ<ハ: : :',
         /: : : : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : : : : : \ハ: : :',
.        /: : : : : : : : : : : : : l: : : : : : : : : : : :i: : : : ヽ l: : :.i
        /: : : : : : : : : : : : : : :!: : : : : : : :.i: : /l: : : : : ハl: : :.!
.       /: :./: : : : : : i: : : : : : l: : : : : : : /l: / l ┛┗li::l : : l  あなたにとって私が100パーセントの女の子だとしても、
      /: :.,': : : : : : : l \: : : :li: : : : : : / l/  l:┓┏:li::l: : :l  私にとってあなたは100パーセントの男じゃないのよ。
     ,': : :!: : : : : : : :l   \:.l l: : :l: ://__.....__!: : : : li:::l: : l
.     i: : /l: : : : : : : :l.r==-、 l: :/l/ イ::::::::::i /: : : : :li::l: : l
      l: :/ l: : : : : : : ハ.\::.:.:i. l:/   ヽ-- ' l: : : : li:::l: :.ハ
.     !:/   l: : : : i: : l',.   `'"゛      /// l: : : : l:l:::l: l: :.',
    l/    ',: : : l:ヽl:ハ ////  '        ,': : :/l:ハイ:l: : :ヽ
.    ',    ヽ: : ト: : : :ヽ              ,': : /: l': : : l: li: : : :',
          ヽ:l: :\: i: ヽ    ─(   イ: /l: : : : :./l: l ',: : : }
           }: : : : ):l: : : : >r - '"  l:/┐| : : : / l: :l: :',: :.,'
          ,': : : :/: i: : / ハ|     ノ/l l: : :./l: :l: :l: : : :i
           /: : : :(: : :',/: :/:::::ヽニaニ彳::::::::::l l: :/ !: l.: :l: : : :l
          ,': : : : : : _,.イ::::::::::::Y⌒Y:::::::::::::l.i,イ‐-l: :.!: :l: : : : l
         ,': > ' " ̄   l::::::::::::::l ゚_゚ l::::::::::::::l/::l  l: : l: :l ‐-、:.l
         /:/       l:::::::::::::从__人::::::::::::::::::l l: : :l: :l   i:l

と彼女は言うかもしれない。



32 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:58:16 ID:vVtbYVeE

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \
      : |    (__人__)    |:
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /
そういう事態に陥ったとしたら、きっと僕はおそろしく混乱してしまうに違いない。


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___ /

僕はもう三十二で、結局のところ年を取るというのはそういうことなのだ。



33 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:58:39 ID:vVtbYVeE
_______
―――――――|   ____   | | (((((((((( ((((((     ノ )))) ))))))))))
 fashion      |  |____|  | |  (( (((((((((((((   ノ)))ノ)))))))))))ノ))
_______|  _____  | |____((((((((((ヽ   ノ))))))))))ノ))))))) ┴
  l___l   | | / ,-------- 、ヽ |_____(((((((\\| |)))))ノ))ノ))))))|┬┴┬
  ,,,,        | | | |    | |    | | | ____         \  |/)))))))ノ  :::::||┴┬┴
  Uミ   , _,、 | | | |__| |__| | | || ̄|| ̄||   | ̄ ̄ ̄  | /          |:::::||┬┴┬
 ≪__〉  〉 〈  | | | | ̄ ̄| | ̄ ̄| | | ||_||_||   ||_   /| |         |:::::||┴┬┴
  ノ__ゝ l_./| | | |___.△__| | | || ̄|| ̄||   ||/ ∠_| l         |:::::||┬┴┬
   》|   //| | | | ̄.[open] ̄| | | lニニニニl _ |____  l |       _l_||_┬┴
________.| | | |__| |__| | |  ‡/   /o゚。゚o゚o。/|  | |  /^l   /  。   \‐
□□□□□□.l | | |______.| | | ロ    | 二二二 |/l|  | |  | |_ |   c()'    |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             ̄ ̄ ̄ ̄|| ||   || .||  | | ̄|/  /|\______/
                            ||  ゚    || ゚  | |  || ̄||.|   ̄ ̄|| ̄ ̄
                           ゚     ゚     | |  ||  ||.      八
                                        _| |__        ̄
                                   / ,l l、 /
                                    /  ^ ^^^/
花屋の店先で、僕は彼女とすれ違う。

          ____
        /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \
僕は彼女に声をかけることもできない。



34 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:58:54 ID:vVtbYVeE

              ,. ' ´  ,. -::''::'"::二二'ヽ.、
            /    /::::::::/   _ ` ヽ\
           //   /:::::::::/,. < ´    `ヽ ヽ
        ,. -=-、   //"// / ,  ´       `ヾ
       イ / ,へ.> ///'./ / ,. '        ヽ
      〈 | ! ' レ///`ヽ / / /   // /.  ',
      i !     !z=s/   |' /,.. ' .,,_ _= '/ /  ./   i
     , !     ';;;;;;/  ./,. z=,s、-ヘ./   /    l.|
    /  ',     |''゙  //| !;;;;;ン i / ,.. </   ./ l.l
  /    ヽ    !、// l  `" /  '゙,.z=s./   / //
' ´      .ヽ   /,.!ー'|   |    ´   !;ソ./ / ./i .〃
         ', /i/ ヽ:/!  l     .. ノ `"./ ./ |/ |
      , -- Vi/  \!  |   ヽ..,,_   /.// / ノ
    /    V.    ヽ | l.,\   .. イ//  i゙ \
   /-‐―- 、  l     ヽ.| //゙ ' ´.|<>-'|  |,    |  ヽ
_ -/´ | ̄ ̄ ヽ\ |      'l i ` ー- , .l  .l.i   l \

彼女は白いセーターを着て、まだ切手の貼られていない白い角封筒を右手に持っている。
彼女は誰かに手紙を書いたのだ。その角封筒のなかには彼女についての秘密の全てが収まっているかもしれない。



35 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:59:04 ID:vVtbYVeE

 : : :::ノノ-------|::| |:|/////|::|ニl|i|____ri    l|國|::| iiiiiiレ'i ̄ ̄ ̄ |, -'": ._,,.-‐''" |: : : : : : : :
 `゙''ー-、,_i      |::| |:|/////|::|=ii|i|{ニ}    r-|料|::| /  !   ィ==二二二二| i:::|__,,.. -‐ '
 : .: .: .: .: .}ニニニニ:Li::: |ト、///|::|i__:|i|ェェェi   ゙ |理|::|},/|_|___/.._ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ| |:::|: : : : : : : :
 ------ '二二二コ:::::|:i|゙'ー、,|::|iii :|i|(;)_(;)_(;)_(;)└ii|::|':::::::::!ニ二二二二二| l二| |:::|: : : : : : : :
  , --ー -、=i=i=i|:::::::|:i| \ii|::|iii-|i|??|i: : : i|レ毳i|::| Eコ|l r----------i | |--| |:::|l=======
 / ,r    、 i.fififi|:::、,,,,,|iiiii |::|r-、,,, ィュ,-、,-、,-、,-、,:| l:i:i:i| l,-、王王王王|,イ;;;ヽii| |:::|l=======
::t,i,.-、_,=、l l rェェ、〈イ;;} Eユ r'ニミ  rー、 ぐリ r.^.i ,,,,,,, r'^;;)ハ} {゚_゚リ  r'、"`oノii| |:::|l=======
: :::i`~'!.`~´`リ' {-r リ イ/ }/ じノ--'ト、rー-'ヽ rノ}ハ-'ト、(-゚リ 〉-' ヒ'ヽ/Vヽ /  ヾ'   __ ‐-  .
::  ! fニフ.,イ' 冫^<}ヽ ┤L」l    }+i+i+lノ|__|ェoloノ 〉〉}| Lヒァ |ノ : ノ{ {⌒ヽト、/   ノ ''‐- 、
 _r'=、,.='-‐i__l  V/,イ ///|| Y   i'++i++|/∧{ Yノ∠/::||∧ |  | | : | | \__二二ソ)"rー-、
7゙l,.>‐`ーニフ ヾ`ー- 、ヽゝ   |    l----i'  ハヽ 〉 L::ノ|Eヨ |--' ケイ| |----|..==| |:::| {ヽ,;;;;} `
/  i i' 、 ─' .:.:.:.:.::ヽ . .: : ::トー-''|:::::::::〈   ゙' }_}  |::| |_____| lノ〈〈| | |::ヽ:::::|  | |:::| 〉ー {、

何歩か歩いてから振り返った時、彼女の姿は既に人ごみの中に消えていた。



36 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:59:24 ID:vVtbYVeE
..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ
もちろん今では、その時彼女に向ってどんな風に話しかけるべきであったのか、
僕にはちゃんとわかっている。しかし何にしてもあまりに長い科白だから、
きっと上手くは喋れなかったにちがいない。このように、僕が思いつくことはいつも実用的ではないのだ。


とにかくその科白は「昔々」で始まり、「悲しい話だと思いませんか」で終わる。



37 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:59:36 ID:vVtbYVeE
       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


         , -―― - 、.._
       , '  ̄ ̄ ` ''ヽ  ヽ.`ヽ.、
    /    :    :::::::::::\. \:::.\
   ./     :      :! :::::::ヽ ':;:::::: ':,
  ./      :   / .::/ .::;| ::::';r- ,:::::: ',
 / /  i.|  :   / .:// :::/l ::::::::|__ !__:::: i
. ,' :/ :: LL :::  ./ .::/'"! _'_`| ::::::::i/´-, |:: |
..i :i.| :::. | _!_ヽ:/'./ /iイ;;;;゙i  ::/:|' |:l::l::: l
..| l l :::|; i. !イ;ヽ '゙    ' --'!::::/.::l  l::|:l::: |
. ',.! ':, :::l:ヽ ゙ー'       /::/:://!:、|:l:| :: l
 ヾ ヽ:;!、':,   '      /':::/:/:ヽ丶-' ::: |
    l ::':::ヽ、  ´ ̄    ,'-'/ .::/: ̄: :::: l
     | : ::::r:丶.、  ..  '  /.:/:: .:::  :::::::|
.     ',  :::丶- `r.´ri'' "/:'/ :: ::/  ::::i l
     ヽ、 :::ヽ ::::|゙/゙ヽ   / , , '   .::::::l: |
       `' --゙' r .!. .ノ-‐=- '''/   .:::::::!::: l
      ,z ニニヾr‐r‐r‐- , '-‐/   .:::::::/\:..|
     / <....  -'‐ ニ - ''i ,!:/   .::::::::/   ヽ',
     ー=r <_/.//、ノ__-/   .:::::/     iヽ
    /  ' -ヽノ――/    .::::/ |  0 3  l: ',

昔々あるところに少年と少女がいた。どこにでもいる孤独で平凡な少年と少女だ。
でも彼らは、この世の中のどこかには100パーセントじぶんにぴったりの恋人がいるに違いないと
固く信じている。



38 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 20:59:52 ID:vVtbYVeE
ある日二人は街角でばったりとめぐり会うことになる。

      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)    驚いたお、やる夫はずっと君を捜していたんだお。
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ  信じてくれないかもしれないけれど、君はやる夫にとって
 |       |r┬-|   |  100パーセントの女の子なんだお。
 \        `ー'´  /


      ,.. =. ´===、 、`.ヽ、
     /‐ '´      `ヽ!\. \
    /             \l':、 ヽ
  ./          __   .ヽl.', ':,
  /,     |-,   ´ ,、 .i `   LL ',  あなたこそ私にとって100パーセントの男の子なのよ。
 /i    '´'l |i   |,' ヽ .|i   .|- l. l  何から何まで私の想像していた通り。まるで夢みたいだわ。
. ! |   .i  | ! lヽ   l! -===ー l:::|| .|
  .l   l _!,, z==\ ! .|:イ!!゙:! i  .|::l.l. l
  ', .i  '´ ゙' !イ!!::i, `  `" ´| l.  l'ノ  |
   ヽ ヽ  rV'i゙'"´   , "" !/  .|   .l
    `i \.| |. |"" `´   ..イ/  /    |
     !.i ヽヽ`ヽ'' =r= '´.../   /    l
     /ヽ' -\  ' |-‐=/   ,i‐-.、  |
     /   /!l>  !l´ 〉    l |/  ヽ ヽ、
   /   /  !.!  / ヽ.i    | l   |  |



39 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 21:00:07 ID:vVtbYVeE
      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  / /// (__人__) ///\
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /


   / ./ :::/ .::/:/ ,   ::i  ::: :ヽ :. ::ヽ.ヽ::.. ヽ
  ./ :l :::| :/::l :l   ::::|  :::i ::l  :i ::::| l:::.   |
  l | :| ::l :l |:| :|   :::l  ::| :::| ::| :::l |:::::.  l
 .| l ::l ::|l :| l::l :l   :::|  .:::l :::l.i :l :::| .l:::::.  |
. l |  ::l :l ̄!ヽ! |  :::l .::::/ :/ | :| .:/ :::|:::   l
  l.ll. ヽヽ z==.、ヽ .l .::/.:/‐ </.::// :::/l:::   |
  '|ヽ \.゙' |イ:i゙i ヽ //z==s.、///  :/|l.|:::  l
  ヽ.\ ヽ. ゙ ー      |‐':!:j::ヾ丶 .::/i.l l::  |
   \ 〉.,! '' ''' ,     `'' ー/ .:::/ //!:  l
    / /,ヽ   _    "' '''  -‐/!_-'-/::  /|
    l .l l  \ ヽ` ァ    ///.  ̄|::  / .l
    ヽヽ ヽ! ヽ` ´_ ... -. ´//   ..:l:: /|  l\
     丶-'-ヽ/`/ヘ - ‐/ '//   ::|:/./ .l  ヽ ヽ
        | .l /ヽ ! |-‐''´;;/  /  ::l// l |   \ \
        rl. | l /,.-、ヽl;;;;;;;;;/ ./  :::::://‐--- 、   ヽ
       .ll |-'‐.!l ノ:::l |l// ./  .:::::///,. -― 、ヽ \ `
      〈.ノ-r<..ヽ:ノ--,::,'  i  ::::::i i/ ./     ヽヽ ヽ
    _.../;;/>- 二 >'-l  ::|  :::::| |. /   _ _ ', \
   /r―ヽ.! / / /../ _.'-‐|  :::l  ::::ヽヽ   i  i _i. l\
  ,.ヘ丶---‐ 二-=/..__/ヽヽ ::ヽ  ::::::::\  !_!_.l |

二人は公園のベンチに座り、いつまでも飽きることなく語り続ける。
二人はもう孤独ではない。100パーセント相手を求め、100パーセント相手から求められるということは、
なんて素晴らしいことなのだろう。



40 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 21:00:25 ID:vVtbYVeE
しかし二人の心をわずかな、ほんのわずかな疑念が横切る。
こんなに簡単に夢が実現してしまっていいのだろうか、と。


                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \  もう一度だけ試してみるお。もしやる夫たち二人が100パーセントの
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \ 恋人同士だったとしたら、いつか必ずどこかでまた巡り会えるに違いないお。
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \  そしてこの次にめぐり会ったときに、やはりお互いが100パーセントだったなら、
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |  そこですぐ結婚するお。いいかお?
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ


            _.._-―_- 、_
          ..=‐―――- 、ヽixヽ、' 、
      ., '´          `ヽヽi.\.\
     ./    ,          \i\', ヽ
    /  i   :| i   l i ヽ    ',l ヽ!  i
    i .:l  | l :l ::l,ヽ   | l _ヽ :i l, - !、. |
   .| ::| l :l :| :l ::|ヽ\  l. '!  `i':. :l |---!,. l  いいわ
.   l :::l | :| :lz'´.`! \ヽ | ,z==z、:| l |゙l|゙l|. |
    | ::| l ':, '' z=.、  ヽ !. !イ:::j:|/!l | l |l |l. l
    .l ::l':,':,. \ヾ.!イj:!     '==' // l | l| l!. |
    ヽ:!ヽ.\ ヽ ゙='  ,    '''' /  ヽ='=' l
     \.\ ヽ !'''        / ::/:!:/::.  l
        |:lヽ  ヽ.、i゙ヽ` ´,..,/ .:/://:!::  ',
        //|:l \ :l ||`゙|`、,/-!'  ///l:|:|::.  ヽ
      //l r/ /-!::/゙!. l / ./ / /へ!l::l::..   \
  、   // r |' /;;;;:|::l;/  V /./ .//;;;| l;;,、:_::.   ヽ
    ̄/:/ ./ /:/;;;/ l:/    / /  :l;!|;;;;;l |;;/ヽ、    \

そして二人は別れた。
しかし本当のことを言えば、試してみる必要なんてなにもなかったのだ。
彼らは正真正銘の100パーセントの恋人同士だったのだから。
そしてお決まりの運命の波が二人を翻弄する事になる。



41 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 21:00:38 ID:vVtbYVeE
ある年の冬、二人はその年に流行った悪性のインフルエンザにかかり、
何週間も生死の境をさまよった末に、昔の記憶をすっかり無くしてしまったのだ。

         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ;         l⌒ '"⌒ ヽ、
       |          u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  (ー-))::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'


    r' ̄i
    ゙‐- '     ..... -- .
  , - 、    .. '          `ヽ
 {   }  /     ,          lヽ     r'⌒',
 `‐-‐' /    .::. /   ..:  ノ  :::.. l /l 、   !、_丿
 ◯   l / ..::::::../l  ..:::: /l   ::::::.l\l 、
     レ  .:::::::/ ̄l ..::::::ノ` l   ..:::::l∠、 l  ○
      l:: :::::::l ● \厂 \/  ノ:://   l .ト 、
      .ヽ:::::l///    ●∠. ィ  l .l   /::.l::::⊥..
    , ' :::トl   ヽ_フ ///  /  :::>ヽ__/::::↓〃...`
  ,,r-(;;;;)::          :/ ::::    :::⌒);;    `,
 (     :::  ...     / :::::    :::  ̄  ,r‐-'
   ̄つ    '⌒''',----'  :::::     ,r───'
  ∠ο〇::⌒〇ο:つ:;::::::::::::::: ,r───'
    ̄ ゙̄'───--------‐'



42 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 21:00:52 ID:vVtbYVeE

         / ̄ ̄ ̄\
         /        \
      /   ─   ─  ヽ
       |   (●)  (●)  |
      \   (__人__) __,/
      /   ` ⌒´   \
    _/((┃))______i | 
 .. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
 /  /_________ヽ..  \
 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       .//レ'    l |:    \Xヽ ヽ
  .i~ァ  .///;/   , i |l    i :. ヽ::i',. ',
.  |`´  i .l '|/   /! l  ';   l i   ';|:i  ',
r‐ !    | l::: ...,' / | .l| l !  , | .| ..::::lヽ!、 .|
`´    /!|:::; ::::l:!:i--! | !::|:::::: /,--l.、::::::::|- ,|. l
     ,' | l::l: ::::|l l _ ! l::l::::://_.!.| ::::::::l-ヽ |
     l .li::|:l:::::i:l!i´!:イi` !:|:://'.i:i::イ:!::i:::::::| l`i l
    .| l !:ヽ!::::|:l 'ー '  ゙'    ー '!/::::::::l | | |i
    l. | |:::::::!::lヾゝ' '   '   ' '/,':::;ヘ:::|'iノ/ |
    ,'! ヽ.!:  ヽ!|:ヽ   i´`!  , イ イ | l::! l/ l
    /| :::::l';:.  ヽ:::`i .` ´...::':::/:/ ! |;' ,!:: |
  / .l  ::::|:ヽ:/、 V´_二i,./ .//´    ,.イ::: l
  / |  ::l::::/ :`-l´;;;;;;i´ !/;;ノ=-、 / ̄ヽ:/、
. / /l   |:::i  ::::/- ヽ.!_ ノ/  _ `\    l ヽ
/ / |  l/!   ::l 二ヽr i´!  /::::` ヽ`i 03 |  ',

しかし彼らは賢明で我慢強い少年と少女であったから、再び新しい知識を身につけ、
立派に社会復帰する事が出来た。



43 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 21:01:08 ID:vVtbYVeE

          ,.  ――- .
        /≫宀宀宀亥宀x\
       / r》′≫宀ゥ宀ゥ宀≪ 》,
      / r》 ,《 : :/ /: :/ : : : : :「V》,
      |《》x《》 : :│:| : :| | :|: :| :|: :| |
      |>个く:| ニ⊥」_: :| | :|: :| :|: :| |
      | : |: : :|:lャテテhx乂⊥_| :|: :| |
      | : |: : 从^ニリ ″ テh゙川: :j/
      | : | : 从       └クlノノ:从
        从リ : | :| >、_`ー_, イ| | | | |
        i:. ::: :|  ,r‐┴く:_i⌒!::|イヽ ,-―、
       /: ::: ∨ /、     } ̄ ̄ ̄ヽ.  |
     /: : :./:/ /  `、____丿ノ  ヽ、_`、_丿
    /: : : : /:./   /    (◎) (◎) \
   /: : : : :/: :ヽ____ノ|  U //(__人__)//  |
   / : : : :./: : :/ |:::::::::\     ` ⌒´   ,/
  /: : : : / : : / |:::::::::ノ           \

           , ' ´ __ ` ヽ、
         /  ,. X /..へ X`へ、\
        / ,/l// ´   i` |ヽLヽ ヽ
        / /X/    /  / ./!  \,...!、
      / /l/ l ./  / / /, l―|ヾヽ::::l ☆ おはようございます
      / ./ ' | .l/_....L/ // ! / l. \::::|ノ     マスター☆
     .l ./!  l ./ ' /,z=、    _ノ |  /"!
     | l !  V / !i'l:!:イi     ̄, , l / | ヽ
     l | ヽ. / .l  ', ヾ-゙  '  ,    /' :/: l  \
      '!   l .|  ヽ,' '__ ヾ´_.! /.:::/::::: |:::...  ヽ
        /| lヽ /X -‐'‐-r ' ! .:/|::::::  l:::::::.....  ` ヽ
        / .l .| ::::!/   ニ ヽ"!/!_l::::::  |::::::::::::..... _  \
      /  .| l ::::|   ,..二ヽl |ノ'l二!::|:::::  lヽ:::..... \  ヽ  ヽ
     /  i   l :::l  /XX>ヽ!.!l. |/ ,l.:::::  | \::::..... ヽ |   \
    // .::::|   ::|  l`;;"!´|;;;;;;/l;;;;;;;;|::::::. l  /,ヽ、:::..... l    ヽ

彼らはちゃんと地下鉄を乗り換えたり、郵便局で速達を出したりできるようにもなった。
そして75パーセントの恋愛や、85パーセントの恋愛を経験したりもした。
そのように少年は三十二歳になり、少女は三十歳になった。
時は驚くべき速度で過ぎ去っていった。



44 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 21:01:21 ID:vVtbYVeE

          / ̄ ̄ ̄\
       /─    ─  \
      / (●)  (●)  ヽ
       |:::⌒(_人__)⌒::  |`ヽ
   ,ィTl'ヽ\  `ー´    /`ヽー;、
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー′
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    
      〈、    /
       \、__ノ


          . zニ二二二ニz 、
       ,. ' ´         `ヾ\
      /               \、
     // /     i   i ! |     ',
   / / ./,.  .|  /! ./ ,'.|/ i     l
  /  .,'/ /  -r ''"  |/l /''r-l-|、. |  |
 / /  /  /,! --  ! | / -- .!、l  l  l
 /  | ,'  ./'゙|:イ::!:| ! :/ |イ:::!:;ヘ  |  ',
    l. l | ,'|.l. '-‐ '  /  ー-'  .!  l   l,
   /,|.| l !|.l.| " "   '   " " ./l, |.   ヽ
 //,l  ヽ!,`ヽ    ー -    /ノ ヽl   iヽ
/./ /  // /|l. \      /! |  ヽ.   |. \
/  /  / ' / !  |_iヽ、 _.  'l |'l /l  i.|   l l ',
  /  / /i / | .l |;;;;;;;l,.,l;;;;;;;;"il |' /|  | l  .| .| !
 /  / / |_!.. -/=:、.l´,l;;z=-ヽ‐' .l  ll. |  l l ,'
./  / / ' ´  /=_rr 、'-,;;;;z==/ /  || l  |./ /
  / /    /l.!;;;;;| | |. ! iヽ;;;;;;;;i ./   l l.|`', / /
. / /|  /;;;;;;;` ̄l、ヽヽヽi ';;;;;|/   | l / '
/ / r‐/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ     l;;;l    l-/'.!、

そして四月のある晴れた朝、少年と少女は原宿の裏通りのまんなかですれ違う。
失われた記憶のかすかな光が二人の心を一瞬照らし出す。



45 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 21:01:33 ID:vVtbYVeE

           ,. ' ´           `ヽ、i_\.  \
         /     i    :.  ::..   :..   ヽXi,   ヽ
        /   .:   |  : .:::::  ::::..  :::..   ヽli,    ',
       /   .::   /l  : ::::::   :::::..  :::..    'i|i    l
      / .:i  .:::i:.. / l   ::::::::|  ::::::|:. l::::..    .i|!:..   |
      .i :::|  ::::;|:::. i  ';:.. ::::::::l  ::::/i  |:::::    :|l ::.   l
      | :|::::l  :::/i ̄i""ヽヽ ::::::|  ::::/ | /l:::::: |  i l| .::..  |
     .l ::l :::| :::| ,z==.、  \::/ '''/""'l <|_:: l  | |l .:::.   l
     ヽ::| :::l :::l  .!::.ィ:〉  /.:::,: 'zi==x l:::`.:|  l /ヽ ::::.   |
       l :ヽ ::|  `" ´  / '゙  .!::::イ/ヽ!: .:/  ,'/ ゙i ,! :::.  l
       ,ヘ   :\     ,     `' ― /./ .// .//::. ::::.  |
    ,. '""" 'ヽ、. ヽ           /ィ:  //ノ/:: .:::. :::.  l
   /       \ヽ  ` ー-  -‐'゙/ ./ /-イ |:::. :::. :::.  |
  ./          i\     , ィ' ´.::;: ' / l  | l::::..:::. :::.  l
 ./|           |、` ー _ ´_/ -i'::::::/l::. l  l. |:::..::: :::::.  |
./ l            l ヽ .._l_.l_ イ:::::: ::l::l::.. l  | l:::.:::: :::::   l

彼女は僕にとっての100パーセントの女の子なんだ。



46 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 21:01:46 ID:vVtbYVeE

         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l
     |      (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /
彼は私にとっての100パーセントの男の子だわ。



47 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 21:01:59 ID:vVtbYVeE


 : : :::ノノ-------|::| |:|/////|::|ニl|i|____ri    l|國|::| iiiiiiレ'i ̄ ̄ ̄ |, -'": ._,,.-‐''" |: : : : : : : :
 `゙''ー-、,_i      |::| |:|/////|::|=ii|i|{ニ}    r-|料|::| /  !   ィ==二二二二| i:::|__,,.. -‐ '
 : .: .: .: .: .}ニニニニ:Li::: |ト、///|::|i__:|i|ェェェi   ゙ |理|::|},/|_|___/.._ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ| |:::|: : : : : : : :
 ------ '二二二コ:::::|:i|゙'ー、,|::|iii :|i|(;)_(;)_(;)_(;)└ii|::|':::::::::!ニ二二二二二| l二| |:::|: : : : : : : :
  , --ー -、=i=i=i|:::::::|:i| \ii|::|iii-|i|??|i: : : i|レ毳i|::| Eコ|l r----------i | |--| |:::|l=======
 / ,r    、 i.fififi|:::、,,,,,|iiiii |::|r-、,,, ィュ,-、,-、,-、,-、,:| l:i:i:i| l,-、王王王王|,イ;;;ヽii| |:::|l=======
::t,i,.-、_,=、l l rェェ、〈イ;;} Eユ r'ニミ  rー、 ぐリ r.^.i ,,,,,,, r'^;;)ハ} {゚_゚リ  r'、"`oノii| |:::|l=======
: :::i`~'!.`~´`リ' {-r リ イ/ }/ じノ--'ト、rー-'ヽ rノ}ハ-'ト、(-゚リ 〉-' ヒ'ヽ/Vヽ /  ヾ'   __ ‐-  .
::  ! fニフ.,イ' 冫^<}ヽ ┤L」l    }+i+i+lノ|__|ェoloノ 〉〉}| Lヒァ |ノ : ノ{ {⌒ヽト、/   ノ ''‐- 、
 _r'=、,.='-‐i__l  V/,イ ///|| Y   i'++i++|/∧{ Yノ∠/::||∧ |  | | : | | \__二二ソ)"rー-、
7゙l,.>‐`ーニフ ヾ`ー- 、ヽゝ   |    l----i'  ハヽ 〉 L::ノ|Eヨ |--' ケイ| |----|..==| |:::| {ヽ,;;;;} `
/  i i' 、 ─' .:.:.:.:.::ヽ . .: : ::トー-''|:::::::::〈   ゙' }_}  |::| |_____| lノ〈〈| | |::ヽ:::::|  | |:::| 〉ー {、

しかし彼らの記憶の光は余にも弱く、彼らの言葉はかつてほど澄んではいない。
二人はことばもなくすれ違い、そのまま人混みの中へと消えてしまう。



48 :1 ◆zDpp1eievY:2009/08/31(月) 21:02:22 ID:vVtbYVeE
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     | 悲しい話だと思いませんか?
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


僕は彼女にそんな風に切り出してみるべきであったのだ。

                                           【終】


やる夫で読む近代文学短編小説 まとめ


やる夫で読む近代文学短篇小説 本スレ
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://version45.blog85.fc2.com/tb.php/417-4562dcc2
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。