ブログパーツ

Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ 電子たばこ

Powered by Ayapon RSS! オススメ 電子タバコ キャッシング比較

【文学系】

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. やる夫で読む近代文学短編小説 まとめ(07/12)
  3. やる夫は熊の皮を被るようです まとめ(07/21)
  4. やる夫が舞姫と恋に落ちるようです まとめ(08/06)
  5. やる夫で読む近代文学短篇小説1(07/06)
  6. やる夫で読む近代文学短篇小説2(07/06)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やる夫で読む近代文学短編小説 まとめ

1999.07.12(17:04)

やる夫で読む近代文学短篇小説1


やる夫で読む近代文学短篇小説2


やる夫で読む近代文学短篇小説3


やる夫で読む近代文学短篇小説4


やる夫で読む近代文学短篇小説5


やる夫で読む近代文学短篇小説6


やる夫で読む近代文学短篇小説7


やる夫で読む近代文学短編小説8
スポンサーサイト

やる夫は熊の皮を被るようです まとめ

1999.07.21(18:35)

やる夫は熊の皮を被るようです 第1章 悪魔との契約


やる夫は熊の皮を被るようです 第2章 熊っ皮の施し


やる夫は熊の皮を被るようです 第3章 定宿の3人娘


やる夫は熊の皮を被るようです 第4章 屈辱と癒し


やる夫は熊の皮を被るようです 第5章 熊っ皮の生い立ち(前編)


やる夫は熊の皮を被るようです 第6章 熊っ皮の生い立ち(中編)


やる夫は熊の皮を被るようです 第7章 熊っ皮の生い立ち(後編)


やる夫が熊の皮を被るようです 最終章 やる夫は熊の皮を脱ぐようです。


やる夫が舞姫と恋に落ちるようです まとめ

1999.08.06(17:00)

やる夫が舞姫と恋に落ちるようです 第一話


やる夫が舞姫と恋に落ちるようです 第二話


やる夫が舞姫と恋に落ちるようです 第三話


やる夫が舞姫と恋に落ちるようです 妄想・その後の舞姫


やる夫が舞姫と恋に落ちるようです おまけ


やる夫で読み森鴎外 高瀬舟


やる夫で読む森鴎外 おまけ


やる夫で読む森鴎外 ぢいさんばあさん


やる夫で読む森鴎外 おまけ


やる夫で読む森鴎外 最後の一句


やる夫で読む森鴎外 おまけ ブッ飛びお茉莉ちゃんその1


やる夫で読む森鴎外 おまけ ブッ飛びお茉莉ちゃんその2


やる夫で読む森鴎外 普請中


やる夫で読む森鴎外 おまけ ブッ飛びお茉莉ちゃんその3


やる夫で読む森鴎外 うたかたの記 1


やる夫で読む森鴎外 ブッ飛び鴎外さんその6


やる夫で読む森鴎外 うたかたの記 2


やる夫で読む森鴎外 ブッ飛び鴎外さんその7


やる夫で読む森鴎外 やる夫で読む森鴎外 おまけ ある>>1の勘違い


やる夫で読む森鴎外 うたかたの記 3


やる夫で読む森鴎外 おまけ ブッ飛びお茉莉ちゃんその4


やる夫で読む森鴎外 うたかたの記 4


やる夫で読む森鴎外 恐るべき森家の子供たち


やる夫で読む森鴎外 安井夫人


やる夫で読む森鴎外 ブッ飛び鴎外さんその8


やる夫で読む森鴎外 寒山拾得


やる夫で読む森鴎外 おまけ・鴎外さん「が」困った話


やる夫で読む森鴎外 余興


やる夫で読む森鴎外 ブッ飛び鴎外さん・その9


やる夫で読む森鴎外 二人の友


やる夫で読む森鴎外 ブッ飛びお茉莉ちゃん・その5


やる夫で読む森鴎外 文づかひ・前編


やる夫で読む森鴎外 おまけ ブッ飛びお茉莉ちゃんその10

やる夫で読む近代文学短篇小説1

2009.07.06(10:59)

2 :ぎゃあ酉 ◆GfNgpk6J76 :09/06/03 19:50:14 ID:aguSGo4K
原作:川端康成「百合」

1
翠星石は小学校の時、

         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│  お金がないわぁ・・・
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>
      |:::::::::::`^^KXヽノ


            r ―――――-- 、
        ,ィ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽヽ、
       //__, ィ―――、――、   \ヽ、
     ∠_/´7 : : : : ィ´ : : : : : : :ハ`ヽ、  \ \
     / : : / : : / : : // : : /: :! :ヽ :\  ヽ \
      /: : //: : / : : /: :/: : : ノ: : |: : !ヽ: : ヽ ヽ  ヽ
    /: : : /: : /: :/: : /: : /: :i ∧: : :|: :ヽ!  } /\ヽ
    ! i : : !: :/: :/: : /: : /ィ: : /: : ヽ: :!: : : ! Y_  ヽヽ
    .!: :| : : !/、_/_/ _ィ//: : /∧: : : : !: : : : } | `ヽ、 ヽ!
    ! ハ: : |./> ̄/ ノ :入〈  !: : : : !: : : :! /!    `ヽ!
    |〉、ヽ ! ゙ミミ三、  //  `〈__! : : /: : : :イ: :!
    | 「ヽ!`ゝ:::       ミ、、_  〉へ : : :ノ :|: :|  水銀燈は何て可哀相なんですぅ。
    | | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ/: :/:/ /: ! : !  親指より小さい鉛筆を使って、マスターの古カバンを提げて。
    | | ヽ \    !ーァ   ::: /://  /: : |: :|
    ! .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉  /| : : !: :!
   /|   }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /  /: :! : : |: :!
 /: !  >-、_ 7―、`/      ノ  /: : :! : : ヽ:|
/ : : /  /\  /==Y〈`-"⌒ヽ<  / : : : |: : : : :ヽ






⇒やる夫で読む近代文学短篇小説1の続きを読む

やる夫で読む近代文学短篇小説2

2009.07.06(11:03)

55 : ◆GfNgpk6J76 :09/06/13 23:20:31 ID:yJx+xET1
1
      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...               _,, - ''" ""'''"" `'' -,..
  :::.....                     -‐"             "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;::::,:::::;;;;;::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:::::::;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
   ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::::::::://::::,,;;;;:::::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;;::::::: ;;:::::;::;;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::::: //...::::.::::;;;;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::::::: :::::::: ;;;;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
今年は柿の豊作で山の秋が美しい。


⇒やる夫で読む近代文学短篇小説2の続きを読む
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。