ブログパーツ

Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ 電子たばこ

Powered by Ayapon RSS! オススメ 電子タバコ キャッシング比較

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やる夫が帝国をつくるようです プロローグ編 「出会い」

2009.07.15(13:51)

1 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:30:04 ID:hZG5pfMU
このお話はさして身分も高くなく、内気で虚弱体質な「やる夫」が世界帝国を築くまでを描きます。

#物語は史実をもとにしたフィクションです
#作者の知識と力量不足により史実と異なることもありますが、ご了承ください。




2 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:31:18 ID:hZG5pfMU
プロローグ編 「出会い」


3 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:32:08 ID:hZG5pfMU
今は昔…
2000年以上も昔のお話…




4 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:32:29 ID:hZG5pfMU
BC63年
         ____/ ̄ ̄  
          / │ ̄\__     ゴゴゴ・・・
            /  
  
  
        ..     、      ,_    
        ̄\_/ ̄ ̄\/ ̄     ゴゴゴゴゴゴ・・・
    ___/ ̄へ√⌒l⌒´ ̄ ̄\_ 
    ´        /   \ 
  
  
  
      _   ./ ̄ ̄ ̄\    / 
    __ `ソ/ ─  ─  \/ ̄/  
      \/゚ (●)。 (●)  \/ rへ,ノ    呼んだかお
 __>-へ| i     (__人__)    |ノ  :.\_ 
      .:/从へ、.゚` ⌒´o.ノ从rーヘ_ 
    _::ノ    :ノ`⌒Y⌒´::  \ 
          .::┘   :│   ゚ 
やる夫誕生。





5 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:34:29 ID:hZG5pfMU
BC58年、やる夫、6歳
     ____  
   /      \
  /  ─    ─\   世の中、戦争ばっかりだお
/    (●)  (●) \   外からは蛮族、内では内戦ばかりしてるお
|       (__人__)    |   偉くなっても身内に殺されたりするんだお
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /
   考える幼児




6 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:35:00 ID:hZG5pfMU
    l       「ノ       `ヽ
    L .-──‐‐- 、       ノ
   /          ``ー---‐'´`ヽ
   ,′〃〃 〃. l } .}   l l l.l l い
   l       .l: :lナナ,.イ 仁lノノ. ノ lノ }
   {  Vノノノノノ辷彡'__ノノイイノノノ ノ      やる夫が生まれた国は建国時から
   {  , .:彡'ぐ l。1      l。1 ミ「  ``ヽ     蛮族の侵入と周辺諸国との抗争に
    ',    ヽ`ヽり ノ    り _ノ!: : :  `ヽ`ヽ  明け暮れていたの。
    〉 ヽ     `ヽ  __ '_    ノ: : : :l l : : l l1
    /. :  ミヽ   い ヽ_ ノ /: : : : :l l: : ::l リ  特に、やる夫が生まれた時期は
  ./. : : :  ミミヽ ノ_L___,. イ: : ): : : :ノノ__ノ    もう50年近くも内乱に明け暮れていたの
  ヽ : : : : : : /    ̄ `ヽ< ̄>'´ ̄|
    `¨¨¨`7    . . . . ヽ`ヽト、   L
       i     . : : : :L  l 」    l
       l          `ヽ     ト、
       |: : : : : : : . .    . : :\  /:l: :\
       ト、: : : : : : : : : . . . . .    \.:.l   \





7 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:36:23 ID:hZG5pfMU

      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\ 
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   はたらいたらまけだお
  |     |r┬-|     |  殺されないようにやる夫は自宅警備に専念するお
  \      `ー'´     /        




8 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:37:55 ID:hZG5pfMU

しかし、この年、やる夫の実父が突然、死去
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  おとたん…
  |     (__人__)'    |  いきなりニートの夢が潰えたお…
  \     `⌒´     /





9 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:38:53 ID:hZG5pfMU
んでもって、すぐに母親は再婚
やる夫は母方の実家に預けられることとなった
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   おとたんなんで死んだお…
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  ばーちゃんちに預けられるんなんていやだお
  |     (__人__)    |  上京したら内乱に巻き込まれて殺されるお
  \     ` ⌒´     /




10 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:39:22 ID:hZG5pfMU

    l       「ノ       `ヽ
    L .-──‐‐- 、       ノ
   /          ``ー---‐'´`ヽ
   ,′〃〃 〃. l } .}   l l l.l l い
   l       .l: :lナナ,.イ 仁lノノ. ノ lノ }
   {  Vノノノノノ辷彡'__ノノイイノノノ ノ      こうしてやる夫は母親の実家、
   {  , .:彡'ぐ l。1      l。1 ミ「  ``ヽ     まぁ、この国の首都に行くことになったの。
    ',    ヽ`ヽり ノ    り _ノ!: : :  `ヽ`ヽ  実の父親は低くはない身分ではあったけれど
    〉 ヽ     `ヽ  __ '_    ノ: : : :l l : : l l1  時の権力者から見れば地方の木っ端役人程度だった。
    /. :  ミヽ   い ヽ_ ノ /: : : : :l l: : ::l リ  でも、母親の実家は名門貴族だったの。
  ./. : : :  ミミヽ ノ_L___,. イ: : ): : : :ノノ__ノ    
  ヽ : : : : : : /    ̄ `ヽ< ̄>'´ ̄|      





11 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:39:44 ID:hZG5pfMU


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ   よう、よく来たな
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!





12 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:40:17 ID:hZG5pfMU

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \   おっちゃんはだれだお?
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  やる夫は捨てられたのかお?
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /





14 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:41:01 ID:hZG5pfMU

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   名門貴族の当主に向かっておっちゃんはねーだろJK
          |     (__人__)    
             |     ` ⌒´ノ   おまえのかーちゃんは俺の姪っ子だ
              |         }    だから大叔父さんにあたるな
              ヽ        }     別に捨てられたわけじゃない、再婚後に子供の養育を 
            ヽ、.,__ __ノ     実家に頼むのは普通のことだ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、    
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!





15 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:41:19 ID:hZG5pfMU

     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :)
     ヽ: : : : : : : : : : : :.:.:.,. -‐─ く
     /ヽ: : : . . . .,. '"´        `ヽ    やる夫の生まれた国、生まれた時代では
    /  〃 `¨¨¨´             '.',    死別だけでなく、離婚も珍しくなかったのよね。
    !  〃 l:l   l : :l:.l :l        ', ',    そして夫を失ってすぐに再婚することも普通だったといっていいわ
    ! .l:l .l.l:|  .l : :l.:l :l: :l : : j! .ji!  ハハ   
    ', .:l.:l .:川L__ j:.:.:.l:.l、l__L_:_:_j! .jl!   ハハ   そういった場合、継子として新しい父親の元で育つよりも
    V从Nヽ仆仆.、.:l.:l川VNN从り  l  l l!   姻戚の実家で養育されることが多かったみたいね
      /ハ===VハVハV===ハ  l  l l!
      // ,ハ           / ,ハ ノ  l j!   このやる夫のモデルの生い立ちには諸説あって新しい父の元で
      〈 ノ ,ハ             / ,.ハ: : : :l:!:N    育ったという説もあるけれど、物語の進行上、実家で育った説を
      ヽ,.:.:.:ゝ   r‐っ  _ノハ: : : : l : リノハ    採用しようと思うの。
      /`T´ ト、`ヽ  ̄/  l从从仆ソノ
     /    l  | \ ハ ヘ /   | !




16 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:42:22 ID:hZG5pfMU
   / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
  / ―   ― \
/   (●)  (●)  \
|     (__人__)      |   なんだ、そうなのかお
\   mj |⌒´     /    で、はげのオッサンはやる夫に何の用だお?
    〈__ノ
   ノ   ノ




17 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:43:28 ID:hZG5pfMU
>13
VIPに立ててこっちで書くように誘導されました(--;
早く寝たいので残りもすぐにアップします。

--
      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)     言葉には気をつけろ!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''| 
    / ⌒ヽ     }  |  |            ____
   /  へ  \   }__/ /           /─  ―\    ぶべらっ
 / / |      ノ   ノ           /●))  ((●\ . ’, ・
( _ ノ    |      \´       _   /    (__人__)’,∴\ ,  ’ 
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/  > て 
       .|                        __ ノ /  (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
         \       , '´          /       .| 
          \     (           /       |
            \    \        /         |
--






18 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:44:04 ID:hZG5pfMU

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   まぁ、ウチの一族のモンとして教育してやっから
          |     (__人__)    ちゃんと勉強して、体を鍛えるんだな
             |     ` ⌒´ノ   おまえが大きくなったら俺の軍の一部をまかしてやってもいい
              |         }    
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ    
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、    
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
--
          ____
       / ノ  \\    じょ、冗談じゃないお
      / (●)  (●)\   やる夫は生まれつき体が弱いんだお
    / ∪  (__人__)  \  軍隊なんて無理に決まってるお
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /





19 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:44:41 ID:hZG5pfMU
   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)  鍛えりゃいいんだよ、鍛えりゃ
. |     (__人__)   第一、兵隊やれっていってんじゃないんだ
  |     ` ⌒´ノ   軍の最初のキャリアだって士官だしな
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \
--
              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
            / ―   ― \     だったら最初から軍団長にしてほしいお
           /   (○)  (○)  \   あと、任地は西を要求するお
           |     (__人__)      |   北だけはごめんだお、蛮族の雄たけびで
           \   mj |⌒´     /   ションベンもらしちゃうお
              〈__ノ
             ノ   ノ




20 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:45:16 ID:hZG5pfMU

      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)     楽しようとしてんじゃねーよ!!
    .|     (__人__) /⌒l  第一、いきなり軍団長になれるわきゃねーだろ!! 
     |     ` ⌒´ノ |`'''| 
    / ⌒ヽ     }  |  |            ____
   /  へ  \   }__/ /           /─  ―\    ぶべらっ
 / / |      ノ   ノ           /●))  ((●\ . ’, ・
( _ ノ    |      \´       _   /    (__人__)’,∴\ ,  ’ 
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/  > て 
       .|                        __ ノ /  (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
         \       , '´          /       .| 
          \     (           /       |
            \    \        /         |




21 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:45:45 ID:hZG5pfMU
              /              \
              /      (△)         〉
          〈      BABEL        /`ヽ
           ハ  .  - ───- 、  _/   ヽ
         /   `´                   ',
        〃〃〃.′ ,′,′   l  :l  :l      ヽヽ ',
          {{     {   {  {   l.  :l  :! wwwww . !    当時の情勢から行くと北は常に蛮族の侵入に
        ぃ  !: :.ぃ: : :ぃ: :、: : : :ぃ: :'、: :',       l !    さらされていたわ。
         ヽヽ:、: :い: : :い: 入: : :い イ<: :.:.:. .   l ! {!    この国は蛮族の地を攻め、蛮族に文明を与え、
         `丁テ‐' ニヽ、゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´、 ,. イニニ入:   l !ハ    自分たちの国と同化させていった。
           レハ tT〒テア    tテ〒 ア レ'  ! ノ   `ヽ
         ,. '´ ハ ヽヒ_ソ       ヒ_ソノ     ノ    : : :!  それでも、文明化を拒否する蛮族が跋扈し、
        /  /ハ  ' ' ' ' ,    ' ' '.〃   : .   .ノノV   豊かな地を求めて絶えず争いが起こっていたの。
          ((  ((: :.ヽ   ,      〃〃〃 . . : : : : 彡ソ   
         ヽ、: : : : : :丶  ¨`     {{: : : : :`ー ' .: :彡'´    
           `ヽ辷ここ> r‐ '´   `ー-辷こン'´       
                 レ'´ ,. -── ‐┤
                  ノレ'´       l
                 /o > ,. ´ ̄ ̄`ヽ
                /   ,.イ/        ヽ
-
--
              /              \
              /      (△)         〉
          〈      BABEL        /`ヽ
           ハ  .  - ───- 、  _/   ヽ
         /   `´                   ',     北の地は深い森と沼に覆われていたわ。
        〃〃〃.′ ,′,′   l  :l  :l      ヽヽ ',     蛮族は昼も暗いその森から絶えず襲ってくる。
          {{     {   {  {   l.  :l  :! wwwww . !    その攻撃から街を防衛し、攻撃を食い止めるため、
        ぃ  !: :.ぃ: : :ぃ: :、: : : :ぃ: :'、: :',       l !    北の地の軍団基地は街から離れていたし、蛮族を
         ヽヽ:、: :い: : :い: 入: : :い イ<: :.:.:. .   l ! {!    倒しても得られるものは返り血くらいでうまみの少ない
         `丁テ‐' ニヽ、゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´、 ,. イニニ入:   l !ハ    任地だったの。
           レハ tT〒テア    tテ〒 ア レ'  ! ノ   `ヽ
         ,. '´ ハ ヽヒ_ソ       ヒ_ソノ     ノ    : : :!  それに比べて西は文明国が林立しており、公益も盛ん
        /  /ハ  ' ' ' ' ,    ' ' '.〃   : .   .ノノV   この当時としては大きな紛争も起きていなかったわ。
          ((  ((: :.ヽ   ,      〃〃〃 . . : : : : 彡ソ   よしんば戦争になっても、文明国同士の戦いだから
         ヽ、: : : : : :丶  ¨`     {{: : : : :`ー ' .: :彡'´    勝てばどっちゃり戦利品を手に入れることができたの。
           `ヽ辷ここ> r‐ '´   `ー-辷こン'´       
                 レ'´ ,. -── ‐┤
                  ノレ'´       l
                 /o > ,. ´ ̄ ̄`ヽ
                /   ,.イ/        ヽ




22 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:47:19 ID:hZG5pfMU

   / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
  / ―   ― \
/   (○)  (○)  \   それ、左遷っていうんじゃねーの?
|     (__人__)      |   北の蛮族ならともかく、河向こうの蛮族は手強いお
\   mj |⌒´     /    大叔父さんは逃げ足は速いけど戦の経験なんて
    〈__ノ            ほとんどねーんじゃねーの??
   ノ   ノ
      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\   大体、借金しすぎなんだお
  / /// (__人__) ///\  首が回らないどころかすでに国家予算規模だお
  |     |r┬-|      |  この遠征もほとんど借金でまかなう気なんじゃないのかお??
  \     ` ー'´    /   確かに北の森の中に逃げれば借金取りも追ってこないよNEEEE!!
 
  注:やる夫は現在6歳児です





23 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:47:44 ID:hZG5pfMU

      / ̄ ̄\
    /ノ( _ノ  \
    | ⌒(( ●)(●)     チッ!
    .|     (__人__) /⌒l
     |     ` ⌒´ノ |`'''| 
    / ⌒ヽ     }  |  |            ____
   /  へ  \   }__/ /           /─  ―\    ぶべらっ
 / / |      ノ   ノ           /●))  ((●\ . ’, ・
( _ ノ    |      \´       _   /    (__人__)’,∴\ ,  ’ 
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/  > て 
       .|                        __ ノ /  (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
         \       , '´          /       .| 
          \     (           /       |
            \    \        /         |




24 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:49:57 ID:hZG5pfMU
            _______
           ./ /  #  ;,;  ヽ
        : /ノ  ;;#  ,;.;:: \  :
         /  -==、   '==-  ..:::::|       やる夫はまだ6歳だお
           | ::::::  (__人__)   :::::.::::| :      さっきから蹴り過ぎだお
       : ! #;;:..  l  |    .::::::/        これはようじぎゃくたいだお
         ヽ.;;;//;;.;`ー‐'ォ  ..;;#:::/
          >;;;;::..    ..;,.;-\



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ       こいつ、ガキの癖に大人の事情を知りすぎじゃね
    |      ∩ ノ ⊃       先の粛清騒ぎで俺の一門は多くの人材を失った…
  /     ./ _ノ        将来、こいつが俺の片腕になってくれるとありがたいんだがな
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




25 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:50:29 ID:hZG5pfMU


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||      じゃ、行ってくるぜ。
.  |         },.!  ノ'      
.  ヽ        r / .|        あとな、心配しなくてもお前が北に行くことはねーよ。
   ヽ     ノノ ノ         10年以内に俺が黙らせちまうからな…
   /     / ./          
   |      /
    |    i




27 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:51:52 ID:hZG5pfMU
こうして大叔父は蛮族討伐の長い遠征に出た。

ガイウス・ユリウス・やる夫クタヴアヌス、6歳
ガイウス・ユリウス・カエサル、42歳との出会いであった



-プロローグ編 終-




28 :名無しのやる夫さん :09/07/14 02:52:32 ID:hZG5pfMU
              /              \
              /      (△)         〉
          〈      BABEL        /`ヽ
           ハ  .  - ───- 、  _/   ヽ
         /   `´                   ',
        〃〃〃.′ ,′,′   l  :l  :l      ヽヽ ',
          {{     {   {  {   l.  :l  :! wwwww . !    やる夫で物語書くのは初めてだし、
        ぃ  !: :.ぃ: : :ぃ: :、: : : :ぃ: :'、: :',       l !    意外に難しいわね…
         ヽヽ:、: :い: : :い: 入: : :い イ<: :.:.:. .   l ! {!    読者の反応も気になるし、今日のところは
         `丁テ‐' ニヽ、゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´、 ,. イニニ入:   l !ハ    この辺にしておくわ。
           レハ tT〒テア    tテ〒 ア レ'  ! ノ   `ヽ
         ,. '´ ハ ヽヒ_ソ       ヒ_ソノ     ノ    : : :!  次回はやる夫の初陣までを書くつもりよ。
        /  /ハ  ' ' ' ' ,    ' ' '.〃   : .   .ノノV   ガリア戦記やポンちゃんとの決戦を描くと
          ((  ((: :.ヽ   ,      〃〃〃 . . : : : : 彡ソ   大叔父様主役になっちゃうから飛ばす予定よ
         ヽ、: : : : : :丶  ¨`     {{: : : : :`ー ' .: :彡'´    舞台はファルサロスの決戦後、ポンペイウス残党を
           `ヽ辷ここ> r‐ '´   `ー-辷こン'´       掃討するところかしらね
                 レ'´ ,. -── ‐┤
                  ノレ'´       l
                 /o > ,. ´ ̄ ̄`ヽ
                /   ,.イ/        ヽ

    l       「ノ       `ヽ
    L .-──‐‐- 、       ノ
   /          ``ー---‐'´`ヽ       もうわかったと思うけど、この物語はローマ帝国建国までを
   ,′〃〃 〃. l } .}   l l l.l l い      描いていくつもりよ。
   l       .l: :lナナ,.イ 仁lノノ. ノ lノ }
   {  Vノノノノノ辷彡'__ノノイイノノノ ノ      やる夫はオクタヴィアヌスよ。
   {  , .:彡'ぐ l。1      l。1 ミ「  ``ヽ     人名表記は私が高校の頃に慣れ親しんだものを採用するわ
    ',    ヽ`ヽり ノ    り _ノ!: : :  `ヽ`ヽ  年齢ばれちゃうかもしれないわね。
    〉 ヽ     `ヽ  __ '_    ノ: : : :l l : : l l1
    /. :  ミヽ   い ヽ_ ノ /: : : : :l l: : ::l リ  あ、あたしは三宮紫穂…小学四年生よ!!
  ./. : : :  ミミヽ ノ_L___,. イ: : ): : : :ノノ__ノ    
  ヽ : : : : : : /    ̄ `ヽ< ̄>'´ ̄|
    `¨¨¨`7    . . . . ヽ`ヽト、   L
       i     . : : : :L  l 」    l
       l          `ヽ     ト、
       |: : : : : : : . .    . : :\  /:l: :\
       ト、: : : : : : : : : . . . . .    \.:.l   \




29 :名無しのやる夫さん :09/07/14 03:04:17 ID:hZG5pfMU
                /. . . . . . . . . . . ,ィ"ソ. . )
               /. . . . . . . _,,r―f".:(),ア-く
          `ー=≠{_. . . . ./.:.:彡三少'.:.:.:.:.:.:ヽ
            /.:.:.:ゝ、二ニニ斗'´.:.:.:.:.:.:.:_∧M/!
          /.:イ.:.:./W/⌒ヽ、_.:.r~⌒ヽ、_ノV|.:!    紫穂…なんであんたが解説役なんや!?
         〃 |.:./.:.:/.:.:./.:./|. ヽ.:.:.:.:.:.ト、.:.:.:|.:.:.:./|.:!    ウチの方が適役やん??
            |:リ.:.:.:|.:.:/.:.∧!.:.:|ヽ.:.:.:.:ト、ヽ.r‐.:/.:j.:.ト、
            |:!j.:.:.:|.:.:||.:l  \.:|ヽ.:.:.」メ.ト、.:/.:./.:.:.:.:ト、
            ヽ∨::ヽ.:|ヽ!__,\:l\_}_|j}/!ノ/.:.:.......ト、
            / >‐-ゝ「'' ̄'´」ァ-,「` ̄゛]=fィ'ー一⌒¨ヽ、
           ,イ´: : : : :.ヘ` ̄ ̄ ゛ ` ̄´ イ:!: : : : :  : : :ト、
           /.:/ : : : : : : ∧> _ーニニ)/: /: !: : : :  : : : !.:.:\
          //.:/| : : : : : : :.∧: : :.ミ<>「: : :./ /i: : :  : : : : !.: :ヽ.ヾ、__




30 :名無しのやる夫さん :09/07/14 03:09:45 ID:hZG5pfMU
             `ヽ
       . . . .< ): : : :ノ
    . : : : : :,.'´   ̄``ヽ、
   : : : : :,.'´      ぃ ぃ、 ヽ
    ,. ィ´ |  1   l  l l1 l.l l.l }
     i l |  l1   !  l l1 リ リ }  あら、葵ちゃん…
    ナ77=l1  ,:,! ナナy'ノノ ノ
   レイノノ__ノノ__ノノ__ィイ ノノ ノノ   解説者には冷静沈着さが求められるわ。
   ミ'´ ハヽ     イハ `V爪    私が適任よ
     ト‐1     l:.1 ノ1トト、ヽ
   ヽj辷ノ    :, 辷ノ !  `ヽヽ
   ``ヽ         /    l l
   いぃ)    ‐    /   j ノノノ
    ´ ̄``ヽ _,. ィ´´ ̄|_ノノノ
         \「 ノ   V`ヽ
    , -─‐- 、\     〉 l
       , -─ `ヽノ⌒ヽ} ⊥_
            `ヽト、`ヽノ `ヽ |

                /. . . . . . . . . . . ,ィ"ソ. . )
               /. . . . . . . _,,r―f".:(),ア-く
          `ー=≠{_. . . . ./.:.:彡三少'.:.:.:.:.:.:ヽ
            /.:.:.:ゝ、二ニニ斗'´.:.:.:.:.:.:.:_∧M/!
          /.:イ.:.:./W/⌒ヽ、_.:.r~⌒ヽ、_ノV|.:!    そもそも筆者はどないつもりやねん!
         〃 |.:./.:.:/.:.:./.:./|. ヽ.:.:.:.:.:.ト、.:.:.:|.:.:.:./|.:!    普通はホロとか、ちゅるやさんとか、
            |:リ.:.:.:|.:.:/.:.∧!.:.:|ヽ.:.:.:.:ト、ヽ.r‐.:/.:j.:.ト、   もっと読者に媚びるっちゅーねん!!
            |:!j.:.:.:|.:.:||.:l  \.:|ヽ.:.:.」メ.ト、.:/.:./.:.:.:.:ト、
            ヽ∨::ヽ.:|ヽ!__,\:l\_}_|j}/!ノ/.:.:.......ト、  ウチが言うのもなんやけど、絶対可憐チルドレン
            / >‐-ゝ「'' ̄'´」ァ-,「` ̄゛]=fィ'ー一⌒¨ヽ、 をメインキャラに当てるなんてどうかと思うで
           ,イ´: : : : :.ヘ` ̄ ̄ ゛ ` ̄´ イ:!: : : : :  : : :ト、
           /.:/ : : : : : : ∧> _ーニニ)/: /: !: : : :  : : : !.:.:\
          //.:/| : : : : : : :.∧: : :.ミ<>「: : :./ /i: : :  : : : : !.: :ヽ.ヾ、__




31 :名無しのやる夫さん :09/07/14 03:17:35 ID:hZG5pfMU
              /              \
              /      (△)         〉
          〈      BABEL        /`ヽ
           ハ  .  - ───- 、  _/   ヽ
         /   `´                   ',    それを言ちゃおしまいだわ。
        〃〃〃.′ ,′,′   l  :l  :l      ヽヽ ',    筆者の私たちへの"愛"、それに尽きるのよ
          {{     {   {  {   l.  :l  :! wwwww . !
        ぃ  !: :.ぃ: : :ぃ: :、: : : :ぃ: :'、: :',       l !    それに、他のキャラを使ったら「禿の借金王に~」とか
         ヽヽ:、: :い: : :い: 入: : :い イ<: :.:.:. .   l ! {!    「やる夫ハンニバル」とかと被っちゃうじゃないの
         `丁テ‐' ニヽ、゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙´、 ,. イニニ入:   l !ハ
           レハ tT〒テア    tテ〒 ア レ'  ! ノ   `ヽ  筆者はこれからもわかる人が少なくてもチルドレンネタを
         ,. '´ ハ ヽヒ_ソ       ヒ_ソノ     ノ    : : :!  随所に入れてくると思うわ。
        /  /ハ  ' ' ' ' ,    ' ' '.〃   : .   .ノノV   キーボード越しに心が読めるもの。
          ((  ((: :.ヽ   ,      〃〃〃 . . : : : : 彡ソ
         ヽ、: : : : : :丶  ¨`     {{: : : : :`ー ' .: :彡'´  
           `ヽ辷ここ> r‐ '´   `ー-辷こン'´
                 レ'´ ,. -── ‐┤
                  ノレ'´       l
                 /o > ,. ´ ̄ ̄`ヽ
                /   ,.イ/        ヽ



やる夫が帝国をつくるようです まとめ


やる夫が帝国をつくるようです 1

スポンサーサイト

コメント
しぶいところを…期待している
【2009/07/24 00:26】 | ななっしんぐさん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://version45.blog85.fc2.com/tb.php/149-baa10dd0
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。