ブログパーツ

Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ 電子たばこ

Powered by Ayapon RSS! オススメ 電子タバコ キャッシング比較

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やる夫は二人の姉妹に恋心を抱かれるようです その3/翠星石の変貌と蒼星石の反撃

2009.07.11(01:27)

146 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:00:08 ID:2BSnWNdu
       ____
     /     \
   / ⌒   ⌒ \   予定時刻となりました
  /   (●)  (●)  \
 |      __´___     |  投下開始いたします
  \      `ー'´    /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





147 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:00:44 ID:2BSnWNdu
その3/翠星石の変貌と蒼星石の反撃

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \   (待ち合わせ五分前に来てしまったお)
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

やる夫は、地下鉄日本橋駅入り口で待っていた。

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  (何故やる夫がここにいるのは)
|       (__人__)    |  (翠星石がデートに誘ってきたからだお)
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

デートに誘われたのは数日前の夜だった。





148 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:01:17 ID:2BSnWNdu

――数日前の夜


     / ̄ ̄ ̄\
   /       .\
  /   ─   .─   \
  |   (●)  (●)   .|   (蒼星石からかお?)
  \.   (__人__)    /
   ( ヽ  ___ ././
   .\ \|  .,レ゛/
     .\旨 爻ン

そう思って電話を取ると、翠星石だった。





149 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:01:50 ID:2BSnWNdu
          []
   _____「]
  /______ヽ
  | |       ||
  | | 翠星石 ||
  | | Calling ||
  | |      ||  <やる夫ですか!?
  | |      ||
  | |      ||
  | ~ ̄ ̄ ̄ ̄~ |

          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_
       /   (●)  (●) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )  確かにやる夫だお
       \     ` ⌒´   /⊂)
       /             ヽ ノ

          []
   _____「]
  /______ヽ
  | |       ||
  | | 翠星石 ||
  | | Calling ||  <あ、あのっ……
  | |      ||  <こ、今度の日曜日に、に、日本橋行こうですぅ!
  | |      ||
  | |      ||
  | ~ ̄ ̄ ̄ ̄~ |

          / ̄ ̄ ̄\      /
        /  ─   ─\_   ―
       /   (●)  (◎) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )  べ、別にいいですお
       \     ` ⌒´   /⊂)
       /             ヽ ノ





150 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:02:39 ID:2BSnWNdu
          []
   _____「]
  /______ヽ
  | |       ||
  | | 翠星石 ||
  | | Calling ||
  | |      ||  <なんっ、何時がいいですか!?
  | |      ||
  | |      ||
  | ~ ̄ ̄ ̄ ̄~ |

          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_
       /   (●)  (●) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )  翠星石の都合に合わせるお
       \     ` ⌒´   /⊂)
       /             ヽ ノ

          []
   _____「]
  /______ヽ
  | |       ||
  | | 翠星石 ||  <そっ、それじゃ
  | | Calling ||  <午前11時に地下鉄の日本橋駅入り口前ですぅ!
  | |      ||  <そ、それじゃですぅ!
  | |      ||
  | |      ||
  | ~ ̄ ̄ ̄ ̄~ |

          / ̄ ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ__\_    ツー・・・、ツー・・・
       /   (―)  (―) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )  (……切れたお)
       \     ` ⌒´   /⊂)  (な、なんだっていうんだお……)
       /             ヽ ノ

翠星石が積極的になっていた。
やる夫はどうしてだろうかと思っていた。





152 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:03:21 ID:2BSnWNdu
◇◇◇◇◇◇


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   (で、今のこの状況に至るお)
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

携帯の待受の時刻は「7/1 10:57」と書いてあった。

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \   /
   /  (●)  (●)  \  ―
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´.    /
   /              \

その後にちょんちょんと背中をつつかれ、振り向くと翠星石だった。






153 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:04:04 ID:2BSnWNdu
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (○)  (○)  \
    |     (__人__)    .|
     .\     ` ⌒    ,/

……綺麗過ぎて思わず見とれてしまった。

        ,    _.. -‐…‐-   _
.       (  , '´ , -―     、`ヽ、
         × _∠ニ -―‐  、 \  \
        く /. : : : : :; : : : ; : : : :\   ヽ、 \
       /: : : :// : : :;イ: : : : : : :丶  \ \
.     ,: : /: ::, '::;イ /: / /:::/ハ : : : : : ヽ  {   \
    /: :/: ::////  /: /  !|: : : : : : :.  ヽ   \
     {: /: : ,'´//  / , ′ !| i: : : : : :} ┼ } j _,ノ
     j/{: : :l://  ̄  /  ヽ、|l ト、 : : : ハ   | 厂
      八: : {/ x‐‐ 、     」≧ーi: ::,′{  レ{
        〉. :ヽ/{:::::リ      ´{::::::jヽj::/:} {十{ : !
      ハヽ: {xx~´   .     ー' ノイ:/( }  } : l   それじゃ、行こうですぅ……
.         从八             Xx //: : ){Ⅹノl : l
        / /{ヽ \   っ     //: : /f′ j l :∥
.       / /ハ Xヽ > .. __   イ: メ、: {{ j×ノ l : l !
     / // ハ /   ,ィ个x、      \}j {: l : l :!
.    / //ノ /   〃 ∧  \     ヽ+} l : l :l





154 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:04:40 ID:2BSnWNdu
         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l  分かったお
     |      (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /

                                  /        /
                                  /        /
                                  /        /
        \_                         /        /
          \_                    /         /
            \                   /        /
             \               /         /
                \_               /        /
   \_             \___        _/        /
     \_               `ー- 、/          /
       \_                /          /
         \              ヽ    /    |
           `ヽ              \_ /       /
             \                 ヽ_      /
              `v-、            /    /
              〈  〉__          /ヽ  /
               ̄〈   `ヽ       |   ,イ
                 `ー--く      ゝ一' ノ
                  (   ヽ---――ー'´
                   ヽ-'

その時、遠慮気味に翠星石の手が伸びて、やる夫の手を握った。





155 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:05:35 ID:2BSnWNdu
      / ̄ ̄ ̄\  ドキ
 ドキ / ─    ─ \
   /  (●)  (○)  \  (すっげぇドキドキするお)
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´.    / ドキ
   /              \

それにやる夫はドキドキしていた。

|l |匚   _|l|    |  匚|匚|lD|匚|匚||・|l| 、             |l_| | l|/|幵l|L|r'「||'ョ| | |  | ´\】|LLLLLLL| |
|l |l |   匚_ |    |  匚|匚| V|匚|匚||;|l| l|             _|l | | fアfEEEl }|r'|i||'z| |´]。 r'´_ __  LLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|lDl l|/^゚ :|l| l|┐        ┌/「 ̄ ̄ ̄|x'|EEE| ||r'|l||'・| | |  | _| || 日 ||_ LLLL| |
|l |l |   匚_ |    |  匚|匚| ̄|∥|匚|凵l|「|r|_  _ _ _ _r‐| ||l _ _ _「ュ[ ュ ュ| ||r'|l   |´]。 r' | |l   ||_ LLLL| |
|l |匚   _|l|    |  匚|匚|匚|∥|匚|  l| 二/^゚ 二二二二二二二|'ュ[ ュ ュ| ||r ゚^\、 'r┤l| || ○ ||_ LLLL| |
|l_l_|__匚_ |    |     __∥_ _ |  l|┴∥┴┴┴┴┴┴┴┴‐r'´「 ̄ミ ̄|r'l」|l  || l| l| _| |l   ||_ LLLL| |
____r'´_|l|    | }三{ _ l「ヽ_ ∥__ヽ _| l」∥tr「 |l ィシトr「,イトl| …|「 |t:| ,幺、 | -┐ l|| l|_l| _| || 橋 ||__SEGA_|
三 |  「三 ∥   |}三三{ r‐ ∥‐┐  l| |「∥r|rrィイミソ、ミミ彡。.」|_l|__l|ニ'イiト、|二ム'´ || 二|_  ̄「 「´二GiG0二
三 |  |三=∥ _|}三三{ | ̄ ∥ l|  l|_/'」|ァ flfl',fl'fl' fl'fi'ffi' fi fi ー-= 、 _ i|` |=三fニl|| fifir  ̄l| l| ̄| ̄ ̄| ̄|
===== == = ,、_,、==_」|,、_,、_ =─ '′ A  fニl A  A   fニl   A ̄` ー-∧_∧|_λ | l|  |  λ|  |
               ( ´∀)   (   )             ∧_∧            (`     )  ̄l| l| ー─----
                (   )   (   )               (∀・  ,)           と     〉   | l|

やる夫たちは、ただうろうろしていただけだった。





156 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:06:10 ID:2BSnWNdu
                __,. -――- 、、_
               ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、
              〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、
             /{ノ         ) ヽ、ぃ
            ノ /// / /  /  /}  i`、} 、
            \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l >
             | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ
             从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、
             / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、
             / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、
          __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\
       , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\
      / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\
    ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ

しかし、翠星石は目を輝かせて歩いていた。

              _  -‐    ̄ ̄ ̄ `丶
             / ̄* ̄⌒ … 、       \
         / ∠_ __ __   * ` ー 、_    ヽ
           | /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ー 、    ヽ    ヽ
            ∨:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  * \   \
         /.....:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     \   \
.        /......./............/../...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     ヽ    \
        ':.:.:.:.':.:.:./:.:./:./....:.:.:.:.;. イ:.:.:.:.:/|:.:.:i:.:.:ヽ * }    ヽ
       l:.:.:.:.|i:.:.:l:.:./_/:.:.:.:.//:.:.:.x'  |.....|....:.{    {      〉
       |:.:.:.:.|:l:.iハ/__」:.:.//:.:.:/_ \ |:.:..|........}   }    /
       |i:.:.:.:|:.l:|ィ≠tド∠ - ´、__ `  'ト、:.!:.:.:.{ * {   /
        .、:.:|:.:l|1::::dj     不ミ=z、 j:.:.:,:.:.:.:.:.}   }┬‐'
           ヽ{ヽl!  ̄´      |i:::::::dハ/:.:/:.:.:./:{   {:.:.|
             }.ハ."" '      ` ーイフ:.:/:.:.:./:.ノ *}:.|
         {  ヽ⌒ヽっ    """∠:.:イ:.:/:.:.{   {:.:.|   あ、あの……
          ! 〈 ̄∠^Y⌒ヽ   .ィ:.:_/:|:.:.:.ノ   }:.:|   よかったですか?
          .ノ*/ 「/:::厂}1\ ̄   |_:.:.:.:.:.|:.:{    {:.:.:.|
         イ    〉「{:::/:::/┐  ヽ___ V丶、l:.:.:} *{:.:.:.:|
       |::}   く 「∨イ   r‐┘ ├'    ー{    }:.:.:.:l
       |{ * } `ヽ、 __r‐┘  /l      丿   {:.:.:.:.:l
       l::}   { /,ニく  __ .ィ´ _〉    {  *  }:.:.:.:.:.l





157 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:06:47 ID:2BSnWNdu
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ⌒)  (⌒)\  !   !  凄くよかったお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  翠星石とうろうろしていただけだけど
  |     |r┬-|       |  /  とても新鮮に見えたお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /

<    /  /,ィ‐ "`T ⌒`ヽ- 、_:::::::::::    \
  /  .//: : : : ̄r " : : : : : : : ヽ、::::::     \
  \ / ト: : : :_ ,,=-ェ 、 : : : : : : : ィヽ:::  、   \
    〉 ^", ‐⌒ ̄   `T" ヽ、_ ソ - ヽ   ヽ::::::..  >
   {{ /  /     i i | \  "ヽ: : : ヽ.   i:::::/
.   レ'´  /     ,イ .l l   ヽ   ヽ: : :ヽ  レ´
  /   /     / | l i    }    ヽ  }レ∧
  / .i  i    / / i ハ_   i    ', ソイ  l
  |  i.  i __/_  / /__ヽ__ i.     ト-|  l
  |  i  i" /、_/ /  __  \ヽ    i }.  l
  ヽ i  KT7ハヽ     T7ハ;フト    / :}.   l   それはよかったですぅ……
   \.、い. ヒ;ゾ       ヒニソ./.i   イ  .:}   l   それでなんですけどね、やる夫……
    |ヽ\ヽ .::::.  ;     .:::::./ノイ/ .} L .}    l
    li  `i\   ー‐'    /イ i .} 「 .{    l
    ∧i レ_ | i. `: .、 _ _,  '´ ト、. i i {i  } i.    l
   / .{i v` { i  i__/ }  ./  \ {i  } i.    l
.  /  {   レ '´ , - 、.v"r‐- 、   .{{  L i.    l
  /  }i   } r '´   >く   ` ヽ.{   イ⊥.i     l
. /   }i   .} |   , イL|| \   .{ト じvK  ヽ    l





158 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:07:45 ID:2BSnWNdu
                               ,..: '´::.::.::.:ヽ 、|バヽ
                             , //:::/:::;::: { ‐┼‐! `ヽ.
           ______         ///::〃/::/l::.::l:∨lヽ !     \
          /        \      //:::/::;<:/!:|::l:|::.|    |       ヽ
        /            \    //l::/l:/::/下|:l::|:l::.{丶|/|      `、
       /             ̄ \  ! |:レ' 之_ |::リ!/;'::.:| /j丶|       `、
     /             ( ◎)  \ 「   ` ̄/ハ/〃:/:ノ   / /___   }
     |              ////(__人_){,  //////::.://、|/  レ'´::.::.::.::|  ̄ ̄´
      |                 .` ⌒/ !      /::// 7lヽ r':l::.::l::.';::.::|
     \                  /  ヽ、 _ ≦彡'/,   ノ:|:|::.::|::.:';::.l|
      /                 \      ヽ  /冫く ,イ::.:::|:|::.::|::.::ヽl|
                               r勹  ∠竺三ミx_::.ヽ::.::.:lト、

何と振り向いた瞬間に、唇が触れた。



         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (>)  (<) \  (翠星石、どうしちゃったんだお……)
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

やる夫は翠星石がどうしてこんな行動を取ったのかわからず
何も言葉が出なかった。





159 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:08:21 ID:2BSnWNdu
           ゝ=ニ --- 、、  `ヽ、丶、
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、、 ヽ、 `丶、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'i,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ヽ.   \
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:ヽ、:.:、:.:.:.:.:.゙i   l    ,>
        ,':.:.:.:.:.:.::i|:.:.:.:./ !:ト、>、ヽ:.:.:.:.:l   } ,.ィ"
         l:.:.:.r:.:.:.:ll:.:,i:./  Yノヽ丶!:.:.:.:.:l  l/:.:l
          l:.:.:.l:.:.:,!ll:./l/   イァt戈ヾl:/:.:i:.l   l,:.:.:.:.l   そ、それじゃ
        l:.:.:.l:.:Zアニリ、    ゞ-'' ケ:.:.リj  〉:.:.:.:.l   一緒に帰ろうですぅ!
        N、:.トX´そソ    〃〃 /:,ィ{!   !:.:.:.:.:.:l
        ヾト、ミゞ゙〃〃  '    ,ィ゙クリイ   l,:.:.:.:.:.:l
          丶、ミ≧、  (ヽ   /X,_/   l:.:.:.:.:.:.:l
            |``T'^`i:‐-,ュェ彡‐--i{   入:.:.:.:.:.:l
           l:.:.:.:l  ,ィシ'イ升トヾニ};;!〉  ヾ::丶、:.:l
            l:.:.:.:>ィくヽ.ノイ<};;i`ヾ:;j{   ノ::::::::\丶

         ____
       /   u \
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \  わ、分かったお……
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /


◇◇◇◇◇◇





160 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:09:18 ID:2BSnWNdu
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

最寄の私鉄駅近くで翠星石を見送った後
やる夫は音楽プレイヤーを取り出して聞いていた。

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (◎)  (◎) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

聞こえてきたのは好きな歌手のラブソングだった。
やる夫は翠星石とデートしたコトを思い出していた。
歌詞に乗ってそのシーンがコマ送りの様に脳裏に浮かんでくる。





161 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:09:53 ID:2BSnWNdu
                               ,..: '´::.::.::.:ヽ 、|バヽ
                             , //:::/:::;::: { ‐┼‐! `ヽ.
           ______         ///::〃/::/l::.::l:∨lヽ !     \
          /        \      //:::/::;<:/!:|::l:|::.|    |       ヽ
        /            \    //l::/l:/::/下|:l::|:l::.{丶|/|      `、
       /             ̄ \  ! |:レ' 之_ |::リ!/;'::.:| /j丶|       `、
     /             ( ◎)  \ 「   ` ̄/ハ/〃:/:ノ   / /___   }
     |              ////(__人_){,  //////::.://、|/  レ'´::.::.::.::|  ̄ ̄´
      |                 .` ⌒/ !      /::// 7lヽ r':l::.::l::.';::.::|
     \                  /  ヽ、 _ ≦彡'/,   ノ:|:|::.::|::.:';::.l|
      /                 \      ヽ  /冫く ,イ::.:::|:|::.::|::.::ヽl|
                               r勹  ∠竺三ミx_::.ヽ::.::.:lト、

最後に翠星石とのキスが浮かんでやる夫の体は震えた。




163 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:10:44 ID:2BSnWNdu
     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  (○)  (○)  \  (翠星石・・・)
  |    (__人__)    |
  \     `⌒J´   /
  /              \

家についてもそれが浮かんでボーっとしてしまう。

      ___
     /     \
   /::::::::::::::::    \
  /::::::::::::::::       \
  |::::::::::::::::::::::::         |
  \::::::::::::::::        /  (翠星石のことを考えると胸が苦しいお)
   | :::::::::::::::    | iヘ
   |  :::::::::::::    ゝ__/

この時はまだ、翠星石に恋したことに気がついていなかった。

        / ̄ ̄ ̄ \
      /   ―   ―\
  __ /   ( ー)  (ー) \
   ( |      (__人__)    |
  \ヽ\__  `ー ´__/ \
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \
      \               \

そのまま、寝た所為か夢を見た。
映像はキスの後からになっていた。




164 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:11:34 ID:2BSnWNdu
             ,, --―――-- 、 _
           ,- ': : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
          r': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
        /: : :/: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : ヽ: : : : :ヽ
       /: : : /: /: : : : : : : : : : : i : : : ヽ: : : ヽ: : : : .l
       /: : : :i: :i: : : : : : : : : : : : l: : : : : `,: : : ヽ.: : : .l
      /,: : : :l: :l:/ : : : : : : : : : /:.ヽ : : : : l: : : : l: ::l: : l
      l: λ: ::l/_,、-ー//::/'  ̄ ̄、`、: l : : : l : l: : l
      l/l.: : : .i i   .l/ i///  ,__ヽiヽl:: : : ノ: : l: : l    やる夫……
      .l. l: : : : ll ´,-ー-、 /  1::::::`ヘ .l: : : /: : : l: : l
        ヽ : : ヽヽ、:::::::l      ヽ__//: : ./: : : : .l: :.l    翠星石は……
         .l\: :ヽ、ー '  、   ;:;:;:;:∠、/ : : : :l: : l: :l
           l: : .,`-、;:;:;:;   _     /,-‐- 、: : l: : l: : l
         l : : l   ヽ 、        ///     ヽ、l: :ヽ: l
        .l: : : :l   l l  ` ー ´ / l      ヽ丶: : .l
        l: : : : l   l l  ヽ、 ,/ l .l       l ヽヽ: : .l
          l: :i: : : l   l '、       /.l        l/ lヽ: ヽ:ヽ
       / : l: : : ::l  .l.  ヽ、  / l        l. /  ヽ: ヽ: ヽ
       /: :/ : : : : l  l   ヽ/   l      .//   ヽ: :ヽ: :ヽ、
      /: : : : : : : : l  ヽ       l      /      ヽ: :\: :\
      /: : : : i : : : : l  ヽ、 _ ノ\_.l     ./       \_: :`ー: ヽ、
     /: : : : / : : : : l      l: \ .l     /           ̄` ー  、_

翠星石は何を思ったのか
やる夫を家に招いて部屋のベッドに押し倒して……。






166 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:12:11 ID:2BSnWNdu
  ガバッ ! !  ______
        /:υ::─ニjjニ─ヾ
      /:::li|.:( ◎)三 ( ◎)\
      (:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|
    〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/   いっ……!
      /: : : : : : l\`ー '/j: : ::ヽ   今の夢は何だったんだお!!
    \ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\
     ( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
      ヽ               \

やる夫は驚くように目覚めた。
……夢にしてはリアルな気がした。





     / ̄ ̄ ̄\
   / ─    ─ \
  /  (◎)  (◎)  \   (翠星石・・・)
  |    (__人__)    |
  \     `⌒J´   /
  /              \

大学の講義を受けてはいたが
その所為で、気が入らなかった。

           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ
      / _ノ (>)三(<) \ `、  (やる夫は翠星石の事が好きなのかお!?)
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://

夢と翠星石の事で頭が一杯だった。





167 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:13:02 ID:2BSnWNdu
          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_
       /   (◎)  (◎) \|l(^)  (蒼の子より、翠星石出せお)
       |     (__人__)   l(_ )  (翠星石の声を聞かせろお)
       \     ` ⌒J´  /⊂)
       /             ヽ ノ

そんな時に蒼星石から電話がかかった。

          []
   _____「]
  /______ヽ
  | |       ||
  | | 蒼星石 ||
  | | Calling ||  <あ、もしもし、やる夫?
  | |      ||
  | |      ||
  | |      ||
  | ~ ̄ ̄ ̄ ̄~ |

          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_
       /   (◎)  (◎) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )  確かにやる夫だお
       \     ` ⌒J´  /⊂)  蒼の子かお?
       /             ヽ ノ





168 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:13:42 ID:2BSnWNdu
          []
   _____「]
  /______ヽ
  | |       ||
  | | 蒼星石 ||  <蒼の子って……(汗
  | | Calling ||  <それより、今度の土曜日って大丈夫?
  | |      ||
  | |      ||
  | |      ||
  | ~ ̄ ̄ ̄ ̄~ |

          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_
       /   (◎)  (◎) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )  何とかしてみるお
       \     ` ⌒J´  /⊂)
       /             ヽ ノ

          []
   _____「]
  /______ヽ
  | |       ||
  | | 蒼星石 ||
  | | Calling ||  <ホント!?
  | |      ||  <それじゃ今度の土曜日、日本橋に行こう?
  | |      ||
  | |      ||
  | ~ ̄ ̄ ̄ ̄~ |

          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_
       /   (◎)  (◎) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )  え? なんでだお、説明するお
       \     ` ⌒J´  /⊂)
       /             ヽ ノ





170 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:14:23 ID:2BSnWNdu
          []
   _____「]
  /______ヽ
  | |       ||
  | | 蒼星石 ||  <あのね、ボク買いたい物があるんだ
  | | Calling ||  <でも日本橋の地理に強くないから
  | |      ||  <やる夫に頼もうと思って
  | |      ||  <それだけなんだ、ごめんね。それじゃ!
  | |      ||
  | ~ ̄ ̄ ̄ ̄~ |

          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_
       /   (◎)  (◎) \|l(^)  ツー・・・、ツー・・・
       |     (__人__)   l(_ )
       \     ` ⌒J´  /⊂)  ………
       /             ヽ ノ

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (◎)  (◎) \
|       (__人__)    |  (勝手なやつ過ぎるお。全く……)
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

仕方の無い女の子だな……。そこが可愛いとやる夫は思う。
だが、この出来事が蒼星石をあまり好きになれない事になるとは
やる夫は考えもしていなかったのである。






172 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:15:13 ID:2BSnWNdu




..      ____
     / ―  -\
.  . /  (◎)  (◎)
  /     (__人__) \  (さっさと終わって欲しいお)
  |       ` ⌒J´  |  (翠星石に翠星石に会いたいお……)
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ

やる夫の心には既に蒼星石の居場所はなく
翠星石がその隙間をこれでもかと埋め尽くしていた。





173 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:15:51 ID:2BSnWNdu
                    ___
               , 二¨-―-- 、`丶、
               /_ ..-――-.. 、十ヽ\
            //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
               〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、   (翠星石のあの瞳が好きなんだお)
           l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ   (翠星石の笑顔が見たいんだお)
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \  (翠星石を抱きしめたいお)
.           ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /   (翠星石の唇に触れたいお)
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/    (翠星石の頬を撫でたいお)
           ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔      (翠星石の髪を撫でたいお)
           /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i    (翠星石の頬にキスしたいお)
            l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |   (翠星石の身体に触れたいお)
           // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |    (翠星石の綺麗で華奢な手に触れたいお)
             //  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、  (翠星石可愛いお翠星石)
.        //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉  (翠星石が好きすぎてどうかになりそうだお)
     , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹   (ああ……、翠星石……、大好きだお)
   /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人
   ヽ冫< /   {: : :Y〈__ //〃 ,' / 7ヽ ,仆、: : :|| : :`¨¨´: :冫、
    \/   rヘ :`ヾ//__/> //V/ /」 ハ: : l|: :丶: : : ,': ヽヽ

蒼星石を待っている間
やる夫は翠星石のことを考えながら時間をつぶした。





174 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:16:40 ID:2BSnWNdu
          / /.::;  .:; .:.:::;::/i .:.:.:.:.:::::::::::::::::.:.:.``ヽ、
        / /.:::;′,.::/.:.::://.::l::i .:.:.:.:::::::::::i:::i .:.:.:::::::.:.`ヽ __/
        ,' /.:.:;′/:/.:.:::/:/!::::|::ト、 .:.:.:.:::::::|::|::i .:.::::::::::::::.:「
         l/.:.::;'.:.:/./.:::ノ::/ |:::::|::ト、ヽ.:.::::::|:::|::|::| .:.::::.:::::::::::|
        |:l:::::l::::|:::レ':ナナヽ|:::::l::l\ヽ.:‐:十:|十!、.::::::::::::::/
        lハ::l::::|:::レ'´ ‐- |:::/l/  \::::::|:::|::|::| .:.::::.:::|:./
            ',l::::|:::|  _  |/       `` ``7!.:.:::::.:::|/
           ト、ト::ト、´ ̄`ヽ     ‐==ミ、 ./:!:.:.::::::::|
            ヽ:|:::|::!             /./.:.:::::::::;′  お待たせ
              `l:::|::ト、    _`_      /::/.:::::::/l/   それじゃ行こうか、やる夫
           |:::!.l.:::>、     `   ,..イ::/::::::::/
           |.::::::/:::/ニ>.--‐ <ニ7⌒:::::/   _ _
        ,r‐r‐- 、|::::/´l/  L_      /   |::/ ̄`ヽ   `」
       ノ:いぃ ̄|:/ヽ     `ーrrrt7′  l/    V ̄``
       レ'⌒.:いハ`ヽi     ノノ只〕ト、          i ‐1⌒
      /.:.:.:.:.:.:H.::〉ヽl     〈:::(ノ八ヽ)::〉       l ‐|.:.:.:

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \   (スイセイセキ ニ アイタイオ・・・)
   /  (◎)  (◎)  \
   |    (__人__)    |  分かったお
   \    ` ⌒´.    /
   /              \


◇◇◇◇◇◇





176 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:17:19 ID:2BSnWNdu
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \  (……不満だらけだお)
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

しかしやる夫は、蒼星石に振り回されている雰囲気しか感じなかったのだ。





177 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:18:02 ID:2BSnWNdu
             ,.. -―- ..、_
               ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、
             /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
          /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
          ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
           |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
         l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
        ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|
        ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃
       _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′
      /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|
       rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/
      7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ
     / :.:.::|:.:.:. r┤ ) // | lト、\ {X)″
.    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.`)|〈 // | |圦∨〉( \
    /:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:込八 \| l引 ∨ └r::∨

蒼星石が用事を済ませたい場所を案内したという感じで

      ____
    /:::::::::  u\
   /ノ└ \,三_ノ\   ,∩__
 /:::::⌒( ●)三(●)\ fつuu
 |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒ | |   |  (蒼星石じゃなかったらこの時点で)
 \:::::::::   ` ⌒´   ,/_ |   |  (文句の一つでも言っているお!)
   ヽ          i    丿
  /(⌒)        / ̄ ̄´
 / /       /

やる夫は全然面白くない。





178 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:18:39 ID:2BSnWNdu
         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |  (やる夫は蒼星石の便利屋じゃないお!)
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

これではやる夫は、案内役兼荷物持ちであるだけ。

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ◎ )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__) ノ( \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`   ⌒  | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     |   |     蒼星石に文句を言う     │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

やる夫の心はもう決まっていた。





179 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:19:13 ID:2BSnWNdu
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
.  //     | |          /| |    //    | |          /| |
.//       | |  /.       //| |  //      | |  /.       //| |
        | | //      /  .| |  /        | | //.          | |
        | |/          | |          /| |/          | |
        | |            | |        //| |            | |
        | |        _  | | _         | |            | |__
三三三三三三三三三三三 ..|\\蒜蒜\\.三三三三三三三三三三三三三..|\\
 \       日 \     :|  \\蒜蒜\\  \       日 \     |  \\
\. \          \  \   \\蒜蒜\\  \ 日       \   \  .\\
 ̄|ヽ  \          \   \ ..| ̄|ニニニ| ̄|\ \          \   \  | ̄|
  | \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ ゙\|  |..   ..|  |  \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||\ .\|  |
   ̄ ̄| ||              ||\| ̄ ̄  |    |   ̄ ̄|  ||              ||\| ̄ ̄  |
 ̄ ̄ ̄                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄

やる夫と蒼星石は疲れたため、メイドカフェのような喫茶店で休憩していた。





180 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:19:42 ID:2BSnWNdu
      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \
 /  (●)  (●)  \  ………蒼星石
 |      (__人__)    |  やる夫の迷惑とか考えたことあるのかお?
 \      ` ⌒´   /

             ,、 -──‐ ─- 、
            ,r'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.::.:.:.:.::ヽ
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:::゙、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:::!
        /.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:. :.::|
      ,/.:.:.:j.:|.::ト、.:.:.:.:.:.:ヾ:i.:.:.:|.:.:.:.:.! .:.|::::::::::::|
      i.:.:/川.:.:iト.\.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:.!:.:.l.::::::::l:::!   ………………
      |.:,!|::l::ト.:ヽ.:.:ィ==- |.:.:.:!.:.:.:.:|.:.:i!::.:::::|/
      |/ ヽ!`ヾ:ヾ!弋tテナ !.:/!.:.:.:.:|.:/{、.:::::l
           ``ソ     l/ |.:.:.:.:l/  \,!
               <  __   |.:.:.:/レ'"´ ̄ \
                \ _ ,ノj.:.:/ , -‐─- 、 \
                    ノヌ_}7! ,/.:.:.:.::::::.:.:.:.\ \
                ,f仄_}7 /.:.:.::::::::::::::::.:.:.:.\ |
                ,f仄_}7 /.:_:_:/::::::::::::::::l:::::`i
               ,f仄_}7レ'´.:.::::::::::::::::::::::::/::::::::|

……思うところがあるのか蒼星石は、口をつぐんでしまった。






181 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:20:22 ID:2BSnWNdu
         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\
    /    (◎)  (◎) \  これじゃ、やる夫が振り回されただけだお
     |       (__人__)   |  やる夫はさっさと会計して帰るお
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (○)  (●) \
      |       (__人__)   |  (これでよかったのだお。これで……)
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

やる夫は文句を言えて満足したが

       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"

その後涙を流していた。





182 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:21:04 ID:2BSnWNdu
          ___
         /     \
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \
      |       (__人__)   |  (でも、やる夫はもう迷わないお!)
     \      ` ⌒ ´  ,/
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

決意を固めたやる夫であったが
唯一、気がかりだったのは蒼星石がどう思っているかだけであった。





184 : ◆v6Z3v5TavY :09/06/18 20:21:28 ID:2BSnWNdu
       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\  いかがでしたか?
   |      ___`___   |  これで投下は終わりです
   ヽ、    `ー '´   /
     /     ┌─┐   次は、土曜の夜9時ごろを予定しています
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ  なお、予定が変動する可能性もあります
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ




やる夫は二人の姉妹に恋心を抱かれるようです その後/蒼星石サイド
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://version45.blog85.fc2.com/tb.php/106-7917903a
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。