ブログパーツ

Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ 電子たばこ

Powered by Ayapon RSS! オススメ 電子タバコ キャッシング比較

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やる夫で読む近代文学短篇小説6

2009.08.10(15:16)

172 :名無しのやる夫さん :09/08/03 20:59:49 ID:82UNhNw7
        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
父は、ユキが女学校を卒業するその年に、死んだ。





173 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:00:40 ID:82UNhNw7
:.:.;:.:/.i.:.:.:.:.:.:.:i.:::.:.:::.:.:.::i.i..:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:i.:._,/_,|_;_;i .i;..:.:.:i:.:.:.::.:.:i.:.:.:.:i::|
:.::.:/ i.:.:.:.:.:.:.:i.:::.:.:::.i.:.::,i,ri;::.:.:i.:..:.:.:.:.:i.:::/ .i:.:./~`i:、.:.i:i:.:.:.::.:.:i.:.:.:.:i::|
:.::/ i.:.:.:.:.:.:.:i.:::.:.:::.レ'´i  'i..:.:i..:.:.:.:i.:.:/ ァ-i:./=ェ;_i;;`メ,i.:.:::.::.:i.:.:.:.:i:.::i
::;|  .|.:.:i.:.:.:.:i.:.:.:.:/| ヾ;|ェ=テミ、i.::.:.:i/   //{f:テヘレメ、 |.:.::.:.:i:.:.:.::∧;:`、
.i|  |.:..:i.:..:.::i.::.:.:.:| ,ク{rソ::i }` \::.|  /'´ .|.i::::::i.j.} `|:..:.:/i.:.:.:/.:.:ヽ.:.ヽ,
. i  `;.:.:i.:.:.:.:iヽ.:.:|i{ .{i.i:::::r.j.  ヽi     |.i::::ノ;;ソ |.:.:/ ; |:.:/:';.::.:.:ヽ;;r';、
.    ヽ.:.i.:..:.:i ト;:::i  Y:;::;'ソ        ~ー-'  /:/-'.//.:.:.:丶.:..:.:ヽ`i
     \.:.:.:ト、‐ト;i ~ ̄.    ,     ...::::::..../'´/''/'ヽ、.:.:.:.::i.:.:.:.:.:i.:::}
       \;i,>'i`;...:::::::...   `        '´ ,/.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、::i.:.::.::.::i i;|
       / :/ `、       ー'       ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  `ヽ、.:.:.:i i
      /i   |  :.::`  、         , '´/.:.:.:.:.:.:.:.:.:      _,>:.|
     ./ i  |   :.:.:.:.:.:.:`i ー、 . _,  .'´  /.:.:.:.:.:.:.:.::      /  .ヽ
     /  i  |    :.:.:.:.:.:.:| ヽ,     /.:.:.:.:.:.      ./     ヽ
実の母はもうとっくに死んでいて継母が来ていた。




174 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:01:16 ID:82UNhNw7
ユキは父を好いていたであろうか。

         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)
        |     (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }
        ヽ     ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,   死んでしまってから考えてみると、確かに父を好きであった。
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、





175 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:02:01 ID:82UNhNw7
けれども父の生きているうちは父がたびたび嫌いになった。
ユキが中学校で首席になったときも、

      / ̄ ̄\
    /    _ノ \
    |    ( ●)(●)
    |     (__人__)
     |      |r┬| .}
     |       | | | }    女は頭の良さよりも家のことだろ、時代的に考えて。
   ,..-'ヽ     `ニニ }
  ./::"::::`ヽ、.,__ __ノ ゙
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ

学校がよく出来る子は家事を手伝わないと言って、かえってそれを責めることさえあった。

だからユキはそのうちに、自分がよく出来ることをかくそうとした。
わざと答案をまちがえて書いた。しかしこのことはすぐに先生に見つけられてしまって、
やはりユキは首席より下ることは出来なかった。





176 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:02:44 ID:82UNhNw7
その町の一番の金持の娘もよく出来た。

        / /    / / .∧ l    '、      ',    `,.',
       l ./    / ./ / l l   lヾ     l    ', l
      l l   l   l / l l  ', .l、  .l、ヽ    l l  l', l l
      l l  l   l _l斗トーーゝ|\  lート‐-、,l l l  l ',l .l
      '、l.'、 i    l .l .,、-、ヽ      ,r,、、、,..l .l/l. / /. l
       l ゝ ゞ  l〉r/ろ:り|         〃o。::ヽ / ./,/、 l
        /\ l\`flに::ら:l       lえろ::::〉〉r/l- l .l
         /   lゝ`,. 弋::::リ   ,    ゝ心/´/ l,,ノl  l
       ./   / l   `,  . ̄   `      ̄ /  .l  l l ∧
     / /   l   ヽ.      ‐‐       ,/l   .l  l l .∧、
    / /     .l   ヽト,         , r ' ヽj l  l .l l  ∧、
   / /      ∧    `r' .` ト _  イ、    l .l   ∨ l  ∧〉
   / /      / ∧    \     .〈 '、   ヽ.l  ∧ .ノ  ∧l
   l./      // ∧     \      ノl    l l    ∨    l
   〉     /    \      \____、 'ノl rv,、l   /     ./
  l     /、 `ゝ、   \  、    \ ̄´ノl 〉f 、,`ヽ_ノ l   /
  l     〉 、. `ゝ、 `ゝ 、  \ヽ、   ヽ二r-rr`‐-`‐.〉 l  /
   l    l  `ゝ、 `ゝ 、`ゝ 、ヽl \   l l.^/^〉‐  /  k

その娘に首席をゆずってやることが、その娘にもその娘の親にも、
引いては自分のためにも、
どのくらいいいかわからないと考えていた。





177 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:03:45 ID:82UNhNw7
    /    ,'    / / | !   ヽ   ゙  `,
   '     | 1 ,  ィ/ ⌒ |ハ..   i  | :!..! :!
   ,    ∧从 , イレ,.== l! '.  ト、 ,' :i::::!:ト
  ./    ,-.、!  ゝ | 彳ィ:::!`  ヽ ノ_ ノ::/:::/:,
 /   , f ハ ! :::トゝ 辷'ノ     ゙f:ィヒ::::/:::/!/                                __   __
./   .::/  ゝ. |  :|            トj i/レ' '                             ,  ´    `´   `'' 、
'  .::/  ::::/`|  :|       、 _ ′`/                                /  /      ヽヽ  \
  ::/ .::::/.::::|  :ト、         , '|                                .'/ /         ヽ ヽ  ヽ
 :::/ ::::::::::: 「|   |、 ヽ __  _ イ:: │                             ノィ  ' /  / / ,     !  l ヽ ゙
 /  :::::::. ノ !  ヽヽ__く_´!/!::::|::: |                                   / f,' i  ││ |! 丶.   |  |  | |
./ ::::::: , ´   ヽ! ゙!  /::|:::!:: |::: |                                       f  | l l  ,イ |ヽ!、.  ト、. |  |  ! |
 /::::::/       ヽノ   ヽ、:j::: !::: │                                 l ,.イ ヘ l ー!‐_、ト ヾ\ l ≠.jト、,l /! ,
,::::::::::!/      、`    `! ヽ!::: ノ                              |ハ ,!ゞV´!:::_j`    `'イ::_j`メ|/,.-、l!
:::::::::::!       ヽ    〇ヽ, !/                                    f ト, ! ー'      ー'  ' !.ノゞ
::::::::::| l       |     \                                  `Viヾ.!     '      j /| /
::::::::::|`|       ヽ      ヽ        ,. -―_-_、                        !ハ !ゝ.    ´`    ..イ /
:::::::: !. |     ___ _ イノ  --   !    _/    ー_‐_、ヽ__                      \ルヽ .    ,.イノレ'
::::::::::ヽL __, ィ´     _L... --- ─── ´      , ―r-`′|                       ` rノ ` ´  |' -..
::::::::::::: !  ̄ ヽ                  __. -‐ ´    |ノ キ `!                     / |‐-   -‐ヽ  \_ __
:::::::::::::::!    \       _ r ´ ̄            | ゞl!ノ|                  rィl´    |-- ― -- /     //ァ
::::::::::::::ヽ     `   ̄ ´O ノ__            ゝ== '                  イ ||.     |ニ ニニ ニ! __ // ハ
::::::::::::::::: { ̄ ̄ ̄ ヽ      /    ̄_ ̄_`ー'二二ヽ______                 /  <~ ` 、 |    〆´ __ ゝ/  |
:人::::::::::/¬── く     |!    ゝ二二二二二二二二二二フ           r'    |:::\  ゙ヽ.._/ ,.. :´ .:::::::::::|´

その娘からユキはいろんな本を借りて読んだのだ。
仲よくして、本を借りることが出来れば、自分は何番でもいいと思っているのだ。





178 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:04:32 ID:82UNhNw7
或る日、その娘のうちに遊びに行ったとき、その娘の母親のところにお客があった。
母親はその女客に、
         //   j  /ヽ、 ,ヘ ヽ   ヘ::   `ヽ、
       / / /  | ,/|゛"´`´"|: |:::   ヘ:: ヘ_\
       / j   |  __|:|__|_,ノ〟  | |ノ⌒ヽ. |:::: \ ̄`
      j  :|   |  ,/|:| |     | |`ヽ、::: |:::::  ヘ
       |  :|  | /__|j__ |    j/___ ∨: |::::::  }
      | /|  |マfテオァ、     ィfチヤア∨ |:::::::::: | その、長門有希さんいう子が一番、うちの娘が二番なんですよ。
        V :|   |/んr刋      んィ刈 ハ j:::::::::: j うちの娘も頭ええんですけど、
        ヽ|  ::|.、込:炒      込z:;リ〈::j/:::/|::: / 学校には有希さんのようなえらくすごい子もいますから。
        |/ヘ ::|        、     〉::::/ j:/
         ゝヽ|、     ,r-‐ァ    ,イ::::/  '"
       /::::::::|:|>.、   ゝ__,ノ  ,ィ´|::|:/
       \::::::::|:|::::::::,ィj` ‐-‐τ´:、:::::|::|'
         \:::|:|::::::::〉 `\__ 〉∧ 〉_|:|_
        ,イ´~|リ ̄\  /λノ j/ |リ `ヽ、
         /    '´ ̄ ̄\/ヽ、厶'´     / λ
         /   ヽ         {:::}   `ヽ.  ヘ、
      /   ::: ヽ        |::::|      ヽ::: \
       /    ::::  / " ̄ ̄ ̄゛|::::| " ̄ ̄゛ 〉:::  \
ユキはこの話を聞いて、済まないと思った。





179 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:05:14 ID:82UNhNw7
中学校を終わって、ユキは女学校へ入学した。女学校までは約一里半ぐらいの道程があった。
皆が馬車で行くその道を、少し早く起きて歩いて通った。

  |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|  |  |  |_________________
 |Restaurant RothmansRoyal |  |  |  |.\\\.\\\\\\\\\\\\\\\
  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|  |  |  |.\\\.┌────┐\\\\\\\\\\
_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|.\\\.|韮茶書店|\\\\\\\\\\\
                ||        |;;;;::| ̄ ̄ ̄└────┘二二二二二二二二二 .| ̄
    //     //   ||        |;;;:::|:    | ______  ____       | |
.ハ ハ ハハ     ハハ   // || ___ .   |;;;;::|_____|__llllllllliillll| | | lllllllllll| | | zzz....  .| |
(,*゚ー)^ヮ))   (Д゚;) .    || ||==||==||   |;;;;::|i | ,-----| ll ll lllll| | | lllllllllll| | | o。. ハwハ | |
|==|'っ====c|   . || ||==||==||   |;;;:::|i | |ロロロロ,| ll|li/llll| | | lllllllllll| | |   (ヒi- ,) ::| |
(ヾ:;:(⌒;:;:)⌒);::;:;(ヾ);:;)ヾ);)|| ||==||==||   |;;;:::|i | ::::-.| 三三 | | |..====..| | | | ̄ ̄ ̄''| |
.IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII]|| ||==||==||   |;;;:::|i | i二二i |  ̄ ̄ | | |;;;; ̄ ̄| | | |      | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               ¶       ∧彡
                               ( `Д)  彡 ・ \
                              /丑/つヽ,)彡  人.ヽ.)
                              //丑/(三"'''--/'''" ̄
     .  -‐-                   =≡=( (**)─┘   ヽ
    〃.     ヾ                   /  ⊇       )
.    ! |ノiノハ从ハヽゝ                 / ノ ノ ̄丶  ソ \
    i (|r|┰H┰i |                 /// /    \ ヽ\ .\
     'ハリ、 - ノリ                《_/ 《_/      ヽ/ラ丶/ラ
      Ol⌒ll⌒D
. (((   くソ_i_li;ゝ
       (__i_)

帰りだけは馬車にのって、早く家にかえり家事を手伝った。
朝の馬車を倹約するだけで、月々一冊か二冊の雑誌が買えたのだ。





180 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:06:11 ID:82UNhNw7
二年生になったときに、ユキの友のその娘は、寄宿舎に入った。
この娘が寄宿舎に入ったことで、ユキの前には広大な転地が開けた。
| 、.| || | | l||i.゙ | .|| |___________| || | ゙.i||l | | || |.、 |.| | | | | ||
|___|_||_|_|_|||  |=|| |.ー―――――――――‐| || |  |||_|_|_||_|___|.|_|_|_|_| ||
三三三三]| .| .|| |               | || | ,|]三三三三三三三三
|.| | |  |.、||| '' | .||/                 ヽ|| |  |||、,|  | | |.| | | ||| | |
|.|_|_|_|__|||  |='                 ..=|  |||__|_|_|_|.|_|_|_||| |_|
三三三三]|, |                   .| , |]三三三三三三三三
_|  ||.| ||.l || . ,!                       !、 || l.|| |.||  | | | ||||.|  |
_|_||.|_||」.||,/                        ヽ||.「||_|.||_|_|_|_||||.|  |
========'′                      `'.===============
        ∧_∧      .λ_λ
       (,, ‘∀‘∩    (`ー´;,)               ∧_∧
       (⊃| ̄| ノ     (rつ  `ヽ         ___γ(,, ・∀・)、_
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    l\  ゝつ⌒l⌒⊂)
/                              \   |\\   ⌒'⌒
寄宿舎には図書室があって、寄宿生は自由に本を借り出すことが出来るようになっていたのだ。





181 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:06:40 ID:82UNhNw7
ユキは、その娘を通じて、本を借りては読んだ。
           /    ,    /   ヽ      、    ヽ ヽ
        / ,'   / /  /i  !         ヘ    i  |
          | |   |  | / l  ヽ         !     ||  /ヽ
          | ハ   |  | '|⌒ヽ ヘ \  ⌒ヽ 、i|    ||/  }
        リ |  !  ハl   ヽ  ヽ \ ハ ハ   〃  /!ヽ
         ヽ  ヘ ゝ     \ ヽ ''示テァ、!  イ′/│ ヘ
           \ ハ| ゞz≠        k:::j廾 , 'リ 、 'i  !  ハ  又貸しは禁則事項ですけど……
             ! | !     、     ゞ=ソ iレ i´`ノ ! i  ハ ! 長門さんにならいいですよ。
            // 弋. r、  r- ,       / /- '  ' , !ノ リ
            //   l | |、 ` ´     / ,' |     ヘ
           //   / / | >-‐ ≦ ィ´ /  ̄ヽ  i  ヽ
      , - ー ´ /   l .ノ 〈/    /   /      ヽ ',   ヘ
    /,      l  ハ / ー┐   /  / , '      ! ヽ  ハ
   / イ    /{  />/  二}r‐v /  //      }  ',  ハ
    | ハ   / ヽ│ ,/    _ク== レリイ        ,'   ',   |
    |/ |  /   {, >': )   /    /  /         /|   i   !
   ゝ ゝ r′'"´   : ) /)    | /         / ノ   i  ノ





182 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:07:44 ID:82UNhNw7
継母の生んだ弟だの妹だのを寝かせつけてしまったあと、
部屋の隅に置いてある小さい机に向かった。

          |: : : : :.| : : : | : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : |
           |: : : : : l.: : : :|: ! : : |: : : : : : : :|: : :|: : :/: : : : : : : :|
           |: : : : : : : : __|厶: : |_:|: : : : : 厶: /: _/_: /.: : : : : :|
          |.:.: : : :.:∨\|Vヘ: :|:∧: : : :/j/|: :/|: /∨.: : : : :|
.           |: : : \:.: l,ィ≠z>  ハ: :./ zモ示ヾ /: : : /: ,′
            lハ.: : : :\:ト Vfzjハ ヽ∨  Vfzjソ 彳 : : /: :/
              丶: : : : :ヽ` ー'"          /: : : /: :/
           _  \ : : : ゝ     '      /: : : /j∨
          /:::`ーくヘ: : : :> _   -    _ <: : : /:::::::ヽヘ、
     _ノ三三ニ≡=- \ :.{ \> _, </ /_j/-=≡ニ三三\
     F¬≠=≡三三ニ≡= ミ`ヽ、 \_.  _/ /  -‐= ニ三三三ニ≠¬|
     |l        ̄¨¨ ¬ー-、ヾ\V⌒V/_,, -―¬ ¨¨ ̄      l|
     |l              {{ ̄ ̄ ̄ ̄}}                  l|
.    /|l                   } |      | {                 l|
.    l |l                   | |      | |                  l|ヽ

包みをひもとく楽しみ、そして時間を忘れて読み耽る楽しみ。
何が一番楽しかったといえばこの片隅の小さい机であった。





183 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:09:40 ID:82UNhNw7
ユキが小説を読み出したのは間もなくであった。
小説というものが、ユキの心の底まで震撼した。

ユキは自分でも小説を書きたいと思った。
                            _,. -─- 、__
                         _,.-'´       `ヽ
                        ‐ァ'´          ヽ
                        /,ィ   , ,. 、   ヽ l    、\
                      '゙ | j ' j. ハ. 、 ヽ ',| | l |`¨
                       | | HV、ヽ',ヽ、.ト、j |l」,、|
                          ヽト N{沙 ` 傍フ| レリ
                       _ ,..r─ヽ }、  ' _ `¨_,! ハ
 .                      f,.   |    ヽ| ` ァニ -' /イ ',
             ゙;.───‐└乞 -'ー──-//l、 /´  |
                /        l.l    |     l.|゙シ'´      |
             /        l.l    |      j/ ,. -_ニ_-、|
       .     /          l.l   |-─l二ヘ,r',r' ´   ヽ|
            /           l.l   |  |   {/       |
            /         l.l.    |-ー { __,/       ,   |
          /______|l、__,. -ー '' ´      /   |
                 {-   |           /       |

そして或る女学生雑誌に短編小説を応募して、一等第二席という賞金を貰った。





184 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:10:22 ID:82UNhNw7
当選したことは父母にはかくして置いたが、ユキの留守に書留郵便が来て、
    __
   /  . \
 /._ノ三ニヽ、\
 |  (⑪)(⑪) .|
. |  (__人__).. |「rー__ヽヽ
  |   ` ⌒    |  .\  \┌ーz__ ┐7  文学をするなんて、説教ものだろ……!
.  ヽ      , ィ==‐、/ / ̄ ̄乙/ /
   ヽ    ノ⌒) ∨/  / ̄ ̄/|
   /   (_ ̄__/ ̄`く._ __∠ -┘」
   |     /〃 \   '"  \    -┘
    |    ./¨\    \,_ ``ヾ}
     . 人''" \  、__ ` 、_/ ノノ
      〈 " \ __.ヽ ヾ、._,)'´
    /,ハ.  ヽ.  、__`ン{ 〃
   く / ∧ !、_  `'_,/

父が開封したので知られてしまった。





185 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:11:20 ID:82UNhNw7
そして、父母にいろいろなことを隠しているという理由で大変叱られてしまい、
     ._ _ _
   (ヽl_l_ll_l,l
    ヽ  r
    │ |                           __
     |/ ̄ ̄\                    ,..::::´:::::::::::::: :`:ヽ、
   /    \ ノ                 ,r´:::::::::::::::::::::::::: : : : :.
   |    ( ●)(●)               /::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : :',
.   | ノ(  (__人__)              了::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : l
    | ⌒    ` ⌒´ノ               |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.    |         }                lィ::::lヘ:へ::|::::::::::::::::::::::::::::::「
.    ヽ        }                \ト、(ヽ::::|:::::::::::::::::::::::::::rノ
     ヽ     ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\          ヽ´::::|::::::::::::::::_;、::ル′
     l/   く   \          \          ` ‐lイ::::::::::ヽ
     |     \  \         \             /⌒ヽ、::::ヽ
      |    |ヽ、二⌒).、           \        |::::::::::::::`¨´!
                                  |::::::::::::::::::::::|
                                  |::::::::::::::::::::::|
それからあと、雑誌や書物を読むのを禁止されてしまった。
しかし、こうしてユキの文学に目覚める心を嫌った父親の心情をもユキは間もなく知ることが出来た。





186 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:12:06 ID:82UNhNw7
当時より少し前の年代に、「青踏」という雑誌が、新しい女の群によって発行せられ、
その運動に参加しようとして父親の妹が堕落して、ついに家出をし、いまだに行方知れずになっているからだった。
        j::::::::: ,:: ⌒Y ⌒/ .::  i
         ノ::::::::( ..:::   ヾ)':::   i
         ル:::::γ::::::    ノy:  :リ
        Y ノ ::::::::::::::    :ルリノ )     「|
            リ::::::::::::::      (   くl└- 、
          (::::::::::::::        )     !  1ノ  これからは女の時代でしょ、文学的に考えて。
            ):::::::        (    |  ノ
           (,(.(  ル リ ルリ いノ ))    r={_
          _/|        l   ̄l  /  8}
         /八 l         l    \   /
        /   入        > 、     /
      /   /  \         | \   /
      \   \   ヽ          |   ー'
      \  />、  }          l
        へへ \/           ヽ

そのユキには叔母に当る人が、浮名を流し、新聞でたたかれた記憶が、
父親をおびやかしていたのであった。





187 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:13:01 ID:82UNhNw7
         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |
        |        }    文学だの雑誌だのと騒ぎまわるようだと
        ヽ       }            嫁の貰い手もないだろ。
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」

ユキは結婚のことは、ついぞ考えてみたことはなかった。





188 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:13:33 ID:82UNhNw7
恋愛のことも、小説で読み、小説で恋愛をしているほかには、
ついぞ思いをひそめたことはなかった。
       ./ ,′// , ´ /  j } ヽ \
      / l  | i l / /// ,イ ハヽ ヽ
      ノ,イ八 l レ_j/∠∠///∠Ll }ヘ
    <ノ .∧ l  ムrt=k`  ィ=、ルレ′j
      / イ Vヘ. ヽVr!   jr/ムイ{
     ´ W^{ゝヘ ハ.ヽヽ _ ' /〈リヽ
         j八 }ヽ ヘ、   j`<ミ\
          リ朽\!`{7|:::::::::>ミ;>,
          ノ \- 厶]::::::::f }::/:/
       r=<    V三|:::::::::| |/:/    ユキの心のうちは、ただ文学でいっぱいであった。
       /‐-、 \   ∨メ、::::ノ V、
   .   /_j   , X \   ヽ {´   /
       〈  ´  \\  >ヘ、___,イヽ
       `、   ヽ \.>j    ハ│
        {     ∨  `ヽ、_,/∧|
        lヽ  勹'´      // l !
        |∧ 〃     /Y」_│',





189 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:14:36 ID:82UNhNw7
間もなく父が死に、
そしてユキは結婚をしなくてはならぬようになった。
              ┗0=============0┛
     \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
     /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
    0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田田田田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
 ...[二] | ::|       |::|┏━━━━━━━━┓|::|       | ::l [二]
........|□|.│ |┌┬┐ |::|┃  /        \  ┃|::| ┌┬┐| ::|. |□|
  )三(...| ::|├┼┤ |::|┃/ / ̄ ̄\  \┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´
   | ::| | ::|└┴┘ |::|┃ /   _ノ  \   ┃|::| └┴┘| ::| | ::|
   | ::| | ::|┌┬┐ |::|┃ |    ( ⌒)(⌒) ┃|::| ┌┬┐| ::| | ::|
   | ::| | ::|├┼┤ |::|┃ |     (__人__)....┃|::| ├┼┤| ::| | ::|
   |: :| | ::|└┴┘ |::|┃  |      ` ⌒´ノ...┃|::| └┴┘| ::| | ::|
   | ::| | ::|┌┬┐ |::|┃  ,|         } .┃|::| ┌┬┐| ::| | ::|
   | ::| | ::|├┼┤ |::|┃ / ヽ       } .┃|::| ├┼┤| ::| | ::|
   | ::| | ::|└┴┘ |::|┃く  く ヽ     ノ  ┃|::| └┴┘| ::| | ::|
.....┏━━━━━┓| .|┃ \ `'     く   ┃|::|┏━━━━━┓
.....┣┳┳┳┳┳┫|: |┗━━━━━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫
     ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○
     ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
    |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|





190 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:15:17 ID:82UNhNw7
ユキが女学校を卒業した翌日に、結婚の話を聞かされたのである。
       /   .:.:  .:.:.:  i:.     :.:ヽ ヽ 、 、  ヽ.:.: ヽ
       /:./.:::  .:: .:::::: :ハ::: :..:.. .   : .:i:.:ヽ:ヽ  :. : :.: \:.:ヽ
     /:./.:::  .:: .::::,ィ:: ::i .|:::i:..:..:.:.:.  :..:.:i:.:.:i.: :.i: ヽ:. :.:.ヽ\:.゙、
     /:./.:::. :.:i.: :.:.:ハ:.:.:| !:.ト、:ヽ:.:.:.  :.:.:ハ.:.:i:.:.:i:: :ト:.: :.:.:',  ヽ!
     i:.:|.:.:i.:. :.:i:.:.:.:.:i  ';::.| ';.:!ヘ:.:ヽ:.:..: :.:.:i .l:.::!::::i:. :.:.iヽ:.:.:!:|   !
     |:.|:.:ハ:.::.:.i:.:.:.:.i_,.-弋!'"\゙、\ヽ:.::.::./`メ/!:.:i:.: :.::| i:.:.::|
     |::| l ::!:.:.:i:.:.:.:.|_____-\-- ヽ、 ` }:::.ノ-/-ノイ'|:.:.:.:ノ .}:.:.|
     | iヽ ::ト.├、:.:.i ̄i;;:} ̄ ̄     レ' I;:! ̄イi:.l:.:.::/  ノ:./
    //  ::{入Y:\゙、、″ _ノ     ヽ ″ ノ レ'.:ノ  //
    //::  ::\ヾっ ヽ  ̄          ̄  ル'i /'"
   //!:  :.:.:i::.:`ー弋           ゝ   ハ:|   もう女学校を出てしまったし、
   // | : ::.:i:.:.:.:i:.:.:.::ヽ      ヽ_;フ   , イ i ハ|   お父さんの残してくれた財産といっても少しだから、
  // | :::.:.:.i:.:.:.:i:.:.::.:.:.|\        ,イ:.:i.:. i ハ   ちょうど貰いたい人があるから嫁いだらどう?
  //  |:.:.:.:.:i.::..:.:i:.:.:.:.::.|  `  、 __, ィ:.i:.:.:i:.:.:i:.: iハ
 ,' {   |:.:.:.:.:i:.:.:.::i:.:.:.:r'ノ       |ヽ、::i:.:.:i:.:.:i:.::. ハ「





191 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:15:48 ID:82UNhNw7
その前後からユキの家に出入りしていて、弁護士試験を受けているのだという青年があった。

     |┃    /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
     |┃三   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
     |┃三   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
     |┃   < : _: : / 〈 ┌──┐┌──┐:./ヽ: : |
     |┃   <:: |. 小{へ│//   |=│ //  |ヘレ: :|ヽ:|
 ガラッ. |┃    厶ヘ ハ   ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄  {ハ/ V
     |┃  ノ//   \_!      _ '     !     今日もお邪魔しますよ。
     |┃三       ヽ    /   `t   /
     |┃       ___,r| \  {    / /
     |┃     /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
     |┃三  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
     |┃三/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、

伊藤は父の死後、急に繁々とユキの家に来るようになり話をする機会もいや応なしに出て来た。





192 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:16:49 ID:82UNhNw7
或る日のこと、ロシア文学の話が出て、

     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : _: : : / 〈  ノ |/  レ ヽ }|:./ヽ: : :|
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_ レ{: :.|ヽ:|    トルストイやドストイェフスキイなんかが良いですね。
   厶ヘ ハ         、    {ハ,;' ((
      \_!         '    ! ( ( ヽ)
        ヽ    'ー―--    /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ
                             チェーホフやクープリンについてはどうでしょう。>



    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ::::メ::::::::::::::::::::::\ィ
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\:::::::〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\ ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___
 l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </    クープリン?
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \   何味のプリンですかそれは。
 |  |::::::::::::::::::/ {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|                   ノ´'
    ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /
       lV_ 人         ^      イ
           丶、           ,♂
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\





193 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:17:45 ID:82UNhNw7
知ったふりして見当違いのことを返事されると、

.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :ヽ : :!
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.: :: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!jニニコ| :/ |:./iニニV: :|.: : : | V
  < : _: : : / 〈fエ:エi |/  レ fエエ) |./ヽ: : |
  <:: |. 小{              レ{:.| ヽ:|   チェーホフといえばウミネコですね。
   厶ヘ ハ       >     {ハ/ .V   「ありゃ、カモメじゃあねえーぜ。ウミネコだ。」の台詞には痺れました。
      \_!   ☆          !       まさか船が二艘あるとは……。
        ヽ     !ー―‐r   /
      ___,r| \  `ー―'  /
    /:/::::| \  ヽ _ ̄ ィ ´             (⌒)
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、       ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |

チェーホフやクープリンを汚されたような感じを受けた。


ユキを貰いたいという人はこの伊藤ではないかと、恐ろしく不安になっていた。





194 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:18:30 ID:82UNhNw7
実際の話を聞いてみるとそうではなく、
その町の電力会社に入っていた新速出やる夫という人であった。
             /)
           ///)
          /,.=゙''"/              人人人人人人人人人人人人人人
   /     i f ,.r='"-‐'つ____      <                     >
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    < 有希ちゃんはやる夫がもらうお!>
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\   <                    >
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \   YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

ユキはどうしてこの運命を免れたらいいか、少しも見当がつかなかった。





195 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:19:41 ID:82UNhNw7
単に継母ばかりではなく親戚一同がユキをこの良縁にやりたいという意見の一致があったので、

                      ''';;';';;'';;;,.,                やる夫君の嫁に行くんだ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   やる夫君の嫁に行くんだ
やる夫君の嫁に行くんだ         ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     やる夫君の嫁に行くんだ
   やる夫君の嫁に行くんだ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^-^Λ_ヘ^Λ_ヘ
やる夫君の嫁に行くんだ     ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    やる夫君の嫁に行くんだ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´

ユキ一人ではどうすることも出来なかった。





196 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:20:17 ID:82UNhNw7
最後に考えたことはせめて二、三度話をしてみて、
自分の文学への楽しみを許すという了解を得たいということであった。
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\   そりゃ楽しみの一つや二つ、誰にだってあるお。
     |   u.   `Y⌒y'´    |   やる夫の趣味のエロゲも認めて欲しいお!
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

この了解は容易に得られ、ユキはそれで満足した。





197 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:20:57 ID:82UNhNw7
でも処女時代と別れることには癒しがたい悲しみがあった。
ユキがかくも愛したいろいろの小説の中には、

. ,:'.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.;.:..:..'::.:.':..:..:.':,:..:.`:.、、:..:..、
:': .::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.:.:::::.:.:.:.:.;',:..:.:.:':..:':..:..:..:,.:..
:: .::.::.::.::.::.:.:::.:.:.:.:.:::.:.:.:.:.:.:.::::::::.:.:::.:.; ',:..:.:.::',:.:'.:..:..:.:,:  美しい、
. .::.::.::.::.::.:.::::.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:::::::::.;.:.:::.:.; ;.:.:.:::.;',.:;',:..:..:..
::.::.::.::.::.::.:.::::‐.:-.:、:.:.:.:.:.:::::,'.:,';.:::;';.;  ;.::.::.;. ',:; ',:..:..:.;.:.:.:;::';` 、':,
::.::.::.::.:::.:::::::-.:‐.:´::.:.:.:.::::,',':,' ;::,' ;.;.  ;.::.:,' ,.';'´;.:.:.:;',.:.; ';:.:,  `
.::.::.::.::.::.;.::::::::; .:;:::::.::::.:.,:',' '、,:,'___;'_  ;.::,' ´,..:‐、;::.:.;、.:.;. '.:::::,
::.::.::.:::.::.:',:':,::::'; ;:::::::.:.:,' ,.. -.、- 、   ; ' ,':::::; ;::.:.'.:;.:'  '::::::,
.::.::.::.::.::.::.',:,' 、' ;:::::::::'; '´;':.:..:::',      ', :.;' ;.,:'、::;'::`:.、 ':,::::,
::.::.::.::.::.::.::.';', ',':,:::::::.:', '; :.:.:.:;      `' ,':'  、:::.:.:.`:、 ':,::::,
:::.::.::.::'::::::::::',`:.、. ',::.:.:.:`:、' - '        ' ::::,.':,    、:::.:.:.:.:..、:::::,
:::::.::.::.::'::.::.::::':,::.:`:,' ,:.:.',、:.`:、:::::        , ':.:..:'.     `;、:.:..:..:...、
::::::.::.::.::.:'::::::::.:':,. '  ',:.:.':, `、       '´ ,.:'::..:..:..:..'      ':; 、:.:..:..
::::::::.::.::.::.::':,::::::::':, 、 .:;::.:':, ;` 、‐.-.-::':::::::::.:..:..:..:..',     ':, ` 、:
:::::::::.::.::.::, ' ` :;:::::.':,` 、',:.:.:':,'  ' ,::::::::::::::::::.:.:..:..:..:..',       ':,
:::::::::::.::, '    ':,:::::.':`.、',:.:.:.':,   '::::::::::::::::.:..:..:.::..:..:;':,       ';
:::::::::::,:'      ' ::::::':. `':.:.:.:':.   ';::::::::::::.:..:..:.:::.:..:.:;::::,      ',
::::::::,:'  ,. ‐ - 、 ':::::::':. ':.:.:.:.',` .、;::::::::::.:.:.::.::::::..:..:.;.::::::,
':,::,:'           ':,. ':::::::':.,.':.:.:.:.','`:.、` 、:.:.::.::.:::::::..:..:;:.::::::::,
:.:', '            ' ':::::::.:',.:.:.:.:.:;` 、:.':., `.、:.::::::::::.:..;.:.:::::::::::,





198 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:21:36 ID:82UNhNw7
    /: : : /`ミ   ヾミマ=、;;:::::::::::::::j::::/:|
    ' / : /: : / `ミミ、     ヾ彡ミミ∨::::l
  / :/: : : : : : : : : : : ヾミミミミ、      ノツ::::::|
. / :/: : : : |: : : : : : : : : ヽ: : : :ヾミミミミ彡'ヘ::::::\ミミ;x
 l : {: : : : ∧: : : : : !: : : : }: : : :ヽ : : : : : : : マミー'  ミ}
 |: :ハ : l: :|ハ: :{ : : |: : : :∧ :,' : : l: : :',: : : : : :ヽミき彡'
 ヽ:小:.:N|\Vヘ: : |: /Vイ∨ハ /ト、: : : : : : : : : \
    | \∧T外、∨!/ーr予z!-j/ |)〉 : l: : : : : : : : :\
   |: : :.:ハVrリ     Vrソ:イ: :.|/: : : l: :
   | : : |:小.`////´ |: l: : |: : : : :! :  或いはせつない、
   | : : {: :ヘ:ゝ_   、  .ィ|/|: ∧_: : : |:
.    '、 : l ∨: /≧=‐< /' |/  >'^ヽ、_: : : : :l : : : : :ヽ : : :ヽ
    \乂: ′.::.::.::.::.::.∧    /.::.::.::.::.>、: : |: : : : : :∧: : : :}
      `}: {.::.::.::.::.::.::./-、   -‐/.::.::.::.::.::.::.::.:\|: : : : : :}ハ : : ′
.       / : }-く.::.::.::.::{    /..::.::./.::.::-=.::.:ハ : : : : | ノ: /
      /: : 厶 \:__.:{   /.::._::.::/.::.::.::.::.::./.::.:}: : : : :j / :/
     ノ : ∠, ヽ 丶〉>'´ ゙̄ヽ ヽー=ニ二.::.::.::.ノ{: : : :〃: /
.   〃 : 〈`く    /      ト、V.:ー=:.::.::.:彡'.::| : //: /
.   {{: : : /ヽ入 /       ヘ _〉.: ー=<.::/.:|:イ : ': :/
   `ー//.:/   〉ー= ―{ユ,_〉:\.::.::.::.::ヾ=彳:{ : : :{





199 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:22:12 ID:82UNhNw7
    ト 、 /'´       . : : `ヽ,ゝ\}ー 、―‐- 、| : :\ /∠
   . ゝ ′     . : : : : ::/:;::::::::::::::: : ` ー   l : : : :`く: : ::丶
  /::_:::-::::::::: : : : : : ::::、: : l:::::::〉:::::::::::::::::::\ : : :ノ: : :、__: :〉、::::::::〉
  /´/: : : ::/:::::::::::::::{、ト、ヽ::l::i:::{::::::::i::::\::::::::ヽ::::{: : : : : : ハ::|:::::/
     : /:::::::::::ヽ:::':" ヾ |ハ::lヽ:::::'::::ヽ:` ーァヽハ: : : /}ノ::!::/
   {  : : |:::::::::::::|:::ト、:ゝ  _ V! \',、:::\ー'、:::::ゝ}∠_/::::::/
   : : : ::l::::{:::::iイヾ ,.   ー 'ノ 、   }`ー:::/!:::::::/: :/イ::;::::::
   ヽ:::::、V{\',   _,ノ    {  '=‐ ' イ::;::}/リ:::::::{、: : :V、::::{
    ';:::i:::ヽ\ゞ ´   '"   、 ""  /ノ}/ノ:::::::::; ィー'::::::ヾ'.
     レヘiヽ. __, へ、 ____ ハ、 ___  ,ィー-<{  ヽ::i、::::::::`ー:ァ
         `ヾ> 、,へ、-―`v-‐ ン- ニ   `' <ハ \!`¨´
            r ´   \-、 l くノ´/, -- 、  `丶.
            L. <ニニ} ∨!__,7ノ´      \    \
            / /、 __  {ノ/-‐- 、     l lヽ    }
          ,ィ7 /    \ ∨     \    l |{'---‐ '
         //}|   `丶.   {     ノ〉    l V\
         {' / l       \  }  -‐ ´ {    l´ {  l
         ヽV´}、      ヽ{      ハー ´ )ノ  l
          \ ヽヽ /     /7ヽ.___
           \ {´___//  /、--   そして心の底から湧きあがるような恋愛があった。
             ` ヽ.ー― ' /   `





200 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:22:55 ID:82UNhNw7
ユキは小説の主人公と一緒に深く恋愛の喜びや悲しみを分かつことが出来た。

              | /  ヽヽ:.:.:.:.:!rrfヽ/:.:.:.:.:///     |
              |    ト、\:.:.:レリし1:.:/:/       !
              /     | 〉、\|  /:./:.,.イ      │
           /     ! i|  \ ! /// | /       |  しかし今、現実の人生には、
            〈     へ !    トVイ / | /      |  恋愛もなにもなく、
          〈  / _ヽ\  レ升!    // ̄フ   !  自分の処女時代を終るのであるか。
              V /    | | 1〈 / /〈 ̄ ̄    /
              V      ! レ ! | </ \ヽ     〉
             ハ      \|  レ'    ヽ    /    結婚が迫って来た三日の間は一切読書が出来なくなってしまった。
          / |      ヽ| r'        ,. イ    そして、
            〈   !     ___j ヽ        /ヽ|     ただ泣いた。
          / / \ /    V_ ̄ \ / /ヽ!〉    文学もまた今は力を失い去った。
           / / /⌒`ー< ̄>_>< ̄ヽ ヽ ト、
         7 /  __ ヽ ̄ /        \ ヽ >
            / / /    ヽ V / ̄ ̄ ヽ   \!
         /  /´       Y´       \!   〉
       く  / !        |!          /∧ /
           Y三ゝ         八        /ノ ハ
         ⌒ー=≧-  一' ⌒ヽ __,. ^ーヘ/_ >





201 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:23:24 ID:82UNhNw7
―――――、
========、/|
| | ||| | | |.l||゙ |
|_|_|||_|_|_|,|||.、 |     結婚の荷物のうち一番かさのあったものは、
三三三三]| ,|     ユキの今まで買い集めた書物でった。
| 、.| || | | l||i.゙ |     自分の書物は大切に仕舞って、他人が触るのさえ嫌であった。
|___|_||_|_|_|||  |
三三三三]| .|
|.| | |  |.、||| '' |
|.|_|_|_|__|||  |
三三三三]|, |
_|  ||.| ||.l || . ,!
_|_||.|_||」.||,/
========'′





202 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:24:00 ID:82UNhNw7
結婚してから夫はユキの文庫を一冊ずつ出して読んだ。
寝床に入って読み出してもすぐ眠り込んでしまう夫の枕元に、
いぎたなく、大切な大切なユキの本がころがっているのだ。

    ,li ̄\、 / ̄ ̄|       ."⌒ヽ.
    l   、|⌒|   |       ヽ  ,'
   .!    |  |   |        ゙、;´     フゴゴ……
   li    |  |    .|        _(_`Y´ )
   li  _,zzz、   l       / |r┬`| \
   \三/  \三/    /   `ー'´   \   、´`ヽ
              ´/           ヽ ⊂´rィ_;ヽ、
               |   、__/;;:  `   `⌒ ̄ ̄`  >
    「`ィ、- -‐ャ,--─´⌒      ̄`,. ̄   ,イ  , -─ ´
   、'ゝ_ /,____`_     ゝ、          ヽ´
    X/          ̄`ヽ             ヽ
                  |             、
                   |             ヽ
                  |,´  `      ´   `ヽ
                  /                ヽ
                 /      .,_──‐-、      ヽ

はては、ページを見開いたまま枕の下にずりこんだりすると、
夫が自分の書物を大切にしてくれないのを恨んで、
涙が自然に出て来るのだった。

大切にしてくれないのを恨んだのではない。
ユキの心の底に深く護られた文学をむざむざ冒涜されたような気がして、憤ろしくさえなってきた。





203 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:24:49 ID:82UNhNw7
                                           _,. -─- 、__
 ひそかに机に向かって原稿用紙をのべて、             _,.-'´       `ヽ
 心に浮かぶ彼女の文学を思案するときの喜びは、        ‐ァ'´          ヽ
 前途になんの眼あてもないのに、                  /,ィ   , ,. 、   ヽ l    、\
 彼女の生活を慰めてくれるものであった。            '゙ | j ' j. ハ. 、 ヽ ',| | l |`¨
                                      | | HV、ヽ',ヽ、.ト、j |l」,、|
                                         ヽト N{沙 ` 傍フ| レリ
                                      _ ,..r─ヽ }、  ' _ `¨_,! ハ
                .                      f,.   |    ヽ| ` ァニ -' /イ ',
                            ゙;.───‐└乞 -'ー──-//l、 /´  |
                               /        l.l    |     l.|゙シ'´      |
                            /        l.l    |      j/ ,. -_ニ_-、|
                      .     /          l.l   |-─l二ヘ,r',r' ´   ヽ|
                           /           l.l   |  |   {/       |
                           /         l.l.    |-ー { __,/       ,   |
                         /______|l、__,. -ー '' ´      /   |
                                {-   |           /       |





204 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:25:50 ID:82UNhNw7
初めは夫をいたわる気持ちで夫の話のうちに間違った文学のことやなにか出て来ると、
丹念に訂正したものだ。
         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\    
    /   ///(__人__)///\   Fateは素晴らしい文学だお! セイバーかっこいいお!
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


                                   Fate/stay nightは文学に分類されない。>
          ______       そもそも文学というのはある種の精神を内包する小説を指す。>
        /  ⌒三⌒\               グラフィックや音楽を用いているサウンドノベルは>
      / ( ○)三(○)\           文字のみを使う小説とは異なった表現方法である。>
     / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\             従ってFate/stay nightは文学とみなされない。>
     |      |r┬-|     |
     \       `ー'´     /
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |
ところがやがてユキはそれをやめてしまった。





205 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:26:38 ID:82UNhNw7
結婚の後約一年でユキは女の子の母となった。
        /'   |.  _,/    ハ     ::..ヽ::::::::.ヽ      |.  ',
       /     |   ̄フ   / { 人  ト、 :::::l:::::::::::ヘ     .|   ',
      /    |   | l  l  i八iゝ、 l ヽト |:::|i::ゝ    |     ',
      /      j  ̄ ̄{ハ| { i__レ__ゝ ヽj __j_Vl ::::::!::レト!─ l.     ',
     /     i    ノ ト{ ィfァッ    ィfテ、i::::::|/:/      i       ',
     /       !    ヘ{ iトi. 辷ソ  .  辷ノ|::::/ヘ{       i      ',
     /      i       i ト、   _   ノi::/        i     ',
    /      i          !ト! ゝ、 .._ ,.. ィ'´ j!           i     ',
   /     i        |'、::`::::lー──‐r::::´:/|.          !      ',
    {.───┴─────゙‐ヽ::::j───‐{:::::/‐'─────┴───}
.    |        !        ゙´      `"    i          ,' |





206 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:27:14 ID:82UNhNw7
ユキは新聞や雑誌の上で女流作家が同人を結んで文壇の一隅に溌剌たる文学運動をするのを見て、
自分はその運動に参加出来ないものだろうかとしばしば考えに耽った。
「青踏」の時代は過ぎ、今や単に婦人解放のためではなく文学運動としての婦人の結成がある時代となっていた。
   __) ソ ヽ-、 __  {i ∨ /"            r 、 ヽ          l  | /
 (__  _ノ  } ヘ  \ ヽ // /  丶 \   │ \ ',     rー-ノ  し′.
  rー-' (___,  /  } \`ヽ/ / /│ l { \ \ ヽl   } ├‐= ニ7 /ノ⌒} -'
  `ー┬----/  /     //{  { | l_ハ  ヽ -ヽ‐ |、  ム /  __/__{  /
     >' ´  ̄ ̄ ̄ `丶、  ハ ヽ く !{__\ l \_∨} ヽ/ } >'‐─‐`─‐- _--
   /            \ノ/∧从 Yj⌒ ヽ{  '⌒メ /_,ノ!≠/      <ヽ`
.  /"   / ∧ \   \  ∨_ヽハ、  rー―┐//イ/j{/ /   l   ヽ
 // /   │ !    \     ヽ ∨ヽレ'⌒丶 ゝ _ノ <゙ノ=〃  /  // │   }ミ
ノイ / /:l| | _|_ \ヽ \ _l|│ lハ/ /         `V/ //-‐//!  l l|   lー/
  |/ 仏l| | ∧ヽ、\\!ヘヽ|│ j/ {  l  │ │ ヽ l   l |{ /{ {ィ=ソ/j{  /-jl  ,' {
  lN{ j{ lリ´ ̄` }____ル‐‐リ j∠/ |  |l-l‐ト  l  }-|-、l/ Vハ/t'リ l ハ /㍉くヽ/ 人
   jヘ,__Ⅵ` ー ‐'   `ー彳l / レ |lィテヘ ヽ テト、/\ 八 ''    'r'::::ハV 〃
/ ̄/" {> 、 tー‐ァ_, イ┴/{Ⅹヘ〃r'ハ \{ヽr ハ/ヾ Ⅹ./\ r‐ , ヾィノ" ノ `{
    {  | \ `ーァ '´/ /  /:/ヽ小{{ tzリ     tzリ/ }}/ ¨く>八> _ r=彡イ,二ソ
   ヽ.__|\_∧ ∧ / :/  厶   ∧ :::::  __ :::厶斗 ∧/ ノ/∧- ヾ厂¨}┐ )
ニ>r=ケoヽ__ヽ父ノ_|__/     j/vヘ. >r、 ゝ __ノ イl j/レ ∨ ク/|__/ ̄ ̄{_
/  ヽ{   ノ了 ̄o./^\_r'´ ̄/| ““““>`'つ““““““““| 〈{\///´ ̄ ̄} }
「ひだまり」に集まったゆの、宮子、ヒロ、沙英らの若い女達が、
そうした真摯な歩みを始めた頃であった。

ユキの希望は「ひだまり」の運動を遠く見るにつけ、
都会に吸収され、やがてはこのような団体に加入出来たならばと思うようになったのである。
そして「ひだまり」の同人に手紙を書いて自分の希望を容れてくれる寛大さはないであろうかと、
思いのたけを認めて投函したのであった。





207 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:28:07 ID:82UNhNw7
何度か手紙を出すうちに返事が来た。

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                       |
       |                       |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    /_____
       / いつか上京の折があれば /ヽ__//
     /面会した上に、希望に添うこ/  /   /
     /とが出来るようだったらそう /  /   /
     /したいと思います。      /  /   /
   /   _______    /  /   /
  /                 /  /   /
/                ./    /   /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





208 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:28:44 ID:82UNhNw7
ユキが雑誌に投稿するための原稿を出しに郵便局の窓口に行くと、
その裏書きを見てユキに話し掛けたその局員が、

           /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、
           ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i
          ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!
            l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:',
         )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y
         〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!
         l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !  俺の従姉が「ひまわり」の一人なんだ。
         ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ   紹介できるぞ。
           `';Y',     l,     ,' ´
           ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __    よかったらゆっくり逢える時間を言ってくれ。
             /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉
        /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、
        /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、.、
    ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : : !:.',
   f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l: :l
  i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :!: :.l
  !: : : : : : ; :-:-: : : `/:.!l     ' ,ll!:::', l: : : : !: :.l: : :!
  !: : : :./: : : : : : : /: : ',ヽ、ー ''ノ:!l::::',l: : : : l: :l: : : i

という話を持ちかけた。





209 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:29:25 ID:82UNhNw7
ユキは夜の時間を盗んで書いたものを、青年のところへ運んで批判を求めた。
              /.::、:;::::::::::::::::::::::::;:;::.ヽ
                  ,!:::;/゙l:/゙l:i''`'゙ヽ;:f'ヘ;;:::::〉
                 〈::ミl. |L,_|:l    _}!__.lミ::{
               }_;{. l|__.|!ヽ  '゙,|!_ l;:::}
                  { ゙i| ' ・`    ' ・ ` |!'゙!
               ヽ,|  ̄ 、l,   ̄ i,,ノ
                l、゙ |ー==.=-イ`.,!
                    ,ゝ レ.⌒⌒.リ ,/    まるでカフカみたいだな! 素晴らしい!
        __,,,  -‐'''7~:.i ヽ.゙ー==‐'゙.∧`、ー- ,,,,__
       /゙: : : : : : :./: : :| ,ィヾー‐イ゙ |: :ヽ、: : : : : ヽ.
       /: : ヽ: : : :./: : : .l /iヘ;}_ ,,/;;゙、 l : : ;ゝ: : : :/: : ヽ
       { : : : :`、 : : \/|!. ゙'、{;;;;}ィ゙ ヘ}\/ : : : :/: : : : i
        ! : : : : :ヽl: /.: : l  l::::|.  l : : :\: i/: : : : : l
        l : : : : : :ヾ:.}: : : : |  |:::::|  .|: : : : :/: l: : : : : :.|
青年はそれを丹念に読んで批判を試みてくれた。





210 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:31:06 ID:82UNhNw7
その青年がいっかな「ひだまり」の同人のところに推薦しない間に、ユキの心は青年へと傾いて来た。
ユキは必要以上にこの青年と逢っている間に心のうちには、結婚の前の、その忘れものに気がついたのであった。
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ  """       "" 厶 ./
             ', {.代ト、     ´   , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′ 
.        _ /  「´        ヽ} \ 
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
文学に傾倒することの深かったユキが、
どうして恋愛に傾倒せずして済むであろうか。

ユキは当初の目的も忘れてこの文学青年との恋愛の発展に心を奪われた。
ユキの前にはもはや法律も、道徳もなんにもなかった。





211 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:31:58 ID:82UNhNw7
             __
       _,. --' ´  `ヽ、
      /           \
     /    , , l  、 、   ヽ
    /ィ'  l l | | l、 \ ヽ ヽ ヽ
.   ' | l. | N、 |ヽ| \_lゝ: l. |  |
    ヘ. ', lv-一   ´_`...VlV |」
     Yヽト 、t¬.   ´v,. | 1 レ'
      ヽ ヽ ー'    ̄ | /
       ヽN.、_  - _,.ィ ´″
           `,オr .コ      ただその頃五歳になった一人娘の綾子が、
             トレ'´ ヽ     ユキの心を牽制するものであった。
             |{ l、 |
      r'  ̄ ヽ  ||  |   |、
    l      l _,.rオ |  |   | `ヽ,
      ヽ ___ノ フ ク‐ヽ ゞフ   /
      ..__..  r '′ ヽ.___,..-'′
      ‐-‐   7-、..__....,」
           /   ,ィ  |
           / ` ァ L.___|
         _/  / | |
        ヽヽ/  ,!   |
        `   r'二ュ





212 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:32:31 ID:82UNhNw7
ユキの心を引きとめたものはただその一人の娘のみではなかった。
青年の文学に対する真剣さが箔のはげるときが来た。

            _  、
       _,. ィ 彡イ   `ミ_ヽ、
     /イ/ヽ         `ヽ
.    /'´ハ〈  ヽ,    r'  __ ヘ
    |,. -‐、__/ィ.ト--ヘ Vk.´ `ヽ|
   ,イ  ./ // ||   l | ト、.   |   それは文学青年でもなんでもなかった。
   ヽイ | l/ ||   l | | | ゝ !   ユキの文学への熱心を利用して、接吻と貞操とを奪おうという
    |ノ、├‐- 、ヾ    .リ_⊥t. _}.|    一つの陰謀を計画した、単なる陰謀家でしかなかった。
    { ヘ| r┬‐,`  ´‐tーr.、 Y  }
      \ |   `´     `´  /,/
      ヘ      l.    /      ユキを理解したその青年は、
       \   --一'  /      彼女を手に入れるために、
         l\     /l、       どうしてもユキを見かけの窮地に陥入れるよりほかはないことを洞察していた。
          /ヽ  --   ,ハ
       /  〉、   ,.〈  l





213 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:32:54 ID:82UNhNw7
ユキの夫が知って激怒したのもその青年の陰謀であった。
      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu  やる夫がいるのに、どういう事だお!
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |
   ヽ           i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /





214 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:34:24 ID:82UNhNw7
青年のプログラムは貞操を奪ったあとはユキを捨てるにあった。
しかし容易に捨てることは出来なかったので、
ただ死を以て脅かすより外の道は残されていなかったのだ。

    /  .: : : : : : : : : : : l: : ::|: : ::l: : : : : : : : :ヽ
    /........  l   /  |  l   !  l  i   ヘ
   /: : : :i: : ::i: : ::./i: : : :.i: : ::イ: : ::.!: : :|........!...: : .ヘ 私はあなたのものになった。
 _〆'!: : ::l.....:::l...:::/ l....:::;イ:....../|::..../!::....l: : : |: : : ト..! しかし私たちは生きて、文学をやることを希望する。
   l::i::|..!......l!..7‐ゥ.、x'´!::.../ !.:,/__!:...イ::. : :!:: : .|ヽ! それだけの覚悟を決めて欲しい。
   l::|..::!.ヘ....!,r≠、.  !./  /./  l.` | i: : :|::!:: :| |
    !!i: :|: ::`.!'i゜::::.j` '´  '´r≠ヽ、 |:::::/::!i:::/
     !ヘ..!: : ::|.廴;.ノ      {゜::::::ソ イ/:::/ !'                じゃあ君は恋愛を遂げるより、>
     ヘ!.i: :.l      !     ー' /: : ; :/       文学を遂げることの方が価値があると思うのか。>
       !.!: :ト     __       /: : /!/
       l.ト、|..\        /.!: / |'
       ヘヘl.ト..| ヽ    , r‐,'イイ:/     そう。だから東京へ逃げ、あなたの従姉にひとまず頼りたい。
         ,ゝti    ̄ |./、' ソ
       /:::r'´     └、:\
     _, r'´:::::::|_ __,,..,,_ _ |::::::`ヽ、_
  , ィ:´|: : : : : : : レ'´: . : . :`ヽ、|: : : : : : : |`jヽ
_r'|: :!:::::i: : : : : : :|:_;. -‐' '‐- 、;:!: : : : : : : l:::l : :ト、





215 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:35:08 ID:82UNhNw7
      ノ|      ,_、
      |リ,_._,- ̄ ̄___ `'"`-- 、
     /|`   /<´:::::::::::─-  \
    ./ ∧ r' r:::  _ ,  ::::::::::::ヽ
   ( 」:::::  ,,、.r !⌒  リ ||  __ヽ
   ./r  i'`"`  ヽ|  ._ |ノ | ,--、|
  /∧|`'     ,/ ̄    ヽ::::::::::::: }
  / ´ |` ̄ヽ   r兒`リ   ミ r─, リ
  {.!  ヽ乍|.|    `'~     ∨ '-.!
     ! `'ノ   ''        リ::/
     |  ヽ      u    __,,,ソ
     i  --──'     ノ |::ノ     俺に従姉なんていない。
     ヽ   -      /  |
      .`      . イ    |へ
        .ヽ___./     ノ  \
          /|     /    ハ
        /  ハ    へ'    ノ  ``ヽ





216 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:35:57 ID:82UNhNw7
ユキはもうその青年を責めるだけの張りはなくなっていた。

i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´     あなたを理解することができ、
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /      恋愛は文学のための、ほんの一つの領域に過ぎないと理解した。
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '       恋愛は二人のこと。しかし文学は孤独の業。それが解った。
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、

ユキは一滴の涙をも落とさなかった。
こうして偽りの恋愛が終った。

そしてその代価に、ユキは賤しい病気にかかった。





217 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:36:16 ID:82UNhNw7
夫の許しはあったがユキは帰ることができなかった。
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \   まあ、仕方ないお。これ以上は責めないお。
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /





218 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:37:34 ID:82UNhNw7
ユキを悲しませるもう一つの事件が起きた。
継母が弟達の承認を無視し、弁護士の伊藤という男と結婚したことであった。
        _ --/\── 、: : : : :丶、::::::::::::: : : \
      /: :/': : :.:: : ::. : : : :\:::: : :_\::::::::::::::::::::≧
     /: : :/:/: : : ::::l、:::::::::: : ::: l:、::::::\- iT:-::::::::::::/'´
.    /: : : :/:::|: : : l :::| .Xゝ::::::l:A| ヽ \::\::::::::::::::::/
    l:: : : ::|::/|: :、::l 、:|'´ >=ヾレl     |\:::::::::::::/
    |===V-、::::l、ヽヽ ",, ,,  {    /  ヽ--〈
    |:::: :::::::l::::l、::| \、     <     ___∠二\__
    |:::::::::::::|::::::ゝ-、      |ヽ__ ./: : :ヽ: \\: : : : ヽ
    |/::::::::::|::::::::::|     , - '   /: : : : : : ヽ: \\: : : :ゝ-、
   /::::::::::::::::|::/:::l    /     |: : : : : :::: : l : : :、 \ //_ヽl
    |::::::::::::::::::|:|:; ┴.、、 人     | : :::::/: : : l : ::::ヽ  //:: ̄\__
    |::::::::l::::::::r: : : : : ::\ヽ、\  /|::::/:: : : : : ::、:::::/ヽ/: : : : : : :イ: :ヽ
   レ、|l:|、:::::|: :r---、: : ヽ ヽ l:ヽ( ): : : : : : : : :::::l:::/:::::|: : : : : : : lヽ: : :i
     lヽ \|::/    丶-i >-/)|: : : : : /: :::::/:/:::::::|: : : : : : :/: :i : : :、
        |:|       |_/L:::::>:|: : : :::/: : ::::l::::::::::::::|: : : : : : |: : : l_/:、
        、、       l  ̄ |: : ::::/: : : ::/::::::::::::::|: : : : : : l: : : |: : : : \
そのときユキの父が残した僅かな財産の大部分を継母が持ち去ってしまった。

ユキが夫のもとに戻らなかったのは経済的に寂れ果てた実家に帰り、
弟達を母代りとなって励ます役を買っていたからだった。





219 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:38:30 ID:82UNhNw7
しかしやがてユキは自分が夫の家に残して来た僅かな文学書が恋しくなった。
そこに置いて来た自分の書き残した原稿が惜しくなった。
このことはすでにあらかじめ夫の心待ちにしていたことであろう。

    ユキちゃん、早く帰ってきてくれお……。

    ⌒|/⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒
      ヽ   ____
        /  |::⌒\
      /  _ノ|::(●)\
表   /  o゚⌒ |ヽ__)⌒::::\   裏
     |::.    (__ノ|r-|:::::::::::::::::::|
     \::.   ´ |ー´::::::::::::::/
               ∧
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  小説も原稿もこっちにあるんだから、どうせすぐに戻ってくるお!

再びユキは昔の張りのない結婚生活に入ることになった。
日本語でなんと言うかしらないが、ユキはそれを英語の文字routineと呼んで、
自分で自分の運命の灰色を意識するのであった。
「ひだまり」からの手紙も何処かへ失せてしまっていた。
そうして次第に文学書から、自分の原稿から、遠ざかっていった。





220 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:39:57 ID:82UNhNw7
ユキの生活から文学がなくなり、しばらくして、夫の役所づとめが思いがけなくも東京へ転任することになった。
東京の薄給生活は貧乏であった。

そして八歳になったユキの一人の娘の綾子が、
急に変わった東京の生活のためであったであろう、一種の神経質な病的な精神状態になった。
                 __      __
             ,  ´     `  ´   `'' 、
           /    /  /    ヽ 、 ヽ\ ヽ: 、
.          ,.:'/   / / /  / /! /  l ハ!  lヽ`ヽ
        .//f,'i  / /  /l / l  ハ / / /  |ヽ ゙ヽ',ト、
.      _∠‐ 7 /ヽ/ /‐/- .l / l / l  / /|i.トヽヽl./', l l `i、
         /;ィl;{ '/l/ l/  l/  l /   ! /  |."|//ハ   l | l、 `l__
         ////!,r  ̄`ヽ     ァ^¬ヘ.ヽ| | /|∧j!`ヽ─-,.l   ', ` ー 、
.         /,' ,i i| l     l   l′    l. V::ヘ./ !、./、ニ‐1|   l.    ヽ
     ,.,イrl/ヽヘ',/ ヽ、  ノ     、    ノ /ノiイ.'/l::l 」ヽ´ |   l-一 ´
    (...__| 'ァ:_ ヘ ' '   ̄      ` ー ´ ////::Ll:::::7  /`ヽ一 '′
      ム-‐ヘN` ‐ 、..__......_    ' '_,.ィリ/ツ、::::::、:::::ト.⊥ -'
          `         `¨ ¨´     `ヽ、:ト、|
人から聞いて、
これは精神病かも知れぬからKK大学の先生に診察して貰うがよろしかろう、と言うので、
ユキは綾子を連れてKK大学精神科の門をくぐった。





221 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:40:29 ID:82UNhNw7


やがてこわい顔をした先生の前に連れて行かれた。





222 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:42:00 ID:82UNhNw7
;,;,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i.i.lllllllllllllllllllllllllllllililllllililllllililililililililllllilii;i;lililili[゚llilii;i;lilii;i;i;i;i;i;i.i.]l.
;,;,;;;;i.i.i.i.i;i;i.i.i;i;i;i;i;i;i.i.lililllllllllllllllllllllllllilii;i;lili^lililililililililililllllili[.llili]゜.\i;i;lilii;i;i;i;i;i;i.i.[
;;;;i.i.;;;;i.i.;;;;i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.lililllllllllllllllllilii;i;][.ヽ][ 〈llll _lililili]llll][ ]][  ]][Hlilii;i;i;i;i;i;]!
;;;;i.i.;;;;i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i;i;llllllllllllllll][。.]],,_.ヽ  ゚l[ ^)][..llili゜ .lし-  ゜ 〈lilii;i;i;i;]ll゜
;;;;i.i.i;i;i;i;lilii;i;lilii.i.;;;;i.i.i;i;],,gllllllllllll[   ^"─。._ _ ^ "__.-'^    .;lililili][_.l゜
i.i.i.i.i;i;lilililililililii.i.;;;;;;;;i;i;[f゚li;i;llllllll]、ー.ヽbgllll「^    ^ll─qggl.ヽ ]lilii;i;[ .l「
i;i;i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.;;;;;;;;i;i;[,,.l;,;,lllllilil゚    ^^^゜        ^^^^  i;i;i;i;゚」 l.
i;i;i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.;;;;i;i;i;i;llg]]lllli;i;         .l         i;i;]^^^
i;i;i;i;i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i;i;i;i;lllllllllllllili[         .l        .;i.i.[gl゚゜
i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;lllllllllllllili]k 、      ]        .;i.i.゜「
i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;lililllllllllllllilililik、      |      .;i.i.;;;;、
i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;lllllllllllllllllili ^k_            ./(.llili;;;;g,,,,_
i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i.i.i.i.i.i.i;i;lilililillllllllllllllll][  ;,;,g,,   ゜`、゛    /f  〈lilii.i.i.i.;;;;gg,,,,_
i;i;i;i;i.i.i.i.i.i.i.i.i;i;lilillllllllllllllllllllllllllllllll][  〈:.:.:.:.g、  ^   ./ ][  lilii.i.i.i.i;i;i.i.i.i.i.i.;;;;gg,,,,
i.i.i.i.i.i.i;i;lilillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll][  ゚l....゚゚lllllk。.......。-^   .l  〈lilii.i.i.i.i;i;i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.;,;,g,,_
lilillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll][   _....、         7   i;i;i;i;i.i.i.i.i;i;i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.i.llg,,,,

先生の両側には白衣を着た学士だが学生だか、およそ十人ぐらいもいた。





223 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:42:45 ID:82UNhNw7
先生は予診カードを一読すると、
        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i   娘を一瞬間ジッと見、
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ   そして、母親の顔をジッと見た。
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |





224 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:43:36 ID:82UNhNw7
        ー=-イ / /   i ',  .∧ l !   !  ハ  ハ  ,'  !  l ヽ、_
          { i l l   l ト、 l l | ',  ハ / .l / l /  /  j ,ゝ´
             l l l l  ハ | ヽ! ヾ ヽ./ |:/  |' _j/l  /  /./
           } .ハ ,l ヽ |ヘlニ;--,.._ ' ` 、',.-;‐;二__  l /  /./
          ノ'" l.ヘ. ト、! '弋赱!~ ,     ' 'T心!_ イ   j l′
                |rヘ lヽ    ´     `     l  / ノ
             ヽヘ l        i           l  /'´
              `l | ',、       |         j /
               jハ. ヘ      ヽ!       /! /ヽ    この予診を取ったのは誰だ?
                !ヘ ハ、   ,__,...、   /|/` ‐ヽ
                 i!ヘl\ ゝ-‐ニ‐-' ,. イ从'
                , ィ' ヽ \    /  ノ ヽ、
               / /   `ヽ ヽ- '´  r'   ', ヽ
             /   l    /iーヘ   rニ' ヘ   l   ゙ヽ
           , -イ   l   /`ヽOヘ  / /-''ヘ.   l   ヽ‐、
        _.. - ´ /    {  ,.ヘ、_>'^''< _..-ヘ.  l    ',  ` ‐、
    _.. - ´     /   , -i!/ ヽ    ',    /    ヽ |\    ヽ    ` ‐ 、



         ____     l_
       /   u \    /
      /  \   / \   >
    / U (○)  (○) \ \
    |    u  __´,_  U |  は、はい! 私です!
     \u    /__/   /





225 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:45:02 ID:82UNhNw7
       __. --─-- 、
     ∠        \
.   /,r / /  ヽ ヘヽ  \
   /// , | |    | | ヘ  ヽ
.  |/ l / | ∧ | | :| |、:||  ',
.  | l | 、ト、.|. |ハ ハ |ヽ!ヽ'V  |
.  lイ lヽ| _ム-- ` レニニT | N
    ∨| |´ 'モシ´   ゙ー' || |
    |ハ!            |//
      ヽト、    l    /
      ヽl\  -─  .イ「     この予診はお前が整理して書いたのか?
         l`  ._  / ノ、    それとも患者の母親が言ったままを記載したのか?
        / |    ,rく. ヽ

                 全部母親の答申したとおりに書きました。>




<そうか。お前は書いていて、この答申の特徴に気がついたか?
                              ___
                          /      \
                         /ノ  \   u. \
                       / (●)  (●)    \
.   いえ、気がつきませんでした。  |    __´___    u.    |
                        \ u. `ー'´       /
                        ノ           \





226 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:46:35 ID:82UNhNw7
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ        j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/  例えば、朝御飯のときに、トマトを煎餅のように食ったとあるな。
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/   これは観念群が反射のための
             !  `丶、.  \  ー   /      受容の形式まで変化させているのを描写している。
           _/     `'-、. `'ー-r<´        
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \       読んでみると、一つも説明がないんだ。
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、     こんな答申は一流の文学者でもないと出来ないと思うけどな。
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、





227 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:47:26 ID:82UNhNw7
先生はおもむろにユキの方を向いた。

     ./:.:.:.:.:/:.:l:.:.:/:.:l:.:.:.:.:.:.:.:./|:.:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:.:',
     /:.:.:.:/:l:.:.::|:./l:./.l:.:./|:.:./ ',:.:.lヽ:.:.l:.:.:.:.:.::
      l:.:|:.:l:.:.|:.:.l リ l/ .レ .|/   ヽl ',:.l:.:.:.:. :|
     レ|:.:|:.:.l.V _ ,, - - ,,     _,, - ,,リ:.:.:. /リ
      レ|:.:.l:l  -rc.n- `  ./ -rcy、l:.:.:.: :.l
       |/l:.:l   ヒニノ      ヒタ レl:./.リ
       .l l:.ll.        |     .|:/リ
       \リ.l        〉     リ/
         `l'.,           /  新速出さん。娘さんはすぐに癒りますよ。けれど失礼ですが、
          !ハ\.   - ─   /   あなたは文学をやっているんじゃないでしょうか。
.           `| \      /|
           _/l   丶 _/  l`r、.
        / / \      /  ', \     いえ。ただ昔、文学が好きでありましたことはございますが。>
    _  ,,./ : : |.   / l`ヽr 'lヽ   |: : ヽ- ,,
_ r '" r:`´:/: : : : l   /`、 lo|.‐レ'ヽ.  l: : : :ヽ: : " -





228 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:48:22 ID:82UNhNw7
          ..---. ...
       , -‐.': :_: :---` ー-.、
    ーァ´:, ‐ -ァ: :7 ̄l:.ヽヽ‐..\
     //イ: : /: ./.:イ: }::. :}:.}:ヽ:、:ヽ、
    ノ.: .: ./: : lハ:AL_}:/ }::.ハハ::.:}:.ト_--
   ´ 7:::::_|::. : | '┬ォミー'jム_ム}::ハ:「`
     |:.:{ r|{:.. :l   ̄´  {エオハ.ハ{
    ハ:ヽvヘ:リ        〉 |:/
     Vl:.:T     , ---,  ハ!
      }::ハ、  ( __/ , ′  これは好きなという程度で済まされるものではないですね。
    /フ´{  \  - /     あなたには観察した自然も人事も、具体をそのまま再出する力がある。
_ .. イ:::::::{  \  ` ┬‐′     これは自分で小説を書いた人でないと出来ないことですよ。
:::::::|   l    \,_ / \      しかも今時の作家ではとても敵わないほどの腕がある。
   }    ヽ   ∧ 〉ヽ 〈| \
   ーァ-‐ ヘ_/ヽ.>‐くトj、 ヽ\





229 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:49:33 ID:82UNhNw7
                                          __   __
                                       ,  ´    `´   `'' 、
                                     /  /      ヽヽ  \
                                    .'/ /         ヽ ヽ  ヽ
                                   ノィ  ' /  / / ,     !  l ヽ ゙
生まれて初めて、                        ./ f,' i  ││ |! 丶.   |  |  | |
肺腑を貫くような言葉が自分の方へと投げられた。     f  | l l  ,イ |ヽ!、.  ト、. |  |  ! |
                                   l ,.イ ヘ l ー!‐_、ト ヾ\ l ≠.jト、,l /! ,
                                   |ハ ,!ゞV´!:::_j`    `'イ::_j`メ|/,.-、l!
                                    f ト, ! ー'      ー'  ' !.ノゞ
                                     `Viヾ.!///   '   /// j /| /
                                      !ハ !ゝ.    ´`    ..イ /
                                        \ルヽ .    ,.イノレ'
                                         ` rノ ` ´  |' -..
                                       / |‐-   -‐ヽ  \_ __
                                    rィl´    |-- ― -- /     //ァ





230 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:50:16 ID:82UNhNw7
「何か、あなたが、この娘さんの発病以前からの様子でも書いたものがあれば送って見せてもらえませんか。
それは医者の診察のためにも、参考になるに違いないと思いますが」
先生はそう言って、医院の方へ向いた。

 ::::::::::::::/ |::::::::::::::::∧:::::::::::::∧::::::::::::::::::::::!::::::::::::|::|
 ',::::::::::;′|:ハ:::::::::/  '.:::::::::/ V:::::::::::::::::::|:::::|::::::|::|
  ∨::::l.  |! |::::::/   '.::::; ′ ∨::::::::::::::::|:::::l::::::Ⅳ
.  ∨:|   |:::/    }; '_..-'´ ∨:::::::::::/:::l::|::::::|
   ∨    |/  _..-'´      ',:::::::::/:::::ハ|::::::|
       ,.. '_______   ' ::::/::::/::::|::::/
        '´     ∪  `' |::/:::::/|::::l::::′
           ー‐---一'   |/::::/ }:∧:|
                   ,′:/ /リ `
                      ,:::::/ /  一例一例の患者については描写が一番大切だ。
                   /:::/  ′  浅薄な説明なんか学ぶ必要はない。
.   |              /V/    あくまで描写を心がけること。
   l|                厂7     それが素材となって自然科学が建築されるんだ。
.   !             /∧|      この方の答申は、その点について君達の十分研究する値がある。
               /:/





231 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:51:37 ID:82UNhNw7
ユキは娘をつれて帰る道々、
先生が医院の方へ向いて教授していた具体の提出――描写ということを考えた。

                     ー―=≠   : : : : : : : : :\ ', : : : :/_z
                           , : ´    : : : : : _ : :::::i <-: :`丶、
                     /:     , '  /  /  ', ' ,  \ \
                    /::::::::/: : /            i   ',       ヽ
                    //:::::::, '::: :., ': : : : : : : : : :/: : : :.i : : : :       ヽ
                    /イ:::::::::/ : :, ': : : : : : : : : : /: : : : : !: : : : : : : : : : : : : : :
                  ー '   /::::::::/::,.'/ : : : : : ;.イ://: : : : /|: : : : : : : : : : : : : : :
                  /::::::::,': /::{{: : : : / 〃 .i: : : ,'/  ヽ: : : : : : : :: : : : : :
                   /::::::::::{:/:::::il:-―/―{{- 、l|: : /{{ ,、 -\-ヽ__: : :.i:::::::::::::
                   ,' '::::::::/: : : il: / {   ヽ  |:.:/ `   __ `丶V: :.:l:::::::::::|::
                    {  ヽ::,'::: : : λ:i ,xィ==ミ. |/    彡==x |: : ,':::::::',:/!:
                     {: : : :小ヽ《.{:::::::::::::}` {      'ん:::::::::} 》!: /:: : :::::\
                       \: : :{::ヘ.  O辷:リ       .O辷::ソ '/, ':::::: ',::ト、::
                       |ヽ::ヽ:ヘ  ¨¨´   ,     `ー‐' ./|::::::::::: 'リ .}ヽ
                        ∧|:: ̄/|〉            /i_,.ィ:::::: : :.|
                   ,.イ:.八::::ハ{ ヘ.     ‘’       イ/ .リ::::::::ノi/
                     ,.イ/|:. :. :\:. :. :. >       , イ ///'" j
                   _{:. !/ハ:. :. :. :. :. :. :. :∧ `丶 </ V:.:.:.:/イ,| |::}
                 /:::::∧ヽ//\:. :. :. :. :. :. ∧   /   }:. :. :. ///:/
                   /::::::::::∧:. \//\:. :. :. :. :.∧、__   / .{:. :. :.////
              /::::::::::/:::::\:. :.\//\:. :. :. :∧、 ` ' λ:. :.///'
                /::::::::::/::::::::::::::`丶、`丶/ヽ:. :. :.∧\  {/}:. ///{

そして、自分の生涯を指導するような思想がここにあると思った。





232 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:52:18 ID:82UNhNw7
ユキには娘のことを書きつけた文章がなかったが、
その夜久しぶりで机の前に向かって先生へ送るために文章を書いてみようとした。
                           _,. -─- 、__
                        _,.-'´       `ヽ
                       ‐ァ'´          ヽ
原稿用紙をのべる楽しみが     /,ィ   , ,. 、   ヽ l    、\
ふたたびユキの胸に迫って来た。 '゙ | j ' j. ハ. 、 ヽ ',| | l |`¨
                      | | HV、ヽ',ヽ、.ト、j |l」,、|
                         ヽト N{沙 ` 傍フ| レリ
                      _ ,..r─ヽ }、  ' _ `¨_,! ハ
.                      f,.   |    ヽ| ` ァニ -' /イ ',
            ゙;.───‐└乞 -'ー──-//l、 /´  |
               /        l.l    |     l.|゙シ'´      |
            /        l.l    |      j/ ,. -_ニ_-、|
      .     /          l.l   |-─l二ヘ,r',r' ´   ヽ|
           /           l.l   |  |   {/       |
           /         l.l.    |-ー { __,/       ,   |
         /______|l、__,. -ー '' ´      /   |
                {-   |           /       |

その夜書いた文章と一緒にかつて書いて置いた小説のうち、
なるべく体験に近いもの一篇を添えて先生の医局に差出した。





233 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:52:52 ID:82UNhNw7
それから十日ほど経て一通の手紙を先生から受け取った。

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /   新速出 有希様へ /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





234 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:53:36 ID:82UNhNw7
         ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.
      ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、
      ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ
      ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',
    /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l
    i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ!
     ∨|:.:.!          ノ/i/ノ
       ヘ!:|         ノ!/′
        ヾ!>ー- ´`-- <イリ    「……お嬢さんを治療中、」
         (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ     「あなたが小説家を志願していられることを知りました。」
        ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ
         〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′
        く;;;;;;;;;;;;i;!;;;;;;;;i;!;;;;;ゝ
           i、__,,/  !、__,,!
          `ー'′  `ー'′





235 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:54:52 ID:82UNhNw7
        :    
     :   ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、  :
     :  ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.  :
  ::  ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、 ::
  :   ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ:
  :   ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',  :
  :: /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l ::
  : i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ! ::
  :: ∨|:.:.!          ノ/i/ノ :: 「過日お届けの二つの文章は、」
   :   ヘ!:|         ノ!/′.:   「恐らく十分その資格を持つものと存じますが、」
    :  ヾ!>ー-   -- <イリ   .::  「小生は文学を専門とするものではありませんゆえ、」
   :    (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ .:   「友人の小説家小泉一樹君に送り、もし彼が認めたならば」
   :    ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ :    「あなたに逢ってその望みを助けてあげてくれと頼みました。」
    :    〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′  :
         ノ`;;;;;;;;;;i;!___i;!;;;;;ゝ、
       (_;;;;;;;;7;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;)
        ` ̄ ̄ ̄´` ̄ ̄ ̄´
読んでいくうちに、ユキの身体は激しい震えが来た。





236 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:55:42 ID:82UNhNw7
        :    
     :   ,. :-:.' ー ' ¨ :.ゝ.、  :
     :  ,.:´: : : : : : : : : : : : : ヽ.  :
  ::  ,.': : : : : : : : : : : ',: : : : : : ヽ、 ::
  :   ,':.:;':.:.:;'.:.:.;'.:./.:;'.:.:|i:';:.:.:.:.:.:.::`、`ゝ:
  :   ,':.:.i:.:.:.i:.:/i:.:/i:.:ハ:.:l:i:.:.i:.:i:.:.:.';.:.:',  :
  :: /イハ:!:.:.:l:/ i/ ノノ ノリリハリ:!:i:.:.!:.l .:: 「これを小生のさかしらと思わないで下さい。」
  : i/!:.:!:.:.;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;l:.!:ハ! ::  「埋もれた金はついに日の光で輝くのが自然なのです。」
  :: ∨|:.:.!xxxx    xxxx ノ/i/ノ ::
   :   ヘ!:|         ノ!/′:
    :  ヾ!>ー-   -- <イリ   ::
   :    (;;;;;ソ⌒) ̄`´ ̄(⌒ヽ :
   :    ヽ;;=;;/__,,、_/;;`ソ :
    :    〉;;;;;;;;ソ:/A.i:l;;;;;;!′  :
         ノ`;;;;;;;;;;i;!___i;!;;;;;ゝ、
       (_;;;;;;;;7;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;)
        ` ̄ ̄ ̄´` ̄ ̄ ̄´





237 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:56:34 ID:82UNhNw7
この手紙を夫に見せるとなぜか嫌な顔をした。

    ____
   /     \
  /   _ノ  ヽ、_\
/.   ((●)三(●)\   小泉一樹って、あの男色がかった小説家じゃないかお。
|      (__人__)   |   いろいろ怪しい風評もある……。
\     ヽ|-┬r| / /
/      `'ー´ ..|\     /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |

                                     / / ′ .!  l  ヽヽ  ヽ l   l l |  、 ',
                                    / ,! l  , l  ∧  ヽヽ  ', |  | .! .! l | .!
しかしその人の生活と、文学は混同しなくてもいいはず。  .! ,'| .l ./, ! .,A-ヤー-、l   l    l l .! | .!, l
                                    !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!
先生を御好意を受けることは許して欲しい。どうか。     ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,! ヽ,!
                                     ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/ヽ
                                       '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"
                                        //;ヽ _    /'.!  /!'i l ./ /´ ツ
                                       // リヽ ,、   _.オ ./ .! |リ,' /
                                      ヽ'   `、l ゝt ヾ  |/    トV`ヽ
                                            `,゛-'ー} ´   ,..=彡゙゙フヽ、
                                          rイフ  √,!   / /´,<〆⌒゙ヽ





238 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:57:04 ID:82UNhNw7
     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  許さんといっても、思ったことはやるんだろう。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

夫は許したような許さぬような言葉を言っていた。





239 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:57:32 ID:82UNhNw7
:::!::  /   t:::、/ィ´/   /::::::: /::::::!  /:! ,    '!
/::::! /!    |/´::メ、    , ::::: /:::::::/  /::::! lヽ  ! ヽ
:::::/:::  ,  |,___レ'_  \/:_,.ィ:::::::::::/ ノ::::: /::::::!  |、:::|
:::::::::::!  i  f:/7ヘrィ:ヾj/ヽ/:::::::: ,. イ::::::/ィ:::::::'  / |:::|
:::::::::::! /  |' !-::::jヶベ ´ー "´   /::/ !:::::::/ / ! l:,!
::::::::::::! ':::  |  r'._ン        ィ/´`メ::::/ / ! !:/
::::::::::::! !:: │           イテ:r、 /:::::/ イ::: ィ ':/
ヘ::::::::::::v::::! |          'ヘィ:ハj/:::::ィf:´::::/ ハ/
:ゝ:::::::::::::::! |         , ヽ ' イ7::/ ,/::::  /
:::!::::::::::::::::ト、!            ∧!:://!::/,. '
|ゝ'ヽ:::::::::::: ! ヽ      ´ ヽ    /:/レ'  //
. ー-ゝ :::::::|           イ:::! |
ヽ.三三゙ヽハ..      _ zィ' :::::::::' |
 ! 三三三 \` ー ¨´ /:::∧::::::::|. !
ノ、 三三三三丶ヽ   '::::/! ヽ::::::! ル  ユキはもう二十八歳になっていた。
三\三二二二ヽ,j__,j:::|│ニ|::::! 〆   貧乏や病気で容色は衰えてしまった。
三三_ \::二二二 |!__ ,ゞ|│ニ!::/ /   ただ、顔のどこかに、文学に対する憧憬から来るのであろうか、
二二三三\二二 ヽ___ `!`|三! /   一種の気品ある溌剌さが底深くただよっているだけなのである。
三三三\ ゞ三三 \ `ノ│ イ





240 :名無しのやる夫さん :09/08/03 21:59:28 ID:82UNhNw7
小泉氏は心よくユキを引見してくれた。
            __ ,.-¬- 、._
            / '´,  、   、 `ヽ、
         r´    / l ヽ  \ 、ヽ
          /  / /l.  l、 \  ヽ ', lヽ
       /, l. / /´ヽ lヽ   ヽ. ! ヽ. ト ヽ、
       '´|  V '__ヽ. ト\、_',|   ',|     KK大学の先生より送って来た原稿は非常に面白く見ました。
        | l. ,| | __ \゙、ヽ.__ヽl.  ト.|      ただ、あれだけの作品で紹介するというわけにはいきません。
          lハlヘ|´ `   ヽ´ ``〉,^! | !     そこであなたの得意とする原稿、出来れば250枚以上のものを、
          l\l|    |    //ィ N      昔書いたものがあるならそれを、
         | ハ ヽ  __   /ハ/ `       _なければ一ヶ月のうちに書いて見せて下さい。
         '′lハn\ `ニ´/! !        ,イ |
          _,.-' /ヽ ` - ´ ,ハ\       | |ヽ
      _, - ' /   |  ヽェ、 '   | ヽー、    _ | ト. ヽ
 ,.、-‐ ´    /  |  /  〉   |   ヽ `⌒.l ヽ',ヽヽヽ
_/ ヽ     〈  ,.-|ヽ/ ヽ-/ ヽ/|、  ,〉     | l_! ヽ ゙l





241 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:00:13 ID:82UNhNw7
 ヾ;、 丶: : : : ;;;;;;;;i      i : : : : : : : : : ;;;;;;;;,, : : : : : : : :
   `、丶: : : : ;;;;;;i       丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;., : : : : : : :
..i`.、  ヽ丶: : : :;;;;;;;i      丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;;,, : : : : : :
...l b:`:.、i. 丶: : : :;;;;;;i       丶: : : : : : : : : ;;;;;;;;;;;;;,, : : : :
 l.t:::ty:l 丶: : : :;;;;,,i_, - ‐=======ッュr。_:_ ;;;;;;;;;;;;;;;,, : : : :
  ``ォ;;;j|  丶: : : ::;;;i : : :ェォ=- :\ : : : :  ̄: ̄;;;;;;;;;;、;;;;;;,, : :  来月の雑誌に書く仕事がありまして、
.    ;l   丶: : : :;;i: : :": :    \: : : : : : : : ;;;;;;;;l:\;;;;;;,, : それまでに拝見できればそこの編集者の方に見てもらいましょう。
\   /   .∧: : : ;;i: _ィェェ、_      \: : : : : : : :;;;;;ヽ: :\;;;;;
  .\/   / : :ヽ: : :;;i :-`´`≡ョ、_     \: : : : : : :;;;;ヽ: : :\
   \  /: :  :ヽ: : ヽ : `、  |;;o`k‐y-r,,,,_`__、: : : : ::;;;丶: : : :
  .  `<: : :  : ヽ: :ヽ    ヾ、.ヽ;;;ヽ`' ノ;;;;'-'''''':\;;;; : : ;;;丶: : :
     ヽ : :  : 丶::ヽ    ` ` ー`´." : : : : \; ; ;;;;丶: : :
` 、.     ヽ: : :   丶ヽ      : : : : : : : : : \;;;;;;;丶: : :
. `、:.    ヽ: : :   丶、        . : : : : : : : \;;;丶: :
: : ヽ:.    ヽ: : :    丶、     . : : : : : : : : : : 丶`、: :
: : ヽ::.    ヽ: :      \ . : : : : : : : : : : : : : :  `: :





242 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:00:40 ID:82UNhNw7
夫からこのことについて聞かれたがあまり詳しく話す気にもならず、小泉氏からの提案も隠し、
ひたすら新しく執筆をしようという自分の小説の構想に夢中であった。

小説を執筆中、二度ほど小泉氏に手紙を出して報告方々指導を願った。
小泉氏からはそのつど簡単ではあるが心情の溢れた激励の手紙が来た。
ユキの心は創作の喜ばしさに充ちて来た。





243 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:01:45 ID:82UNhNw7
ユキは三週間めに300枚ほどの小説を書きあげた。
                        ,,,iiiiiiiii,,,、
                       ,lllllllllllllllllllii,,
                       ,l゙lllllllllllllllllllllllii,,
   .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii   ゙,,llllllllllllllllllllll!!!丶
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll  '!llll゙llllllllll!°
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll   .lllllllllllllll
   .lllllllllllllllllllllllllll,,,,,,,,lllllllllllllllllllllllllll|  ,,,iillllllllllllll,、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|  ゙!!lllllllllllllllllli、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .'lllll!゙lllll′
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .,llll".゙llll
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ,llllli、 lllli、
   .lllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!llllllllllllllllllllllllll   .'lllll′llllli
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .lllll  .'!lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .llll   ゙lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|  ,llllli,、 .,,illii、

表題を「涼宮ハルヒの憂鬱」とし、いそいで小泉氏のところに持って行ったのである。





244 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:02:42 ID:82UNhNw7
原稿を届けた翌日、小泉氏から

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /    受け取りました  /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とだけ、通知があった。





245 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:03:44 ID:82UNhNw7
ユキは詳しい批評を聞かせてくれる日の来るのを待った。
   ノ:..:..:./:..  ̄: :7´:―― : :|‐: :´、: ヽヽ
  ー-/:..:.i:../:. : : ,/:..:.:イ:.ハ:.. : j:.. :}:.、ヽ:. トヽ
    !:..:..:|:.{/:..ィ_jz≦ノ ' }:./_}_イ:. } |:.|||
    Vl:.:.|:. Vl´「_ 、` ノ′ _ノ:ソ:イ: リ ノ
.      }:ハ: : l f7「::`ハ   /:::7}7イ:/}/
     ノヘーl、: :!VZツ     ヒ:ノ/:.//
        `ィヘ:ト、 _   _   ノ:イ/
      rく、\` ヽ二コ:千:|K、′
      |:..:ヽヽ\: :Yニ|: :!:/j!:.l
      ト:..:..:.\ヽ\!r|┴=ミ!r ァ7
     |!::.:..:.ヽ\ヽ|!    /7 /
      j::.l::..:..:.⌒ーァ⌒}   / / /^}
      |::.:.\::..::.::.::>ー'―-L∠_¨´
      l::.::.:..:. ̄ ̄ト 、, --、―弋i
その間に小泉氏の全著作を買い集めて敬虔な気持ちで読み耽った。
そしてこの作者の偉大さとしっかりしたところとを知って、
今さらながらの愛着と敬意を覚えた。





246 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:04:06 ID:82UNhNw7
小泉氏が執筆もしユキの捜索を紹介してやろうと言っていた雑誌は、
偶数月30日に発行せられるものであった。
30日の朝の新聞にはその広告が出た。

                         ,.、   / \~~~``ー--ゥ'~ ,.;;-‐''~~ |, :-|   |
                        ミ彡 /::::::::`>  ,.-''~.‐'~~-‐''~~.| .|  |    |
工___                       ミミ|彡ム-''~~ーv'~ ~:::::;;;::   i-‐i |~~|  |   |
\===|                 ミ-‐''~:::::_,.ィ''~~|~  ~~`|~   |T | |~I.|  |   |
  \==|======i__          ミ>,-|~~`i'~I |   |     |   | | |_,.+‐ !┴!―--'
   \=|======|==|┴‐┐┐从 ,-、v-'~ 十''' |-‐'''~~~|| ,..  -‐''~~ ̄ ,,.;'~`i~`~`‐-,
 ||`i'~~`'~~'~~ミ―┼(`)‐i ̄~i→;;;;;/ ノヽ|~l ミ|'~::::::::::::__.|l'~      ;'`'`゜  ;;;    `i  _
 |r'~     ミ |. |ゝ-'| |~l~`1;;;;;;;;;;;;;L!;;|,,,,.i'~''1~T~~   ̄|__,,,.....r-‐ミ ;; ;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;::| ̄
,;'~       ~~~`iー‐、二―--‐'~~コ:::::::::j.  | |     |エエエエ |:::::::ミ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
           ヽー-'     ヽ. ヽ、_,,人_j      |エエエエ |::::::::|ヾ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
            / /       \     ゝ'~_三~ト-、エエ |::::::::| 冫;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              / /          \    = ̄  '`‐-'‐-、j-、...__(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

そして30日の朝になった。





247 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:04:57 ID:82UNhNw7
新聞の広告欄を見るとユキは驚愕し、
そしてたちまちにして深い、なんともいえない感動に陥ちた。

そこには大きく「涼宮ハルヒの憂鬱」という表題があり、

                        ,,,iiiiiiiii,,,、
                        ,lllllllllllllllllllii,,
                       ,l゙lllllllllllllllllllllllii,,
   .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii   ゙,,llllllllllllllllllllll!!!丶
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll  '!llll゙llllllllll!°
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll   .lllllllllllllll
   .lllllllllllllllllllllllllll,,,,,,,,lllllllllllllllllllllllllll|  ,,,iillllllllllllll,、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|  ゙!!lllllllllllllllllli、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .'lllll!゙lllll′
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .,llll".゙llll
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ,llllli、 lllli、
   .lllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!llllllllllllllllllllllllll   .'lllll′llllli





248 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:05:15 ID:82UNhNw7


その作者として、





249 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:05:57 ID:82UNhNw7
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .,llll".゙llll
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ,llllli、 lllli、
   .lllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!llllllllllllllllllllllllll   .'lllll′llllli
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .lllll  .'!lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .llll   ゙lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|  ,llllli,、 .,,illii、
                              著:小泉一樹





250 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:06:30 ID:82UNhNw7
表題の下には「小泉氏近来の力作、全く同氏の新しい出発である」と書いてあった。


ユキは駆け出してその雑誌を買って、家まで帰る時間ももどかしく途中で開いて見た。
それはまぎれもない自分の作で、ほとんど一字も違ってはいなかった。
しかも作者は明らかに小泉一樹であった。

     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\
;.;.;.;.;.;.;.;.;.l:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;:;\   /-、{;:;:;:,.ヽ、

ユキの心のうちには、一瞬にして疑惑と憤懣が充ち亙(わた)った。
やがてそれは軽蔑となり、ついに、絶望の情となった。

自分の作であるとの証人も照明も一つもあげる道はない。
夫にも隠してひそかにつづけた自分の精進は、誰一人として知るものはないのである。

これから先ユキはユキ自身の作風を提出したとしても、
それは小泉氏の模倣でしかないと言われるであろう。





251 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:07:53 ID:82UNhNw7
ユキは試みに夫にこの話をしてみた。ところが夫の言葉は、
             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \  これをお前が書いたなんてそんなはずはないお。
        |      (__人__)     |  綾子みたいに神経衰弱になったに違いないお。
        \     ` ⌒´    ,/  今度はお前がKK大学の先生に診て貰う番だお。
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |





252 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:08:55 ID:82UNhNw7
ユキは夫の言葉で、いよいよ自分が孤独につき放されたのを知った。
            /:   /       .、.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::;ハ::::::::::::::;;i:::i::::;;;;;;;;:l::ハ
           ,':::::::..:.:;'.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.ヽ;;:::::::::::::ヽ:::;;;i::::::::::::::;;i:::i:::;;;;;;;;;;|ヽ!
.         |::::::::::::i::::::::::i:::::i:::::ハ::::::::ヘ;;;;ヽ:::::::::ヽ:;;i:::::::::::::;;;i:::i;;;;;;;;;;;;| !  /  ./  ./  /
           |::i:::::::::i::::::::::i:::ハ::::::ヽ:::::::ヘ、;;;ヘ;;;;::::ヘ:i::::::::::::;;;;i,-、;;;;;;;;;|   / / / / / / /
.          !ハ:::::;;;!:::: 十ト-ト、:::::ト、:::_ヘ斗tー、:::::+:::::::::::;;;;|-、};;;;ハ;|  / / / / / / /
.          ! V::;;ヘ:.:.::::ト;|z弍 \! \::ヘ壬ヘ_ヘ;|_:::::::::;;;リ , ノ;/ リ  / / / / / / / /
.             ヾ:::;;ヘ::.::〈 ヾz;:}  ヽ  `` {z;:;:ブ|:::;::;::::://レ'    / / / / / / / /
.            \ト:ヘ:ヘ  ̄  ,       ̄  | ;;:;;:;;/ァ '  ̄ ̄`ヽ / / / / / / / /
                /|;;iヘ     __       |:;;;;;;//       V / / / / / /
             /   !;!、;>、            ,イ;;;;//           V / / / / / /
               /   i! \;;|介 : 、__, . イ´ /;;;イ. |            V / / / / /
           /      / | ヽ      // | .|           V / / / / /
           ,'     ヽ /  .|   ヽ   , '    / !            V / / / / /
            /        |   .|     `     /  ,'           V / / / /
.           /       ._|_ ヽ_    _./  /               }./ / / / /
        , '     /    `ヽ / ̄ ̄ `ヽ、. /         /  ∧/ / / /
          /   _./       /         /         /.   / l / / / /
       //´ ̄  ` 、.      /          /         /  /   ! ./ / / /
.      /         `ー-、./_____    /         /、_/    |./ / / /
      /                    ̄ ̄ ̄ヽ      /.        l ./ / / /





253 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:09:22 ID:82UNhNw7
しかしその幽闇のうちにただ一つの小さい光のようにさしているのは、
あのKK大学の先生であった。
        __ ... -‐ 、
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
./  .,ィ^i }_/_/l    |/     ,     i
'.‐'" ヾ{;:::;}::;;/|.   l.    /     |





254 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:10:34 ID:82UNhNw7
ユキは雑誌を手にとって、自分の創作の活字にあったものを読み耽った。


    |!  !: :ハ:.:.ハ : : :ハ   /ヽ、 _'_      / : :./|: :.|.〈:.:.i    ヽ
       /∨::,ヘ: :|、: : : iヘ. {::::::::::ノ     ,イ_,.イ:/| : |ヘ∨     !ヘ
.      / i::./ ∧:| ヘ : ハ \`ニ´-‐ '"´-―‐-、:./|: ,'/\    | ∧
    ,イ   |::i ,'::.ヽ! ∧:.|、_  / ̄`Y´  \ ∧_/i/    ヽ  ム-‐
  /   |::|.! : :: :: 厶ハ|.::`Y´   / ̄`ヽ ヽ  } /      i\
 〃  ヽ |::||:: :: ::.::レ、__``/  /       ヘ`ヽ.ノ:|       |/~
〈 \    |:∥: :: :: | :: ::`7   {__       ハ_/::.::|_
. {   `'ー-、ハ ハ :: :: ::! :: ::/   /``ヽ\   | }-┤:: \
 ∨ \.  V.∧:: :: ,>'"ヽ_/   |:: ハ   !,イ └‐ー-ヽ

するといつの間にか小泉氏に対する憤慨もなくなってしまって、
「涼宮ハルヒの憂鬱」が世に出たことを喜ぶような不思議な感じを持った。
これは一人歩きをすることの出来る作品であった。
著者を離れ、小泉氏の名を離れ、この作品は一人で世の中に活歩し得る作品であった。





255 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:11:07 ID:82UNhNw7
           __, -──- 、
        / /        `ヽ
          / ,'           \
       /  ! / / ,  ,   } ヽ  ヽ
       ,'  │ {, 'i ィレ'レ|  ハ ハ !  ハ
      ,イ   |   |‐‐‐-、 レ' _ム__!_i/ ! }
     ~ レ、 i  ,ィ≠、     ___ }ノノ}ノ
        N,ヘ  V:rソ    {!::jテ//
        ` レヽ ! ̄ ////└' //
          `ヘ |>、  ‐   , イ/
            ,∨- ≧ー≦´W
         ,<ヾ、  \ニミ! `¨ヽ__
         /::::\ , ――┘、/, ―‐┤
         /::::::::::|  ̄ ̄ ̄ iー 'i    , !、
         /::::::::::::レ┐    |  |    {  l
ユキは自分の書いた作品が、自分を忘れ去って、一人歩きするのが楽しくなった。
ユキは生まれて初めて、子供を信頼すると同じように、自分の作品を信頼する気持ちを知った。
そして芸術の不思議さに打たれずにはいられなかった。





256 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:11:35 ID:82UNhNw7
しかし或る日小泉氏から、稿料ともなんとも書かず手紙は一つもなく、
ただ五十万円の金だけが送られてきた。
          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





257 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:12:12 ID:82UNhNw7
ユキは心の底から憤ろしさにふるえた。
今にもこの金を小泉氏の面前に投げつけてやりたかった。

      ; ヽ ',  |     ..:::::::::::::;::::...   チ' / {
       } `ヘ lヽ     _ _     厶 ./ ;
          ;  ', {.代ト、         , イ | / .
          .} \_'i| > 、 _ , イ/ V l./  ;
         ;; / ヽj       {`ヽ   ′  {
      ;  _ /  「´        ヽ} \    .
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
; r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ ;
} y⌒ヽ\\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧ {
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l ;

殊にユキのうちの家系が不如意がちであるところにつけ込んだ小泉氏の卑劣さが、憤ろしかった。





258 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:13:07 ID:82UNhNw7
小泉氏から送って来た銀行切手五十万円を喜んだのは夫であった。
         ____
        /⌒  ⌒\
      。o(゜>)  (<゜)o 。
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   やったお! これで少し贅沢ができるお!
      |     |r┬-|     |   て
     \      `ー'´     /( `´) そ
    /           \ノ ノミ
    |\ \         \____ノ

                                          / / ′ .!  l  ヽヽ  ヽ l   l l |  、 ',
                                         / ,! l  , l  ∧  ヽヽ  ', |  | .! .! l | .!
 いくら経済的に困窮していてもこれは返却しなければならない。  .! ,'| .l ./, ! .,A-ヤー-、l   l    l l .! | .!, l
      今は小泉一樹に返す手段を考案しているだけ。      !./ l| ,!. ! ', |イ,;;斗去=ァ‐l   ト、 ,! .! ' .! |' ,!
                                         ,' |,! .,l t|'、〉l "゙i::rl   !゙ヽ|   | .,' / /!' ,' l ,! ヽ,!
                                          ゙ ',.! i ゛ノ `  、ツ- ´ /}  l シ ,! / ,! ,! l/ヽ
                                            '  ∧       /,l  ,!i  ; / ///"
                                             //;ヽ _    /'.!  /!'i l ./ /´ ツ
                                            // リヽ ,、   _.オ ./ .! |リ,' /
                                           ヽ'   `、l ゝt ヾ  |/    トV`ヽ
                                                 `,゛-'ー} ´   ,..=彡゙゙フヽ、





259 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:13:55 ID:82UNhNw7
翌日、ユキは思案のままに過ぎた。
送り返すならば両三日中でないといけないと知りながら、
こうして延びてゆく間に困ったことが起きてしまった。

用事に出て帰ってみると、いつの間にか小切手がなかった。

           ____
         /_,r'  ' !、\
       /(≡)   (≡)\
     n////⌒(__人__)⌒//\
    y |     |r┬-|     |⌒)   やがて夕刻になると、夫は酔って帰って来た。
    l \_   `ー'ォ     //
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)





260 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:14:56 ID:82UNhNw7
         ____
       /      \
      /  ─    ─\   ユキ、あの小説はお前の作だって認めるお。だから原稿料が来たんだお。
    /    ⌒  ⌒  \  お前の金はやる夫が貰うことにしたお。
    |  ///   ,ノ(、_, )ヽ /// | すると、お前の悩みもやる夫が取り去ることになるお。
     \      トェェェイ   /  ここにまだ四十万以上あるお。あとはお前には渡さんお。
      /   _ ヽニソ,  く





261 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:15:21 ID:82UNhNw7
          /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  /::::,' ∧ / |  / j   l│.
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ /::::/∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 ':::::::::::::..イ孑テフ イ } /
.        Vハ  |  i';;:::::;j  :::::::::::::. i:;::::リ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄ ..:::::::::::::;::::... ̄  チ' /
         `ヘ lヽ     _ _     厶 ./
             ', {.代ト、         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l





262 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:16:10 ID:82UNhNw7
      /                ヽ    \  \
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ
     イ 八{´l  !|<f{矛:下 '    イ孑代フ イ } /
.        Vハ  |  r';;z j       r';;zリ /}, '//
        ヽ ',  |    ̄      ,   ̄  チ' /
         `ヘ lヽ  """       "" 厶 ./  では、今晩はもっとお酒を召し上がれ。
             ', {.代ト、     ´   , イ | /   私がもっと買って来てあげましょう。
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

と言って、家を出た。





263 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:17:34 ID:82UNhNw7
ユキは若干のお酒を買った。
そして薬店に入り込んで、
 /,           |      /:: , l:: i::. }::ヽヽ::.ヽ \
.//        .:! :| :    /:::/:/::/i: /: !: }i:',ヽ:|
i,i        .::| :|: ::   !,/_ム/_ l:/::: l:: !l::! i::!
. ! l .:     : .::::| :i:.::   レ',ソ,_/`!::/i:/ i:! |
. !.:! ::.   : .:.::/´', !:::  | ! ヾ.i´:i` !/ /  !
 i:l', :::::. :. ::. ::〈 、'_゙il::::.  |.|   j_ソ ゙、_
 ヽヽ、:::::::::. :::.::::\ニ',::. ii::!      ノ
    ヾ、i::::l::::l::::',:|  ',::. !',!     ィ´       メチルアルコールを、一本
      i|ヾ:!:::i::::/ヽ  ヽ. l 丶.   /
       ノ /ii/lノ     ヽ:r‐y┬ '
      イ'"`'‐- 、    / ヽl/ '
      /      \__{ヽ、
    /_,, -‐‐‐-- ,,_  \_,ヽ‐、
と言った。





264 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:19:13 ID:82UNhNw7
ユキは夫に飲ますお酒のうちに多量のメチルアルコールを混じた。
                     /´ ̄ ̄ ̄  ̄ ヽ
                    /           \
                       /:::::             \
 _______ +      /:::::::::                 ヽ そして夫にそれをすすめて、
 |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i       |:::::::::::                    | したたかに飲ませたのであった。
 |i: /ヘ:\     :i|     _ |::.:. : :     ,,ノ:..:ヾ、       |
 .|i:〈`_、/´_`>.、  :i| ,.r:;'三ヽ:: :: . ー'"´   ,,、  ー‐‐,,     /`、
  |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|;イ:;:":::::::::::\;;。(ー一)   (ー一)。;:;:. /::::: ヽ
  |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|`。⌒/7, -──~ 、(___人___,)"⌒;;::/::|:::::〆::\
  |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i| ::::://,::::..    " ニニヽ、⌒ij~";_ ィ /:::::::|:::::〃::: : ヽ
─|`ー=====一 | ::::::|_|;;、:::.__y-ニニ'ー-ァ ゚‐─'───┴──────
::::::`ー―――‐一´ ̄~   ̄       ̄





265 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:19:38 ID:82UNhNw7
ユキはやがて夫の苦しみ出すのを残忍な眼で眺めていた。

.:;:;:;:;/ / /    ::::::: l    ヽ     \ \   \      \ \    ヾ:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;/ / /           l  ::::: ヽ ::::::::::: \ \ _  +-ヽ  ヽ  ヽ     ゝ:;:;:;:;
.:;/ / l ::::::::::::::::::  l ヽ    \  \   x ´ヽ ヽ\ ヽ ヽ l、  \ , /:;´:;:;:;:;:
/ // |      l    !  l、 ト、:::::\::、  く ヽ\、ヽト、ヽ::l  l l\ ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
_ //  |     l    L -┼、 \:::::::\`‐-ミx〉::::_」,. -ヽ::\:::::!! ヽ ミ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
∠l    | :::::  _+ 「, ! l !::::\ `ー-ヘ:::::/ ,ニ,.-‐':ヽヽ::::l\ ! l  ヽlヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
/ :l l   |     l l l l V _: :::::::::::::::::::::::::::: クf;    :l::::| !::::: ! l トヾ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
_ィ | l  l     l l ハ/ __` ::::::::::::::::::: :::::::: ・))  j::::| |   l!l:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
 /l |  ト l ヽ lハ/ ,rニ--: ミ、: ::::::::::::::::::::::ヾ_ -  :::l l  .! トN:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
../ | ハi  ハ l  V/〈〈  :   :l     ::::::::: ::::::::::::::: //!  ト、|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:
/ | / ll  | ヽ l  ト ヽ. ゛ ・)) j:        :::::::::::::::::://ll   ! l |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
.  l/ リ  | f、ヽ \ ヽ. ヽ:-‐:´        ′   ::::::::::::/j   ハ N:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
   /l∧リ, 〉ヽヽ  \\: :::::::       _    :::: ///  / ,リ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
. /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;V ヽヽ\  \ミ、、      ´     / /l l /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽlヽ ヽ、  \` 、 _         イ /i ////:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:、\  \ト\「 ¬‐--‐ '´ l l/ リ/ツ':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;__ ヽ `へ \、-j         l \:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/l  l::::l  ヽ ̄ ̄`丶ミヽ         l、 ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

あくことなく、眼を光らせて、眺めていた。





266 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:20:37 ID:82UNhNw7
ユキは夫から四十万円ほどのお金を取った。
そしてすぐ質屋へかけて行って、あとの十万円を自分の着物や持ち物を質草として作った。
この五十万円を丁寧に包んで、包み紙に小泉一樹様という宛名を書いた。
          _____
         / ヽ_____//
         /    /   /
        / 小 /   /
        / 泉 /   /
       / 一 /   /
       / 樹 /   /
      / 様 /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





267 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:21:15 ID:82UNhNw7
小泉の家の前まで行ったが、どうしても面会を申し込む気になれなかった。
包みを郵便受箱の中に投げ込んで、そしてふたたび家に引き返した。





268 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:21:55 ID:82UNhNw7
      _____________
__,    /\                  \      .__
ヽヽ //\\                  \    ヽヽ
 ||//.____.:.\\                  \ ,,;;;;'';|| .。:::.:. :;:,;:;:
 ||/`;:;iロロ!  \;`;:;",;___________\; ";"||; :、;:;":;";`;:;",;;:";:
,;:;`;:;",;:;:、;:;":;";`;:;",;;:";:、               | ̄,;:;`;:||;",;:;:、;:;":;";`;:;",;;:";:
 ||;`;:;:;",;:;;kl:;":;;` ;",;; ;:;               | ,;:;`; :||,;:;:、;:;":;";`;:;",;;:";:
:"||;`;:;":;",;:;;`;:;",;:;; ";;:                | ";:; :||;`;:;:;",;:;;kl:;":,;; ;:;
 ||"'';:il|;:;"::;":;",;;";`i;:,;;'''                |   "':||;:;:;;:!l|;:;" :!l:,;;
 ||  :!l|;:;" :!l   !l|              iロロ! |    .||;:;:;;ii;:''  ;!l|
_,,||__..:!l|___:iil____:iil_____________,iロロ!__|.,.__||_.:!l|___:iil___
__|_|__,:ll'i,____,il!',__,:ll'i,_____________________,|_|__,:ll'i___;ll'i______
=========================================
                                 ┌┬┬┬┐
 家にはもう、警察の人が来ていた。       ――┴┴┴┴┴―、
                            //    //       ||. \
                        __[//__  //       || _ \__
                       lロ|=☆= |ロロ゚|■■|■■∪警視庁■■||
                       | ∈口∋ ̄_l__l⌒l____|___l⌒l___||
                         ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'   `ー'

夜中に起きた娘の綾子が母のいないことに気づき、泣いたのだった。
そして父のところへ行ってみて、それが冷たい死骸であったことを知った。
あわてて隣家にかけて行って訴えたので、時を移さず警官が来たのであった。
ユキは警察の人を見た。





269 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:22:38 ID:82UNhNw7
        ヽ ',  |         ,     チ' /
         `ヘ lヽ     _ _     厶 ./
             ', {.代ト、         , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./   夫を殺害したのは私。
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l





270 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:23:12 ID:82UNhNw7
囹圄のユキは哀れであった。
「涼宮ハルヒの憂鬱」の印刷になったものを肌身につけて、身は悄愴の極に陥入った。

        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.
        ,′|  |   /     .ィ´ ̄ヽ.〉
          /  .|  |  /      ,.'´    |
       ,.'   l  | ./    /         |
.       /    '、  ! /    .イ           ,!
      |       \l/ ィ´ ./        /
      |    / 〉t'^ヽ! ./           ,′
.      ,|   /  ,//|.  ∨          ,′
     /   \ノ/ !l /        /
.    /     / /  |.l/        /.|
   /      / /   ./           / |

憤激にも罪にも汚濁されずに残ったものは、ただ一つ、文学への情熱であった。





271 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:24:19 ID:82UNhNw7
どうして夫を殺害するに至ったかといういきさつが調べられて、
ついに小泉一樹の剽窃のことが新聞に掲げられた。

同情はひたすら囹圄のユキに集まった。

あの雑誌の社長と編集長とは小泉一樹の意見を参照して、
ついに「涼宮ハルヒの憂鬱」をもう一度印刷しかえすことになった。
                        ,,,iiiiiiiii,,,、
                       ,lllllllllllllllllllii,,
                       ,l゙lllllllllllllllllllllllii,,
   .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii  .liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii   ゙,,llllllllllllllllllllll!!!丶
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll  '!llll゙llllllllll!°
   .lllllllllllllllllllllllllll  .lllllllllllllllllllllllllll   .lllllllllllllll
   .lllllllllllllllllllllllllll,,,,,,,,lllllllllllllllllllllllllll|  ,,,iillllllllllllll,、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|  ゙!!lllllllllllllllllli、
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .'lllll!゙lllll′
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   .,llll".゙llll
   .llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ,llllli、 lllli、
   .lllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!llllllllllllllllllllllllll   .'lllll′llllli
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .lllll  .'!lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|   .llll   ゙lll
   .lllllllllllllllllllllllllll   llllllllllllllllllllllllll|  ,llllli,、 .,,illii、
                              著:長門有希

そして小泉一樹と雑誌編集長との連名で、この作品が小泉氏の名で発表せられたのは、
編集部と小泉氏の連絡の誤りであったこと、
小泉氏は著者の奇才を認めて雑誌に紹介するために送ったのを、
変種部は待望の小泉氏の原稿と誤り受け取ったのが一切の誤りのもとであったことが声明せられた。

ユキの名声は一時に高くなって、編集部には投書が山積する始末であった。





272 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:25:23 ID:82UNhNw7
ユキがこのことを伝え聞いて寂しい微小を洩らした日は、

              o
               ゝ;:ヽ-‐―r;;,               。
           ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\      ,,,,,,,, o  /
           "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从    (;:;:;:;:ヾ-r
              〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0  ソ;:;:;:;:;:;:;:}
             ,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ     ゞイ"ヾ,:;:,ソ
             (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`    ,.、
             "  ,,,,      _;:;:⌒ゝソ;:/
               (;:;:丿    (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)
                       ヾ;;;;;;;;;;;;/; \
                       ´  /;:ノ 。  。
                           ()

朝から胸の痛みを覚え、ついに夕刻に至って喀血した日であった。





273 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:26:29 ID:82UNhNw7
ただちにユキは病院に移されて、調査はすべて臨床尋問によって進められることになった。
            ///////////////////////////////////////////
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/| 大 心 池 総 合 病 院   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::、i,.:::::::::/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::ヾゝ彡/ ::::| [] [] [] [] [] [] [] [] []  .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::ミ`;ノゝ ::::::::|                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::ミミ;゙i彡´:::::::::::| [] [] [] [] [] [] [] [] []  .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::゙''|il|  ::::::::::::|                    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

夫の死は、ユキの信じたように、メチルアルコールによるものではなかった。
薬屋の証言で、売ったものはアルコールランプ用の工業用アルコールにすぎないことが判ったので、
夫の死は単なる急性アルコール中毒と診断すべきものであるという決定になりそうになっていた。





274 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:27:36 ID:82UNhNw7
ユキはますます衰えて行ったが、彼女の畢生の志願である作家としての運命が急に開けて来た。

                    /\
                   /   \
                 /      \
                /             \
              /                 \
             /                  \
           /                      \
         r´ ´\                     /
         (    \                 /
          \     \            / .\
           \     \           /      \
             \     \       /          \
               \    \   /              \
               \    \∠_________\
                     \   r´=========r´
                      \ 《 三三三三三三三三三=
                     ヽゝ==========ゝ
あらゆる雑誌が原稿を懇請して来たので、ユキの旧作短編が一時に活字となる運命がやって来たのである。
雑誌だけでなく、これらを編集して単行本にしたいと申し込む出版書肆もあった。



その時はもうユキは胸の病ばかりでなく、足の骨にも腫瘍が出来て骨膜の痛みにも悩まされるようになっていた。





276 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:28:38 ID:82UNhNw7
                 _,..:.:-:.:―:-:....、
                ,.r:':./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`丶、
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
                /:.:.:.:/:.:.:.:,r:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト:.:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.!:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:!:.ヽ:.ヽ:.:.;ヽ
           /:.:.:.:.:l:.:.:/:./l:.://:,:イ:.:/l:.:.:.:ハ:.jl:.:.:i:.:l:.、ヽ
            /:.:.:.:.:.:l:.:.:l:/:.レ_/'´/シ !:.ツ′.V ';.:.l.:.!:.:l:.:',
         /:.ィ:.:.:.:.:i:.:.:':.:.:.:!__```¬ ' ´  , --l:.、/:/:l:.:l
         ´ l;';.:.:.:.',:.:.:.:.<7:::::::`ヽ     _ レ/:':ノ!/
               ';l:.:f ';.:.:.:.:.l::::::::r'′    r'::::::lヽ// '´/'
             Vヽ ',:.:.:.:lー- '     l::::::メ /:;'!     骨を削る。
              ヾl、',:.:.:.!        ` ´ /::/      骨の痛みがわかったため、
                ';ハ:.:ト,、   -    ノ;.:.;'      その言葉の意味がよくわかるようになりました。
                 >:〈/丶、 _ -v' ´V l:,'
                / ヾ、  _ヽヽ、   l;'
              イヽ   ヽ'´ `',  `l:ヽ、





277 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:29:30 ID:82UNhNw7
                |
        ,、-'l`l`l`l   |
   ,,、-'´ -''´l ,l l l  |
-'´ ,、-'´   l ,l l l  |
-''´ | |      l l l,l  .|
   | |      l,ノ }  |
// | |     l、ノl   |    ,,-//l ‐、  r-、
   | |      l l l l  ,|   / l_l/  ヘ, `l_l´
   | |      l l l l  ,|  .| ̄ ̄ ̄ ̄|, (ニニ)
   | |   / / l ,l l l  |.  |        |____|,|___
.  〔| |   .:/7`'`''  :/  |____|:: 。'o'。:::::
   | l    // /   :/     :::::::::::::::::::::::::::::::::::
]  | |  // /   :/
l,   | | ,// /   :/
,l   | | // /   :/
, l  | // /   :/   寂しいユキの死の床には、ユキの懇請によりKK大学の先生が死に水を取る綾子の後見をなした。
l l  // /   :/   全国の読者からの惜別の電報は山と積まれ花束は部屋に溢れたが、
l ,l //'l/   :/    死の床からすっかり取り去られて、
l l l_l,/'   :/     .きわめて寂しい部屋で死にたいというユキの希望は遂げられた。
l ,l' ,/   :/
l  l    /
l_,ノ   ,/





278 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:30:42 ID:82UNhNw7
  /  /   ..::/.::/ .:::::: /.::::::/.:::::!::::::..!.. l  ::ヽ`ヽ
 i  /   .::::::!::/l ..::://.:::/!:::::/l::::::::l:::::l:::....l  !
 !   ! l .:::::::/l/__l/ //  l:::/.:::!::::/!:::::!:::::::!::!:l
 l /l/l .::::::/ __ `ヽ、    l/ .::::l::/.:l:::/l:::::::!::!::!
  V く l .:::/   ¨ 疋タ` ヽ、ノ .::::::_j/ -―l:::/.∧l
  ∨ー!::/    `¨       /fr芹、:::/l/.:/
  j/iヽl/           /.:::::┴'..:::/./ j/
.   l::∧              { ::::::::::::::/.:/
.  __/V ::ヽ         /..::::::::::/.:/ 普通の人では堪えられないような痛みを、
/i/  ! ::::::ヽ     _     .:::::/ j/  あなたはよく堪えていられる……。
.三l :: l :::::::ヽ、   __‐-..::::/
.三 !.:::::.ヽ、:::::::::ヽ、 ....:::::/
三ニl:::::::::::::\::::::::::::::ー匕\





279 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:31:06 ID:82UNhNw7
                                 /                      ヽ  ヽ
                                / ´  ., , ' ´       ____       `,   ヽ
                              /   /´    ,  ,     ´~   ヾ ー ,__   ',  `,
                             / _/ /     ./  ',        、 \  `ヾ, 、 ! 、 `,
痛みなど問題ではありません。          / // /      /!   !        ヽ、 ヽ,ヽ、 \  ヽ ヽ
私は初めて生きたいと思えました。      l /  | ,!     , ./ |  l !、 ヽ、 ヽ    ヽ  ヽ ヾ、、ヽ, ', ヽ、
芸術は私を苦しめましたが、          `  .| |    _!,! ,' | l  ', ,ヽ ヽ  ヽ \  ヽ  ヽ  ヾ、! ',',ヾ
そのために人生を愛せました。           l /|  | `,才ト、| ト  ', ', \ヾ、  ヽ \ ヽヽ ',     ヽヽ'.、
文学は人を苦しめ引きちぎり、            ヾ ヽ |  !汁ド、トハ  ヽゝ‐-ヾ-'=、__!_ ヽヽヽ ',    / } ',ヽ
深く生命の中に入り、消すことはできない。        ヽ}', ', ン:::rリヾ\ ヾ -ー‐ヽ ヾ,} ヽ ', ', ゞr,!   /ノ ', !
でも私は、もう一度生まれてきて、             .i| ヽヽ` ー´   ``ヾ 斗云弐ミ=!,ヽヾ   ,ヾノ /.//   ',!
文学の悩みを味わいたい。                 ´', ヾ,ゝ  ノ     リ::::r〃"} ハ ',   ',Y /, {/
                                  ヽ ヽ         ` ̄´  / } 、   ',.}  ´
                                   \ |\ ヽ 、        / /.ハ   ',!
                                     `` \`´     , '´/ /  ',  i,!
                                         〉ー- ' ´   ´}´    ',! ,!





280 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:31:52 ID:82UNhNw7





         「先生、お願いがあります」








281 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:32:37 ID:82UNhNw7
.        /     .: / .:.:.:.:.: /.:.:.:. ;イ.:.:.: j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::\.:.:.:.:.:.:.:.:\ .:.:.|.:.:.:.:.:.  |.:.:.:.:.:.:ヽ
       / /  .:.:/ .:.:.:.:.:.:.:l.:.:.: / .|.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l\.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.|.:.:.:.:.:.  |!.:.:.:.:.:.:.:\
       ,′ l  .:.:.l  :.:.:.:.:.:.: j:.:. /  |:.:. | ヽ .:l\.:.:.:.:.:.:.|  \.:.:.:.:.:.:.',:!.:.:.:.:.:.   |:l:.:.:.:.:.:. ト ヽ、
        l :/|   :.:.:|  :.:.:.:.:. /|:.:/   !:.: |.  ヽ:{  \.:.:.:.:|    \ .:.:.:.l|.:.:.:.:.:  i |.:.l:.:.:.:.:.:.| `ーゝ
        | / !   :.| l::.:.:.:.:.l V    l:.:.l    \   >┼ ── \‐:.! .:.:.:.:. i |.:.:.l.:.:.:.:.:|
        レ'  l   l l:.:.:.´丁 j ̄ ̄ `ヽ{     \´  >l _ -==r 、│.:.:.:.:. i |.:.:.:|:.∧:.l
           l   |ハ ヽ .:.:.:|〃チ不テミ、ヽ       ァ彳゚ア千.ハヾ}! :.:.:.:. i |ヽ:.:|/ V
           ヽ  .|i.: ヽ\:.:lヾハ_j::::::::ハ           | _j:::::::::} j " |.:.:.:.:.: i | }j:|
           \∧:.:l \ヽl  う、:::イi|          'う、:::::イ./  j :.:.:.:.: / レ':/リ ――私はもう一度生まれて文学をいたします。
            ヽヽ|:.:.:. \l.   と)_;ソ。           '_;;(つ。  l.:.:.:.:. / ∧/  そしたら、やはり先生が見出して下さい。
               l:.:.:.:.: 小 ゚         ,          ゚ ,'.:.:.:.:./ /
                  l:.:.:.:.:.:.lハ                       /.:.:.:.,イ ∧
        _, -、   __,ム:.:.:.:.:.l::.:lゝ       -        , イ.:.:.:./ j/  }
ー-、厂 ̄了::::/:: ̄::::::::::::∧ :.:.:.:l:.:|  丶、             / /.:.:. /∨   l
  〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ :.:.:l.:| ヘ {{> _        イ  ./:. /  }    |
  {{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:l:| ヘヽ|l  /:`irー-r<.     /:/   /   |
  ll::::::::: /' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \八   |l  /:/ /  〉    /    /     |
- ヾ}:::::: j ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ:> |l // ノ   /            /       |
ー‐‐ヘ_/ー<:::::::::_二>─-、::::::::::::: {  |l //          , -‐'´        |
           ̄      `ー‐一ヘ__jレ∧  \   ,,-‐'´             |
                         / ∧ ヽ   >ー'´            │





282 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:34:09 ID:82UNhNw7
     /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
    /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
    ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
   .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ
   i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶
   |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ
   .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶
   .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i
    ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/
     リl: ::| |           ′  //
      l::|リ ヽ    ` ― - 、   //
      ,リ   `、    `"    /リ
  ,----亠--- 、_`.、      /   彡
  // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.



  先生、文学に悩んだものは、それを見出してくれた人に一番の感謝を捧げる。>
                               そのことを私は経験しました。>





283 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:35:05 ID:82UNhNw7
ユキは細い手をあげた。


         /   //  /| 、ヽ   \   \   丶
           /   //  /  ! ヽ \    ヽ    i    、 ヽ
.          /   //  ∧  ト、 \ \   !   |   ヽ \
         /{  l l  l !  ! \ ヽ\ \ |   |   l ト丶ヽ、
         | l   l l、 l  ', l  \ヽ \ ヽ|    |   l l  、\_
         lハ  l_」⊥∟ ヽl ‐‐--ニユ ュ、 l_   |   l l l、 、
       ヽ ヽ l l ヽ! `  丶 _ヽ  `  \!  l !  ハ.l l \、
        lヽl V_ェr≠=ミ    _ -F干示ミヽ,' l_  ハl l |
        lハ Y゙;ハ;:::j。}。       lo;:::。:j.リl / /、ヽ/ ハ∧l!
         |' ヾ、└‐゚′       ‐==○。ノ.j / /フソ/// ′
         | 〉 l,ハ~^^  ′    ハへ ゚// /K〔/〃
           l∧ ト∧ヽ、    _     // イ/l///
         l′', ! ヽ l` 、 ´  _ イ'///1リl/′  私が心の内で先生に接吻しているのを
              ',l   ヽ!  V `,チ´ ,/// /!
              '、  _' -_ニノ  //イ/  ヽ    ――許して。
            _ -‐´ ∠_    /      \
             r´| |   / ̄_  ̄丶´       __>、
         /l | |  / ̄_ `丶′     / _ 、ニ-、
 >-‐ヽ   ト l | |   | ̄   `ヽ′      / /  \ヽ
 |_, -' \「 ヽl ! ! |    /      / /       ぃ
  l_, '   丶 ヽ l l  l    /     ,/ /       ハ
  { /    ヽヒr、l  l   /     / /        / _',
   く __,、   / /ヽ_l__ /   / /ヽ        / ̄ `
   `ー1ヘ、_,/ / / Y ヽ、_/ _/  /        /
     l //_// ,/    ` <_   /            |



それは先生を身近く招くためではなくて、近づこうとする先生を近づかぬように、制するためであった。





284 :名無しのやる夫さん :09/08/03 22:36:35 ID:82UNhNw7










| |                   _,. -―- .、
| |                  /: : :::::: : : : : : : :.`丶
| |                / ::::::::::::: : : : : : : : : : : : \
| l               /:::::::::::::::; :' :/: : : : : : : : : : :'
| |.           ー‐ァ:::::::::::::::/:/:::::/; ' : : :/: : i: : ',
| |           i:::::::::::::::/:/:::::::/:::/::::///::::,'::!:!:',
| |           |'|::::::::::/:/:::::::/:_///:::,'/:::.!:!::l
| |              !:::;::::r/::::// ァ=ミ/ヾ::/,rト ノ |i}
| |            ハ;}::://:::/.| {:::リ/ ' ,イソ/'!/ノ
| |                 ハN:|i::::::::i| `¨   ‘,〃::/,/
| l                 _八!|:::::i|     - ィ}}/ ′
| |           _/:::ヽ  !ヽ|´丶r≦::/ノ
| └――――――/ー- 、: \ ':!ヽ\j/―――――――――――
..=============// ̄`丶\\\-―‐|lヽ========================
          |{    ヽ:::ヽヽ::Yニニ!|!ト、
           {   \  ヽ ヽヽi: : : |.|!| i
_______.( !    \.ハ::ヽ::i:.:. :|.|:l__i_ ___________
','////////////∧ .! , -‐'´ ̄`iヽヽ:iλi|.!==i、//////////__/////////
',','////////////∧.>':.,x====ヽヽヽ !|! !イフ//////,','/ヽ三`丶、./ヽ,
,','/////////////∧Y/ / ̄ マ’ ヽヽ! ヽ i//////,'/ /  `丶_{_/      ┼ヽ  -|r‐、. レ |
,'///////////////,' ゝ--!    ヽ、 ハ::)ヽ/\//,',/ /    /////      d⌒) ./| _ノ  __ノ
','///////////////∧∧_ム     `丶、:::〉  ヽ< ./    ///////
',','///////////////∧∧_;_ゝ、      ` ‐-=λ'     /¨´i'´//////     「文学少女/木々高太郎」
,',',',///////////////∧∧:.:.:.:.:.:.`i.丶...、__     ` ー=‐'  / //////




やる夫で読む近代文学短篇小説7
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://version45.blog85.fc2.com/tb.php/310-6fd9a43d
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。