ブログパーツ

Powered by Ayapon RSS! オススメ アクセスアップ 電子たばこ

Powered by Ayapon RSS! オススメ 電子タバコ キャッシング比較

やる夫のセラフィック・ブルー

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. やる夫のセラフィック・ブルー まとめ(07/25)
  3. やる夫のセラフィック・ブルー 序章 蒼星石は箱入り娘のようです(07/25)
  4. やる夫のセラフィック・ブルー 第一章 やる夫は白饅頭で中身が黒餡のようです(07/25)
  5. やる夫のセラフィック・ブルー 第二章 蒼星石におにんにんはついていないようです (07/26)
  6. やる夫のセラフィック・ブルー 第三章 蒼星石が(いまさら)記憶喪失のようです(07/26)
次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

やる夫のセラフィック・ブルー まとめ

1999.07.25(19:18)

やる夫のセラフィック・ブルー 序章 蒼星石は箱入り娘のようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第一章 やる夫は白饅頭で中身が黒餡のようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第二章 蒼星石におにんにんはついていないようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第三章 蒼星石が(いまさら)記憶喪失のようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第四章 牧師は結構重労働のようです


やる夫のセラフィック・ブルー  第五章 蒼星石はねこさんが大好きのようです


やる夫のセラフィック・ブルー シックスと蒼星石が色々な生き物を可愛がるようです(閑話)


やる夫のセラフィック・ブルー  第六章 やる夫と蒼星石は共同作業をしたいようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第七章 帰ってきた言葉様のようです


やる夫のセラフィック・ブルー  第八章 やる夫には敵が多すぎるようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第九章 やっぱり蒼星石はおにんにんが欲しいようです


やる夫のセラフィック・ブルー  第十章 オプーナの野望のようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第十一章 やる夫はエロゲーの規制に反対のようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第十二章 やる夫の新世界のようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第十三章 真紅は真実の愛を求めるようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第十四章 やる夫はリア充のようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第十五章 天使のバーゲンセールのようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第十六章 勇次郎さんは子供達を救済するようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第十七章 ドナルド博士は大いに語るそうです


やる夫のセラフィック・ブルー 第十八章 ちゅるやさんは神の手を持つようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第十九章 真紅は迷探偵のようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第二十章 やる夫達は女王騎士のようです


やる夫のセラフィック・ブルー  第二十一章 逆襲のヴィルジニーのようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第二十二章 真紅はママのようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第二十三章 レナはお腹が空いたようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第二十四章 葛西善二郎は人間のようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第二十五章 でっていうは運命に追いつかれたようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第二十六章 朝倉さんはちゅるやさんと二人っきりになりたいようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第二十七章 蒼星石は猫さんを飼ってもいいようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第二十八章 シックス無双のようです


やる夫のセラフィック・ブルー  第二十九章 JUMはゲロを吐いているようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十章 蒼星石と銀ちゃんのラブラブプレイのようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十一章 ちゅるやさんの哀しい過去(笑)のようです前編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十一章 ちゅるやさんの哀しい過去(笑)のようです後編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十二章 やらない夫は運命に追いつかれるようです前編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十二章 やらない夫は運命に追いつかれるようです後編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十三章 葛西善二郎は管理職なので残業手当がつかないようです前編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十三章 葛西善二郎は管理職なので残業手当がつかないようです中編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十三章 葛西善二郎は管理職なので残業手当がつかないようです後編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十四章ヴィルジニー、三度目の正直のようです


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十五章 ドラえもんは雛苺を救済するようです前編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十五章 ドラえもんは雛苺を救済するようです後編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十六章 葛西善二郎は退職金も受け取れないようです 前編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十六章 葛西善二郎は退職金も受け取れないようです 後編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十七章 想いは青空の彼方に 前編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十七章 想いは青空の彼方に 中編


やる夫のセラフィック・ブルー 第三十七章 想いは青空の彼方に 後編


蒼星石のセラフィック・ブルー 第三十八章 翠星石は死んでも代わりがいるようです前編


蒼星石のセラフィック・ブルー 第三十八章 翠星石は死んでも代わりがいるようです後編


蒼星石のセラフィック・ブルー 第三十九章 ジークベルト=シックス・アンスバッハ前編


蒼星石のセラフィック・ブルー 第三十九章 ジークベルト=シックス・アンスバッハ後編


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十章 言葉様の世界のようです


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十一章 誠は我慢強いようです 前編


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十一章 誠は我慢強いようです 後編


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十二章 でっていうの超絶推理のようです


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十三章 ちゅるやさんは一人立ちするようです


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十四章 でっていう 皆を集めて さてといい のようです1


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十四章 でっていう 皆を集めて さてといい のようです2


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十四章 でっていう 皆を集めて さてといい のようです3


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十四章 でっていう 皆を集めて さてといい のようです4


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十五章 JUMはフラグを立てたいようです1


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十五章 JUMはフラグを立てたいようです2


蒼星石のセラフィック・ブルー 第四十六章 強襲のキョンのようです1
スポンサーサイト

やる夫のセラフィック・ブルー 序章 蒼星石は箱入り娘のようです

2009.07.25(19:17)

6 名前: ◆uvqeqFRAxI :09/06/03 21:31:20 ID:EvBmwc1R






                    やる夫のセラフィック・ブルー


                 『序章 蒼星石は箱入り娘のようです』



7 名前: ◆uvqeqFRAxI :09/06/03 21:32:31 ID:EvBmwc1R

--------------------------------------------------------------------------------

             【ロイナ暦2020年 某所:応接室】

           (  ヽ                   , ⌒ヽ , ⌒ヽ
     , ⌒ヽ  (     ヽ   _,=''''''^~~~~~~~~~^''''=,,,,(    (    '
    (    ' (      ,-='''~ -=^~~~^-^~~~^==- '=,,,    ゝ    `ヽ
    ゝ    `ヽ    <~ -==^~~~^ =^~~^=-=^~~^'=-~'=,  (        )
   (             ヽ'^' __,,,,,,i~~~l===|~~i==|~~|_,,,,,..ノ (          ヽ
  (    (⌒        ヽi~ |  |__レ、l--l--レ.;---i i-、 (           )
 (              r'^~~~~l l   | :| ∩ ∩|,-=,__,-,_| |~i^i,,           ヽ
  (        `)   l^^|,,,,--==.i~~l~~~~~~~~~~|   i l .|~^''''l~^i,,,,           ヽ
   ,ゝ          /i~~i' l ∩∩l .l ∩ ∩  l  |__| .| .∩| .| l-,
  (    '   ,,,,,='~| | |' |,,=i~~i==========|~~|^^|~ ~'i----i==i,, | 'i
 (    (    | l ,==,-'''^^  l  |. ∩. ∩. ∩. |  |∩|   |∩∩|  |~~^i~'i、
(        ,=i^~~.|  |.∩.∩ |,...,|__|,,|__|,,|__|,,|__|,....,||,,|.|,.....,||,|_|,|.|,....,|   | |~i
 (      l~| .|  | ,,,---== ヽノ    i    ヽノ~~~ ヽノ   ~ ソ^=-.i,,,,|,,,|
  ,ゝ    .|..l i,-=''~~--,,,  \  \  l   /   /    /  __,-=^~
 (     |,-''~ -,,,_  ~-,,.  \ .\ | ./   /  _,,,-~   /     ヽ
, ⌒ヽ    ~^''=、_ _ ^'- i=''''''^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^''''''''=i -'^~ (      ヽ
     ヽ        ~^^''ヽ ヽ  i   |   l  i  /  /  ノ   (         )
   , ⌒ヽ          ヽ  、 l  |  l  l / ./  /   (         (
     , ⌒ヽ⌒ヽ        \_ 、i ヽ  i  /   ,,=='   (           ヽ
          , ⌒ヽ      ''==,,,,___,,,=='~      ,ゝ           ヽ
     ⌒                  (              ヽ
   ノ                     ヽ

--------------------------------------------------------------------------------


⇒やる夫のセラフィック・ブルー 序章 蒼星石は箱入り娘のようですの続きを読む

やる夫のセラフィック・ブルー 第一章 やる夫は白饅頭で中身が黒餡のようです

2009.07.25(19:29)

90 名前: ◆uvqeqFRAxI :09/06/03 23:11:22 ID:EvBmwc1R





                やる夫のセラフィックブルー

        『第一章 やる夫は白饅頭で中身が黒餡のようです』
















91 名前: ◆uvqeqFRAxI :09/06/03 23:13:09 ID:EvBmwc1R


【ロイナ暦2822年 癒しの村トゥルク】

--------------------------------------------------------------------------------
       ,";'.:.:;”:;,`:;,':,”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;
       .::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`:
       ..:;,`ヽ|/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";'/.:.:;”
       .:;.:'";|'ノ.:.:;”:;,`:;:i;|.':,”ソ::.:゙,:;、,". : .: . :.lニ|: . . : . : . :
      ,,`:;\i;|i;/:,:;.,:;.::i;i;/'.:.:;”:;,`:;,': :. . :. .[]n「「 .|ニ .:__... -
    "".:::;.:".:i;i|.:';'.:.:;”:|:i|.;,`:;,':,”:"゙:.:゙;'_   __.:.__,,,,-‐‐ ゛ .: :. .: . :.
     ".:;,`:;,i;;i|;'.:.:;”:;:i;i|.,/`:;,':,”;”:;,`:;,  -ニ二_ :.: .:. .:. :. : . .:
     ,,.:;'.:.:|iii|;”:;,`:;,'|i;i|.:,”//:;.:'"゙:.: "'‐..._―、_^ー-‐‐、___  ;::. :. : .
     .:; .:ヾ'|;|'ノ.:.:;”:i;i|i:;,/`:;,':,”::. ;:   -  _ヽ.   ̄^~^^ー―ニ___..._
     .::; .:".:i;i|.:';'.:.:;:i;i||”:;,`:;,':,”:"゙:::-_  =- -ヽ.  :::li::.:. .:l
      .:`:;,i;;i|;'.:.:;”|:i;i|.:;l:;.;"~‐     -  ̄,λ`ー-、..__  : .: . : .:
   "   ;'.:.:|iii|;”" :i;i|.|i;,`::;;"::::  =―  _,,-'″`ヽ...: .: .: "`ー、__
     " ;;:;i|,i;;ii:i;;i:i,`:;;,`:;,':,__      ,,‐'"~:..: .: .:.. ,;`-,:: ;: ;: : ; :; ::.:..:.: ̄
   ._,,,.,,,,-‐'"~ ―=-   .    ,,‐'"  :.:. :. :. :; :;::. :. `ー-,.__. :. :..: .: .
      ニ ―  =―  _  ,,'   "..: .: .:. :. :. : .. :.: .: . :. : : .:."`ー-, . :
   ―  --― _   ̄-  ;;"  .: .:. .: . :. .:.:. : .: . :. : .: . . . :. : .: .: .: .: .
--------------------------------------------------------------------------------

トゥルク……元々ゲームをはじめとする娯楽産業で人々の心を癒し続けた村。
しかし、この村の一員であったゲオルクが発売したゲームにシェアを奪われ、斜陽の時代を迎える。



















⇒やる夫のセラフィック・ブルー 第一章 やる夫は白饅頭で中身が黒餡のようですの続きを読む

やる夫のセラフィック・ブルー 第二章 蒼星石におにんにんはついていないようです

2009.07.26(09:14)

233 名前: ◆uvqeqFRAxI :09/06/06 14:59:50 ID:UdLN1KRc
投下開始します。


           『第二章 蒼星石におにんにんはついていないようです』




235 名前: ◆uvqeqFRAxI :09/06/06 15:03:32 ID:UdLN1KRc
【トゥルク北の森】

--------------------------------------------------------------------------------
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!|:..:..:..:.., (;;ハ:..:..:.Vヾ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ノ' ヘ.:..:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:..:..:..:..:..:..:..:..:..(ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!:|ゞ v'.:..:..:..:..:..,,‐ゞ y;;'ゞ<.:..:..:..:..:..:..ゞ>:..、..:..:..:..|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;:;;;:;k!:;;:;:;::;;:;:;:;:j!;:;:;;:;|:;ゝ、 7-ー<ヾ:'(゙':ヾ:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:. 〆、,,;">-、|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;::;i:;:k;;:;|‐>、;ヽ、:;;:y':/;;-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. バ:.:.:.:.:.:.`‐|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;;:;;:;:;;:::;:;:::;:;:;!::;:;:;;:;:;;;|:.:.:.:.ヽ:::;:;:::/:;; /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.~^:.:>ー|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;;::;:;:;:;;:::;:;:::;:;;:i!;:;:;:;:;;:;:|.:.:.:.:.:.,!i!;;:;:;y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:; (i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘ w:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー -、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_, ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー -、___~"''"^'"''゙` _,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:`ー-、;;_______,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー -、:;:;;:;:;:;~:^";:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;`゙ ';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw ,,,,,.., ,vv
"~'"'"~  ~""~'"'"  ~~""~'"'" '"'"~~""~'"'"      ~ "'''~"''""'''~"''"  "'~"''"''~"''"
--------------------------------------------------------------------------------


              / ̄ ̄ ̄ \  ホジホジ
            / ― 賢 ― \
           /   (●)  (●)  \    さて、出すもん出したし、とっとと帰るかお。
           |     (__人__)      |    
           \   mj |⌒´     /
              〈__ノ
             ノ  


⇒やる夫のセラフィック・ブルー 第二章 蒼星石におにんにんはついていないようです の続きを読む

やる夫のセラフィック・ブルー 第三章 蒼星石が(いまさら)記憶喪失のようです

2009.07.26(15:18)

300 名前: ◆uvqeqFRAxI :09/06/06 16:30:11 ID:UdLN1KRc




【??????】

--------------------------------------------------------------------------------------------
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |                |                                |
            |          |________|                  □            |_______
            |                                                     | ̄|
            |                                            ̄
______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         └─┘        |            |            |        |
          □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
                  |        |            |______|      /|..  |____|
                  |        |                                   ! .|
 | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
             ┌┐                     |__|  |                       _|__|
             └┘                ロ      |    |               ┌┐       |_|
    |\         | ̄ ̄|                ̄ ̄               └┘□
    | |         |__|                   □       | ̄|
     \|                                       .  ̄             ロ
                              □         /|
                    □                |/              □    /|
 ロ        □                   ロ             ロ  .       |/
                 ロ      ロ              □
      ・                           ロ        ロ            □
         .    ・       ロ    .   ・      。       .  ロ
--------------------------------------------------------------------------------------------



⇒やる夫のセラフィック・ブルー 第三章 蒼星石が(いまさら)記憶喪失のようですの続きを読む
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。